ママのための悩み解決サイト
ザックリだからうまくいく!? 文房具のズボラ収納術

ザックリだからうまくいく!? 文房具のズボラ収納術

自宅の文房具、皆さんはどこに置いていますか? そしてどのくらいありますか? わが家は、私がお仕事もするダイニングの棚に文房具を置いています。捨てるのが苦手なので、決して少なくはない我が家の文房具類。ですが、どこにあるか探すことはありません。今日は、ズボラな私でも片付けられるザックリ文房具収納をご紹介します!


こんにちは! 福岡でお片付けアドバイスとお片付け講師をしている、ライフオーガナイザーⓇの甲斐祐子です。

私がお片付けサポートでさせていただているお宅でも、文房具の片付けをする機会は多々あります。

「ないと思って、買っちゃった」と、家中から大量の文房具が出てくる場合もあれば、多くはないんだけれど、「ボールペンをいつも探している」というお声もお聞きします。

どちらの例も見せていただき、ポイントは量が「多い」「少ない」だけでなく、どんな時に自宅で文房具を使い、どこに置いているのか? も大事なのではないか、と考えています。

自宅で事務仕事もするし、子育て中なので学校、幼稚園からのお知らせも多い……。そんなわが家の場合の文房具収納を、ぜひご覧ください。

置き場は使う場所のすぐそばに!

わが家の文房具類や書類などは、私が長時間座っているダイニングテーブルのすぐ後ろの棚に収納しています。理由は、ダイニングで仕事をしたり、子どものプリント類や郵便物に目を通して返事を出すときに便利だからです。

「座ったまま、振り向いてペンが取れるとラク」というズボラな発想から、定位置が決まりました(笑)。

実は、「楽にできる」ってポイントはかなり重要なこと。使う時は必要だから面倒でも取りに行きますが、片付ける時に文房具の収納場所が遠くて面倒だったら、片付けをつい後回しにしてしまいませんか? 片付けの後回しを防ぐためにも、使う場所の近くに文房具の住所を決めているのです!

ご自身やご家族が、どこで文具を使うことが多いか? をシュミレーションしてみて、その近くに配置すればOKです。

文房具の量のルールは、ここに入るだけ!

ダイニングテーブルのすぐ後ろの棚の右上に、ニトリのナチュラルウッドシリーズの収納ボックスを置き、その中に収まる量の文房具を収納しています。

引き出しの中には、太い油性ペンやのり、ホッチキス、電卓など、毎日は使わない物がザックリと入っています。まだ1度も使っていないボールペンも種類別に輪ゴムで留めて、保管。

他の段には、名刺や、クリップ、マスキングテープ、付箋、プリンタのインクなど、お仕事で使う物、プリンター関係の物もまとめています。

引き出しの中の仕切りですが、私の場合は家にあったカゴや箱を使っています。パッとは見えないところなので、どんな箱でもあまり気にならないからです。色や形を揃えたい場合は、サイズを測り同じシリーズや色の収納を購入されるといいと思います。

もっと細かく仕切りたい方もいらっしゃると思いますが、ズボラな私は細かく分けるのが苦手なので、このくらいがちょうど良いのです!

取り出しやすく、戻しやすいペン立て

いつも使うペンや一度使ったことがあるペンは、立てて収納しています。引き出しに入れるより、ちょっとだけ楽です。

1つだけ工夫している点は、たくさんカラフルなペンがあるのですが、カゴ収納にしているので、パっと見た目は、ごちゃごちゃ見えないことです。

食事をするスペースでもあるダイニングなので、あまり事務的過ぎないようにしたいと思っています。

透明のエンピツ立てそのままだと、印象が全然違うのは一目瞭然! 試しにやってみましたが、少し文房具を間引いても、ごちゃごちゃした印象になります。

ペンの数は、こんなにたくさんいらないのですが、使い切らないと捨てられないタイプなので、一生懸命使っています。

目標としては、この半分くらいの量で、1色につき1本お気に入りのペンだけにすることです。そうなると、もっとお目当てのペンが探しやすく快適になるでしょうね!

まとめ

文房具収納のポイントは、次の3つ。

・自分や家族の行動パターンに合わせて元に戻すのが面倒じゃない場所に配置すること。
・いつも使う文房具と、ときどきしか使わない文房具を分けておくこと。
・サッと取り片付けられるように、出しっ放しの収納にすること。

見えているところはごちゃごちゃした印象にならないように、同系色でまとめましたが、ボックスの中の見えないところは、家にあった箱などでザックリと仕分けただけです。

片付けが苦手な方は、今流行りの「美しく映える収納」にしても、維持できないことも多いです。また、そこまで減らすことが難しく、片付け自体を諦めてしまうことも……。

美しさの完璧だけを目指すのではなく、自分の暮らしやすさも意識して片付けや収納を考えてみてくださいね! 文房具を使う時、元の場所に片付けるハードルも下がり、散らかりにくくなりますよ♪

