簡単に干せない重いベッドマット……効果的に湿気を取る裏技は?

簡単に干せない重いベッドマット……効果的に湿気を取る裏技は?

布団なら毎日畳んだり、時には干したりして湿気を逃せますが、ベッドマットはなかなか難しい場合があります。しかし、「湿気が溜まっても仕方がない」と諦めて放置しておくのは危険です。ベッドマットに湿気が溜まってしまうとどうなるのかを説明するとと共に、対策方法をご紹介します。


ベッドマットに湿気がたまるとどうなる?

私たちが一晩にかく寝汗はコップ約1杯~1.5杯といわれており、その汗はもれなくパジャマや布団に染み込んでいます。

掛布団やシーツは定期的に洗ったり干したりすることで湿気対策をすることができますが、ベッドマットは枠組みと一体化していたり、重かったりして、気軽に干すことはできません。

しかし、湿気が溜まったベッドマットを放置しておくと健康被害が生じる可能性があるため注意が必要です。

カビやダニが発生

マットレスは私たちの汗をたっぷり吸い取るだけではなく、布団が上に覆いかぶさる状態で置いてあるため、熱や湿気がこもりやすく、カビが生じやすい環境が整っています。

さらに、寝ている間に落ちるフケや垢はダニのエサになります。ダニもカビ同様、湿気の高いところを好むため、エサが十分にあり、汗を吸い取ったマットレスはダニの格好の住処です。

ダニやカビはアレルギー性鼻炎や肌荒れ、喘息、皮膚炎などの原因になるといわれています。そのため、できるだけ清潔な寝具を整えてダニやカビが発生しにくい環境を作ることが大切です。

その際に、シーツやピローカバーの交換も大切ですが、ベッドマットの手入れもポイントなのです。見えないところでカビやダニが増殖していたということにならないためにも、しっかりとケアしておきましょう。

ベッドマットを干さずに除湿する裏技

Photo by Mink Mingle on Unsplash

ベッドマットに溜まった湿気を取り除くには、換気が必要になります。しかし、子供用ならともかく、分厚く重たいベッドマットをベランダなどベッドルームから移動させ、干すのは至難の業です。ここでは、できるだけ簡単に除湿できるとっておきの方法をご紹介します。

カバーを外して立てかける

天気の良い日にベッドルームの窓を開け、掛布団やシーツなどはすべて外し、マットレスを窓の近くに立てかけて外気に触れさせましょう。「とても重くてベッドからはがせそうにない」という場合は、タオルケットやバスタオルを丸め、マットレスの下に挟んで隙間を作り、そこに風をあてるだけでも何もしないより効果があります。

扇風機の風をあてる

マットレスに扇風機の風を直接あてるほか、エアコンを除湿モードにして風がマットレスにあたるように角度を調整してください。雨の日や、ベッドが窓から遠い場合に活用できる方法です。扇風機による換気は、ベッドマットのほかに、押し入れやクローゼットにも活用することができますよ。

ベッドパットはこまめに交換する

ベッドの寝心地を向上させるために使うベッドパット。シーツの交換だけに気を取られてしまいますが、ベッドパットを間に挟んでいる場合は、こちらもこまめに交換しましょう。コップ1杯分かくといわれている寝汗は、シーツだけではなくベッドパッドにも浸透しているはずです。

1枚しか持っていないという方は、この機会にスペアを何枚か用意してください。

ベッドの配置を工夫する

フローリングや壁にぴったりくっつくようにベッドを置くと、接地面に湿気が溜まり、カビやダニの発生原因になります。この場合、ベッドマットはもちろん、フローリングや壁にもカビが発生しやすくなるため注意が必要です。できるだけ隙間を開け、風の通り道を作るよう工夫してください。

まとめ

私たちは毎日たくさんの汗をかいています。ベッドマットはその汗をたっぷり吸い取っているため、定期的に立てかけるなどして湿気を逃してあげることが大切です。カビやダニが発生するとアレルギー症状を引き起こすリスクがあるので、今回ご紹介した方法を参考に、定期的にケアしてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

関連するキーワード


寝室

関連する投稿


布団はクリーニングに出せるの?料金やサービスを徹底比較

布団はクリーニングに出せるの?料金やサービスを徹底比較

子供がいる家庭では、布団のダニが気になるのではないでしょうか。そんなときに考えるのが、布団クリーニングです。一度も布団をクリーニングに出したことがないと、どんな風に洗ってくれるのかはわからないでしょう。布団を洗う際の費用や注意点を紹介します。


