ママのための悩み解決サイト
【助産師解説】母乳はいつから出るの?安定するまでの期間と分泌をよくする方法

【助産師解説】母乳はいつから出るの?安定するまでの期間と分泌をよくする方法

母乳はいつ頃から出始めるの?分泌が安定するまでの期間とそのメカニズムについて、助産師が解説します。母乳の出をよくする方法についてもアドバイスしているので、ぜひ参考にしてください。


この記事を解説してくれた先生
坂田 陽子先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は出張専門の助産院”My Midwife”を開業している。
HP:http://ameblo.jp/mymidwife-yoko/

母乳が出始めるのは産後いつから?

Getty logo

赤ちゃんが生まれたらちゃんと母乳が出るかな…。そもそもいつ頃から出始めるの?という心配や疑問を持つママは少なくないようです。母乳の産生メカニズムから見る一般的な分泌の開始時期と、安定するまでの期間について詳しくお伝えします。

母乳がつくられるメカニズムと出始める時期

Getty logo

母乳は赤ちゃんが生まれたらすぐに出始めると思っている方も多いかもしれませんが、実際には出産後すぐにたくさんの母乳が分泌されるわけではありません

母乳は妊娠中から出産後までの地道な準備を経て、ようやく多くの量を分泌できるようになります。妊娠中は、たくさんのホルモンが乳房の中に働きかけることで、乳腺が血液から母乳を作る準備をします。中には妊娠中からじんわり母乳がにじむ人もいますが、ほとんどの場合は妊娠中には母乳は出てきません。

赤ちゃんが生まれて胎盤が排出されると、胎盤から出ていたプロゲステロンなどのホルモンの量が急激に減ることで、乳腺が母乳を本格的に作り始めます。このような一連の過程を経て、一般的には出産後36~96時間くらいすると母乳の量が増えてきます。

母乳の量が増えるまで、赤ちゃんの授乳は?

Getty logo

「では、母乳が多く分泌されるまで赤ちゃんへの授乳はどうすればいいの?」という疑問を抱く人もいるでしょう。

母乳がスムーズに分泌されるまでには産後一定の時間が必要になりますが、その間まったく出ないわけではないので安心してください。

そもそも、生まれたての赤ちゃんの胃のサイズはさくらんぼ一粒くらいの大きさで、とても小さいです。その後徐々に大きくなっていきますが、産後1週間くらいまでは胃の容量が比較的小さいので、数日間は多量の母乳は必要ありません。つまり、母乳の分泌量の増え方は、赤ちゃんの胃のサイズに合った合理的なものになっているんですね。

Getty logo

ちなみに、赤ちゃんの胃のサイズは以下のようなサイズがおおよその目安となります。

・1日目…さくらんぼくらいの大きさ(5~7ml)
・3日目…くるみくらいの大きさ(22~27ml)
・7日目…アプリコットくらいの大きさ(45~60ml)
・10~14日目…XLサイズの卵くらいの大きさ(80~150ml)


出産直後は母乳が少量しか出なくても、赤ちゃんの胃のサイズにほぼぴったり。

この頃は一度に大量にではなく、少量ずつの母乳を頻繁に飲ませることが大切です。入院中はもちろん、退院時にも母乳の出方を見てアドバイスをもらえるので、不安なときは医師や助産師に遠慮せず相談しましょう。赤ちゃんの体重減少が大きく、母乳の量が増えない場合は、必要に応じてミルクの補足をすることがあります。

母乳の出が安定するのはいつ頃?

一般的に、分娩後およそ10日を過ぎると母乳を作る工程が安定してくるといわれます。その後、徐々に母乳の量が増えていき、産後2~4週間で分泌が安定してくることが多いでしょう。

ただし、この時期から母乳の分泌を安定させるには条件があります。というのも、乳房で作られる母乳の量は赤ちゃんが授乳によって飲みとる量や、搾乳によって排出される量で決まってくるためです。つまり、左右それぞれの乳房で作られる母乳の量は、前回の授乳(または搾乳)でどれくらい乳房から排出されたかによって決まってきます。そのため、母乳の分泌を安定させ、常に十分な量を出せるようになるには、赤ちゃんに母乳を良く飲んでもらうことが重要です。

母乳の分泌をよくするには?

