ママのための悩み解決サイト
ちょい置きはしない! 着るたびに洗わない洋服の収納ルールとは?

ちょい置きはしない! 着るたびに洗わない洋服の収納ルールとは?

冬は着る度に洗わない服もありますよね。脱いだ後、なんとなくベッドの端に掛けていたり、ソファやイスの背もたれにかかっていたりしませんか? そんなちょい置きが山とならない対策についてご紹介します。


こんにちは、ライフオーガナイザー®︎、クローゼットオーガナイザー®︎の松谷麻子です。

冬場になるとクローゼットのお悩みでよくあがるのが、着るたびに洗わない服の扱い方。

なんとなく、椅子の背もたれに掛けてしまったり。ソファーに置きっぱなしにしてしまったり。そしていつの間にか洋服は何層にも……。

ある日、下の方からくちゃくちゃになったニットが出てきた! そんな経験をお持ちだったり、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は「着るたびに洗わない服」を、ちょい置きの山にしないための工夫をご紹介します。

洋服を「ちょい置き」したくなる理由

Getty logo

なぜついつい「ちょい置き」をしてしまうのでしょう?

・またすぐ着るから
・一度着たものと認識したいから
・一度着た服をきれいな服と同じところに戻したくないから
・戻すのが面倒
・しまう場所がないから

こんな理由があるようです。

冬は汗をかくことも少ないですし、洗濯機で気軽に洗えない素材も多いですよね。ワンシーズンのうちに洗うのは数回、もしくは一度も洗わないアイテムがそこそこあるはずです。

【洗っていないものを戻すことに抵抗がある】
そんな思いから「ちょい置き」してしまうのかもしれません。

部屋の中もついつい「ちょい置き」を黙認してしまって、「あれ?」となんだか残念なことになっていませんか? しまう場所がないから……という理由の場合は、まずははじめに今お持ちの量が適量かどうかを見極める必要があります。

「ちょい置き」にルールを作る

・またすぐ着るから
・一度着たものと認識したいから
・一度着た服をきれいな服と同じところに戻したくないから

と思ってなんとなくその辺に置いてしまっている方、椅子の背もたれに乗せたものが増えすぎて、椅子がひっくり返った! となっては危ないです。

「ちょい置き」も場所とルールを決めると、気づけばちょい置きの山……なんてことが防げます。人が来るときに慌てて片付けなきゃ! と自分を追い込まず、いつでも来客を呼ぶことだって可能になりますよ。

そこで、こんな風にしてはいかがでしょうか。

【1】その日着た服はハンガーにかけて部屋干しする

その日に着た服は冬場とはいえ、体からの蒸発した汗を吸い取っています。外の空気に触れて見えない塵なども付着しているかもしれません。

そこで、脱いだらハンガーにかけて一晩部屋の中でかけて休ませます。デニムやボトムスも、パンツハンガーで吊るします。余裕があればブラッシングをすると毛玉なども防止できますし、ちりも落とせますね!

そのために、一度休ませられる定位置を作りましょう。窓の桟やカーテンレールは、窓に近く結露がある場合もあるのであまりオススメしません。

かけるところがない場合は、壁につけられるフックやハンガーラックなどを利用するといいでしょう。

BJÄRNUM ビャーヌム

¥ 1,499

(2019/2/11 時点)

ちなみに私はこちらのIKEAの折りたたみ式フックを愛用しています。使わない時は折りたたんでしまうとスッキリします。

壁に付けられる家具・フック・オーク材 幅4×奥行6×高さ8cm

¥ 790

(2019/2/11 時点)

壁に釘を打ちづらい方は、細い釘を使用しているタイプがいいですね。

【2】翌朝着替える時にクローゼットに戻す

そうして一晩干した衣類は、ハンガーのまま戻せるものはクローゼットに戻します。たたむものは畳んでから戻します。

朝、着替える時に衣類を出す&戻すという流れにすれば、大した時間はかかりません!

一度着た服をクローゼットにしまうことに、抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。ただ冬場の衣類は、どれもシーズン通して毎回洗うものの方が少ないのではないでしょうか。毎回洗うインナーや下着類は違う引き出しにするのも良いですね。

まとめ

皆様のお宅には、すぐには洗わない服のために「ちょい置き」の住所はありましたか? それは椅子の背もたれやソファの肘掛けやタンスの引き出し、ではありません。

よく「収納するアイテムに住所を作りましょう」といいますが、このように「一時的に置きたい」ものにも、住所があることは実はとっても重要です。この住所があることによって、家の中の「ちょい置き」がなくなりますよ!

