自分でできるとママも楽チン! 子どもの朝支度のコツ

自分でできるとママも楽チン! 子どもの朝支度のコツ

朝お子さんと自分の支度をして出かけるのは、とても大変。出発するまでがひと仕事で、疲れてしまうこともあります。そんな朝の支度、子どもが自分でできたら楽なのに……と思うことはありませんか? 今回はお子さんが自分で支度できるようになるためのコツをお伝えします。


マスターライフオーガナイザー®のはやさかひろみです。

朝は何かと忙しく、小さなお子さんのいらっしゃる方は自分の支度と子どもの支度に追われて毎朝バタバタ……。イライラしたり、早くして! と怒りたくないのに怒ってしまって、子どもを送り出した後はいつも自己嫌悪。という方もいらっしゃるかもしれません。

できるなら自分のことは自分でやってもらいたい、と思っている親御さんも多いはず。

では、お子さんが自分の支度を自分でできるためには一体どうしたらいいのでしょうか。園児〜小学校低学年のお子さんを例にお伝えします。

「自分でできる」ためのポイント

わかりやすく細分化

朝の支度ってたくさんありますよね。

起きる→着替え→朝食→洗顔・歯磨き→持ち物の準備→出発

ざっくり書き出してみるとこうなりますが、一つひとつ見ていくと

【着替え】着替えを出す/着替える/脱いだパジャマを片づける
【持ち物の準備】持っていくものを出してくる/カバンに入れる
例)園児の場合、コップとおしぼりなど
例)小学生の場合、給食セット(はし・スプーン・おしぼり)など

このように、どこから何を持ってきてどうするのか? という行動は、本当はかなり複雑なんです。

もしお子さんに「持ち物準備しなさい!」と言っているとしたら、何となくわかっていても具体的には何をすればいいのかが伝わっていないこともあるかもしれません。

着替える、ご飯を食べる、歯を磨く、顔を洗う、給食セットをランドセルに入れる、など言わなくてもわかるだろうと思わずに、具体的に細分化して伝えてみてください。

早く用意しなさい! などだけでは、伝えていないのと同じ。伝え方を工夫するだけで、お子さんも動きやすくなるかもしれませんよ。

収納は出し入れしやすい仕組みに

お子さんに具体的に伝わったとしても、やるべき一つひとつの行動が難しいものだったらどうでしょう?

朝起きたばかりで眠く、まだエンジンがかからない状態で難しい行動をするのは、大人だって嫌になってしまいます。

お子さん自身が着替えやものの準備をしやすいようにするには、簡単に出し入れできる収納の仕組みにしておくことも大切です。

着替えを例にして考えてみましょう。

・いつも着替える場所の近くに着替え(衣類)はありますか?
着替えを取りに行くのが遠かったら、着替えを持ってくることが面倒でやらなくなってしまうかもしれません。

・着替えは取り出しやすい量になっていますか?
収納場所まで行っても取り出しにくかったり、たくさんありすぎて何を選べばいいかわからなかったら、着替えを持ってくることを諦めてしまうかもしれません。

・余計なものが入っていませんか?
季節外の服やサイズアウトの服が入っているなど、「今使わない」ものが一緒に入っていないでしょうか。

せっかく自分で選んでも、「それじゃなくてこっち!」などと言われては、やる気もなくなってしまうかもしれません。怒られたらなおさらです。

お子さんが自分で支度できるようにするには、中身は厳選してどれを選んでも文句がない状態にしておいてあげてください。

どこまでできた? を見える化

「あれはやったの?」「これは? あれ持った?」などといちいち言われていたら、お子さんのやる気もなくなってしまいます。

朝の支度は全部でどれくらいあるのか、今どこまでできているのか、目に見えるように表すのも一つの方法です。

わが家では「〇〇をする」と紙に書き出し張り出していましたが、ただ書き出しただけではうまくいきませんでした。ある日、1、2、3、4……と番号をふって箇条書きにしてみたら「◯番までやった!」と言ってチェックしながら支度をするようになりました。

このように、ちょっとした工夫でやりやすくなることもあれば、ちょっとしたことでやりにくくなってしまっている場合もあります。

お子さんの行動を観察していろいろな方法を試してみると、合った方法が見つかりやすいのではないでしょうか。

自分で支度……忘れものしたらどうする?