それでは、母乳の分泌をよくするには、具体的にどういった点を心がければいいのでしょうか?母乳の量を増やして安定させるためのポイントをご紹介します。

赤ちゃんがほしがるだけ、頻回に授乳しよう

Getty logo

母乳の量を増やして分泌を安定させるには、出産直後はできるだけ頻回にたくさん授乳することが大切です。

母乳を作るホルモンであるプロラクチン濃度は、出産直後が最高でその後はゆっくり低下していきます。そして、この間にまったく授乳しなければ、産後7日くらいには妊娠していないときの濃度まで下がってしまうとされます。ただ、プロラクチンの値は乳頭が刺激されるたびに上昇するので、しっかり授乳していれば低下を続けることはありません。

このような理由から、出産後早い時期から頻繁に授乳した方が母乳の量は早く増えると考えられます。具体的には、24時間に8回以上授乳していれば、次の授乳までのプロラクチン濃度の低下を防ぐことができるといわれています。また、プロラクチンの量は夜間の方が高くなるので、母乳栄養を望む場合はできるだけ夜間はミルクで対応せず、母乳をあげた方がいいともいわれています。

長時間おっぱいに母乳がたまった状態を避けよう

母乳の分泌をよくするには、授乳回数を制限せず、乳房の中に長時間母乳がたまった状態を避けることも大切です。

乳房の中に母乳をためておくと、母乳中の「乳汁産生抑制因子」という産生量を調節するタンパク質によって分泌量が減ってしまいます。また、たまったままにすると乳汁うっ滞にもつながるので、最初の頃はできるだけ頻回に授乳しましょう。

どうしても間隔が開いてしまうときや、赤ちゃんが飲みきれなかったときは、その状態で放置せず、搾乳して排出してあげるといいでしょう。

搾乳についても解説しています→【助産師解説】差し乳 ・溜まり乳とは?授乳するときはどんな状態がいい?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3564

差し乳・溜まり乳とはどのような状態で、なぜなるのかについて助産師が詳しく解説します。母乳不足や分泌過多などとの関係や、リスク予防・解消方法についてもお伝えしています。

まとめ

Getty logo

母乳は産後すぐに出始めるのではなく、36~96時間くらいかけて徐々に分泌が多くなってきます。最初は少量しか出ませんが、赤ちゃんの胃のサイズに合った量なので心配しなくても大丈夫。必要に応じてミルクの補足をすることがあります。その後、一般的に2~4週間で母乳の出は安定してきますが、授乳方法や回数によって変わってきます。分泌量を増やすには、産後早いタイミングからできるだけたくさん吸ってもらい、授乳の回数を制限せず、乳房の中に長時間母乳を溜めておかないようにすることが大切です。新生児期は赤ちゃんがほしがるだけおっぱいを与え、分泌量の安定につなげましょう。

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:坂田陽子先生)

※画像はイメージです

参考文献
水野克己ほか「これでナットク母乳育児」(へるす出版)
「母乳育児スタンダード」(医学書院)
「赤ちゃんの胃のサイズと産後早期の母乳育児」(メデラ資料)
水野克己ほか「母乳育児支援講座」(南山堂)

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

関連する投稿


9割以上がお肉が切りやすいと実感! 「ザクザク切れる 離乳食カッター」が登場

9割以上がお肉が切りやすいと実感! 「ザクザク切れる 離乳食カッター」が登場

ベビーブランド「マーナベビー(MARNA baby)」より、「ザクザク切れる 離乳食カッター」が、8月下旬より新発売されます。


空間除菌の「クレベリン」から、手指専用&キッチン用3製品が新登場

空間除菌の「クレベリン」から、手指専用&キッチン用3製品が新登場

衛生管理製品「クレベリン」から、日常除菌の新ブランド「クレベ&アンド(クレベアンド)」が誕生。手指専用の消毒剤2種と、口に入っても安心なキッチン用スプレーの計3製品が、9月2日に発売されます。


「はらぺこあおむし」とAfternoon Teaが初コラボ、ベビーアイテムに胸キュン!

