取り出しやすい衣類のたたみ方&収納テクニック【衣替えシーズン】

取り出しやすい衣類のたたみ方&収納テクニック【衣替えシーズン】

衣替えのついでに、より取り出しやすくなるたたみ方や収納テクニックを取り入れてみましょう。服が選びやすくなるのはもちろん、出してみたら「お目当ての洋服ではなかった……」と、また戻して探してと繰り返すことによって引き出しがぐちゃぐちゃになる、ということが防げるようになるかもしれません。


おうちデトックス大橋わか

こんにちは! 収納のチカラで叶えるインテリア、おうちデトックス大橋わかです。

衣類の収納は、きれいにたたむ=使いやすいではありません。衣替えのついでに、より取り出しやすいたたみ方や収納方法を参考にしてみてくださいね!

まずはニットのたたみ方

ニットのたたみ方

ニット類は、立てる収納をあまりオススメしていません。

使いやすさを優先して立てたいという場合は、全然問題ないです。ですが、ニット類はコンパクトに小さくたたむと、悲しいことにシワができやすいんです……。そのため、ぎゅうぎゅうに詰め込むのはもちろんNG。

いざ着ようと思った時にシワシワで着れずに、またアイロンをかけてとなるととっても面倒。特に長期保管の場合は、できる限り大きくたたみましょう!

セーターやスカーフなど、シワが気になる時は、平だたみをオススメしています。

平だたみはケースにフィットさせる

ニットのたたみ方

平だたみする場合、衣装ケースより大きくたたむと、折れ曲がってしまいシワがついてしまいます。

ケースの中で折れ曲がらないように、中にしっかりと入るサイズになるようたたみましょう!

ニットのたたみ方

えり元を下に置いてある衣類と逆向きで、交互に入れていくことで、平行に積みやすくなります。

来客用タオルやスカーフ、ストールにオフシーズンの衣類といった使用頻度の少ないモノも、一目瞭然の立てる収納より、平だたみでしまっておくほうがシワ防止になりますよ。

ここは自分の好みで選んでみてくださいね。

シワにならないたたみ方

着る人でたたみ方や収納を変えよう!

Getty logo

何気なく変えている衣類のたたみ方にもう一つ! 忘れちゃいけないのが「誰が」着る服なのかという視点。これによってもたたみ方や収納法が変わってきます。

大事なのは「使う人が使える仕組み」を考えること

みんながみんな同じ方法でできたらそれは素晴らしいですが、実はなかなか難しい。

家族みんなが使いやすい! そんな人別のたたみ方や収納方法について、考え方をご紹介したいと思います♪

子どもの服の収納方法・たたみ方

子供服の収納

子どもの服は柄やロゴものなどカラフルなものが多いので、シンプルにたたんで立てて収納すると非常にわかりやすく、使いやすくなります。

ピンクが大好き! など同じ色のものばかりある場合には、柄やロゴが見える面を表にしてたたみましょう。

大人の服の収納方法・たたみ方

大人の服のたたみ方

大人の服は子どもの服に比べると、色味も似通ってきて、デザインも結構シンプルなものが多いですよね。また、その人それぞれ、好みの似た色がどうしても増えてしまいがち。テイストの好みが決まってくるので、気づくと同じような色味、同じような素材、同じような柄に……。

きれいにたたむからこその「あるある」

朝出かけた後に、何枚も広げて探した様子があったのなら、たたみ方の見直しをしてみましょう。せっかくきれいにたたんでも、広げてくちゃっとその辺に置いておいたらシワシワになり、そのシワを伸ばす時間・再度たたむ時間を考えると余計面倒になりますしね!

うちの主人も「このセーターの下に着るのはこのTシャツ」といったように、それなりに選んでいるようで、ときどき何枚も広げて探した様子が伺えました。

その人の「癖」を活かして収納してみよう

「シャツのどこが見えていたら区別できて、さっと取り出せる?」「主人でも分かる方法はどんなだろう」と考えました。

すると、「襟が違うなら襟を見せればいいし、ロゴが目立つならロゴを見えるようにたためばいい」という発想になりました。

その人が「どこを見て、そのアイテムを選んでいるのか?」を考えてみてください。そうすると、その人にあったたたみ方・収納方法がわかるようになってきますよ♪

まとめ

自分が使いやすいから、家族も使いやすいとは限りません。それぞれの持ち物には特徴があり、使用状況も異なり、それなりにルールがあります。

家族の日常生活の何気ない一コマに目を向けて、よくよく観察してみると、収納方法のヒントが隠れているはずです。

収納を考える前に、どんなふうだったら使いやすいか、何に困っているのか家族に聞いてみてくださいね。きっとたくさんの発見がありますよ!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

