洗濯の見直しで家事ラク! 衣類収納の仕組みづくり【時短家事テク】

洗濯の見直しで家事ラク! 衣類収納の仕組みづくり【時短家事テク】

毎日の家事の中でも、洗濯は「洗う」「干す」「畳む」「しまう」とたくさんやることがあって大変ですよね。でもだからこそ、洗濯と衣類収納の仕組みを見直すだけで家事がグンと楽になるかもしれません。


マスターライフオーガナイザー®のはやさかひろみです。

みなさん突然ですが、洗濯は好きですか?

「洗濯干すのは好きなんだけど、畳むのが苦手……」「畳むまではいいんだけど、その後しまうのが面倒……」など、洗濯とひとことで言っても、やることはさまざまです。家族の人数に比例して大変な作業も増えてしまいがち。

当たり前のようにやっている家事、洗濯。この毎日の衣類の扱い方を見直してちょっと工夫をするだけで、毎日の洗濯家事が楽になるかもしれません。

今回は、そんな洗濯・衣類収納の仕組みを考えるポイントをお伝えします。

洗濯が面倒なのはなぜ?

Getty logo

家事の中でも洗濯が面倒なのは、なぜなのでしょう? それは、やることが複雑で手順が多いからなのです。

【1】服を脱ぐ
洗濯機の場所に持っていく→洗濯機に入れる→洗剤を入れる→洗濯機をセットして洗濯する

【2】洗濯機から出す
カゴなどに入れる→物干し場に持って行く→ハンガーやピンチを使って干す

【3】乾いた洗濯物を取り込む
人別にわける→それぞれ畳む→それぞれの収納場所へ運ぶ→引き出しなどにしまう

このように、大まかに分けて3つの段階に分かれ、さらにそれぞれの段階ごとに複数の行動を伴います。洗濯スタートから乾いた洗濯物をしまうまで、こんなに複雑な手順が必要なのです。

さらに、洗濯機が回っている間や洗濯物を干して乾かしている間は、別の家事をこなしていたりしますよね。その間にやらなければならない家事や他に優先することがあったりすると、最後のしまうまでたどり着くのも時間がかかります。

洗濯の仕組みを見直してみよう

動線を見直す

Getty logo

先ほどの手順に、動線を合わせて考えてみましょう。

「洗濯機から出す」という動きであれば、動線は洗濯機前→物干し場です。

この動線は、ちょっと距離があってもそんなに苦ではないかもしれません。洗濯物は干して乾かさないとまた着ることができない、という思いからでしょうか。洗濯をしたのに、面倒で干さないでしまう人というのはいないでしょう。

「乾いた洗濯物をとる」なら、物干し場→わけて畳む場所→それぞれの収納場所が、動線ですね。

この動線はどうでしょうか? 「乾いた洗濯物をとる→とりあえずソファに山積み……」「人別にわける→それぞれ畳む→畳んで積んだまま、そこから着る……」など、なかなか最後の「引き出しなどにしまう」までいかない、ということもあるのではないでしょうか。

それなら「物干し場→わけて畳む場所→それぞれの収納場所」の動線をできるだけ短く簡単にすることができると、洗濯がグッと楽になるかもしれません。

収納場所を見直す

Getty logo

クローゼットやタンスが置いてあるから、そこが衣類の収納場所、と思い込んでいませんか?

使う場所から遠い、使いにくい収納だったとしても、そこが衣類の収納場所だからと何の疑いもなく収納していないでしょうか?

「収納があるからそこに収納する」という考え方では、家や家具に合わせて暮らすことになってしまいます。そこに住む人の使い方に合わせて、家具や収納を配置するのが本来の住まいなはず。

知らないうちに家具に合わせた暮らしになっていないか、見直してみてください。

収納方法を見直す

Getty logo

洗濯物を人別にわける→それぞれ畳むなどの動作は、なぜやっているのでしょうか?

洗濯物って、そうするものでしょ? という声が聞こえてきそうですが(笑)、次に使う時に楽なように? 収納スペースが少ないから? など、何かをするには理由があるはずです。

もし特に理由もなく、「そうするものだと思っていた」としたら、見直してみるといいかもしれません。衣類は畳んでしまうという決まりはありませんから、ハンガーにかけたまましまったり、カゴに丸めてポイッと入れるだけでもOK。

見た目がきれいな収納でも、毎日大変な思いをしないといけないのでは維持ができません。大切なのは、毎日無理なくできて、使う時に使いやすいことだと思います。

わが家でやっている洗濯の仕組み

Getty logo

わが家の洗濯・衣類収納の仕組みをご紹介します。

以前は、
「洗濯機→物干し場の和室→和室で人別にしながら取り込む→その場で畳む→それぞれのクローゼットへしまう」
という流れで作業していました。

畳む、まではいっても、それぞれのクローゼット(私と夫・長男・次男の3か所)へしまうまでに間が空いてしまうことがあり、家族が畳んだ山から服をとってせっかく畳んだものがごちゃごちゃに……。そのため、「せっかく畳んだのに!」とイライラすることがよくありました。

