ジーンズの色落ちを防ぐ裏技は? 洗濯機洗い・手洗い・干し方のコツ

ジーンズの色落ちを防ぐ裏技は? 洗濯機洗い・手洗い・干し方のコツ

カジュアルスタイルの定番であるジーンズ。洗濯をするにつれて、どんどん色落ちしてしまうのが悩みという方も多いのではないでしょうか。そこで、色落ちを防ぐためのジーンズの洗濯方法を紹介。洗い方には、コツが必要なんです。また、干し方によっても色落ちしてしまう可能性もあるので要チェック!


【洗濯機洗い編】デニムの色落ちを防ぐ裏技

Photo by Bart Jaillet on Unsplash

酢と塩でつけ置きしてから洗う

デニム地の色落ちを防ぐには、酢と塩を使います。それぞれ、大さじ1を水に混ぜ、そのなかにジーンズを入れて30分~1時間ほどつけ置きします。その後は、いつも通り洗濯機洗いをしてOKです。

大さじ1は、ジーンズ1本分のときの量。ジーンズの本数によって、酢・塩・水を調整してくださいね。

酢と塩で、なぜジーンズの色落ちが防げるの?

デニム地に使われているのは、インディゴと呼ばれる染料。現在使われているインディゴは、石炭から作られる合成染料です。この合成染料であるインディゴには、油分が多く含まれます。一般的な洗濯洗剤は、アルカリ性。ということは、油汚れを中和して落とす作用が働いてしまうのです。そのため、普通に洗濯するとインディゴが溶け出して色落ちしてしまうというわけ。

酢は酸性の物質ですので、あらかじめジーンズに染みこませておくと、洗濯洗剤のアルカリ性を中和してくれます。また、塩は繊維と染料の結びつきを強くする性質があるので、インディゴが溶け出すことを防いでくれます。

蛍光剤が入っていない洗剤を使用

使う洗剤は、蛍光剤が入っていないものが◎。蛍光剤入りの洗剤は、白い衣類を白くさせる効果が期待できますが、ジーンズに使ってしまうと色落ちする原因となってしまいます。また、同じ理由で漂白剤が配合されている洗剤も避けたほうがいいですね。

裏返して洗濯ネットに入れる

つけ置きで色落ちを防止したら、さらにもうひと工夫。裏返して、洗濯ネットに入れてください。

「つけ置きする時間がない……」というときにも、この裏技は有効です。

裏返してネットに入れるのは、他の洗濯物との摩擦を避けるためです。摩擦によって、繊維の表面がこすられると、色落ちしてしまいます。それを防ぐための裏返しなのです。

他の衣類との摩擦が少なくなれば、毛羽立ちも防げます。ジーンズに限らず、大事な衣類や色の濃い衣類は、裏返してネットに入れると◎。

【手洗い編】デニムの色落ちを防ぐ裏技

Photo by Leighann Renee on Unsplash

お風呂で押し洗い

できるだけ色落ちを防ぎたいなら、手洗いがおすすめです。衣類同士によるこすれが軽減され、他の衣類へ色移りする心配もありません。

手洗いといっても、ジーンズは生地が厚いので、実際は足で踏んで押し洗いするのが一番楽ですね。

ジーンズは裏返し、洗濯用洗剤を溶かした水をバスタブにはります。あとは、足でギュッギュッと押して踏み洗いを。水が汚れてきたら、流してすすぎます。3~4回水をかえてすすげば、洗濯は終了です。

【干し方編】デニムの色落ちを防ぐ裏技

裏返して、直射日光を避ける

色落ちを防ぐには、干し方にもコツがあります。ジーンズは裏返し、直射日光を避け、陰干しします。

腰の部分を開いて輪にして吊すと、風通しもよく、速く乾きますよ。乾燥機を使うと縮みの原因となってしまうので避けるのがベター。

また、洗い終わったあとは、はやめに干すこともポイントです。洗濯が終わっていつまでも入れっぱなしになっていると、染料が流れ出て落ちやすくなってしまいます。

干す際の注意点

色落ちには、日光が大敵。直射日光は必ず避けてください。衣類の変色は、紫外線によるものです。紫外線に当たると、染料の化学構造が変化して色があせたり、変わったりしてしまいます。