そしてなんだか家が散らかっている……と感じたり、人が来た時に慌てて片付ける! なんていうこともなくなります。

まだ寒い冬は続いています。ぜひこの冬のうちにルールを作ってみてはいかがでしょうか。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

ライフオーガナイザー®︎/クローゼットオーガナイザー®︎

東京都世田谷区在住。12歳10歳4歳の男女ミックスの3児の母。SMART STORAGE!メンバーとして活動。
思考の整理から始めるお片づけ術で、ママと子の選ぶ力を育み、子供がいてもすっきり快適に暮らせる仕組みを作るサポートをしています。

Blog https://ameblo.jp/achakolany

関連するキーワード


専門家 クローゼット

関連する投稿


いざという時の備えはできてる? 災害に備える防災備蓄と収納のコツ

いざという時の備えはできてる? 災害に備える防災備蓄と収納のコツ

今の時代、いつ起こってもおかしくない自然災害。災害に備えて準備しておきたいと思っている人も多いのではないでしょうか? けれども何をどう備えたらいいかわからないこともありますよね。今回は、実践している食品の備蓄と収納法についてご紹介します。


片付け苦手さんは「たまりやすいもの」から片付けよう!

片付け苦手さんは「たまりやすいもの」から片付けよう!

「片付け」ってどこから手を付けたらいいかわからない、忙しくてまとまった片付けの時間がとれない……簡単に片付け始めるにはどうしたらいい? そんな悩みを抱えているあなたに、最初の片付けでとりかかるとよいモノをピックアップしていきます。


使い方は無限大! ファスナー付きケースの5つの収納実例

使い方は無限大! ファスナー付きケースの5つの収納実例

100円ショップ・無印良品などの日用品店・文房具店・ネットショップと、いたるところで手に入るファスナー付きケース。大きさも小さいサイズから大きいサイズまでいろいろあります。丈夫でしっかりと閉まるので、実はとっても優秀な収納用品! 今回はそんなファスナー付きケースの収納実例をご紹介していきます。


処分の前に試してみて! 使いこなせなかった収納用品の有効活用アイディア

処分の前に試してみて! 使いこなせなかった収納用品の有効活用アイディア

「家を片づけよう」「使いやすくしたい」と思って購入した収納用品。いざ使ってみると、「使いづらかった……」なんていうことも。とはいえ、すぐに処分するのも戸惑いますよね。そんな時は別の場所で活かしてみてはいかがでしょうか? 本来の使い方ではないけれど、便利な使い道についてご紹介いたします。


片づけと準備を同時に! 使いたい時に探さなくてすむ水着&マリングッズ収納

片づけと準備を同時に! 使いたい時に探さなくてすむ水着&マリングッズ収納

夏休みに使った水着やマリングッズ。来年使う時に探さず、すぐに取り出せるようになっていると嬉しいですよね。今年使い終わったら、来年の準備も兼ねて片づけてみませんか?


最新の投稿


汚部屋から卒業! 片付けた状態をキープするコツ

汚部屋から卒業! 片付けた状態をキープするコツ

きれいに片付けをした後、できればその状態を長くキープしたいですよね。せっかく片付けたのにすぐリバウンド……では悲しくなってしまいます。そこで今回は、片付けた状態をキープするコツをご紹介します!


【安心して赤ちゃんを迎えるために】お部屋準備で押さえたいポイント

【安心して赤ちゃんを迎えるために】お部屋準備で押さえたいポイント

初めての赤ちゃんを迎え入れる時には、パパもママもわからないことがいっぱいです! 「暮らしはどう変わるの?」「どんなことに気をつけてお部屋の準備をしたら良いの?」などのお悩みも。そこで今回は、赤ちゃんを迎えるための環境作りについてお話したいと思います。


大きさにびっくり! コストコ・クロワッサンシューの値段・量・カロリーは?

大きさにびっくり! コストコ・クロワッサンシューの値段・量・カロリーは?

あなたはクリームたっぷりのシュークリームは好きですか? コストコではシュークリームは販売されていないですが、クロワッサンシューというネーミングのスイーツが大人気なんですよ♪ しかも、コストコで売っているクロワッサンシューはビッグなアメリカンサイズ! 今回はそんな、クロワッサンシューについて見ていきましょう。


【医師解説】赤ちゃんの体重は?新生児~1歳までの体重の目安

【医師解説】赤ちゃんの体重は?新生児~1歳までの体重の目安

1歳未満の赤ちゃんは、1年間で体重がおよそ3倍になるなど、目覚ましく成長します。そんな時期、母子手帳に体重を書き記す中で「標準に比べたら軽い?」「増えがよくない?」などと不安に思うこともあるでしょう。今回は、新生児~1歳までの体重の目安を、発育曲線の見方ともに解説します。


医師監修】哺乳瓶はいつまで使う? 哺乳瓶とサヨナラする方法

医師監修】哺乳瓶はいつまで使う? 哺乳瓶とサヨナラする方法

フォローアップミルクなどで1歳を過ぎても哺乳瓶を使うことはよくありますが、いつまで哺乳瓶を使っていいのか、迷うママもいるのではないでしょうか。哺乳瓶とそろそろサヨナラするタイミングや、その方法についてご紹介します。