マットレスの上にこれ一枚で寝心地がアップ! おすすめトッパー7選

マットレスの上にこれ一枚で寝心地がアップ! おすすめトッパー7選

ちゃんと寝ているのに疲れがとれない、いつも寝心地が悪い……そんな快眠できずお困りの方におすすめなのが、マットレストッパーです。マットレスや布団の上に重ねるだけで睡眠の質が向上するサポート寝具として注目を集めています。今回は、マットレストッパーを取り上げ、特徴や使い方などについて解説。おすすめ商品とあわせてご紹介します。


グレーのカーテンはコーディネートしやすい万能選手! おすすめカーテン8選

グレーのカーテンはコーディネートしやすい万能選手! おすすめカーテン8選

インテリアの印象をがらりと変えてくれる効果を持つカーテン。しかしその反面、インテリアとの相性に迷ってしまい、どの色や柄を選んだらいいのか分からなくなってしまうこと、ありませんか? そんなときに、おすすめしたいのがグレー。合わせやすいモノトーンカラーの中でも、おしゃれな雰囲気にまとまると人気の色味です。


防災グッズが進化! おしゃれアイテムを取り入れて日常使いしよう

防災グッズが進化! おしゃれアイテムを取り入れて日常使いしよう

災害時のために備えておきたい防災グッズ。しかし、デザインがいまいちだと、つい押し入れの奥にしまったままになってしまい、いざというときにサッと取り出せないですよね。そこで今回は、飾りたくなるほどおしゃれな防災グッズをご紹介。インテリアにマッチするアイテムを選んで、必要時にすぐ手に取れるようにしておきましょう。


IKEAのインテリアコーディネートサービスを部屋作りに役立てよう

IKEAのインテリアコーディネートサービスを部屋作りに役立てよう

家具を買うとき、「このソファ、部屋のインテリアに合うのかな?」「家にある本棚の横にこの棚は置ける?」など、サイズや雰囲気がわからず困ったことはありませんか? 実は、IKEAには、そんな悩みを解決してくれるサービスがあるんです。IKEAの便利なツールやアプリを使って、インテリアをコーディネートしてみましょう。


最新の投稿


IKEAの学習机「ミッケ」を子ども部屋に選んだ3つの理由

IKEAの学習机「ミッケ」を子ども部屋に選んだ3つの理由

子どもの学習机選びは、さまざまな種類があるため、悩みも尽きませんよね。今回ピックアップするのは、IKEAの中でも人気のある学習机「ミッケ」。子どもに合わせて組み合わせができるIKEAの学習机「ミッケ」について、実例と共にご紹介します。


北海道のワイナリーが作った“天然素材のクレヨン”、SDGsを目指した取り組みへ

北海道のワイナリーが作った“天然素材のクレヨン”、SDGsを目指した取り組みへ

北海道・仁木町で運営する複合型ワイナリー「NIKI Hills ワイナリー」は、北海道の廃棄農作物を使った「NIKI Hills natural crayon」を開発、販売開始しています。


お風呂のカビを予防! おすすめのお風呂グッズ6選

お風呂のカビを予防! おすすめのお風呂グッズ6選

ちょっと油断すると、すぐにお風呂はカビが発生してしまいがち。お風呂のカビやヌメリはお掃除も大変ですよね。実は、こまめなお掃除とちょっとした収納のテクニックでお風呂のカビやヌメリは大幅に減らせます!


【医師監修】子供の嘔吐の原因、病院を受診するタイミングは?

【医師監修】子供の嘔吐の原因、病院を受診するタイミングは?

赤ちゃんや子供は病気でなくても吐くことがよくありますが、嘔吐の原因の中には緊急性のある病気もあります。嘔吐を引き起こす可能性のある病気や受診のタイミング、ホームケアの方法を知って、突然の嘔吐でも慌てずに対処しましょう。


【医師監修】妊婦はカレーを食べてもいい? 食事で注意すべき7つのポイント

【医師監修】妊婦はカレーを食べてもいい? 食事で注意すべき7つのポイント

疲れているときなど、スパイスの効いたカレーが食べたくなることがあるかもしれません。普段ならちゅうちょなくインドかタイか……と考えるところですが、妊娠中は香辛料の影響も気になるところ。カレーについて産婦人科の先生に話を聞きました。




専門家 コストコ