【節約術】寒い冬に負けない! エコであったかな湯たんぽを見直そう

【節約術】寒い冬に負けない! エコであったかな湯たんぽを見直そう

寒さが厳しい季節になりました。日中・夜間共にエアコンやヒーターなどの暖房器具が手放せなくなりますね。そこで気になるのは電気代の上昇はもちろんのこと、室内の乾燥です。感染症予防に、冬の乾燥は大敵です。今回は我が家が取り入れた、エコで乾燥も気にならない、進化した湯たんぽについて、ご紹介いたします。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

こんにちは。ライフオーガナイザー®のうめだあさみです。

寒い冬。お風呂でゆっくり温まっても、寝室に入るとヒヤッとして、せっかく温まった体が冷えて、目がさえてしまうことはありませんか?

我が家では、乾燥を気にして、寝る前に暖房で部屋を暖めておくことはありましたが、布団の中はやはり冷たい。そのため夜寝る前にお風呂でしっかり温まった娘たちですが、「布団が温まる前に目が覚めてしまう」「寝るのが寒い」と苦情が出ることもしばしばでした。

そこで、夜間の寒さ対策として、新しい暖房器具の購入も検討しましたが、予算と機能において納得のいくものを見つけることができませんでした。

そんな中見つけた、昔懐かしい湯たんぽ! 購入してみたところ、子どもたちに大好評。そして、新しい暖房器具を購入した場合の購入費の節約、電気代の節約、乾燥防止にもつながりました。

そんな我が家が購入した湯たんぽについて、ご紹介させていただきます。

湯たんぽって何?

Getty logo

筆者が子どものころは、湯たんぽを利用していた記憶があります。

寝る前に、母が石油ストーブで温めたお湯を注いでくれたのを覚えています。暖かいとともに、プラスチックでできた湯たんぽは硬く、布団の中で体に当たると痛かった思い出も。

湯たんぽの種類はさまざま

そんな幼いころの記憶でしたが、改めて調べてみると、さまざまな形状や素材でできた湯たんぽがあることに驚きました。筆者が検討した湯たんぽについて、ご紹介いたします。

金属製湯たんぽ

湯たんぽA(エース)3.5L 袋付 23521

¥ 1,814

(2019/1/11 時点)

マルカ 湯たんぽA(エース)3.5L 袋付
1,814円

【メリット】
・昔ながらの形状で、レトロでかわいい
・丈夫
・お湯の入れ替えをせず、このまま火にかけられる

【デメリット】
・火で直接温めた湯たんぽは高温になるので、やけどに注意が必要

充電式湯たんぽ

湯たんぽ Toyuugo 充電式 あったか 急速充電 素早く温める コードレス くり返し使用OK エコ 便利 過熱防止 保護カバー付き

¥ 2,700

(2019/1/11 時点)

Toyuugo 湯たんぽ 充電式
2,700円

【メリット】
・充電式のため、お湯の入れ替えが不要

【デメリット】
・充電時のコードの取扱いは慎重に
・充電のための時間が必要

電子レンジで温めるタイプ

白元アース レンジでゆたぽん(Lサイズ) 330086

¥ 1,296

(2019/1/11 時点)

白元アース レンジでゆたぽん(Lサイズ)
1,296円

【メリット】
・薬局などで販売しているため、購入しやすい
・電子レンジで温まるため、お湯の準備が不要

【デメリット】
・電子レンジでの温めの微調整が必要
・温め時間が短ければ冷たく、長ければ熱すぎてやけどの恐れが

ゴム製湯たんぽ

ファシー(FASHY) 湯たんぽ フリース 2.0L 04.アンスラサイト [並行輸入品]

¥ 1,580

(2019/1/11 時点)

