取り出しやすいから出番が増える! キッチン鍋収納3つのステップ

取り出しやすいから出番が増える! キッチン鍋収納3つのステップ

キッチンの中に鍋はいくつありますか? 鍋の蓋の数は? そして、それらの鍋や蓋全部に出番がありますか? キッチンは毎日使う場所ですので、一つひとつのアイテムが少しでも出し入れがしにくいと徐々に出番が減ってきます。快適なキッチンにするための、動線に合わせた鍋の収納方法についてまとめてみました。


Getty logo

こんにちは。ライフオーガナイザー®の橋本智子です。

キッチンの中にある鍋や蓋、全部に出番がありますか?

毎日使う場所や使う物ほど、少しでも使い勝手にストレスを感じていたり、取り出す手間、片づける手間がかかるものは出番が少なくなりがちです。

「使いにくい鍋」と感じているものも、実は鍋自体の使い勝手が悪いのではなく、取り出しにくいのが原因だったということもあります。

本当に必要な鍋や蓋を日々の暮らしの中で快適に使うための整理収納方法について、3つのステップにまとめてみました。

ステップ①:どんな鍋が本当に必要かを再確認する

Getty logo

毎日必ず使う鍋、あまり使わない鍋、サイズ違いのものを揃えたい鍋、一つあれば十分な鍋。どんな鍋が使い勝手が良くて、いくつ必要なのかは、家族の人数や、人によっても違うはずです。

「〇〇鍋はいくつあればよい」
「〇〇鍋は他の鍋で代用ができるから必要ない」
そんな正解にこだわり過ぎると、毎日キッチンに立つ時間が楽しくなくなることもあります。

自分はあまり使わないけれど、その鍋があることで家族が手伝ってくれるというお話も伺います。

・自分にとって、家族にとって、本当に必要なものはどれ?
・毎日必ず使う物や、すぐに取り出せるならもっと使いたい鍋はどれ?
・使っていると料理が楽しくなる鍋はどれ?
・高かったからもったいなくて置いているけど、本当は使いにくいと感じている鍋はどれ?

ぜひ、自分基準でこれからも使いたい鍋を取捨選択してみてくださいね。

ステップ②:どのような流れで料理をするのか動線を知る

Getty logo

キッチンは毎日立つ場所であるからこそ、無意識に動いていることも多いです。

特に慣れている料理を作る場合は、まず鍋に水を入れて……など、考えなくても体が勝手に動いてしまいませんか? ですが、見方を変えてみると、無意識のストレスにも気づいていない可能性もあるということです。

鍋や鍋の蓋を収納する場所によって、実は取り出す際に不要な動きが含まれていても気づきにくく、結果「料理をするのに時間がかかる」というストレスに繋がることもあります。

例えば、シンク下にフライパンや調味料を、コンロ下に味噌汁などを作る片手鍋などを収納されているケースがあったのですが、実際に料理をする動線とは反対の収納になっています。

シンク下とコンロ下の鍋の配置を逆にしただけで、とてもスムーズに料理ができるようになったとのこと!

鍋を取り出す際の数歩の移動も、毎日積み重なっていくと、ストレスになっていきます。

突っ張り棒を使ったキッチンの鍋蓋収納

無意識に収納してしまっているのは、鍋だけではありません。鍋と蓋は一緒に収納するもの、セットで収納するもの、という思い込みを外すと、使いやすくなる場合もあります。

我が家にある圧力鍋には、料理中加圧するための蓋と、料理ができた後にするガラス製の蓋の2種類がセットになっています。

圧力鍋自体は、茹でるために活用することもあるので、シンク下に収納していますが、それら2つの蓋も本体とセットで収納しておくものという思い込みがありました。

しかし、よくよく考えてみると料理ができたあとにするガラスの蓋は、コンロ側でしか使ったことがありません。

そこで、鍋本体と加圧用の蓋はシンク下に、ガラス製の蓋をコンロ側に分けてばらばらに収納したところ、圧力鍋を取り出す際に、毎回ガラス製の蓋を取り外すという手間が省け、ストレスフリーになりました。

ステップ③:ラクに出し入れができる収納方法を決める

キッチンの鍋収納

どんな収納方法が取り出しやすいかは、利き手や動線によって変わってきます。私は右手で鍋を取り出す習慣があるので、鍋の持ち手は全て右側に向けています。

また動線によって、水を先にいれてからコンロにかける鍋はシンク下に、炒め物や揚げ物に使う鍋はコンロ下に収納しています。煮込み用の鍋も、まず炒めてから煮込むことが多いのでコンロ下です。

土鍋は箱から出して、カセットコンロと一緒に収納することで、さっと取り出せるので使う機会も増えました。

取り出しやすいと出番が増える! を実感しています。

Getty logo

全ての鍋を引出しや扉の中に収納してしまう必要もありません。

毎日使うから出しっぱなしが一番楽! という鍋は、掛ける収納にすることもできます。

収納スペースや鍋の数も含めて、一番楽に使える配置や収納方法を見つけてみてくださいね。

まとめ

キッチンの収納は動線にそって整えると、本当に使いやすくなります。どこに何があるとスムーズに動けるのか、あちこち移動せずに料理ができるのか。自分や家族の毎日の動きをイメージしながら見直して、ストレスフリーなキッチンにしたいですね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

大阪在住のライフオーガナイザ―®/メンタルオーガナイザー®

・個人宅での整理収納作業や片づけセミナーを通して
 家の仕組みを整える片づけサポート。
・思考や感情を整えて自分らしく暮らす為の心の片づけサポート。
空間と心の両面から暮らしを整えるお手伝いをしています。

お一人おひとりの「ちょうど良い暮らし」に合った片づけ方をご提案します。

ブログ:https://ameblo.jp/smile-life-008/

関連するキーワード


専門家 キッチン

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


最新の投稿


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、ママ・パパの強い味方になってくれるのがベビーフード。今回は、様々なメーカーから販売されている商品の中でも、無添加のものを中心に、月齢ごとのおすすめのベビーフードをご紹介します。