おうちデトックス
『収納の力で叶えるインテリア』をモットーに、お部屋の整理収納だけでなくインテリアもコーディネート。 お引越し前後の整理収納と新居の収納づくりも得意としています。
公式メルマガ: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTsjxus
代表ブログ:https://ameblo.jp/wakachobi/

関連するキーワード


専門家 クローゼット

関連する投稿


保育園の着替えの準備を楽にしよう! 着替え収納の拠点は「保育園」に

保育園の着替えの準備を楽にしよう! 着替え収納の拠点は「保育園」に

保育園の着替え、皆さんは何枚持っているか把握していますか? 保育園児を3人抱えた片づけのプロが、日々を楽にするためにとった方法は「保育園の洋服は保育園を拠点にする」こと。保育園を拠点にするってそもそもどういうこと? 日々を楽にするだけではなく、子どもが準備をするときもスムーズになるメリットも合わせてご紹介します。


まな板不要で時短調理・家事シェアにも貢献! キッチンバサミの活用法

まな板不要で時短調理・家事シェアにも貢献! キッチンバサミの活用法

忙しい朝や、仕事から帰ってからの慌ただしい食事作り、食べ終わった後の洗い物……。これらは毎日のことだけに、少しでも楽にしたいですよね。食材を使う際は、包丁よりキッチンバサミの方が、早くて便利なことも多いです。いくつかの活用方法をご紹介いたします。


無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

冷蔵庫の中に、「もったいない」と保存したけれど使わずに傷んでしまった食材や、使い道が分からず処分している食材は、ありませんか? 食べ物を無駄にしてしまうのは、あまり気持ちの良いものではありませんよね。少しの工夫で、おいしく食べきることはできますので、今回はいくつかの例をご紹介いたします。


やらない家事をカスタマイズしよう! 「家事のスリム化」3ステップ

やらない家事をカスタマイズしよう! 「家事のスリム化」3ステップ

毎日の家事、どれも欠かさずやらなくてはいけないと思い込んでいませんか? 仕事や子育てに追われているのに、家事にも全力投球……というのは無理がありますよね。家事に手を抜くことは、別に悪いことではありません。毎日の負担を軽くするために、少しずつ家事をスリム化してみませんか?


今年こそ片づけたい! 書類片づけの仕組みをつくるポイント3つ

今年こそ片づけたい! 書類片づけの仕組みをつくるポイント3つ

家の中のもので「片づかないもの」の代表格「書類」。書類は、家に入ってくるタイミングもバラバラで、種類自体も多いため、上手に整理しないとあっという間にたまってしまいます。今年こそ書類が片づく仕組みを作って、スッキリ暮らしてみませんか?


最新の投稿


今年こそ片づけたい! 書類片づけの仕組みをつくるポイント3つ

今年こそ片づけたい! 書類片づけの仕組みをつくるポイント3つ

家の中のもので「片づかないもの」の代表格「書類」。書類は、家に入ってくるタイミングもバラバラで、種類自体も多いため、上手に整理しないとあっという間にたまってしまいます。今年こそ書類が片づく仕組みを作って、スッキリ暮らしてみませんか?


やらない家事をカスタマイズしよう! 「家事のスリム化」3ステップ

やらない家事をカスタマイズしよう! 「家事のスリム化」3ステップ

毎日の家事、どれも欠かさずやらなくてはいけないと思い込んでいませんか? 仕事や子育てに追われているのに、家事にも全力投球……というのは無理がありますよね。家事に手を抜くことは、別に悪いことではありません。毎日の負担を軽くするために、少しずつ家事をスリム化してみませんか?


人気絵本「しましまぐるぐる」が便利なベビー用品に。かわいい全6種をチェック!

人気絵本「しましまぐるぐる」が便利なベビー用品に。かわいい全6種をチェック!

ダイヤと人気絵本「しましまぐるぐる」がコラボレーションしたベビー便利グッズ全6種が、2月15日から発売されます。


ハローキティ×幼児誌「おともだち」で新連載。親子でSDGsを楽しく学ぼう!

ハローキティ×幼児誌「おともだち」で新連載。親子でSDGsを楽しく学ぼう!

サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」と幼児誌「おともだち」(講談社)がタッグを組み、SDGsを学べる新連載を2月29日発売の4月号よりスタートします。


無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

冷蔵庫の中に、「もったいない」と保存したけれど使わずに傷んでしまった食材や、使い道が分からず処分している食材は、ありませんか? 食べ物を無駄にしてしまうのは、あまり気持ちの良いものではありませんよね。少しの工夫で、おいしく食べきることはできますので、今回はいくつかの例をご紹介いたします。