ママのための悩み解決サイト
捨てるから始めない!? 服の整理が楽にできる簡単3ステップ

捨てるから始めない!? 服の整理が楽にできる簡単3ステップ

衣替えは、持っている服の見直しや整理のチャンスです。けれども、厄介となるのは服が捨てられず溢れることですよね? ここでは、そんな捨てるのが苦手な方も、楽にできる服の整理のポイントをお伝えします。ポイントは「捨てるから始めない」ということなんです。


こんにちは! ライフオーガナイザーで看護師の竹本ひろこです。

季節の変わり目の衣替え。服を移動させるだけで、へとへとになっていませんか? その原因は、もしかしたら、着ない服も一緒に移動させてしまっていることにあるかも。

この記事では、私が実際に行っている衣替えの手順について解説します。服の整理にお役立てください。

服の整理ポイント:「捨てる」から始めない

衣替えとなると、服の整理を一緒にするベストタイミング。

けれども「着ない服は捨てないといけない」……そんな風に考えていませんか? 捨てるのが苦手な人にとって、整理のハードルを上げているのが「捨てる」行為なんですよね。その服を着なかった自分を、ダメ出ししているような気持ちになります。

「捨てるから始めない」は、私がハマった整理術「ライフオーガナイズ」のコンセプトのひとつです。

では、どのように整理を始めたらいいのでしょうか? 捨てるのが苦手な私が実際に行っている、服の整理方法をご紹介します。

衣替えついでにできる! 服の整理3ステップ

【ステップ1】今シーズン、着ていた服を選び直す

「着ない服」を選ぶのではなくて、「今度また着たい服」を選ぶのです。

「着ない服を選ぶ」というのは、着ていない自分にダメ出しするような作業ではないでしょうか? そんな風に服を選ぶと、クローゼットの前には後ろめたさのどんよりムードが漂います。下向きの気分では、さくさく整理できず、衣替えもはかどりません。

そこでまず、今シーズン着ていた服の中から、また着たい服を選びましょう。アイテムごとに5着前後が管理しやすいですが、ライフスタイルも好みも人それぞれ。

たくさん服を持っている方は、1軍・2軍と分けたり、「シーン別コーディネートBEST3」を選ぶようにすると、やりやすいと思いますよ。

【ステップ2】選ばなかった服を手放す

子ども服は、汚れなどのダメージがあったり、小さくなったなどのやむを得ない理由があるので、手放すほかなくなりますが、大人の服はそうはいきません。「まだ着られる」ので、なかなか手放しにくいものです。

そんなときは、
・段階を踏む
・リユースする
という方法がおすすめです。

①段階を踏む

段階をふむとは、新しく活用する方法を指します。私はこのようにして、再度活用して捨てる選択をしていません。

【部屋着にする】
私は、着心地のよいTシャツやトレーナーは、部屋着にしています。こういう方はけっこう多いのではないでしょうか? そして気づけば、外出着より、部屋着のほうが多くなっているというケースも……。

そうならないようにするためには、部屋着の数を決めることです。また買い足すことを考えると、3~5着もあれば、十分ではないでしょうか。

着替えと洗濯のサイクルに合わせて、数を決めたら、それが増えないようにするだけです。新しく部屋着に仲間入りした服があれば、そこでまた「部屋着BEST3」を選びます。そうすれば、部屋着だらけのクローゼットにはなりません。

【掃除に使う】
ウエスにするのもひとつの方法です。「そうすると、今度はウエスが増えてしまう……」と心配ではないでしょうか?

そんなときは、拭き掃除で、一気にウエスを使い切りましょう。特に玄関や窓の外側は、洗面台で洗いたくない泥汚れが付きますので、使い捨て前提でウエスを利用し、その都度処分していきましょう。

②リユース・リサイクルに出す

地球の資源をムダにしないで有効に使うための取り組みとしての、リユースとリサイクル。自分は着なくなっても、誰かが着るかもしれません。

ダメージの少ない服は、そのまま再使用(リユース)できますので、リサイクルショップに持ち込んでみましょう。

一方、ダメージのある服はリサイクルしましょう。形を変えて再び製品にしてくれるというサービスもありますし、不用品回収に積極的に取り組む衣料品販売店も増えてきました。

リユースやリサイクルで手放すのは、誰かの役に立つので罪悪感は少ないのではないでしょうか?

【ステップ3】次のシーズンの服を選ぶ

Getty logo

【ステップ1】で選んだ服をしまって、次のシーズンの服を選びましょう。

まず、これから着る服を全部出して、その中から「着たい服」を選びます。アイテムごとにBEST5を選んでみましょう。こちらも服がたくさんある方は、【ステップ1】の選び方を参考に。

選ばなかった服は、【ステップ2】の手順で手放すことをおすすめします。リサイクルショップでは、衣替えのシーズンに買取のキャンペーンをしていることが多いです。このタイミングでショップに持ち込んでみてはいかがでしょうか。

「まだ着るかもしれないから、すぐには手放せない……」というときは、精鋭陣とは収納を分けて保管しましょう。

よく着る服とあまり着ない服をすべて同じように収納すると、毎日の服選びに負担がかかります。10着の中から1着の服を選ぶよりも、5着の中から1着の服を選ぶほうが、心理的な負担が軽いです。ギュウギュウでなく、ゆとりのあるクローゼットのほうが出し入れしやすいですしね!