ご家庭によってさまざまだと思いますが、わが家の場合は忘れものや失敗は、まずしてみることが大事だと考えています。ですから、子どもの忘れものを学校に届けるなどはほとんどしません。

忘れたらどうなるのか、どうすればいいのか、次に忘れないためにどうしたらいいのかなど、一つの忘れものから学べることがあると思います。

小さいうちは特に、あれこれ手や口を出してしまいたくなりますが、私はなるべく我慢して経験につながればと思っています。

……とはいえ、やっぱり手も口も出してしまうんですけどね(笑)。

まとめ

朝の支度、お子さんが自分でできるようになるのが理想ではありますが、年長さんになったから、1年生になったからと言って急にできるようになるものではありません。

大切なのは、一つずつ自分でできることを増やしていくことだと思います。小さいうちから取り組めば、だんだんと自分でできることが増えていくと思います。ぜひ長い目で見ながら、試してみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

マスターライフオーガナイザー®

家事が苦手で面倒くさがり。小中学生男子2人の母。
片づけを学び実践したら、「ものが片づくだけでなく、心がラクになった」を自らが経験。
「家事や育児が忙しい女性に、少しでもラクになってもらいたい」と、
『ずぼラクお片づけ』と称した、ずぼらな人でも暮らしと心がラクになる片づけサポートや講演等を行っている。
ブログ:https://hiromi-hayasaka.jp/blog/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

外出中のマスクをはずすシーンで重宝する、たった5分でできるマスクケースの作り方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね♪


スッキリ保つ! 専門家が教える、リビングクローゼット収納を活用するコツ

スッキリ保つ! 専門家が教える、リビングクローゼット収納を活用するコツ

リビングクローゼットを上手に活用できていますか? 最近はリビングにクローゼットがあるお宅が増えてきました。家族で一緒に使うリビングはモノが集まり、管理が難しい場所。スッキリと維持するためのリビングクローゼットの収納術をご紹介します。


面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

お客さまからお聞きするお悩みのひとつに、「家族がゴミをゴミ箱へ捨ててくれない問題」があります。それでも、ゴミ捨ては週に何度も発生する大事な家事のひとつ。ゴミ捨てに関わる当たり前を、今一度見直してみませんか? 今回は、我が家で取り入れている、ゴミ捨てをラクにこなすコツについてお伝えしたいと思います。


衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

最近全然着ていないけれど、またいつか着るかもしれない! そんな思いで、衣類整理が進まず悩んでしまう方も多いですよね。しかし、素直な気持ちとちょっとのコツで整理しやすくなります。


もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

お掃除をしようと思ったとき、掃除道具を取り出すのが面倒だったり、買ったはずのお掃除グッズが見当たらず意気消沈したりしたことはありませんか? お掃除を面倒にするのは、掃除道具の取り出しにくさ。最低限のお掃除グッズと取り出ししやすい収納方法で、サッと掃除道具が手に取れて、使用後も簡単にしまえる収納を作りましょう。


最新の投稿


コロナ禍での運動頻度は増えたor減った?「ジムが閉鎖」「家で筋トレする」

コロナ禍での運動頻度は増えたor減った?「ジムが閉鎖」「家で筋トレする」

コロナ禍による外出自粛で、おうち時間が増えた家庭も多いでしょう。外に出ないぶん、減ってしまいがちなのが運動する頻度。実際にみなさんがどうだったのか、アンケート結果を確認してみましょう。


リピーターおすすめ! 業務スーパーでリピ買いしている冷凍食品と活用方法

リピーターおすすめ! 業務スーパーでリピ買いしている冷凍食品と活用方法

毎日の食事とお弁当づくり。食費と日々の手間を抑えるために、業務スーパーの冷凍食品が活躍しています。今回はアレンジしやすくて、リピ買いしている商品について、ご紹介いたします。


【ここまでとは!】おろしたてのお洋服 ⇒ 笑っちゃうほど泥まみれに

【ここまでとは!】おろしたてのお洋服 ⇒ 笑っちゃうほど泥まみれに

Instagramで子育て漫画を発信される塩りさん。塩りさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【小さな恋の物語】最終日に交わしたデートの約束、その場所はなんと?

【小さな恋の物語】最終日に交わしたデートの約束、その場所はなんと?

Instagramで子育て漫画を発信されるよこやまひろこさん。よこやまひろこさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


離乳食でお好み焼きって大丈夫? 時期別のレシピとチェックポイント【管理栄養士監修】

離乳食でお好み焼きって大丈夫? 時期別のレシピとチェックポイント【管理栄養士監修】

野菜やお肉などいろいろな食材を入れて作れるお好み焼きは、大人だけでなく赤ちゃんもおいしく食べられます。つかみ食べやかじり食べもできますよ。今回は赤ちゃんに与える際のポイントとオススメのお好み焼きレシピをご紹介します。