片付けができる子どもに育てたい! ママのための2つのヒント

片付けができる子どもに育てたい! ママのための2つのヒント

日々の暮らしの中で子どもに「片づけなさい!」と何回も言っていませんか? 「私が毎回言わないと、使ったものは元に戻さないし、放っておくとぐちゃぐちゃになっています」というお悩みをよく伺います。私も子育て中の2児のママ。今回は、日々の子育てから得た経験を生かして、片付けができる子どもに育てるコツについて紹介します。


片付けができると、どんな大人に育つ?

こんにちは! SPACE PLUS+ 東京の整理収納アドバイザーの斉藤夏枝です。

片付けができる子どもになってほしい、でも、現実は違うからイライラして、子どもにきつい言葉をかけてしまう……なんてことはありませんか? 私も同じ経験を持っています。

では一体、なぜ片付けができる子どもになってほしいのでしょうか?

Getty logo

片付けというのは、モノが必要か必要でないかをジャッジする「判断力」の育成につながります。

また、最後まで片付けをやり遂げるためには「実行力」もいるし、「大変なことからも逃げない姿勢」も必要ですよね。

毎日やるという「習慣作り」も大切です。

片付けを通して、将来独り立ちするための「生活力」を鍛えていくことができるんです。

子どもが片付けられない3つの原因

Getty logo

いくら「片付けなさい!」と毎日キーキー言っても、子どもが片づけられない原因が3つあります。

【1】片付け方を知らない

「片付けなさい」と言われても、そもそも片付け方を教えてもらっていないのが現代の子ども。

昔の子どもはモノが少なかったので、片付けるという必要がなかったのです。しかし、現代の子どもたちは、ネットショッピングや100円ショップ、コンビニという存在が身近にあり、簡単にモノが手に入る時代なので、部屋がモノであふれています。

モノが多いと当然、片付ける必要性が出てきますよね。

【2】モノがありすぎ

片付けられないお宅へ伺うと、おもちゃが大量にあります。

両親、そして両祖父母からおもちゃを買い与えてもらうので「6ポケット」と言われていますが、最近では、晩婚化が進み叔父や叔母、親戚からももらうという子どもも多いです。その結果、ポケットは10ぐらい存在しています。

お金をあげるより目に見えるおもちゃをあげたほうが子どもが喜ぶということもあり、おもちゃをくれる方が多いのも事実。だから「クリスマス」や「お誕生日」には一気におもちゃが増えるわけです。

【3】片付けの仕組みができていない

片付けの一番シンプルな考え方は、元に戻すこと。

「〇〇を△△にもどしなさい」という具体的な指示があればできるのです。

戻す場所が決まっていない、戻す場所がわからなければ、片付けることができません。

ヒント(1):児童館の片付け方法を参考にしてみよう

保育園や幼稚園、児童館、学校などたくさんの子どもが集う環境を思い浮かべてみてください。

お弁当や帰宅の時間には、スッキリと片づけられています。これは片付けの工夫がされているからです。

片付けをするルールになっている

我が家の近くの児童館では、片付けまできちんとできない子どもは次回遊ぶのが禁止になります。ルールとして決まっているのです。

片付けができていない子どもは、子ども同士で注意し合ったり、先生から指導されることもあります。そうやって決まりを理解していくんですね。

家庭でも片付けをここまでやる、時間になったらやるというルールを作るとよいですね。

片付けしやすい仕組みができている

誰がやっても片付けがしやすいように、どこに何を片付けるべきなのか、棚にラベルが貼ってあります。また、棚だけではなく収納BOXにも同じようにラベルが貼ってあります。

これで、戻すべき場所がわかるようになっているのです。

また、子どもが戻しやすいように余裕を持った収納になっています。子どもでも分かりやすいようにひらがなで書く、大きな字で書く、色分けをするなどの工夫もされています。

これは家庭でも応用可能です。

「片付けなさい」と言う前に、片付ける場所をきちんと作ってあげることが大切です。

ヒント(2):子どもの片付けの目標を、最初から高くしない

Getty logo

最初から勉強ができる子がいないように、最初から完璧に片付けができる子どもはいません。日々の生活を通して根気強く教えていく必要があります。

また、最初から決まりが100%守れる人はいません。「このかご一つに集めることができたらOK」や、「おもちゃは寝る前の一日一回だけ片付けタイムを作り、リビングから子供部屋にもっていけばOK」など、最初の一歩は簡単なルールを守るところから始めてみてください。

「うちの子どもが片付けられません」というお母さんの目標が高すぎることは多々あります。

まとめ

片付けできる子どもに育てるのは「一日にして成らず」です。日々伝えていき、少しでもできたら褒めてあげる中で、片付けできる子どもから大人へ成長するのを楽しみにしながら、子どもへ日々の声掛けをしていきましょう。

SPACE PLUS+とお片づけ
https://spaceplus2017.com/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