クローゼットなら奥へ、タンスなら下段へ収納し、また来たる衣替えのタイミングで見直しましょう。

まとめ

いつの間にかどんどん増えてしまう服。衣替えのついでに服を整理するのは少し面倒かもしれませんが、自分のブティックに並べるなら……という視点で選ぶと、きっと楽しめるはず。

この記事が、毎日のラクで楽しい服選びのお役に立ちましたら幸いです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

1979年生まれ。大阪府堺市で3LDKマンションに4人暮らし。もともと片づけは苦手。ズボラで忘れっぽく、ラクと効率性を探求しています。
看護師による整理収納サポート受付中!
看護師・ライフオーガナイザー・オフィスオーガナイザー
ホームページ:https://ht-organizer.com/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


シンク上も有効活用! スペースを広げてノンストレスのキッチンに

シンク上も有効活用! スペースを広げてノンストレスのキッチンに

すぐ調理スペースがいっぱいになる、洗った食器を置く場所が足りない、さらには収納も少なくて……と困り事も多い料理中のキッチン。特に小さなキッチンだと食事の支度の時、スペースが足りないとフルストレス! そんな時はシンク上のスペースを有効活用してみては? モノを置く場所を増やしてノンストレスなキッチンにする方法のご紹介です。


ベストな診察券ケースの選び方! 押さえるべき3つのポイント

ベストな診察券ケースの選び方! 押さえるべき3つのポイント

診察券を管理するケースは、どのようなものをお使いでしょうか? 種類が多過ぎて迷うことはありませんか? 診察券や保険証の管理がしやすいケースを見つけるのが大変という方必見! あなたが使いやすいケースを見つけるポイントについてご紹介します。


キッチン家電を縦に収納! キッチンの空間を有効に使いこなす方法

キッチン家電を縦に収納! キッチンの空間を有効に使いこなす方法

電子レンジに炊飯器、トースターにコーヒーメーカー……たくさんのキッチン家電があるけれど、キッチン家電を置くスペースも限られている。キッチンには盛り付け作業をしたり食品を一時保管したりするスペースも必要です。キッチンのスペースを広げる収納アイデアをご紹介します。


キッチンの「ちょいモヤ」を解消! ポリ袋エコホルダーの活用実例

キッチンの「ちょいモヤ」を解消! ポリ袋エコホルダーの活用実例

キッチンの便利アイテムとして既に人気のポリ袋エコホルダー。ポリ袋ホルダーとしての用途以外にもさまざまな使い方ができ、日頃感じていたモヤモヤ解消にもつながりました。実際の活用事例とともにご紹介します。


片づける前に収納用品は買わないで! お試し期間と「仮置き」収納のススメ

片づける前に収納用品は買わないで! お試し期間と「仮置き」収納のススメ

新しい年になり、「収納用品も新しいものにしたい」と思うことも。けれども、勢いで収納用品を購入するのは、あまりオススメできません。使い勝手を確認するためのお試し期間と仮置きについてご紹介いたします。


最新の投稿


【医師監修】妊娠初期の仕事はどうする? 報告の時期やつわり対策、休みたいとき

【医師監修】妊娠初期の仕事はどうする? 報告の時期やつわり対策、休みたいとき

周囲に報告するにはまだ早い。でも、つわりによる体調不良でつらい……妊娠初期にそんな気持ちを抱え、悩んでしまう人も多いのでは?妊娠初期、なるべく支障を来さずに仕事をするにはどうしたらよいのでしょう。


【医師監修】妊活中にできることとは? 妊娠の可能性を高める4つの方法

【医師監修】妊活中にできることとは? 妊娠の可能性を高める4つの方法

妊活中、「自分ができること・取り組めることをもっとしておけばよかった」と後悔する人は少なくありません。「子供が欲しい」と思った時、妊娠の可能性を少しでも高めるためにどんなことができるのかを、いま一度確認しておきましょう。


【医師監修】1歳6ヶ月は発達・発育において重要な時期? 特徴と育児のポイント

【医師監修】1歳6ヶ月は発達・発育において重要な時期? 特徴と育児のポイント

1歳6ヶ月は1歳児健診から半年ぶりに健診が行われる時期です。この時期は子供らしくおしゃべりや遊びをする姿がかわいい半面、育児の悩みもつきないことでしょう。この時期の特徴とともに、育児のポイントや1歳半健診で行うことなどをお話します。


【医師監修】妊婦はいつからプールOK? 水中運動の効果と注意したいポイント

【医師監修】妊婦はいつからプールOK? 水中運動の効果と注意したいポイント

妊娠中にプールに入るには少し勇気がいりますね。しかし、マタニティスイミングは日本では40年以上も前にスタートし、今ではだいぶ定着しています 。妊娠期間を楽しく過ごせるというメリットも。その一方で、注意したいこともあります。


セールの時期に無駄遣いをしないためには? 賢い買い物のコツ

セールの時期に無駄遣いをしないためには? 賢い買い物のコツ

セールの時期に無駄遣いをしてしまいがちな方へ、賢くお買い物を楽しむヒントをお伝えいたします。安さにばかりとらわれて、買い過ぎてしまう失敗を防ぐためにも、一度「自分軸」で見直して考えてみましょう。