ファシー(FASHY) 湯たんぽ フリース 2.0L
1,580円

【メリット】
・ゴム製のため、低温やけどの心配が少ない
・氷枕としても使用可能
・中身の水を流せば、収納に場所を取らない
・肌当たりが柔らかい

【デメリット】
・毎回お湯の入れ替えが必要
・形状が安定していないため、お湯を入れる際に注意が必要

プラスチック製湯たんぽ

タンゲ化学工業 湯たんぽ 立つ湯たんぽ オレンジ 2.6L 日本製 袋付き

¥ 848

2019.1.11現在

タンゲ化学工業 立つ湯たんぽ オレンジ 2.6L
848円

【メリット】
・比較的安価
・形状が安定しているので、お湯の入れ替えがしやすい

【デメリット】
・肌当たりが硬い
・大きめの収納場所が必要

我が家で選んだのは、ドイツ製湯たんぽ「ファシー」

上記でいくつか紹介してきましたが、我が家が選んだのは、ドイツ製湯たんぽ「ファシー」。

湯たんぽというと硬いイメージでしたが、こちらはゴム製のため、柔らかいです。お腹の上や首の後ろに乗せると、ふんわりと形状を変え包み込んでくれます。

足が冷たいとき、足の上にのせても痛くありません。

小さな子どものお腹にもピッタリ。

お布団の中だけでなく、日中のリビングでも、抱えて温まっています。

湯たんぽ「ファシー」の取扱上の注意

お湯の取り扱いには十分注意して

毎晩、夕食の片づけの際に、大きな鍋でお湯を沸かします。

我が家はやかんがないので(笑)、鍋の底から小さな泡が発生したら、火を止めてティファールに移し、湯たんぽに注ぎます。

ティファールで沸かせばいいのですが、推奨されているお湯の温度のは40度から60度。ティファールではあっという間に沸騰してしまいます。

忘れっぽい私にはお湯の状態も見て取れるため、お鍋で沸かす方が合っています。

湯たんぽの口は比較的狭く、またゴム製ですので不安定です。注ぐ際には十分注意が必要です。

本体に5割程度のお湯を入れ、ふたを閉めます。

容量いっぱいに入れるよりも、半分程度の方が体にフィットし、より柔らかな感触を味わうことができます。

スクリューキャップですので、開閉も簡単です。

低温やけど防止にカバーを

低温やけど防止のため、カバーは必要です。専用のカバーは、さまざまな種類が出ており、ぬいぐるみのカバーもありました。小さなお子様は喜びそうです。

SOMAN やわらか湯たんぽ 可愛い ニットカパー付き 2L 寒冷対策 防災グッズ (グレー)

¥ 1,250

(2019/1/11 時点)

(ファシー) FASHY ひつじのショーン HWB6634 0.8L 湯たんぽ [並行輸入品]

¥ 3,460

(2019/1/11 時点)

しかしながら、市販のカバーが本体にぴったりフィットしているため、取り外しが難しそうと考え、カバーはタオルで手作りしました。

洗いかえの際にも、簡単に取り外しが可能です。

湯たんぽ「ファシー」だからこそのメリット

冬はあたたか、夏はすずしく

「ファシー」を選択したもう1つの理由。

寒い冬にはお湯を入れて暖かく、暑い夏には、水枕として涼しく使用することができます。

硬い湯たんぽでは代用ができませんが、柔らかな「ファシー」だからこそできる活用法です。

今から暑い夏に活用できるのが楽しみです。

中身を出せばぺったんこ! 小さな収納場所でOK

使用後は中の水を流し、逆さに干して乾燥させます。下部に空いている穴にフックを引っかけ、干しておけば乾きます。

中身の入っていない湯たんぽはコンパクトで、3つ購入した我が家でも収納場所には困りません。

まとめ

まだまだ続く寒い冬。暖房費を気にせずに、暖かに過ごしたいものです。

我が家では、今まで「寒い!」と感じたら、すぐに暖房をつけていました。しかし、今では、まずは「湯たんぽ」。湯たんぽと毛布にくるまると、意外と暖房なしでも過ごせてしまうものです。

昔ながらの湯たんぽ。今ではたくさんの形状や素材の湯たんぽが発売されています。エコで電気代節約にも、乾燥防止にもなる湯たんぽで、ふんわりじんわりと暖かな冬の夜を過ごしてみませんか。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

心と暮らしのお片づけ相談室*ietoridori*代表/ライフオーガナイザー®・社会福祉士
『ママだから~しなければ。』『ママだから~できない。』ではなく、ママをもっと楽しむために。
【ママだってラクしたっていいじゃない!!】をモットーとし、家とりどりの心地いいを応援します。

amebaブログ「ママがラクでゴキゲンになる!!忙しいアラサー女性の心と暮らしのお片づけ相談室*ietoridori*@千葉外房」では、忙しいママたちが「もっとラクして、家族みんながゴキゲンになる」暮らしのヒントをお伝えしています。
ブログ:https://ameblo.jp/ietoridori/

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。




コストコ 節約