【助産師解説】母乳はいつから出るの?出をよくする2つのポイント

【助産師解説】母乳はいつから出るの?出をよくする2つのポイント

母乳はいつ頃から出始めるの? 分泌が安定するまでの期間とそのメカニズムについて、助産師が解説します。母乳の出をよくする方法についてもアドバイスしているので、ぜひ参考にしてください。


この記事を解説してくれた先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

「坂田 陽子 先生」記事一覧はこちら⇒

母乳が出始めるのは産後いつから?

赤ちゃんが生まれたらちゃんと母乳が出るかな…。そもそもいつ頃から出始めるの?という心配や疑問を持つママは少なくないようです。母乳の産生メカニズムから見る一般的な分泌の開始時期と、安定するまでの期間について詳しくお伝えします。

産後2〜4日後から母乳量は増え始める

母乳は赤ちゃんが生まれたらすぐに出始めると思っている方も多いかもしれませんが、実際には出産後すぐにたくさんの母乳が分泌されるわけではありません

母乳は妊娠中から出産後までの地道な準備を経て、ようやく多くの量を分泌できるようになります。妊娠中は、たくさんのホルモンが乳房の中に働きかけることで、乳腺が血液から母乳を作る準備をします。中には妊娠中からじんわり母乳がにじむ人もいますが、ほとんどの場合は妊娠中には母乳は出てきません。

赤ちゃんが生まれて胎盤が排出されると、胎盤から出ていたプロゲステロンなどのホルモンの量が急激に減ることで、乳腺が母乳を本格的に作り始めます。このような一連の過程を経て、一般的には産後2〜4日あたり(出産後36~96時間)から母乳の量が増えてきます

産後2〜4週間で母乳が安定してくる

一般的に、分娩後およそ10日を過ぎると母乳を作る工程が安定してくるといわれます。その後、徐々に母乳の量が増えていき、産後2~4週間で分泌が安定してくることが多いでしょう。

ただし、この時期から母乳の分泌を安定させるには条件があります。というのも、乳房で作られる母乳の量は赤ちゃんが授乳によって飲みとる量や、搾乳によって排出される量で決まってくるためです。つまり、左右それぞれの乳房で作られる母乳の量は、前回の授乳(または搾乳)でどれくらい乳房から排出されたかによって決まってきます。そのため、母乳の分泌を安定させ、常に十分な量を出せるようになるには、赤ちゃんに母乳を良く飲んでもらうことが重要です。

赤ちゃんは小さな胃だから少量を頻繁にあげる

「では、母乳が多く分泌されるまで赤ちゃんへの授乳はどうすればいいの?」という疑問を抱く人もいるでしょう。

母乳がスムーズに分泌されるまでには産後一定の時間が必要になりますが、その間まったく出ないわけではないので安心してください。

そもそも、生まれたての赤ちゃんの胃のサイズはさくらんぼ一粒くらいの大きさで、とても小さいです。その後徐々に大きくなっていきますが、産後1週間くらいまでは胃の容量が比較的小さいので、数日間は多量の母乳は必要ありません。つまり、母乳の分泌量の増え方は、赤ちゃんの胃のサイズに合った合理的なものになっているんですね。

ちなみに、赤ちゃんの胃のサイズは以下のようなサイズがおおよその目安となります。

・1日目…さくらんぼくらいの大きさ(5~7ml)
・3日目…くるみくらいの大きさ(22~27ml)
・7日目…アプリコットくらいの大きさ(45~60ml)
・10~14日目…XLサイズの卵くらいの大きさ(80~150ml)


出産直後は母乳が少量しか出なくても、赤ちゃんの胃のサイズにほぼぴったり。

この頃は一度に大量にではなく、少量ずつの母乳を頻繁に飲ませることが大切です。入院中はもちろん、退院時にも母乳の出方を見てアドバイスをもらえるので、不安なときは医師や助産師に遠慮せず相談しましょう。赤ちゃんの体重減少が大きく、母乳の量が増えない場合は、必要に応じてミルクの補足をすることがあります。

