ズボラな人でも続けられるカビ予防! 面倒なお風呂掃除のポイント

ズボラな人でも続けられるカビ予防! 面倒なお風呂掃除のポイント

これからの季節。だんだん暖かくなるにつれて湿度も高くなっていき、お風呂ではカビ等が発生しやすい時期になってきます。実はこのカビ、ポイントさえ押さえていれば、簡単に予防ができるんです。今回はズボラさんでも簡単に続けられるカビ予防の方法を、我が家のお掃除例と共にご紹介していきたいと思います。


お風呂場にはカビの大好物がたくさん

Getty logo

①栄養分

Getty logo

カビにとって、体を洗った際の人間の皮脂や垢であったり、石鹸カスなどは大好きな「栄養分」!

特に、リンスやトリートメントに含まれる髪の保護成分などは、石鹸カスと一緒になると汚れが頑固になってしまいます。そんなこびりついた汚れは、カビの栄養分になってしまうのです。

②湿度

Getty logo

カビが発生しやすい湿度は、60〜70%ぐらいの環境。夏場などは浴室内の温度はもちろん、湿度も高くなりがちなので、カビの発生率も高くなってきます。

③温度

Getty logo

25〜28度ぐらいの温度が、カビにとっては好環境! 浴室内では温かいシャワーなどお湯を使うことも多いため、浴室全体の温度が上昇し、カビにとっても活発化しやすい環境となってしまいます。

④水

Getty logo

濡れているのは床や浴槽だけかと思いきや、よく見てみると壁や天井付近などに、体を洗う際に飛び散った水しぶきや水滴などが意外とたくさんついています。そうした水分もすべて、カビが好むものの一つとなってしまいます。

つまり、これら4つの要素がカビの胞子と結びつくことにより、私たちがよく目にするカビになるということなんですね。

どうすればカビを予防できるのか?

Getty logo

カビを予防するためには、カビの好む条件を断つことにあります。

まずはお風呂から上がる前に、浴室全体を少し熱めのシャワーで流します。熱めの目安としては、だいたい45度ぐらいがベスト。

床だけでなく、壁や床の隅の方、またよく忘れがちな排水溝の蓋なども外し、周辺にしっかりシャワーをかけていきます。

こうして熱めのお湯をかけることにより、石鹸カスや皮脂など、カビが栄養分とするものをしっかりと流すことができます。

特にカビが生えやすいような箇所には、少し長めにシャワーをかけておくと効果的です。

シャワーでできるお風呂場のカビ予防策
シャワーでできるお風呂場のカビ予防策

熱いシャワーのあとはしっかり冷やす!

さて、熱いシャワーで流したあと、これでおしまい! としてしまいたいところですが、そのままでは浴室内はまだ温かい蒸気でいっぱいです。

先程にもご紹介したように、カビにとっての好物は湿度! 浴室の湿度が高いままだと、結局はカビの住処になってしまう可能性が高くなってきます。

だからこそお湯で流したあとは、冷水で一気に冷やすことが大事になってくるんです。

シャワーでできるお風呂場のカビ予防策

仕上げの冷水シャワーで湿度を下げる

熱いお湯をかけたあとは、同じようにして冷水シャワーを床や壁、浴槽などにかけ、浴室全体の湿度を下げます。

「お風呂の後に冷水シャワーをするといい」という情報だけが出回っていることもありますが、いきなり冷水シャワーで流してしまうと、石鹸カスなどの残りが冷たい水で固まってしまい、カビにとっての栄養分として残ってしまいます。

必ず熱めのお湯でシャワーをしたあとに、冷水シャワー! その順番がとても重要なポイントになってきます。

もし浴室内に窓があるのでしたら、窓を開けて換気をしたり、換気扇を回して浴室内をしっかり乾燥させることも大きな効果が得られます。

最近は100均などでも水を切るためのスクイジーなどが売られているので、こうしたアイテムを上手に使いながら、できる限り水分を残さないこと、そしていかにはやく浴室内を乾燥させられるかによって、カビの発生率も大きく変わってきます。ぜひ試してみてくださいね♪

まとめ

SNSなどでも、毎日お風呂から上がるときに水滴一つ残さずに拭き上げて……という方も中にはいてらっしゃいますが、さすがにそれを毎日するなんて、正直続けられる気がしません(笑)。 私も例に漏れず、主人の帰りが遅かったりして、どうしてもお風呂が遅くなってしまうことも多いため、拭き上げることができない日が多いのです。

けれど、シャワーをかけるだけでカビを少しでも予防できるのなら、面倒くさがりな方にはもちろん、旦那さんにもちょっと協力してもらうなどして、無理なく続けられるのではないかと思います。

