整理整頓のコツ! 散らかってもすぐに片づく方法とは?

整理整頓のコツ! 散らかってもすぐに片づく方法とは?

何度も何度も整理整頓しているのに、また散らかってしまうことってありますよね。今回は、ものが散らかりにくくなって、毎日の後片づけが楽になるノウハウをライフオーガナイザーの私が紹介します!


こんにちは! ライフオーガナイザーで看護師の竹本ひろこです。

何度も何度も整理整頓しても、すぐにまた散らかってしまうことってありませんか?
わが家はまだまだあります……! 子育て中は、どうしても散らかってしまうものです。
そんなとき、すぐに片づけられるように整理整頓しておくと、毎日のストレスが軽減しますよ。

整理整頓と片づけは違うのか

「整理整頓」ってよく使う言葉ですが、「整理」と「整頓」、そして「片づけ」ってそれぞれ違う意味があるのはご存知ですか?

それぞれ意味も違うし、順番もあるんですよ。

整理とは

整理とは、「要不要を分けて、不要なものを処分すること」です。

整頓とは

整頓とは「乱れを整えること」です。「整理整頓」というようにセットであれば、「使いやすく配置し、整えること」の意味で使われます。

片づけとは

片づけとは「出したものをもとに戻すこと」です。毎日行われるべき習慣です。

整理・整頓・片づけの順番は

Getty logo

言葉の意味がわかったところで、次は順番です。効果的な整理・整頓・片づけには、順番があります。

【1:整理】不要なものを処分して
【2:整頓】使いやすい位置に配置して
【3:片づけ】出したものを元に戻す

家が片づかないと悩んでいる人には、整理する前に整頓しようとしていたり、整理整頓できていないのに片づけをひたすら続けているというケースもあります。

整理・整頓・片づけの順番で環境を整えることが重要です。

散らかりにくくなる! 整理のコツ

価値観・基準をハッキリさせる

整理には、効果的なやり方があります。それは、自分の価値観・基準をハッキリさせることです。
これが曖昧だと迷ってしまって、なかなか整理がはかどりません。

分け方

ものを全部出して仕分けしていきます。要・不要を判断するより、4つに分けると迷わず分けられることが多いです。

例えば、「好きで使っているもの」「好きだけど使っていないもの」「好きじゃないけど使っているもの」「好きじゃないし使っていないもの」など。

また、ものが多すぎる状態では、要・不要を判断し続けるのはとても時間がかかるので、「文具」「本」「服」などカテゴリーごとに分けたり、人別に分けるのがおすすめです。

家全体を整理する

ものの整理は、家全体で行います。そうすると、ものを移動するだけで片づいた! という、見かけだけの片づけとは決別できます。

そのためには、計画を立てましょう。家の全体像を捉えて整理をしなければ、片づけもどきになってしまい、またすぐに散らかってしまいます。

計画を立てたら、やるべきことをリストアップし、スケジュールを組みます。

増えた分だけ減らすを習慣にする

一度整理できたら、増えたものの分だけ減らします。一定量ものが増えないようにすることで、散らかりにくい環境をキープできます。

すぐに片づけられる! 整頓のコツ

整頓のコツはただひとつ。「定位置を作ること」です。この定位置が自分に合っていないと、元に戻しにくくなって、散らかってしまいます。

だから、定位置って重要なんです! ここでは、定位置を決めるときのポイントをお伝えしますね。

使用頻度の高いものは手に取りやすいところに

Getty logo

よく使うものは、いちばん取り出しやすい位置に収納しましょう。

・高すぎず低すぎず、目の高さから腰上までの高さに
・奥よりも手前に

出し入れの際の、ムダな動きを減らします。そうすることで、ストレスも減り、片づけやすくなるのです。

グループでまとめる

一緒に使うものは一緒に収納しましょう。

画像は、わが家の「通院セット」です。この棚一段で、帰宅後の診療明細書まで片づくようにしています。

掃除用具入れ、救急箱、おむつ交換セットなど、すでに、グループでまとめて収納しているものってありますよね? いろいろセットにして収納すると、あちこち探す必要もありませんから、気分がいいものです。

また、人別に収納するのもおすすめです。家族に、ものを管理する責任が生まれますよ。

ものを使う場所に収納する

Getty logo
アクセサリーは、どこに収納していますか? 私は、ウォークインクローゼットに収納しています。ウォークインクローゼットで着替えてから、服装に合うアクセサリーを選びたいからです。

ある人は鏡台に収納し、メイクとアクセサリーの装着をセットにしています。また、ある人はキッチンに収納し、帰宅後の手洗いと料理の流れがスムーズになるようにしています。