母乳の分泌をよくする方法

それでは、母乳の分泌をよくするには、具体的にどういった点を心がければいいのでしょうか?母乳の量を増やして安定させるためのポイントをご紹介します。

1. 赤ちゃんがほしがるだけ頻繁に授乳する

母乳の量を増やして分泌を安定させるには、出産直後はできるだけ頻繁に授乳することが大切です。

母乳を作るホルモンであるプロラクチン濃度は、出産直後が最高でその後はゆっくり低下していきます。そして、この間にまったく授乳しなければ、産後7日くらいには妊娠していないときの濃度まで下がってしまうとされます。ただ、プロラクチンの値は乳頭が刺激されるたびに上昇するので、しっかり授乳していれば低下を続けることはありません。

このような理由から、出産後早い時期から頻繁に授乳した方が母乳の量は早く増えると考えられます。具体的には、24時間に8回以上授乳していれば、次の授乳までのプロラクチン濃度の低下を防ぐことができるといわれています。また、プロラクチンの量は夜間の方が高くなるので、母乳栄養を望む場合はできるだけ夜間はミルクで対応せず、母乳をあげた方がいいともいわれています。

2. 母乳を溜まったままにしない

母乳の分泌をよくするには、授乳回数を制限せず、乳房の中に長時間母乳がたまった状態を避けることも大切です。

乳房の中に母乳をためておくと、母乳中の「乳汁産生抑制因子」という産生量を調節するタンパク質によって分泌量が減ってしまいます。また、たまったままにすると乳汁うっ滞にもつながるので、最初の頃はできるだけ頻回に授乳しましょう。

どうしても間隔が開いてしまうときや、赤ちゃんが飲みきれなかったときは、その状態で放置せず、搾乳して排出してあげるといいでしょう。
関連記事 ▶︎母乳の搾乳&保存方法と解凍方法
関連記事 ▶︎差し乳 ・溜まり乳とは?

まとめ

母乳は産後すぐに出始めるのではなく、数日かけて徐々に分泌が多くなってきます。最初は少量しか出ませんが、赤ちゃんの胃のサイズに合った量なので心配しなくても大丈夫。必要に応じてミルクの補足をすることがあります。その後、一般的に2~4週間で母乳の出は安定してきますが、授乳方法や回数によって変わってきます。分泌量を増やすには、産後早いタイミングからできるだけたくさん吸ってもらい、授乳の回数を制限せず、乳房の中に長時間母乳を溜めておかないようにすることが大切です。新生児期は赤ちゃんがほしがるだけおっぱいを与え、分泌量の安定につなげましょう。

(文・構成:マイナビ子育て編集部、監修・解説:坂田陽子先生)

※画像はイメージです

参考文献
水野克己ほか「これでナットク母乳育児」(へるす出版)
「母乳育児スタンダード」(医学書院)
「赤ちゃんの胃のサイズと産後早期の母乳育児」(メデラ資料)
水野克己ほか「母乳育児支援講座」(南山堂)


※この記事は、マイナビ子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


第一子出産のだいたひかるさん、痛いぐらいに吸引する赤ちゃんの生命力に感動「平凡をキープできるように」

第一子出産のだいたひかるさん、痛いぐらいに吸引する赤ちゃんの生命力に感動「平凡をキープできるように」

1月17日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、再婚、不妊治療、そして現在も乳がんと闘病するだいたひかるさんの第一子出産のエピソードが特集されました。


第一子出産のイモトアヤコさん「ひたすらスクワット」の動画公開。赤ちゃんは換気扇とスクワットが好き?

第一子出産のイモトアヤコさん「ひたすらスクワット」の動画公開。赤ちゃんは換気扇とスクワットが好き?