無理してハードルの高いことをするより、できる範囲でできることを続けていけるように……。

掃除が苦手という方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、そんな方にとっても簡単に続けられるカビ予防! ぜひ試してみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

元保育士&小学生の男の子と女の子の双子ママです。

100均グッズを使った整理収納、インテリアなど、子どもや家族みんなが暮らしやすい家づくりを心がけています。

Instagramでは日々の掃除記録や、子どものいる暮らしをテーマとした収納方法なども随時アップ&更新中♫

働きながら、子育てしながらでもぼちぼち続けていける暮らしのヒントをたくさん綴っていこうと思います。

関連するキーワード


掃除 風呂

関連する投稿


おしゃれとエコが両立! 生活感を払拭できる「コップハンディモップ」

おしゃれとエコが両立! 生活感を払拭できる「コップハンディモップ」

さまざまな場所のホコリを取るのに便利な「ハンディモップ」。ご自宅で使っている方も多いのではないでしょうか? 今回はおしゃれとエコを両立させてくれる「コップ ハンディモップ」のオススメポイントをご紹介します!


ニトリで見つけた! 壁・水アカ・サビの汚れを落とすお掃除消しゴム3兄弟

ニトリで見つけた! 壁・水アカ・サビの汚れを落とすお掃除消しゴム3兄弟

家の中の削りたい三大汚れは「壁の黒ずみ汚れ」「水アカ汚れ」「サビ汚れ」ではないでしょうか。そんな家の汚れも消しゴムを使って簡単に消せたらいいのに……。そんな願いをかなえるアイテムをニトリで発見しましたので、ご紹介したいと思います。


お風呂のカビを予防! おすすめのお風呂グッズ6選

お風呂のカビを予防! おすすめのお風呂グッズ6選

ちょっと油断すると、すぐにお風呂はカビが発生してしまいがち。お風呂のカビやヌメリはお掃除も大変ですよね。実は、こまめなお掃除とちょっとした収納のテクニックでお風呂のカビやヌメリは大幅に減らせます!


入れるだけでピカピカ! 簡単にできる電気ポットの掃除方法

入れるだけでピカピカ! 簡単にできる電気ポットの掃除方法

便利なキッチン家電の中でも手軽に使えて、持っているという方も非常に多い電気ポット。しかしながら、そのお手入れ方法を知らないという方は意外と多いんです。今回はそんな電気ポットの簡単お手入れ方法をご紹介したいと思います。


掃除でも大活躍! ウタマロ石けんの使い方と簡単ウタマロクリームの作り方

掃除でも大活躍! ウタマロ石けんの使い方と簡単ウタマロクリームの作り方

主婦の方々を中心に大人気のウタマロ石けん。わが家でも頑固な汚れを落とすのに大活躍しています。どちらかというと洗濯に使うイメージが強いウタマロ石けんですが、今回はお掃除でも大活躍する定番の使い方と、おすすめのウタマロクリームの作り方をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


最新の投稿


かさばる診察券や医療証もスッキリ! 100均グッズを使った収納術

かさばる診察券や医療証もスッキリ! 100均グッズを使った収納術

病院に行くときに持参することの多い医療証や診察券。みなさんはどのように収納されていますか? 今回は、いざ使うときにさっと取り出せる100均グッズを、実際に使ってみた感想とともにレポートしてみたいと思います。


シャキシャキ感がおいしい! 水菜のおすすめの食べ方とレシピ

シャキシャキ感がおいしい! 水菜のおすすめの食べ方とレシピ

寒い冬から春にかけて旬を迎える水菜。そのままサラダにしたり、鍋に入れたりもできる便利野菜です。シャキシャキした食感と瑞々しさが特徴の水菜の、いろいろな食べ方やレシピを紹介します。


【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

新生児のうちは、十分にミルクを飲ませたはずなのに、あげてみたらどんどん飲んでしまうことがあります。ミルクの飲みすぎではないかと気になったり、何度も泣いてほしがっているように見えたらどうすればいいか、紹介します。


【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

つたい歩きをなかなか始めなかったり、逆に早くからつたい歩きを始める姿を見て、心配するお母さんお父さんもいることと思います。今回はつたい歩きを始める一般的な時期や、O脚との関係などについてお話します。


【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

赤ちゃんが元気に生まれてきてくれても、体が小さめだと気になることが多いかもしれませんね。特に低出生体重児の場合は、育て方や今後の成長などに不安を感じることもあると思います。そこで今回は、「低出生体重児」とはどのようなものか、その原因や成長のしかた、育てるうえで気を付けたいことなどについて説明します。