スーツに口紅がついてしまった時の応急処置は? シミ抜きの裏技

スーツに口紅がついてしまった時の応急処置は? シミ抜きの裏技

最近の口紅は落ちにくくなっていますが、それでもうっかりスーツについてしまうことがあります。出先での対処は難しいですが、とりあえずの応急処置を覚えておけば、シミになりにくく、被害は最小限で済みます。応急処置の方法と、シミが残ってしまったときの裏技をご紹介します。


スーツに口紅がついてしまったときの応急処置

Photo by Wang Xi on Unsplash

用意するもの

用意するものは、まずティッシュです。喫茶店やレストランなら、使い捨てのおしぼりや簡易ナフキンで代用してもいいでしょう。トイレットペーパーは、濡らすと溶けてしまうので不向きです。このほかに、石けんかハンドソープがあると安心です。街中であれば、公共施設やコンビニエンスストアのトイレが見つかるかと思います。お水もハンドソープもあるので、とりあえず向かいましょう。

応急処置の手順

手順としては、まず乾いたティッシュで口紅の油分を拭き取ります。その際、ごしごしとこすってしまうと口紅汚れが広がってしまうので、あくまでもスーツの表面からティッシュに油を吸い取るようなイメージで。もしくは、つまみ取るような形で取り除きます。そのあと、ハンドソープと水でティッシュを湿らせ、水分と一緒にシミとなじませます。

シミの裏側に乾いたティッシュを当て、水で濡らしたティッシュでシミをたたいてください。たたくことで、繊維の間から、水分と一緒に汚れを押し出します。シミが目立たなくなったら、スーツの水分を乾いたティッシュで拭き取り、応急処置は終了です。

家でしっかり口紅を落とすには?

Lazy dummy

口紅のシミ抜きの手順

出先での応急処置をすませたら、裏技の出番。家庭にあるものを使って本格的なシミ抜きをします。

台所用洗剤と、クレンジングオイルを使います。台所用洗剤は、油と水を混ざりやすくする役目。クレンジングオイルは、化粧品の油と混ざりやすくしてくれ、溶かしてくれます。このふたつによって、汚れを落としやすくするのです。

口紅のシミは、まずクレンジングオイルを塗って、ブラシでこすってください。そのあと、台所用洗剤をつけて、流水ですすぎながらもみ洗いします。

この手順を何度も繰り返すことで、口紅のシミは薄くなり、落ちていきます。

口紅を落とすときの注意点は?

シミを落とすためにこすりすぎると、スーツが傷んでしまう可能性があるのでやさしく。ブラシでこする時やもみ洗いの際も気を付けてください。

ベンジンを使ったシミ抜き方法

Lazy dummy

シミ抜きの手順

デリケートな衣類には、ベンジンを使います。ベンジンは、揮発性の化学薬品で、石油から作られています。油を溶かす性質がある、有機溶剤です。ドラッグストアで簡単に入手できます。洗濯洗剤や、シミ抜き用の石けんなどの近くに置いてあることが多いです。

ベンジンを使ってシミを落とすときには、シミの裏側にタオルや布をしき、表側からベンジンを塗布します。歯ブラシでポンポンとたたくようにして、裏の布に汚れをうつします。作業は、窓を開けて換気をしながら行うようにしましょう。

大洋製薬 A ベンジン 500ml

¥ 360

(2018/10/13 時点)

ベンジンを使うメリット

ベンジンは揮発性が高く、塗布した後に乾かせば汚れを飛ばすことができます。そのため、水洗いできないスーツに使って汚れ落としをすることができるというわけ。ごしごしこすりたくない、デリケートな衣類にもおすすめです。繊維を傷めずにすみますし、油をよく溶かすので、頑固な油ジミには効果があるでしょう。

ベンジンを使うときの注意点は?