収納は使う人の行動に合わせると、散らかりにくく片づけやすいですよ。

まとめ

一度、整理整頓しきると、ストレスが減り、不要なものに費やしていたお金も時間も減ります。毎日の暮らしは、ものを出して、使って、戻すの繰り返しです。整理整頓ができるようになれば、毎日の暮らしが確実に変わってきますよ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

1979年生まれ。大阪府堺市で3LDKマンションに4人暮らし。もともと片づけは苦手。ズボラで忘れっぽく、ラクと効率性を探求しています。
看護師による整理収納サポート受付中!
看護師・ライフオーガナイザー・オフィスオーガナイザー
ホームページ:https://ht-organizer.com/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


家中使える! リアムの「ワイヤーバスケット」活用術10

家中使える! リアムの「ワイヤーバスケット」活用術10

家中どこでも使えるリアムの「ワイヤーバスケット」。おしゃれな収納グッズを使えば、おうちもグッと素敵になりますよ! そんな「ワイヤーバスケット」の使い方をご紹介します。


放置しがちな段ボールはその場で片づける! 収納場所に必須の3つの条件

放置しがちな段ボールはその場で片づける! 収納場所に必須の3つの条件

今や生活に不可欠なネットショッピング。便利な反面、商品が入っていた段ボール箱がどんどん家に溜まってしまって置き場所に困ることも……。今回は荷物が届いたらすぐに段ボールを片づけられる収納のコツをご紹介します。


「ニトリ」の食器と「レースペーパー」で! 家族で祝うひな祭り

「ニトリ」の食器と「レースペーパー」で! 家族で祝うひな祭り

女の子の健やかな成長を祝うひな祭り。今回はニトリの食器とレースペーパーを使うお手軽なひな祭りのテーブルアイディアをご紹介します。


こんなフックが欲しかった! 保育園グッズがおしゃれに片づく便利アイテム

こんなフックが欲しかった! 保育園グッズがおしゃれに片づく便利アイテム

ちょっとここにフックが欲しい! さらに見た目もおしゃれにしたい! そんなあなたにピッタリのアイテムが「BRASS プッシュピン Lフック」。今回は片づけのプロが、洗面所に保育園グッズの収納場所を作るために使ってみた様子をご紹介します。


アイテムで解決! 詰め込んだ靴をすっきり収納する方法

アイテムで解決! 詰め込んだ靴をすっきり収納する方法

玄関はすっきりした状態を保ちたい。けれども、玄関にもともとの備え付け収納が少ない、家族の人数が多いなどの理由から、靴が出しっぱなしになってしまうことも少なくないですよね。5人家族のわが家でも、靴の収納は悩みのタネ。そこで靴の収納を見直すことにしました。


最新の投稿


お風呂のカビを予防! おすすめのお風呂グッズ6選

お風呂のカビを予防! おすすめのお風呂グッズ6選

ちょっと油断すると、すぐにお風呂はカビが発生してしまいがち。お風呂のカビやヌメリはお掃除も大変ですよね。実は、こまめなお掃除とちょっとした収納のテクニックでお風呂のカビやヌメリは大幅に減らせます!


【医師監修】子供の嘔吐の原因、病院を受診するタイミングは?

【医師監修】子供の嘔吐の原因、病院を受診するタイミングは?

赤ちゃんや子供は病気でなくても吐くことがよくありますが、嘔吐の原因の中には緊急性のある病気もあります。嘔吐を引き起こす可能性のある病気や受診のタイミング、ホームケアの方法を知って、突然の嘔吐でも慌てずに対処しましょう。


【医師監修】妊婦はカレーを食べてもいい? 食事で注意すべき7つのポイント

【医師監修】妊婦はカレーを食べてもいい? 食事で注意すべき7つのポイント

疲れているときなど、スパイスの効いたカレーが食べたくなることがあるかもしれません。普段ならちゅうちょなくインドかタイか……と考えるところですが、妊娠中は香辛料の影響も気になるところ。カレーについて産婦人科の先生に話を聞きました。


手軽に部屋をイメチェン! ニトリのウォールステッカーがオススメな理由

手軽に部屋をイメチェン! ニトリのウォールステッカーがオススメな理由

お部屋をもっとオシャレにしたい、季節にあわせてイメチェンしたい、そんなときに貼ってはがせる「ウォールステッカー」を取り入れてみませんか? 今回は、ニトリで気軽に買えるウォールステッカーやその他のインテリア小物を使って、部屋をイメージアップしてみました。そのポイントをご紹介します。


【医師監修】妊婦の「のど」の痛みはこう治す! のど飴・うがい薬のOK・NG

【医師監修】妊婦の「のど」の痛みはこう治す! のど飴・うがい薬のOK・NG

のどが痛いという症状は、比較的よくあることで、普段なら迷わず手軽なケア用品に手が伸びるところですが、妊娠している女性の場合、いつものケアでいいのか、すこし心配になるかもしれません。妊娠中の「のど痛ケア」についてまとめます。