「収納が足りない」となげく前に! キッチンの整理収納法

「収納が足りない」となげく前に! キッチンの整理収納法

モノが増えがちなキッチン。家の中でも特にお片付けが難しいところです。気づけば収納スペースがパンパン! 買い物したモノが入らなくて、床にモノがごちゃごちゃ……なんてこと、ありませんか? 今回はキッチンで増えがちなモノを整理するために、収納スペースを圧迫しない対策をご紹介します! ぜひ参考にしてみてくださいね。


Getty logo

こんにちは! 整理収納アドバイザーの三吉まゆみです。

みなさんのご自宅のキッチン、収納スペースとモノの比率はいかがですか?

これまでたくさんの方のキッチンのお片付けを手伝ってきましたが、収納スペースがたくさんある方のほうが意外にも、「収納が足りなくて入りきらない」となげいていらっしゃいます。

収納スペースはかなり広々あるのに、それでも入りきらない……。収納が多ければ片付くというわけではないんですね。

そうなってしまう原因は、実はモノの量にあります。毎日使っていると、「一つの景色」になって馴染んでしまいますが、知らず知らずのうちに増えてしまっているモノって結構あるんですよ。

今回は、キッチンで具体的に増えがちなモノを挙げてみますので、ご自宅のキッチンとにらめっこして、チェックしてみてくださいね!

キッチンで増えがちなモノはどうすればいい?

キッチンで増えがちなモノはどうすればいい?

今回は、キッチンで増えがちなアイテムの具体例と、その解決策を紹介していきます。

あなたのお家のキッチンにも、スペースをとっているモノがあるかも?

調味料などのストック

増えてしまいがちなキッチン周りのアイテム:調味料

キッチンで場所をとるものの代表といえばコレ! ストックを何個も持っている方、いらっしゃいますよね。

どうしてそんなに過剰ストックが発生してしまうのか?
理由として考えられるのは
・もうストックがなかったかもしれないから、念のため買ってしまう
・安かったから買ってしまう
・セット割引などで多く買ってしまう
などが考えられます。

解決策としては、
・ストックを保管する場所を決めることで、ストック量を把握しておく
・「残り半分になったら買う」などの明確なルールを決めておく
基本的に、この二つを守れば大丈夫!

どこに何があるか、残量がわかっていればむやみに買うこともなくなりますし、たとえ特売セールをやっていても、ストックがあることがわかっていれば「今買わなくても、次に必要な時までにまたセールの周期が来るだろう」と受け流すことができます。

タッパーなどの保存容器

キッチンの収納がぎゅうぎゅうになってしまう理由に、保存容器の多さが原因となっているご家庭がたくさんあります。それもサイズがバラバラで重ねられないもの多数。奥に追いやられてしまった古い保存容器は変色していたり、劣化で割れていたり……なんてことも!

まずは、あちこちの収納スペースに散らばってしまった保存容器を一ヵ所にまとめて、どんな保存容器を持っていたかきちんと把握してみましょう。「こんなに持っていたんだ」と、その総量に驚くはず!

増えてしまいがちなキッチン周りのアイテム:保存容器

解決策は
・スタッキングできるものより、入れ子タイプのものを残す
・自分のライフスタイルを客観的に見る
・サイズをそろえる
などが挙げられます。

上の写真のように、スタッキングタイプはたとえ同じサイズでも上に重ねると場所をとりますが、入れ子タイプなら一つ分とほぼ変わらないくらいのスペースしかとりませんよね。なるべく同じサイズのもので、数個ずつそろえるのがオススメです。

またライフスタイルに関しては、そもそも保存容器がたくさん必要な暮らしをしているかということが重要です。作り置きをいくつもしているのか、アウトドアなどでたくさん使うのか、食材の保存によく使うのかなど、自分のライフスタイルを客観的に見てみましょう。

ちなみにわたしは作り置きをほぼしません。それに気づいて、保存容器の数を減らすことができました。

スーパーのビニール袋

Getty logo

知らず知らずのうちに溜まってしまうもの、それはスーパーなどのビニール袋。生ごみを入れたり、ゴミ箱にセットするために使ったり、汚れものを入れるために使ったりと、日常生活でなにかと使うものですよね。

でも、使う頻度と溜まる頻度の比率はどうでしょうか? ビニール袋を入れるための収納スペースから、あふれていることはありませんか?

