重いタンスの引き出しを軽く開ける裏技! 便利グッズも紹介

重いタンスの引き出しを軽く開ける裏技! 便利グッズも紹介

「引き出しが重くて開け閉めが大変」「木製のタンスの引き出しを開けるとき、引っかかる感じがして開けづらい」……そんな開けにくい引き出しのイライラは、裏技を使えば簡単に解決することができます。今回は、身近なものや便利グッズを活用した、引き出しの滑りを良くする裏技をご紹介します。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

引き出しの滑りを良くする裏技①:ろうそくを塗る

木製家具の場合、家具本体と引き出しの木材同士がこすれ合い、摩擦が起こることが引き出しの滑りが悪くなる原因であると考えられます。

このような引き出しの滑りづらさは、ろうそくで改善させることができます。ろうそくのロウを引き出しに塗ることで、木材の隙間にロウが入り込み、摩擦を小さくしてくれるのです。

方法はこちら。
①引き出しを家具本体から取り外す
②取り外した引き出しの側面と底のうち、家具本体と触れる部分にこすりつけるようにしながらロウを塗る。
③全体にまんべんなくロウを塗ったら、引き出しを本体に戻して、数回引き出しを開け閉めしてロウを馴染ませる。

ロウを塗るときの注意ポイント

Lazy dummy

ろうそくのロウを塗って引き出しの滑りを改善する裏技は、簡単にできて便利ですが、どんな引き出しにも使える方法ではありません。この裏技が使えるのは、木製家具のみです。プラスチック製の引き出しや、木製家具でもスライドレールが付いているタイプの引き出しには使うことができません。

プラスチック製の引き出しや、スライドレールで動くタイプの引き出しの滑りが悪くなったときには、市販のシリコンスプレーをシュッと吹きかけることで、滑りがスムーズになりますよ。

また、裏技を実践するときに使うろうそくは、家具に色が移ることを防ぐため、カラフルなものは使用しない方がよいでしょう。白いろうそくを使用するようにしてください。

引き出しの滑りを良くする裏技②:ドライヤーを当てる

Lazy dummy

湿気の多い時期に、引き出しの滑りが悪くなることがあります。

木製家具の引き出しは、湿度が高くなると木材が空気中の水分を吸収して膨張します。そのため、湿気の多い時期だけ引き出しがきつくなって、開けにくくなるのです。

このような原因で開けにくくなった引き出しは、湿度が低下し乾燥した時期になれば、再び自然に滑りやすくなります。ですが、「開かない引き出しを今すぐ開けたい!」「乾燥した時期になるまで待てない」ということもあるでしょう。そんなときは、髪を乾かすのに使うドライヤーを準備してください。湿気を含んで膨張した引き出しは、ドライヤーを当てて乾燥させることで元のサイズに戻り、滑りを良くすることができます。

ドライヤーの風を、引き出しの側面に当ててみましょう。ただし熱によって変形してしまう可能性があるので、ドライヤーは冷風を使ってくださいね。

引き出しの滑りを良くする裏技③:便利グッズを使う

Lazy dummy

実は、引き出しの滑りをなめらかにしてくれる便利グッズも販売されています。ここでは、引き出しの開け閉めをラクにしてくれる、便利な裏技グッズを紹介していきます。

「すべロウ」

建築の友 すべロウ 家具用

¥ 669

(2018/9/24時点)

「すべロウ」は、家具の滑りを良くしてくれる便利アイテム。見た目は消しゴムのようですが、「カルナバロウ」というロウが配合されているので、引き出しの摩擦を抑えてくれる効果があります。

表面が丸く細いろうそくとは違って、すべロウは形が四角く一度に塗ることができて面積も広いので、タンスの引き出しなど、大きめの家具に塗るのも楽チン。また、普通のろうそくには粘り気があるため、塗りすぎてしまうとそこにホコリが付着して、滑りをさらに悪化させてしまうこともあります。しかし、すべロウは粘り気が少ないため、ホコリがつきにくいというメリットも!

「すべらせテープ」

ダイソーの「すべらせテープ」で滑りを改善することができます。使い方は、引き出しを取り外して、家具本体側の底に、左右1枚ずつこちらのテープを貼るだけです。すると、重かった引き出しも、ラクラク引き出せるようになりますよ。

まとめ

毎日使う家具の引き出しは、スムーズに開け閉めしたいもの。開けるのが大変な引き出しも、ろうそくやドライヤーなど、どこのご家庭にもあるものを活用すれば、滑りが良くなります。ぜひ、今回ご紹介した裏技を使って、引き出しの滑りを改善してみてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

主婦歴5年目。普段は教育に関する仕事に携わっています。
家事の中で特に好きなのは料理で、数年前に食生活アドバイザーの資格を取得しました!

最新の投稿


【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』今回は、この病気を発症した夜のお話です。


【漫画】のび~~どう!!!痛いけど可愛いから許しちゃう赤ちゃんの一撃

【漫画】のび~~どう!!!痛いけど可愛いから許しちゃう赤ちゃんの一撃

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のchiikoさん。chiikoさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊娠7週のエコー写真付|赤ちゃんの心拍が確認できるころ

【医師監修】妊娠7週のエコー写真付|赤ちゃんの心拍が確認できるころ

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠7週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠10週のエコー写真付|外見がヒトらしくなってくる

【医師監修】妊娠10週のエコー写真付|外見がヒトらしくなってくる

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠10週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠9週のエコー写真付|手足が動かしはじめることも

【医師監修】妊娠9週のエコー写真付|手足が動かしはじめることも

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠9週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。




コストコ 節約 買い物