子どもが自分で片づけられる! 切って貼るだけの簡単片づけ術

子どもが自分で片づけられる! 切って貼るだけの簡単片づけ術

お片づけのときに、「これはここね!」と子どもに伝えても、いつもその通りというわけにはいきませんよね。小さいお子さんならなおさら。まだ字が読めないお子さんでも、これはここ! と目印を作って戻しやすく、さらに見た目も整うお片づけのアイデアをご紹介します。


こんにちは、ライフオーガナイザーの前田梨絵です。

子どもが小さいうちは、リビングにキッズコーナーを作っているというお宅も多いのではないでしょうか。

目の届く場所で遊んでいてくれるので安心なのですが、その分キッズコーナーがどこからでも目に付きやすい場所になってしまうので、ごちゃごちゃに見えてしまいがち……。できれば避けたいですよね。

今日は、そんなリビングのキッズコーナーに片づけの目印を作ったことで、子どもも元に戻しやすく、さらに見た目もスッキリ整うようになったアイデアをご紹介したいと思います。

なだれ寸前!? 物をつい積み上げてしまう棚の上

以前は、キッズコーナーの棚の上は、息子に任せて放っておくと、えんぴつや作りかけの工作・ゲームに自転車のカギなど、「置きやすいから」という理由で、何でもかんでもどんどん置き、モノが積み上がってしまっていました。

「お母さん、片づけなさいって言うし、床に出しっぱなしのものをとりあえずこの辺りに置いとけばいいやろ!」という彼の心の声が聞こえてきそうですが、いつなだれてもおかしくないくらいに積み上がった状態です。

母としては、ここはリビングの目に付きやすい場所なだけに、前を通るたびにモヤモヤとした気持ちになり、結局自分で片づけるはめになっていました。同じように片づけてもらうにはどうすればいいものか……。

ボックスに入れてしまえば、ごちゃごちゃ感はなくなるのですが、ボックスを引き出してから入れる(出す)という動作も増えてしまいます。できれば、布をかぶせたり、ボックスの中に入れてしまったりと、中にしまって見えないようにしてしまうのではなく、出しっぱなしにのままで、子どもにとっても少しでも使いやすくしてあげたいなと思っていたので、そんなときに思いついたのが「ここに置いてね」という目印をつけることでした。

子どもでも簡単! 形を合わせるだけ

そこでさっそく「ここに置いてね」という場所に、置いてほしい物のかたちに合わせてカットしたシートを貼ってみました。

棚の上に置いてほしいものは、よく使う「筆記用具」「えんぴつ削り」「テープカッター」の3つです。

このとおり、同じかたちのものを合わせて置くだけです。

目印が何もなければ、横を向いたり、斜めを向いたり、それどころか物がどんどん積み上がってしまいます。けれども、ここに置くという目印があれば、自然と向きも揃うので、見た目もスッキリ! ここに置いてほしいと思う場所に片づくという仕組みです。

「同じ形に合わせ置いてね〜!」と声をかけて、先ほど貼ったシールの上に、同じ形のものをパズルのように合わせるようにして置いてもらいます。

今まではついつい置いてしまっていたスペースが少なくなったことによって、他の物が積み上がってしまうことも少なくなりました。

作り方は簡単! 切って貼るだけで所要時間は10分以内

作り方は説明するほどでもありませんが、カッティングシートなどを切って貼るだけなので、10分もあれば余裕でできました。

ちなみに私が使ったのは、ホームセンターなどで売っている、「アサヒペン スーパーメイクアップシート」というもので、大きいものにも対応できそうな幅45センチのタイプです。

他にも最近では100円ショップでも、柄も豊富な「リメイクシート」や「黒板シート」という名前で売られていますね。黒板シートなら、かたちにカットしてから、チョークで文字を書くというのもいいですね!