タレントのイモトアヤコさんが、先日出産を報告したばかりの第一子を抱いてスクワットする動画をInstagramに投稿。そうするとなぜか、泣き止むのだといいます。


【初マタ出産記】Vol.10 ストッキングを切断!? 歩くのすらしんどく、理想とは違った妊婦生活 ~竹下さんの場合~

【初マタ出産記】Vol.10 ストッキングを切断!? 歩くのすらしんどく、理想とは違った妊婦生活 ~竹下さんの場合~

妊娠・出産は一大イベント。特に初マタだと夫や家族への報告、妊婦検診、職場への報告や引き継ぎ、産前の準備などなど、初めてのことで大忙しです。 妊娠出産は人それぞれといいますが、それでも先輩ママたちの経験を聞くと心強いもの。本連載では働く「初マタママ」の妊娠から出産までの体験記をご紹介します!


日本最大の産後ケアホテル「マームガーデン HAYAMA」オープン! 全室オーシャンビューで産後ママをケア

日本最大の産後ケアホテル「マームガーデン HAYAMA」オープン! 全室オーシャンビューで産後ママをケア

マムズは12月20日、神奈川県横須賀市に日本最大の産後ケアホテル「マームガーデン HAYAMA」をオープンさせました。助産師・保育士・専門スタッフが24時間ママをしっかりサポート。ママが心身共にしっかり休み、"ゆっくりママになる"ためのさまざまな設備を整えています。


背中や脇のお肉を押さえてスッキリ見せ! 補整力バツグンな「贅沢脇肉キャッチャー®︎」に冬の新色登場

背中や脇のお肉を押さえてスッキリ見せ! 補整力バツグンな「贅沢脇肉キャッチャー®︎」に冬の新色登場

女性下着の開発・製造を行っているHEAVEN Japanは、軽いつけ心地なのにしっかりとした補整力で美バストを作る「贅沢脇肉キャッチャー®︎」の冬の新色をオンラインショップで発売開始しました。


最新の投稿


【2人目どうする?#3】確実に迫るタイムリミット、でも心は追いつかなくて……『ワーキング母ちゃん日記 番外編』

【2人目どうする?#3】確実に迫るタイムリミット、でも心は追いつかなくて……『ワーキング母ちゃん日記 番外編』

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。前回から短期連載「2人目どうする?編」がスタートしました。賑やかな家庭に憧れていたあいさん。でも、まだ2人目妊娠に踏み込む勇気がなくて……。毎週火曜日更新です。


朝のストレッチの効果とは?身体がすっきり目覚めるおすすめのメニューをご紹介

朝のストレッチの効果とは?身体がすっきり目覚めるおすすめのメニューをご紹介

朝すっきり起きられず、いつもぎりぎりまで寝てしまい慌ただしくなってしまう……。そんな毎日を変えるために「朝、ストレッチをしてみようかな」と思う人もいるのではないでしょうか。そこで、朝にストレッチを行う効果とおすすめのストレッチ方法をご紹介します。


ストレッチで硬いおしりを柔らかく!おすすめのおしりほぐし3選

ストレッチで硬いおしりを柔らかく!おすすめのおしりほぐし3選

皆さんは日頃、おしりの筋肉をどのくらい意識しているでしょうか? 座っていることが多かったりすると、なかなか意識しにくい筋肉の1つだと思います。しかし、気づかぬうちにこり固まっていることもあるので、ストレッチでほぐしてあげるのがおすすめです。今回はおしりが硬くて伸ばしにくい人でもできるストレッチをご紹介します。


【漫画】長女が高熱! 風邪? それとも……『プニぱぱ双子絵日記』Vol.39

【漫画】長女が高熱! 風邪? それとも……『プニぱぱ双子絵日記』Vol.39

波乱の生活を送っていたはずが、気づいたら結婚&双子のパパに!? ぷにぱぱさんのブログ「プニぱぱ双子絵日記」から、家族愛つよめなパパによる双子育児エピソードをお届けします♪


双子男児、ラブラブじゃない⁉ ケンカした直後に「ぴとーーっ」

双子男児、ラブラブじゃない⁉ ケンカした直後に「ぴとーーっ」

Instagramで子育て漫画を発信されるさゆりさん。さゆりさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。