ママのための悩み解決サイト
冷凍庫を味方につけよう! 時短料理もできる食費の節約術

冷凍庫を味方につけよう! 時短料理もできる食費の節約術

家族のためにおいしい食事を作りたい。将来のためにお金も貯めたい。でも、忙しい毎日の中で、時間をかけて食事を作ることや、小まめな買い物は難しいですよね。まだ子どもが小さいうちは、食事する量もつかめないので、食材も無駄にしてしまいがちです。今回は、冷凍庫を使った食材の無駄をなくす節約術をご紹介します。


残った食材は、後で便利に使おう!

食材
Getty logo

こんにちは。ライフオーガナイザー®の佐藤美香です。

小さな子がいると、食べムラがあったり、食事の途中で寝てしまったり、なかなか一回の食事の量がつかめないですよね。中途半端に残ってしまった食材、どうしようかと迷いませんか?

また、お菓子やお酒のつまみ・ソースなどを作るときも、少しだけ残った食材をそのまま冷蔵庫に入れたはいいけれど、気づいたときにはカラカラになっていたなんて経験はありませんか?

こんな「困った!」は、残ったときのひと手間で無駄にしなくて済みます。また、便利に使うこともできますので、ご紹介いたします。

食パン

子どもがいると、食パン1枚を食べきれない、耳だけ残してしまうなんてこと、よくありますよね。

そのまま冷凍して、後で焼いて食べることもできますが、小さくしてから冷凍しておくと便利です。

手でちぎって冷凍しておいた食パン

写真は、手でちぎって冷凍しておいたもの。ハンバーグを作るときに、牛乳につけてつなぎに使います。包丁で采の目に切って冷凍しておいて、フライパンで乾煎りすればクルトンにもなります。フードプロセッサーにかければ、パン粉にもなります。料理に少しだけ使いたいときに重宝しますよ。

レモン・ライム

くし切りにしたライム

お菓子やソースを作るときに、レモンを1/2だけ使うなんてことがあります。お酒を飲むときに、櫛切りしたライムが1つだけ欲しいなんてこともありますね。製氷皿などに絞って冷凍しておけば、また調理に必要になったときに使うことができます。くし切りで冷凍しておけば、お酒を飲むときなどにそのまま使うこともできます

生クリーム

お菓子を作った時に、トッピングの生クリームが余ったら、保存容器にそのまま絞って冷凍しておくのがおすすめです。

冷凍した生クリーム

いつものコーヒーに、この冷凍した生クリームをプラスしてみてはいかがですか?

スープなどを作る際に少しだけコクを足したいときなどにも便利ですよ。

脱フードロス! 捨てずにおいしくいただこう

食材
Getty logo

調理中に当たり前のように捨ててしまう野菜の切れ端や、作りすぎた飲み物。捨てずに冷凍しておけば、後でおいしくいただくことができます。捨てずにおいしくいただくことができれば、お財布にも環境にも優しいですよね。

椎茸の軸

椎茸の軸、そのまま捨ててはいませんか? その場で裂いて料理に使う方もいるかもしれませんね。椎茸の消費が多いわが家では、毎回裂いて使うのは面倒なので、軸をまとめて冷凍しています。

椎茸の軸

4~5パック分溜まったら、玉ねぎとコンソメと一緒に煮てフードプロッセッサーにかけます。牛乳と生クリームを入れて、塩胡椒で味を整えたら椎茸ポタージュのできあがりです。お好みがあるかとは思いますが、わが家では好評です。

コーヒー・紅茶

コーヒー氷で作ったコーヒー牛乳

小さな子どもがいると、せっかく淹れたコーヒーや紅茶も飲まないうちに冷めてしまうなんていうことは、日常茶飯事。作りすぎてしまったなんてこともありますよね。

そんなコーヒーや紅茶を飲みきれないときには処分してしまわずに、製氷機に入れて冷凍してみてはいかがですか?

グラスに、コーヒー(紅茶)氷を入れて牛乳を注げば、コーヒー牛乳(ミルクティ)が楽しめます。

葱の青い部分・生姜の皮

葱の葉(青い部分)

魚を煮るなど、臭みをとるために葱の青い部分や生姜の皮が必要になるときがあります。葱や生姜を使ったときに冷凍しておけば、魚の臭みをとるために、わざわざ葱や生姜を買いに行かなくても済みます。

安いときにまとめ買いして、しっかり使い切る

食材のまとめ買い
Getty logo

よく使う食材の安売り、買わない手はないですよね。ですが、使い切れずに腐らせてしまったら、本末転倒です。冷凍の活用方法を知って、安売り食材を上手に使いましょう。

トマト

旬の時期は、トマトも大量に安く手に入れることができますよね。トマトは、がくをとって丸ごと冷凍しておくと、水で洗ったときにツルンと皮が剥けます。わざわざ湯剥きしなくても済むので楽チンです。煮込み料理やトマトをそのまま漬け込む料理に使うといいですよ。

皮を剥いだトマトの麺つゆ漬け

写真は、麺つゆに皮を剥いたトマトを漬け込んだもの。暑い時期にまとめて作り冷やしておくのにおすすめの1品です。湯剥きするのが面倒な方は、ぜひ冷凍トマトで試してみてください。