収納からあふれだしたら、見直しのタイミング! よくやってしまいがちなのが、あふれたから収納スペースを新たに作ってしまうというもの。あふれるということは、使う頻度がそこまで多くないということなので、そんなにたくさんは必要ないというサインです。

解決策はこの2つ。
・買い物の際はエコバッグなどを持っていき、ビニール袋を家に持ち帰らない
・増えてしまったら、定期的に見直して数を減らす

モノが捨てられない! というタイプの方でも、ビニール袋なら気軽に見直しやすいかと思います。

割箸やストローなど

Getty logo

コンビニやスーパーなどでお弁当やお惣菜、飲み物を買ったときについついもらってしまう割箸、プラスチックスプーン、ストローなど。でも、もらったものの実際は使わずに、気づけば引き出しいっぱいに溜まってしまっていること、ありませんか?

最近は防災用で多めにストックしている方もいらっしゃいますが、収納スペースを圧迫するくらいの量が必要なのか……と考えると違いますよね。

解決策としてはこの3つ。
・「ここに入るだけ」とケースなどを使って上限を決める
・必要ないときはむやみにお店でもらわない
・アウトドアの時などに積極的に使って消費する

お子さんのいる家庭では、工作などで積極的に使っていくのもいいですね。

掃除グッズ

Getty logo

排水溝掃除用、コンロ掃除用、換気扇掃除用など、用途別にいろいろな掃除スプレーがありますよね。その他、重曹やクエン酸、酸素系漂白剤などの粉末タイプの掃除グッズにアルコールスプレーなどで、収納スペースは満員状態。特に今はSNSなどで掃除法を載せている方も多く、新しい掃除用品を使っていたり、流行っているのを見ると試してみたくなったりしてどんどん増やしてしまいますよね。

解決法はこちら。
・今持っている掃除スプレーの液性をチェックして、同じ種類のものを増やさない
・こまめに掃除する
・新しい掃除グッズ、流行の掃除グッズにすぐ飛びつかない

掃除グッズは、大きく分けて酸性、中性、アルカリ性に分けられます。実は、掃除スプレーなどのパッケージの液性を見てみると、スプレー自体は用途別で販売しているのに、中身はほぼ同じ……なんてことはよくあります。

一度、持っている掃除グッズのパッケージなどをチェックしてみてくださいね! 流行の掃除グッズも、実は手持ちのものと同じような特徴かもしれませんよ。

また、普段からこまめに掃除するくせをつけて、強力な洗剤・専用洗剤を増やさないようにするのも一つです。

まとめ

こうして改めて考えてみると、キッチンは細かいものが集まりやすい場所ですね。毎日目にしていると気づかないかもしれませんが、一度全部出してみると結構たくさんのものを持っているものです。料理をするための場所なので、効率よく料理できるように、今あるものをぜひ見直してみてくださいね!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

「住まいにsmileを」主宰/整理収納アドバイザー/インテリアコーディネーター
1LDKの小さな賃貸アパートに住みながら、いかに快適な暮らしができるかをSNSを通じて発信中。約40平米の狭さにくわえ、賃貸住宅と制限があるなかで、居心地の良い暮らしを楽しんでいます。書籍への掲載多数。モノを減らしてすっきりと暮らすことだけにとらわれず、住む人が主役の居心地のよい家づくりを提案していきます。
ブログ:https://ameblo.jp/miyo-miyo-344/

関連するキーワード


専門家 キッチン

関連する投稿


保育園の着替えの準備を楽にしよう! 着替え収納の拠点は「保育園」に

保育園の着替えの準備を楽にしよう! 着替え収納の拠点は「保育園」に

保育園の着替え、皆さんは何枚持っているか把握していますか? 保育園児を3人抱えた片づけのプロが、日々を楽にするためにとった方法は「保育園の洋服は保育園を拠点にする」こと。保育園を拠点にするってそもそもどういうこと? 日々を楽にするだけではなく、子どもが準備をするときもスムーズになるメリットも合わせてご紹介します。