転勤族育ちで転勤族の妻となり、頼る人がいない土地での子育て。
頼ったのは、「モノ」でした。

子供が生まれてモノが爆発的に増えてしまい、片づけられなかった経験をしてから、「お片付け」を体系的に学ぶ。
「片付け苦手を克服!」のHPを立ち上げ、お片づけのヒントやアイデアを発信中。
多数の引っ越し経験からどんな暮らし方にもFITするシンプルな定番の収納が得意。
■個人向けのご自宅お片付けサービス
■事業主様向けのバックヤードや書類お片付け仕組み作りサービス
■整理収納アドバイザー認定講座の講師
■スマホアプリのコラム執筆掲載など
「片づけのチカラ」を伝えるために活動している。
お部屋が整えば、ココロも整う。

Webサイト:https://spaceplus2017.com

関連するキーワード


専門家 片付け

関連する投稿


保育園の着替えの準備を楽にしよう! 着替え収納の拠点は「保育園」に

保育園の着替えの準備を楽にしよう! 着替え収納の拠点は「保育園」に

保育園の着替え、皆さんは何枚持っているか把握していますか? 保育園児を3人抱えた片づけのプロが、日々を楽にするためにとった方法は「保育園の洋服は保育園を拠点にする」こと。保育園を拠点にするってそもそもどういうこと? 日々を楽にするだけではなく、子どもが準備をするときもスムーズになるメリットも合わせてご紹介します。


まな板不要で時短調理・家事シェアにも貢献! キッチンバサミの活用法

まな板不要で時短調理・家事シェアにも貢献! キッチンバサミの活用法

忙しい朝や、仕事から帰ってからの慌ただしい食事作り、食べ終わった後の洗い物……。これらは毎日のことだけに、少しでも楽にしたいですよね。食材を使う際は、包丁よりキッチンバサミの方が、早くて便利なことも多いです。いくつかの活用方法をご紹介いたします。


無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

冷蔵庫の中に、「もったいない」と保存したけれど使わずに傷んでしまった食材や、使い道が分からず処分している食材は、ありませんか? 食べ物を無駄にしてしまうのは、あまり気持ちの良いものではありませんよね。少しの工夫で、おいしく食べきることはできますので、今回はいくつかの例をご紹介いたします。


やらない家事をカスタマイズしよう! 「家事のスリム化」3ステップ

やらない家事をカスタマイズしよう! 「家事のスリム化」3ステップ

毎日の家事、どれも欠かさずやらなくてはいけないと思い込んでいませんか? 仕事や子育てに追われているのに、家事にも全力投球……というのは無理がありますよね。家事に手を抜くことは、別に悪いことではありません。毎日の負担を軽くするために、少しずつ家事をスリム化してみませんか?


今年こそ片づけたい! 書類片づけの仕組みをつくるポイント3つ

今年こそ片づけたい! 書類片づけの仕組みをつくるポイント3つ

家の中のもので「片づかないもの」の代表格「書類」。書類は、家に入ってくるタイミングもバラバラで、種類自体も多いため、上手に整理しないとあっという間にたまってしまいます。今年こそ書類が片づく仕組みを作って、スッキリ暮らしてみませんか?


最新の投稿


あったかくておいしい! 保温弁当箱・ランチジャーの魅力を徹底分析

あったかくておいしい! 保温弁当箱・ランチジャーの魅力を徹底分析

お弁当をあったかいままおいしく食べられる、保温弁当箱。寒い時期になると特に活躍するイメージの保温弁当箱ですが、実は季節限らず活用できる優れものです。我が家でもオールシーズン保温弁当箱を愛用し、子どもにもとても好評。今回は長年愛用してみてわかった保温弁当箱の魅力を分析してみました!


ドライブ中、子どもの機嫌を保つコツは? 主な原因とパパ・ママに聞いた独自の工夫

ドライブ中、子どもの機嫌を保つコツは? 主な原因とパパ・ママに聞いた独自の工夫

本田技研工業(Honda)は、家族でのおでかけ前とドライブ中における子どものテンションや機嫌の変化を調べるため、家族のドライブ事情について、調査を実施しました。


「ファーファ 」のランドリーシリーズから、地球にやさしい“エコパック詰替品”が登場

「ファーファ 」のランドリーシリーズから、地球にやさしい“エコパック詰替品”が登場

NSファーファ・ジャパンは、世界の香りでお洗たくできる「ファーファ トリップ」と、香りが苦手な人でも安心してお洗たくできる「ファーファ Free&」の2つのランドリーシリーズから、エコパック詰替品を2020年4月中旬より全国で発売します。


知らなきゃ損? タオルの交換時期とふわふわが長持ちする方法

知らなきゃ損? タオルの交換時期とふわふわが長持ちする方法

手や顔、身体を拭いたりと、毎日何かと使っているであろうタオル。そんなタオルの交換時期をみなさんはご存知でしょうか? 今回は、タオルの寿命や、ちょっとした一手間でフワフワになる裏技などをご紹介していきたいと思います。


8割以上のママが入園・入学準備の「お名前付け」を大変と回答! いつから始めている?

8割以上のママが入園・入学準備の「お名前付け」を大変と回答! いつから始めている?

キングジムは、2019年4月に保育園・幼稚園・小学校に入園・入学した子どもがいる25~45歳の母親400名を対象に「新入園・新入学準備のお名前付け」に関する意識調査を実施しました。