納豆

納豆を冷凍する

納豆も冷凍することが可能です。自然解凍してそのまま食べることもできます。冷凍することで切ることもできるので、納豆を切って油揚げに入れて油で揚げたりするのもいいですよ。

まとめ

冷凍庫は使い方次第で、忙しいママの強い味方になってくれます。一見手間がかかるように感じますが、そのひと手間で、その後を楽にすることや、無駄を防ぐことができます。ぜひ節約・時短に役立ててくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

ライフオーガナイザー(R)/リユースマスター(R)の佐藤美香です。高1、中1、3歳の娘がおります。子どもが自分で出来る・家族が分かりやすい収納をご提案しています。

Webサイト:https://aika-katazuke.com/

関連するキーワード


冷蔵庫 専門家

関連する投稿


出会えたらラッキー!? コストコ「塩パン」の味とおいしい食べ方

出会えたらラッキー!? コストコ「塩パン」の味とおいしい食べ方

あの塩パンがコストコで登場! まだ取扱店舗は限られているので、出会えたらラッキーなんです! まだ発見したことのない方のために、コストコの塩パンの特徴や味、おいしい食べ方をご紹介します。


食欲の秋! 運動会や行楽弁当にぴったりの彩りメニュー

食欲の秋! 運動会や行楽弁当にぴったりの彩りメニュー

秋は甘い果物や根菜類にきのこ、脂がのった魚などおいしいものがいっぱい! 気温も過ごしやすくなるので、運動会や遠足など、屋外でお弁当を食べる機会も増えます。せっかくなので秋を感じる味やビジュアルも大事にし、季節を味わえるような彩りメニューをご紹介します。


十五夜には秋の味覚を取り入れて! 子どもが喜ぶお月見レシピ

十五夜には秋の味覚を取り入れて! 子どもが喜ぶお月見レシピ

2019年の十五夜は9月13日。1年の中でも、特に美しいと言われる秋の月。この月を眺めながら楽しむ料理はどんなものがいいでしょうか。今回はお月見にオススメの秋に楽しめるレシピや、ちょっとかわいいメニューをご紹介します。


運動会に行く前にチェック! 事前準備と必須アイテム

運動会に行く前にチェック! 事前準備と必須アイテム

9月~10月は秋の運動会シーズン。子どもの成長が見られる1大イベントです。張り切って応援に行ったはずが、忘れ物をたくさんしてしまい大失敗! そうならないために、しっかりポイントを押さえて事前準備をし、必要なものを忘れないようにしましょう。


100均グッズをさらに便利に使う方法【玄関・お風呂場・キッチン】

100均グッズをさらに便利に使う方法【玄関・お風呂場・キッチン】

お手頃価格で手に入れやすい100均! 収納用品、消耗品、インテリアと、100均グッズが活躍しているお宅も多いのでは? 同じ用途のものでも、たくさんのデザインやサイズがあり強い味方となってくれますが、今回は視点を変えることによって発見したさらに便利な使い方をご紹介します。


最新の投稿


出会えたらラッキー!? コストコ「塩パン」の味とおいしい食べ方

出会えたらラッキー!? コストコ「塩パン」の味とおいしい食べ方

あの塩パンがコストコで登場! まだ取扱店舗は限られているので、出会えたらラッキーなんです! まだ発見したことのない方のために、コストコの塩パンの特徴や味、おいしい食べ方をご紹介します。


カトージ、デリケートな赤ちゃんの肌に安心・快適な抗菌クレンゼ布団新発売

カトージ、デリケートな赤ちゃんの肌に安心・快適な抗菌クレンゼ布団新発売

ベビー用品を取り扱うカトージは9月中旬より、ベビー布団「抗菌クレンゼ布団(レギュラーサイズ、ミニサイズ)」を販売します。


【専門家監修】そうめんを使った離乳食レシピ!塩分は?手づかみ食べも?

【専門家監修】そうめんを使った離乳食レシピ!塩分は?手づかみ食べも?

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「そうめん」です。お米以外の炭水化物として取り入れやすいですよね。塩分は大丈夫? など、離乳食のそうめんについて、川口先生にお聞きします。そうめんなのに手づかみできちゃうレシピも!


【助産師監修】妊婦の運転やってはいけない3つのこと!車の運転はいつまでOK?

【助産師監修】妊婦の運転やってはいけない3つのこと!車の運転はいつまでOK?

妊婦の運転はいつまでOK? シートベルトは締めるべき? など、妊娠中の運転の気になる問題について助産師が詳しく解説します。絶対に運転してはいけない3つのタイミングについてもチェック!


【専門家監修】とうもろこしを使った離乳食レシピ!薄皮は?缶詰もOK?

【専門家監修】とうもろこしを使った離乳食レシピ!薄皮は?缶詰もOK?

とうもろこしは、甘みもあって美味しいので、子供も大好きな味ですよね。子供が好きなら、離乳食にも使えそう、と思いますがちょっと待って! とうもろこしは消化が大変な食べ物の1つってご存知ですか? 今回は、離乳食でのとうもろこしの扱い方や調理法、オススメレシピを離乳食のスペシャリスト管理栄養士の川口先生に教えてもらいます!