調べてみるとシートによっては、はがせるタイプとはがせないタイプがあるようです。買うとき、貼るときには注意が必要です。

まとめ

子どもにとっても、これはここに置くという物の住所がはっきりと分かるので、ただ「片づけなさい!」と言われるよりも、分かりやすく楽しんで(!?)片づけられるのではないでしょうか。さらに見た目もスッキリ整い、みんなが気分良く過ごすことができます。これはここに置いてほしい! という物があればぜひ試してみてください。参考になれば嬉しいです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

兵庫県猪名川町のライフオーガナイザー
内装業を営む夫と小学生の息子の3人暮らし。

関連するキーワード


専門家 片付け

関連する投稿


キッチンまわりの掃除がラクに! 無印良品でリピ買い必至なアイテム

キッチンまわりの掃除がラクに! 無印良品でリピ買い必至なアイテム

シンプルで使いやすいものが多い無印良品。我が家では消耗品も継続的に購入しています。特に10%割引になる無印良品週間は、そんないつも使っているもののストック購入にはもってこい! 前回の無印良品週間で購入したものをご紹介いたします。


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


ズボラ流お便り管理はマグネット掲示板が便利! 100均一アイテムで簡単DIY

ズボラ流お便り管理はマグネット掲示板が便利! 100均一アイテムで簡単DIY

忙しい中「あのお便りどこいったっけ……」と探す時間はもったいないですよね。時間がない中でも、必要な情報が必要なときに確認できる環境の一つが掲示板! 今回はズボラさん向けのお便り管理の方法と、100円グッズを使った簡易マグネット掲示板の作り方をご紹介します。


ワンアクションで使えるカーペットクリーナー ! 隙間収納も叶える優秀アイテム

ワンアクションで使えるカーペットクリーナー ! 隙間収納も叶える優秀アイテム

カーペットクリーナーが劇的に使いやすくなるスタンド「カーペットクリーナースタンド タワー」。使いやすさのポイントは、片手でさっと出し入れができること。今回は、そんな隙間収納も叶うアイテムの使い心地をレポートします。


最新の投稿


ベビーリングの意味とは?男の子・女の子別の人気ブランド12選

ベビーリングの意味とは?男の子・女の子別の人気ブランド12選

小さくて可愛いベビーリング。出産祝いのギフトにもぴったりですね。今回は人気のベビーリングをご紹介します。赤ちゃんの幸せを祈って選んでみませんか?


【医師監修】新生児が泣かない3つの理由と対処法とは?

【医師監修】新生児が泣かない3つの理由と対処法とは?

赤ちゃんはたくさん泣くものと身構えていたのに、新生児があまり泣かない……。泣き声で追い立てられずありがたいと感じる一方で、何か異常があるのではないかと不安に感じている人もいるでしょう。そこで、新生児が泣かないときに考えられる理由と対処法をまとめました。


360°回転型チャイルドシートがコンビから登場『THE S ZBシリーズ』

360°回転型チャイルドシートがコンビから登場『THE S ZBシリーズ』

コンビは2020年12月上旬より、安全性と使いやすさを追求した新安全基準R129に対応した360°回転型チャイルドシート「コンビ ホワイト レーベル THE S ISOFIX エッグショック ZB」シリーズを全国のベビー用品専門店などで販売いたします。


「レゴストア立川立飛店」が「ららぽーと立川立飛」にオープン!

「レゴストア立川立飛店」が「ららぽーと立川立飛」にオープン!

シナテックは、2020年10月31日よりレゴのブランドストア「レゴストア 立川立飛店」をオープンし、運営を開始します。


【医師監修】新生児の抱っこ紐はどう選ぶ? 選び方と使用時の注意点

【医師監修】新生児の抱っこ紐はどう選ぶ? 選び方と使用時の注意点

市販の抱っこ紐には幅広い機能やデザインがあり、選ぶのも迷ってしまいますね。新生児から使いたいと考えているものの、何を基準に選べばいいかわからなかったり、使用時の注意点が知りたい人のために、新生児の抱っこ紐についてまとめました。