まとめ

ジーンズの色落ちを防ぐには、「酢と塩を混ぜた水につけ置き」「ジーンズを裏返して手洗い」「直射日光を避けて陰干し」が、ベストな方法といえるでしょう。

時間がないときは、裏返してネットに入れて時短コース・手洗いコースで洗うのもOKです。

それでも、すぐに色あせてしまうという方は、もしかしたら洗いすぎに原因があるのかも? 洗う回数を見直してみるのもポイントですね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

関連するキーワード


洗濯

関連する投稿


アイロン嫌いの方にもおすすめ! 気分が上がるスタイリッシュなアイロン台

アイロン嫌いの方にもおすすめ! 気分が上がるスタイリッシュなアイロン台

家事の中でもアイロンがけが大の苦手な筆者……。そんな筆者が出会った、アイロンをかけたくなってしまう素敵なアイロン台! 今回はそんなおすすめアイテムをご紹介します。


狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

「洗濯かごを置くスペースがない……」そんな悩みを抱えていましたが、狭い洗面所でも使い勝手が良く、コンパクトに収納できるランドリーバッグのおかげで毎日の洗濯が楽しくできるようになりました。今回は、そんな見た目もおしゃれな優秀アイテムについてご紹介します。


これで夫に洗濯物を任せても安心! 家事シェア成功の「収納」のコツって?

これで夫に洗濯物を任せても安心! 家事シェア成功の「収納」のコツって?

家事の中でも面倒な「洗濯」。ですが、洗濯物を2つに分ける収納にしただけで、夫は洗濯が問題なくできるようになり、洗濯家事自体が時短になりました。家事シェアの手始めにもおすすめです。


限られたスペースの中で干す・収納! 楽で時短できるニトリの洗濯ハンガー

限られたスペースの中で干す・収納! 楽で時短できるニトリの洗濯ハンガー

家族が増え子どもが成長し、洗濯や衣類収納の方法を適宜見直しています。衣類は、子どもの成長に伴いサイズが大きく、行動範囲が増えることで枚数が増えました。限られたスペースの中で、干す・収納するだけではなく、出し入れが楽で時短できる方法を考えます。お値段以上のニトリ商品は、強い味方。いくつか使ってみた感想をご紹介いたします。


【実例】消耗品(洗剤・日用品)を靴箱に収納するメリットとは

【実例】消耗品(洗剤・日用品)を靴箱に収納するメリットとは

夫婦ふたりとも、見えないとストックしてある日用品類のことを忘れてしまうタイプ。そんな私たちの日用品の基本スペースは玄関です。幅26cm×高さ180cm×奥行き29cmの細長いスペースに収納しています。今回は、玄関の細長いスペースに消耗品を収納するメリットをご紹介します。


最新の投稿


七五三…特別な日でも自由気まま!いいショット、なかなか撮らせてくれません

七五三…特別な日でも自由気まま!いいショット、なかなか撮らせてくれません

Instagramで子育て漫画を発信中のはなのさん。はなのさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


「全集中…うんちの呼吸!」ママ「あんなに真剣な顔、久しぶりに見ました。」

「全集中…うんちの呼吸!」ママ「あんなに真剣な顔、久しぶりに見ました。」

Instagramで子育て漫画を発信されるふくこさん。ふくこさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】姑との同居も20年! 遠慮のない関係がノーストレスの秘訣『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.4

【漫画】姑との同居も20年! 遠慮のない関係がノーストレスの秘訣『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.4

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「素敵!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。でも、ここまでくるには、実はいろいろあったそうで……。「嫁と姑」、その複雑怪奇(?)な関係をお届けします♪


【漫画】成立しちゃってる!? 1歳児との会話「ご飯はなにがいい?」→「コチュジャン」

【漫画】成立しちゃってる!? 1歳児との会話「ご飯はなにがいい?」→「コチュジャン」

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のchiikoさん。chiikoさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』今回は、この病気を発症した夜のお話です。




専門家 コストコ 買い物 洗濯 掃除