ベンジンを使う際の注意点は、換気に気をつけること。揮発性が高いので、閉め切った部屋で使うと気体を吸い込んで頭が痛くなったり、気分が悪くなったりすることがあります。作業は風通しのよい場所で行いましょう。

また、ストーブのそばなどで使うと引火の恐れがあります。

衣類によっては色落ちする場合もあるので、まずは目立たない部分で試してから使うようにしてください。

まとめ

口紅のシミは、油分を含んだ汚れなので、簡単には落ちません。しかし、応急処置を施しておくことで、あとのシミ抜き処理が楽になります。油を溶かす台所用洗剤とクレンジングオイル、またはベンジンを使って、丁寧に処理してください。自分で処置するのが不安な場合は、最寄りのクリーニング店に持っていきましょう。シミ抜きのプロが専用の溶剤で処置してくれます。その場合も、応急処置をしてなるべくはやく出してくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

関連するキーワード


洗濯

関連する投稿


アイロン嫌いの方にもおすすめ! 気分が上がるスタイリッシュなアイロン台

アイロン嫌いの方にもおすすめ! 気分が上がるスタイリッシュなアイロン台

家事の中でもアイロンがけが大の苦手な筆者……。そんな筆者が出会った、アイロンをかけたくなってしまう素敵なアイロン台! 今回はそんなおすすめアイテムをご紹介します。


狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

「洗濯かごを置くスペースがない……」そんな悩みを抱えていましたが、狭い洗面所でも使い勝手が良く、コンパクトに収納できるランドリーバッグのおかげで毎日の洗濯が楽しくできるようになりました。今回は、そんな見た目もおしゃれな優秀アイテムについてご紹介します。


これで夫に洗濯物を任せても安心! 家事シェア成功の「収納」のコツって?

これで夫に洗濯物を任せても安心! 家事シェア成功の「収納」のコツって?

家事の中でも面倒な「洗濯」。ですが、洗濯物を2つに分ける収納にしただけで、夫は洗濯が問題なくできるようになり、洗濯家事自体が時短になりました。家事シェアの手始めにもおすすめです。


限られたスペースの中で干す・収納! 楽で時短できるニトリの洗濯ハンガー

限られたスペースの中で干す・収納! 楽で時短できるニトリの洗濯ハンガー

家族が増え子どもが成長し、洗濯や衣類収納の方法を適宜見直しています。衣類は、子どもの成長に伴いサイズが大きく、行動範囲が増えることで枚数が増えました。限られたスペースの中で、干す・収納するだけではなく、出し入れが楽で時短できる方法を考えます。お値段以上のニトリ商品は、強い味方。いくつか使ってみた感想をご紹介いたします。


【実例】消耗品(洗剤・日用品)を靴箱に収納するメリットとは

【実例】消耗品(洗剤・日用品)を靴箱に収納するメリットとは

夫婦ふたりとも、見えないとストックしてある日用品類のことを忘れてしまうタイプ。そんな私たちの日用品の基本スペースは玄関です。幅26cm×高さ180cm×奥行き29cmの細長いスペースに収納しています。今回は、玄関の細長いスペースに消耗品を収納するメリットをご紹介します。


最新の投稿


七五三…特別な日でも自由気まま!いいショット、なかなか撮らせてくれません

七五三…特別な日でも自由気まま!いいショット、なかなか撮らせてくれません

Instagramで子育て漫画を発信中のはなのさん。はなのさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


「全集中…うんちの呼吸!」ママ「あんなに真剣な顔、久しぶりに見ました。」

「全集中…うんちの呼吸!」ママ「あんなに真剣な顔、久しぶりに見ました。」

Instagramで子育て漫画を発信されるふくこさん。ふくこさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】姑との同居も20年! 遠慮のない関係がノーストレスの秘訣『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.4

【漫画】姑との同居も20年! 遠慮のない関係がノーストレスの秘訣『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.4

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「素敵!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。でも、ここまでくるには、実はいろいろあったそうで……。「嫁と姑」、その複雑怪奇(?)な関係をお届けします♪


【漫画】成立しちゃってる!? 1歳児との会話「ご飯はなにがいい?」→「コチュジャン」

【漫画】成立しちゃってる!? 1歳児との会話「ご飯はなにがいい?」→「コチュジャン」

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のchiikoさん。chiikoさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』今回は、この病気を発症した夜のお話です。




専門家 コストコ 買い物 洗濯 掃除