「はらぺこあおむし」とAfternoon Teaが初コラボ、ベビーアイテムに胸キュン!

「Afternoon Tea LIVING」は、8月21日から、大人気の絵本「はらぺこあおむし」と初めてのコラボレーションを展開します。


ファーファの“部分洗いシリーズ”が登場、泥・食べこぼし・皮脂汚れをスッキリ!

ファーファの“部分洗いシリーズ”が登場、泥・食べこぼし・皮脂汚れをスッキリ!

普段のお洗たくで落としにくい汚れにフォーカスした、部分洗いシリーズ「ファーファ 99’s(キューキューズ)」が、2019年10月初旬よりECサイト、全国のバラエティショップで発売を開始します。


ディズニーのハロウィンデザインがかわいい! 人気のジップロックシリーズをチェック

ディズニーのハロウィンデザインがかわいい! 人気のジップロックシリーズをチェック

ジップロック(R)シリーズから、ディズニーキャラクターをあしらった限定アイテム、 3種6商品が8月20日より発売します。


最新の投稿


【医師監修】薄毛?毛玉?逆立つ? よくある赤ちゃんの髪の毛の悩み

【医師監修】薄毛?毛玉?逆立つ? よくある赤ちゃんの髪の毛の悩み

赤ちゃんの髪の毛の多い・少ないは人それぞれですが、周りの赤ちゃんと比べて「うちの子は薄毛なの?」と気にするお母さんも多いのでは。また、すぐ髪の毛に毛玉ができてしまう、といった日常のちょっとしたお悩みもよく聞きます。そこで今回は、赤ちゃんの髪の毛についてよくある悩みや、その対処法をまとめてみました。


愛用歴5年以上! 便利な時短キッチンツール4選【専門家体験レポ】

愛用歴5年以上! 便利な時短キッチンツール4選【専門家体験レポ】

キッチンやキッチンツールは大好きなのに、料理は苦手な私。ですが自宅での食事を好む夫がいるので、ほぼ毎日料理をしています。主婦歴約10年の間に精査されたキッチンツールは、いずれも私の第二の手として活躍してくれているものばかり。今回は特に使って便利だと感じたキッチンツールについてご紹介します。


【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

日本女性の平均初産年齢は、2015年以降は30.7歳となっており、今や、初めてママになる女性の5人に1人は35歳以上です[*1]。晩婚化・晩産化は時代の流れとはいえ、35歳以上の妊娠・出産には注意しておきたいことがいくつかあります。ここでは、30代後半での妊娠・出産について知っておきたいことを紹介します。


9割以上がお肉が切りやすいと実感! 「ザクザク切れる 離乳食カッター」が登場

9割以上がお肉が切りやすいと実感! 「ザクザク切れる 離乳食カッター」が登場

ベビーブランド「マーナベビー(MARNA baby)」より、「ザクザク切れる 離乳食カッター」が、8月下旬より新発売されます。


【100均】ダイソー素材でできる! 親子で楽しむ夏の工作アイデア

【100均】ダイソー素材でできる! 親子で楽しむ夏の工作アイデア

長い夏休みは時間を持て余してしまうこともあります。せっかくだから何か工作でも……と思っても、材料を揃えるのからして大変! そんな時は100円均一・ダイソーで工作の材料がないか探してみましょう。今回は、ダイソーで揃う材料を使った工作をご紹介します。夏の思い出を子どもと一緒に作ってみてはどうでしょうか。