身近にあるもので解消! 油性ペンのにじみを防ぐ裏技5選

身近にあるもので解消! 油性ペンのにじみを防ぐ裏技5選

書きやすくて、一度書いたら落ちにくいことで知られる油性ペン。子どもの給食袋や上靴、ぞうきんなど名前を書くときに使うことも多いですが、気になるのは書いたときの「にじみ」。書いた部分の枠を縁取るように、素材によってはにじんでしまう場合がありますよね。今回は、そのにじみを解消する裏技をご紹介していきます。


水で濡らしてから書く

Lazy dummy

濡れた繊維にはインクが染み込みにくい

紙やプラスチックなどにはスラスラと書けて便利な油性マジックですが、体操服など布に使うとにじんでしまい、思うように書けないことがあります。そんなときは、あらかじめ布を濡らしてから使ってみましょう。

油性マジックのインクは、濡れた繊維に染み込みにくい傾向があります。一度布を濡らしてその上から書くとにじまなくなるのです。

だだし、べちょべちょに濡らしてしまうと書きにくくなってしまうので、あくまで湿らせる程度でOK。絞るのが難しいもの、例えば上履きなどは霧吹きを使って湿らせましょう。

スティックのりを塗りつける

Lazy dummy

よく乾かしてから書こう

あらかじめスティックのりを布地に塗りつけておくという方法もあります。

油性ペンを布に使う前に、書きたいところにスティックのりを塗ります。よく乾かして表面に膜を張ったような状態になったところで、書いてみてください。インクがにじむことなく書けるでしょう。

スティックのりがにじみを防ぐのは、のりの成分がインクの広がりを防いでくれるから。油性とはいっても、マジックのインクは液体です。そのため、インクが布につくと、繊維の糸をさかのぼって広がります。これを毛細管現象といいます。スティックをあらかじめ塗っておくことで、この毛細管現象が起こるのをおさえることができるため、インクが広がらずにじまないというわけです。

ただし洗濯したときに、落ちやすくなっています。洗濯して消えてしまったら、上からなぞるようにもう一度書いた方がいいでしょう。

ヘアスプレーをかける

Lazy dummy

コポリマーの成分がインクをはじく

ヘアスプレーを使って、油性マジックのインクをにじみにくくすることもできます。まず、書きたいところにヘアスプレーをシューッとまんべんなく吹きかけてください。スプレーの水分が完全に乾いたのを確認してから油性ペンで書いていきます。

ヘアスプレーを吹きかけるとにじみにくくなる理由は、ヘアスプレーに含まれているコポリマーという成分の働きによるもの。コポリマーが布の繊維にまとわりつくことで、油性マジックのインクをはじいてくれるのです。

布によっては表面がザラザラとしていて、書きづらい場合もあります。ところが、ヘアスプレーを吹きかけておけばペン先がすべりやすくなり、紙などに書くときと同じようにスラスラと文字や絵が書きやすくなるでしょう。

チョークで塗る

Lazy dummy

白布には白チョークを

もしお家にあるようならば、白チョークもにじみを防ぐ方法として便利です。油性マジックを使いたい箇所にチョークをまんべんなく塗り、そのうえから書くだけ。

ボディソープを塗る

Lazy dummy

ドライヤーで乾かしてから

ボディソープを塗ることにも油性インクをにじませない効果があります。まず、マジックを使うところにボディソープを塗ってください。このとき、塗りムラができないように!

ボディソープを塗り終わったら、ドライヤーを使って乾かします。触っても手につかないぐらいに、しっかり乾いたのを確認してから油性マジックで書いてください。乾きが不十分だと、うまく書くことができません。

まとめ

布に油性マジックが広がってしまうと、文字や絵がつぶれてしまいます。特に小さいお子様がいる家庭では、学校用品に名前を書く際に、油性ペンをよく使うでしょう。その時にプチテクを使って、にじまないようにきれいに書けるといいですね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

夫と二人暮らしのフリーライター。ミニマムでもマキシマムでもない心地いいライフスタイルを目指し、時流にあった家事のあり方を研究中。

最新の投稿


【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

わが子が太りすぎていないか、やせすぎていないか、親としては気になるところですね。そこで、子供のベストな体重はどうやって判断するのか、1歳から6歳の平均体重や肥満・やせの目安の計算方法とともに紹介します。


セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

DIYビギナーにおすすめしたいのが、100円ショップ・セリアのペンキ! 100円とは思えないクオリティで、しかもナチュラルカラーがかわいいと話題なんです。そこで、セリアで売っているペンキを使って、おしゃれな棚を作ってみました。セリアのペンキの種類や、塗ったときにどんな色になるかも紹介しているので、ぜひチェックしてみて。


セリアのゴミ袋ストッカー | ゴミ袋ケースと比較した結果

セリアのゴミ袋ストッカー | ゴミ袋ケースと比較した結果

キッチンで大活躍するゴミ袋ストッカー。ビニール袋だけでなく、ジッパー付きの食料保存袋やゴム手袋など、いろんなものをさっと取り出せて便利ですよね。今回は、セリアで買えるケース型・バッグ型2タイプのゴミ袋ストッカーを取り上げて特徴を解説。オリジナルゴミ袋ストッカーを手作りする方法とともにご紹介します。


セリアのフック | 鴨居フックなどの人気5種とは

セリアのフック | 鴨居フックなどの人気5種とは

数々の優れた収納小物をラインナップしているセリアですが、収納に欠かせないフックについてもこだわりの商品が少なくありません。今回は、家中あらゆる場所で活躍するフックにスポットライトを当て、収納の幅を広げてくれる頼もしいアイテムを紹介。ニッチな機能やおしゃれデザインなど、セリアのフックの魅力について詳しくご紹介します。


セリアの仕切りボックス | 7つの便利な収納実例集

セリアの仕切りボックス | 7つの便利な収納実例集

100円ショップに行くと、大小さまざまな収納ケースがあります。その中でも家で使い倒している収納ボックスが、セリアの仕切りボックスなんです。今回は、おすすめの理由を紹介すると共に、家の中でどのように活用しているのかを写真に撮ってまとめてみました。バラバラする小物整理にお困りの方、ぜひチェックしてみてくださいね。