まな板不要で時短調理・家事シェアにも貢献! キッチンバサミの活用法

まな板不要で時短調理・家事シェアにも貢献! キッチンバサミの活用法

忙しい朝や、仕事から帰ってからの慌ただしい食事作り、食べ終わった後の洗い物……。これらは毎日のことだけに、少しでも楽にしたいですよね。食材を使う際は、包丁よりキッチンバサミの方が、早くて便利なことも多いです。いくつかの活用方法をご紹介いたします。


飾るタイミングを見逃してない? 季節ごとのインテリア雑貨の収納方法

飾るタイミングを見逃してない? 季節ごとのインテリア雑貨の収納方法

お店では、素敵なインテリア雑貨が売られています。お正月の鏡餅や干支の飾り、節分の鬼モチーフの飾り、ひな飾り、夏のブルー系やクリア系の飾り、ハロウィンのかぼちゃの飾り、クリスマスのサンタやツリーモチーフの飾り……。手に入れたはいいけど、うまく飾れなかったり収納に困ってしまったり。そんなときの解決のヒントをお伝えします。


無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

冷蔵庫の中に、「もったいない」と保存したけれど使わずに傷んでしまった食材や、使い道が分からず処分している食材は、ありませんか? 食べ物を無駄にしてしまうのは、あまり気持ちの良いものではありませんよね。少しの工夫で、おいしく食べきることはできますので、今回はいくつかの例をご紹介いたします。


人気の「ウタマロ石けん」は上履き洗いにぴったり! 泥汚れの強い味方

人気の「ウタマロ石けん」は上履き洗いにぴったり! 泥汚れの強い味方

SNSでよく汚れが落ちると噂の「ウタマロ石けん」。本当にそうなんでしょうか? 試しに使ってみると、他の洗剤とは違う洗浄力を実感して、使い続けること4年! 今回はその魅力や使い心地の良さをご紹介します。


最新の投稿


【実例】シンクのコーティング、いつまで続く? その効果とは

【実例】シンクのコーティング、いつまで続く? その効果とは

わが家にシンクのコーティング剤が導入されて1カ月が経ちました。このコーティング剤は液体で、手軽に使えて、しかもプロユースな仕上がり! 実際にどのくらい持つのか、どんなところに使えるのか……。今回は、わが家での実例写真をまじえながらご紹介したいと思います。


カラーボックス1段でOK! 学校の長期休みを快適に過ごす学用品収納

カラーボックス1段でOK! 学校の長期休みを快適に過ごす学用品収納

普段は学校に置いておいて、長期休みに持ち帰ってくる小学校の学用品。普段は家にないものなので収納場所がなく、長期休みになると家の中が散らかりがち……ということはありませんか? お家の中にちょっとしたスペースを確保しておくことで、快適に過ごすことができるんです。


【医師監修】尿蛋白が陽性の妊婦のリスクとは? 原因と下げる方法

【医師監修】尿蛋白が陽性の妊婦のリスクとは? 原因と下げる方法

「尿蛋白(にょうたんぱく)が陽性」とは、柔らかく表現すると「尿に蛋白が降りている」とか「蛋白尿が出ている」と言われる状態です。つまり、尿の中に蛋白質が混ざっているということ。では、尿にたんぱく(蛋白)質が混ざっていているとは、どのような状態なのでしょうか?


 最大吸引力40倍を実現! 最新のロボット掃除機「ルンバ  s9+」が新デザインで発売

最大吸引力40倍を実現! 最新のロボット掃除機「ルンバ s9+」が新デザインで発売

アイロボットジャパンは、最新のロボット掃除機「ルンバ s9+」を一部のアイロボット認定販売店・アイロボット公式ストアにて、2月28日より販売開始します。


乾燥も皮脂も気になる“敏感混合肌”に。ゆらぎにくい肌へ導く、ジェル乳液が新登場

乾燥も皮脂も気になる“敏感混合肌”に。ゆらぎにくい肌へ導く、ジェル乳液が新登場

ナチュラルサイエンスでは、「ママ&キッズ オリゴライン」より、敏感混合肌向けのジェル乳液「オリゴバランスジェル」を5月8日より新たに発売します。