新生活応援! 狭い部屋を少しでも広く見せる6つの方法

新生活応援! 狭い部屋を少しでも広く見せる6つの方法

広い部屋や素敵なインテリアを見て「いいな」とは思いつつも、自分の部屋は狭いからしょうがない……なんて、あきらめていませんか? 引っ越さない限り部屋は広くはなりませんが、それでも広く見せる方法はあります。快適な空間を作るために、部屋を広く見せる方法を6つご紹介します。


こんにちは! SPACE PLUS+ 東京の整理収納アドバイザー・インテリアコーディネーターの斉藤夏枝です。

春が到来し、いよいよ新生活シーズン。新しい年度の到来で、ついつい模様替えしたくなるタイミングでもありますよね。

SNSや雑誌で見かける広々とした部屋に憧れるけれど、物理的に自分の家とは広さが違うし……と諦めてはいませんか? 部屋の面積そのものを広げることは難しくても、狭い部屋を「広く」視覚的に見せることは、テクニック次第でできちゃうんです。

今回はそんな便利な裏技を6点、ポイント別にご紹介します。

その①:モノを床置きしない

Lazy dummy

ドラマのセットで、裕福な家と貧乏な家の作り方があるのを知っていますか?

その作り方には一定の法則があります。答えは裕福な家はモノを少なくし、床面積を広く見せること、反対に貧乏な家は雑多なモノをごちゃごちゃおいて床をつぶしてしまうことなのです。

部屋を少しでも広く見せたいなら、床面積を広げることが第一ポイント。床面積を広げるために、まずはモノの見直しをして、なるべく直接床置きしないことが大切です。

その②:家具は脚付き家具を買おう

Lazy dummy

ソファやチェストなど、家具を新たに購入するなら、ぜひ「脚付き」家具を買いましょう。

脚付き家具のメリットは家具の下の床が少しでも見えること。その①で紹介したように、床の見える範囲を広げることで、部屋が広く見えます。

また、脚付き家具だとお掃除ロボットも下に入り込んでほこりを取り除いてくれる可能性がありますね。

お掃除ロボットで掃除がしやすいという意味の「ルンバブル」という言葉もあるように、ルンバ稼働を見越して家具を選択すると、掃除が楽になりますよ。

その③:四角いテーブルより丸テーブル

Lazy dummy

同じぐらいの大きさなら四角いテーブルより丸いテーブルのほうが専有面積が小さくなるので、部屋が広く見えます。また、丸いテーブルだと、座るところを限定せずに座れますね。

特に座卓の丸いテーブルだと、どこにでも、何人でも座れるというメリットもあります。

その④:鏡を置いて広く見せる

Lazy dummy

レッスンスタジオや体育館など壁全面に鏡がある場所は、実際のスペース以上に広く見えますよね。

それと同様に、お部屋の壁に鏡を設置すると、部屋が続いて見えて空間の広がりを感じるので、視覚的にも気分的にも部屋が広く見えます。

立てかける鏡よりも、壁付けに鏡を設置すれば、より部屋が効果的に広く見えますよ。

その⑤:アクセントウォールを導入する

Lazy dummy

アクセントウォールとは、部屋の中で壁の一部だけ異なる素材や色を取り入れ、程よいアクセントを演出するというもの。アクセントウォールを取り入れると、部屋に入ったときに目線がそちらに行くので、部屋が広く見えます。

目線が行く場所をフォーカルポイントと言い、そこにインテリアの小物などを置くとよいでしょう。

入居時に普通の白い壁だったとしても、賃貸用の貼ってはがせる壁紙やインテリアシートを購入すれば、自分で施工することだって可能です。

その⑥:小さな光源をたくさん使う

Lazy dummy

天井にシーリングライト一つだけのお部屋は、のっぺりとした無機質な空間になりがちです。

光源がたくさんあると人は空間の広がりを感じます。シーリングライト以外にスポットライトをつける、テレビの後ろに照明を設置する、ソファの横にスタンドライトを置くなど、プラスαで照明を導入しましょう。

また、光の高さも重要です。足元に明かりがあると人は落ち着くので、フロアライトを購入するのもよいでしょう。充電式になっており災害時に持ち運べるライトを選べば、普段使いもでき、防災時にも活用できるので、防災用品としてもライトを複数準備するのはおすすめです。

まとめ

部屋が少しでも広く見える6つのヒント、いかがでしたか?

部屋が広く見えるヒントと共に考えていきたいのは、今自分が持っている持ち物の量を見直し、減らすということ。それだけで空間はかなりスッキリします。

新しい生活を始めるために、快適なお部屋を作り出すために、まずはお部屋のダイエットから始めましょう。

SPACE PLUS+とお片付け
https://spaceplus2017.com/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

転勤族育ちで転勤族の妻となり、頼る人がいない土地での子育て。
頼ったのは、「モノ」でした。

子供が生まれてモノが爆発的に増えてしまい、片づけられなかった経験をしてから、「お片付け」を体系的に学ぶ。
「片付け苦手を克服!」のHPを立ち上げ、お片づけのヒントやアイデアを発信中。
多数の引っ越し経験からどんな暮らし方にもFITするシンプルな定番の収納が得意。
■個人向けのご自宅お片付けサービス
■事業主様向けのバックヤードや書類お片付け仕組み作りサービス
■整理収納アドバイザー認定講座の講師
■スマホアプリのコラム執筆掲載など
「片づけのチカラ」を伝えるために活動している。
お部屋が整えば、ココロも整う。