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

ライフオーガナイザーⓇ

福岡県大野城市在住。育児ノイローゼ・元お片づけベタだった経験から、
「子育て中のママに寄り添いたい!」「空間が片付き、少しでも家事が楽になり、子育て、心にも余裕が生まれ、ママが自分自身のこともより楽しめるようになる!」をテーマに、これからの暮らしが、より楽しく、楽になるようお片づけを通してサポートしています。

Webサイト:https://attayoatta.com/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


いざという時の備えはできてる? 災害に備える防災備蓄と収納のコツ

いざという時の備えはできてる? 災害に備える防災備蓄と収納のコツ

今の時代、いつ起こってもおかしくない自然災害。災害に備えて準備しておきたいと思っている人も多いのではないでしょうか? けれども何をどう備えたらいいかわからないこともありますよね。今回は、実践している食品の備蓄と収納法についてご紹介します。


片付け苦手さんは「たまりやすいもの」から片付けよう!

片付け苦手さんは「たまりやすいもの」から片付けよう!

「片付け」ってどこから手を付けたらいいかわからない、忙しくてまとまった片付けの時間がとれない……簡単に片付け始めるにはどうしたらいい? そんな悩みを抱えているあなたに、最初の片付けでとりかかるとよいモノをピックアップしていきます。


使い方は無限大! ファスナー付きケースの5つの収納実例

使い方は無限大! ファスナー付きケースの5つの収納実例

100円ショップ・無印良品などの日用品店・文房具店・ネットショップと、いたるところで手に入るファスナー付きケース。大きさも小さいサイズから大きいサイズまでいろいろあります。丈夫でしっかりと閉まるので、実はとっても優秀な収納用品! 今回はそんなファスナー付きケースの収納実例をご紹介していきます。


処分の前に試してみて! 使いこなせなかった収納用品の有効活用アイディア

処分の前に試してみて! 使いこなせなかった収納用品の有効活用アイディア

「家を片づけよう」「使いやすくしたい」と思って購入した収納用品。いざ使ってみると、「使いづらかった……」なんていうことも。とはいえ、すぐに処分するのも戸惑いますよね。そんな時は別の場所で活かしてみてはいかがでしょうか? 本来の使い方ではないけれど、便利な使い道についてご紹介いたします。


片づけと準備を同時に! 使いたい時に探さなくてすむ水着&マリングッズ収納

片づけと準備を同時に! 使いたい時に探さなくてすむ水着&マリングッズ収納

夏休みに使った水着やマリングッズ。来年使う時に探さず、すぐに取り出せるようになっていると嬉しいですよね。今年使い終わったら、来年の準備も兼ねて片づけてみませんか?


最新の投稿


処分の前に試してみて! 使いこなせなかった収納用品の有効活用アイディア

処分の前に試してみて! 使いこなせなかった収納用品の有効活用アイディア

「家を片づけよう」「使いやすくしたい」と思って購入した収納用品。いざ使ってみると、「使いづらかった……」なんていうことも。とはいえ、すぐに処分するのも戸惑いますよね。そんな時は別の場所で活かしてみてはいかがでしょうか? 本来の使い方ではないけれど、便利な使い道についてご紹介いたします。


【医師監修】腱鞘(けんしょう)炎、肩こり…その抱き方はNG? 赤ちゃんにいい抱っこ方法は?

【医師監修】腱鞘(けんしょう)炎、肩こり…その抱き方はNG? 赤ちゃんにいい抱っこ方法は?

ママと赤ちゃんにとって、大事なスキンシップでもある抱っこ。慣れてしまえば当たり前にできることですが、初めての出産だったり、生後間もない赤ちゃんだったりする場合は、恐る恐る抱っこしているママも多いのでは。今回は赤ちゃんを抱っこする基本から、慣れてきたときにこそ再確認したい抱っこの注意事項などについてまとめました。


これで「名もなき家事」が消えた! 洗濯家事のストレスをなくす方法

これで「名もなき家事」が消えた! 洗濯家事のストレスをなくす方法

塵も積もれば大きなストレスになる「名もなき家事」の存在。そこで、ちょっとの工夫と思い切りで、「名もなき家事」を一掃した実例をご紹介します! 今回は洗濯物に関する3つの「名もなき家事」をなくす方法です。


【医師監修】赤ちゃんの鼻くそ、詰まるとどうなる?正しいケア方法は?

【医師監修】赤ちゃんの鼻くそ、詰まるとどうなる?正しいケア方法は?

赤ちゃんの鼻に鼻くそが詰まって、息苦しそうに見える時があります。取ってあげたいけれど、小さな鼻の中をお手入れするのは難しそう…。取ろうとして傷つけてしまうかもしれないし、そもそも赤ちゃんの鼻くそは取ってあげた方がいいのでしょうか? 日常の何気ないことだけれど気になる赤ちゃんの鼻くそについてまとめました。


便利&着替えも簡単!  ねんね期の赤ちゃんにピッタリの「ドレスオール」が登場

便利&着替えも簡単! ねんね期の赤ちゃんにピッタリの「ドレスオール」が登場

赤ちゃんの快適な眠りを導く「ドレスオール ねんね期に適した形状 長袖」が、8月から全国のアカチャンホンポと、ネット通販「オムニ7」にて発売されています。