そこで、直接クローゼットへしまうのではなく、畳んですぐにしまえる場所=物干し場の和室に衣類収納の引き出しを設けました。

全ての衣類収納はできないので、家族全員の「今よく着ているオンシーズンの衣類」のみを和室の引き出しにしまいます。今あまり着ないオフシーズンのものは、今までどおり各クローゼットへ。

「今よく着ているオンシーズンの衣類」とは、つまり「よく洗濯しているもの」。衣類がたくさんあっても、着ていないものはあまり洗濯することもありません。「あまり洗濯しない=あまり着ていない」場合はクローゼットへしまうか、モノによっては手放すことも考えます。

それから、洗濯物は極力ハンガーにかけて干しています。乾いたら畳まずそのままクローゼットへ移動するだけなので、楽チンです。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

まとめ

毎日の家事の中には、ちょっと工夫するだけで楽になることが意外とたくさんあるんです。

洗濯の仕組みは特に、今までのやり方が当たり前と思わずにちょっと見直してみるだけで楽になるかもしれませんよ。ぜひ試してみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

マスターライフオーガナイザー®

家事が苦手で面倒くさがり。小中学生男子2人の母。
片づけを学び実践したら、「ものが片づくだけでなく、心がラクになった」を自らが経験。
「家事や育児が忙しい女性に、少しでもラクになってもらいたい」と、
『ずぼラクお片づけ』と称した、ずぼらな人でも暮らしと心がラクになる片づけサポートや講演等を行っている。
ブログ:https://hiromi-hayasaka.jp/blog/

関連するキーワード


専門家 時短 洗濯

関連する投稿


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


長期休みに練習しておきたい! 子どものお留守番、注意すべき点とは?

長期休みに練習しておきたい! 子どものお留守番、注意すべき点とは?

子どもの成長と共にいつかは訪れる「お留守番」。できれば学校の長期休暇中などに練習をしておきたいですね!「子どもと約束しておくことは?」「事前にできる準備はある?」 今回はそんな子どものお留守番についてまとめてみました。


キッチン掃除が楽しくなる!? お掃除に最適なオシャレなキッチンブラシ

キッチン掃除が楽しくなる!? お掃除に最適なオシャレなキッチンブラシ

毎日使うキッチンはキレイにしておきたい。でもこまめにお掃除するのは面倒くさい! だったら「使いたくなる」アイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか? オシャレで気分も上がっちゃうキッチンブラシを紹介します。


狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

「洗濯かごを置くスペースがない……」そんな悩みを抱えていましたが、狭い洗面所でも使い勝手が良く、コンパクトに収納できるランドリーバッグのおかげで毎日の洗濯が楽しくできるようになりました。今回は、そんな見た目もおしゃれな優秀アイテムについてご紹介します。


最新の投稿


【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

授乳というと横抱きのイメージですが、縦抱きでも授乳はできます。でも、生まれたばかりの赤ちゃんはとても小さくて柔らか。首も腰も据わらずふにゃふにゃしているので、抱っこをするのにもドキドキしてしまいますね。そんな月齢が低い赤ちゃんでも縦抱きで授乳しても大丈夫なのか、どんな場合に向いているかなどを解説します。


【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

胎動の激しさと赤ちゃんの発達・発育には関係があるのでしょうか?赤ちゃんの動きが激しいことで悩むママに向けて、助産師が詳しく解説します。胎動に関する注意点や、赤ちゃんの変化にいち早く気づく方法についてもチェック!


【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

新生児のうんちは、大人とはかなり違うんです。少々緑がかっていても、下痢かと思うほどゆるゆるでも、多くの場合は心配なし! ではどんなときが心配? 健康のバロメーターでもある赤ちゃんのうんち、どこをチェックすればよいか、助産師さんが解説します。


【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

胎動による痛みが強いときの対処法や生活の工夫について、助産師が解説します。胎動が激しくて痛すぎる!というママはぜひチェックを。痛いくらい激しいのは問題あり?という疑問にもお答えします。


【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

産後のママの体の変化のひとつが「生理(月経)の再開」です。妊娠を機におよそ40週の間ストップしていた生理は、産後しばらくしてまたスタートします。今回は「産後の生理はいつ再開するの?」「授乳中はずっと生理がこないの?」などの疑問に答えるほか、産後の性生活に関するアドバイスや注意もお伝えします。