Webサイト:https://spaceplus2017.com

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


掃除も楽チンに! 繰り返し貼ってはがせる「ポンプボトルホルダー」

掃除も楽チンに! 繰り返し貼ってはがせる「ポンプボトルホルダー」

バスルームや洗面台、キッチンなどの水回りで大活躍のポンプタイプのボトル。みなさんはどのように設置して使っていますか? 「こんなアイテムあったらいいな」というソープボトルホルダーを先日見つけたので、ご紹介したいと思います。


オーブンも電子レンジも蒸し料理も! 便利な調理アイテム「WECK」

オーブンも電子レンジも蒸し料理も! 便利な調理アイテム「WECK」

苺のマークで人気の「WECK」はガラスの密閉保存容器として有名ですが、実は調理容器としても優秀です。使用方法を守れば、冷蔵だけでなく、電子レンジやオーブンで加熱したり、蒸し料理だって作れたりします。今回は贈り物にもピッタリなギフトボックスに入っているMOLD 140mlの使い方やレシピを中心にご紹介します。


リビングの居心地が悪い!? おうち時間が増えた今、見直したい3つのこと

リビングの居心地が悪い!? おうち時間が増えた今、見直したい3つのこと

本来であれば、落ち着いて過ごすためのリビング。でもなんだか落ち着かない。その理由は、環境が整っていないのが原因です。今回の記事では、すでにお家にあるグッズを使ってお手軽に環境を変え、リビングテーブルまわりをスッキリ整える方法をお伝えします。自宅でホッとおちついて過ごすことができるようになりますよ。


増えていく子供服はどうすればいい? 5つの断捨離ルールと収納方法

増えていく子供服はどうすればいい? 5つの断捨離ルールと収納方法

「成長が早いから」「汚すから」とたくさん必要になる子供服。ママが購入したものだけでなく、ママ友や親せきからのおさがりの洋服、祖父母からのプレゼントなどで気づけば、子供服が物置部屋からあふれるほどに! 子供服の片づけに困っているなら、子供服の断捨離ルールをつくってみませんか?


メインからスイーツまで! 時短&節約のポイントがいっぱいな「ポリ袋レシピ」

メインからスイーツまで! 時短&節約のポイントがいっぱいな「ポリ袋レシピ」

話題のポリ袋調理は、洗い物や手間を省ける便利な家事テク! 手軽にできる工夫や効率化によって、時短や節約につながります。加熱できるポリ袋を使えば、調理の幅も広がって、メインのおかずやスイーツ作りにも大活躍! お子さんがお手伝いできる工程も多いので、一緒にクッキングもしやすいですよ♪


最新の投稿


定位置はここ! 「どこにある?」と探さないで済むリモコン収納

定位置はここ! 「どこにある?」と探さないで済むリモコン収納

テレビやクーラー、その他の電気機器など、何かと数も種類も多いリモコン達。みなさんはどんなふうに収納していますか? 今回は、よくどこかへ行ってしまいがちなリモコン類を、ひとまとめにできる便利なアイテムについてご紹介したいと思います。


【医師監修】妊娠初期にピンクのおりもの! 主な原因と対処法とは

【医師監修】妊娠初期にピンクのおりもの! 主な原因と対処法とは

妊娠初期には出血が起こることが少なくありません。出血といっても、おりものに色が付く程度のものから、腹痛を伴い大量に出るものまでさまざまです。今回はその中から、ピンクのおりものが出た場合の原因と対処法を紹介します。


メインからスイーツまで! 時短&節約のポイントがいっぱいな「ポリ袋レシピ」

メインからスイーツまで! 時短&節約のポイントがいっぱいな「ポリ袋レシピ」

話題のポリ袋調理は、洗い物や手間を省ける便利な家事テク! 手軽にできる工夫や効率化によって、時短や節約につながります。加熱できるポリ袋を使えば、調理の幅も広がって、メインのおかずやスイーツ作りにも大活躍! お子さんがお手伝いできる工程も多いので、一緒にクッキングもしやすいですよ♪


手づくり苦手な主婦が挑戦! STAY HOME期間に作る簡単おやつ

手づくり苦手な主婦が挑戦! STAY HOME期間に作る簡単おやつ

新型コロナウイルスの流行により、うちで過ごす時間が増えました。これを機におやつ作りに挑戦。面倒な手順はなし! 簡単な手作りおやつ生活はじめてみませんか。


リビングの居心地が悪い!? おうち時間が増えた今、見直したい3つのこと

リビングの居心地が悪い!? おうち時間が増えた今、見直したい3つのこと

本来であれば、落ち着いて過ごすためのリビング。でもなんだか落ち着かない。その理由は、環境が整っていないのが原因です。今回の記事では、すでにお家にあるグッズを使ってお手軽に環境を変え、リビングテーブルまわりをスッキリ整える方法をお伝えします。自宅でホッとおちついて過ごすことができるようになりますよ。