ファスナー(チャック)の滑りを良くする裏技は?

ファスナー(チャック)の滑りを良くする裏技は?

以前はなめらかに動いていたのに、いつの間にかファスナー(チャック)の滑りが悪くなってイライラ……。誰でも一度はそんな経験があるはず。でも大丈夫! ファスナーの滑りは、簡単に改善できるんです。今回は、お気に入りの洋服やバッグなどのファスナーの滑りを復活させる裏技をご紹介します。


どうしてファスナーの滑りが悪くなる?

Lazy dummy

洋服やバッグなど、身近にあるさまざまなものに使われているファスナー。ファスナーは「スライダー」という部品を引いて、スライドさせることにより、「エレメント」と呼ばれる部分を歯車の原理で噛み合わせたり離したりすることで開閉するというしくみになっています。

ファスナーをなめらかに動かすためには、潤滑剤が不可欠です。ファスナーのエレメント部分には、通常、潤滑剤が含まれているため、ファスナーをスムーズに開閉することができるのです。ですが、潤滑剤は、洗濯やクリーニングを繰り返すうちに、どんどん減少していってしまいます。そして、潤滑剤が充分でなくなると、滑りが悪くなり、なかなかファスナーの開閉ができなかったり、生地を噛んでしまったりといったことが起こるのです。

ファスナーの滑りをよくするための方法①:ロウソクと歯ブラシ

Lazy dummy

滑りが悪くなったファスナーは、身近にあるロウソクと歯ブラシを使って復活させることができます。ロウソクと歯ブラシを用意して、開閉しにくいファスナーのイライラを解消しちゃいましょう。

ロウの効果って?

ロウソクを触ったときに手がツルツルすると感じたことはありませんか? 実は、ロウには油分が含まれており、それがファスナーのスムーズな動きに不可欠な潤滑剤と同様のはたらきを持っているんです。そのため、動きの悪いファスナーのエレメントにロウを塗ることで、不足した潤滑剤が補われ、なめらかな動きが戻ってきます。

ロウの塗り方

Lazy dummy

ロウを塗るときには、歯ブラシを使います。歯ブラシは、ホテルのアメニティなど、使い捨てOKのものを準備してください。

【 ファスナーを滑らかにする方法 】
1. 歯ブラシでロウソクをゴシゴシとこする
2. ロウのついた歯ブラシを使って、歯を磨くのと同じようにファスナーのエレメントを磨く
3. 磨き終えたら、ファスナーを何度か開閉し、動きがなめらかになったか確認

ロウソクを使う際の注意点

ロウソクでファスナーの滑りを回復させる際に注意しておきたい点はふたつです。

1つ目は、ロウソクは白色のものを使用するということ。誕生日ケーキに使うロウソクのような、赤や黄色など色のついたものを使うと、ロウソクの色がファスナーやその周りの生地に移ってしまうことがあります。大切な衣類やバッグなどを汚さないようにするため、白いロウソクを使うようにしてください。

2つ目は、ロウソクを塗るときは歯ブラシを使うということです。「そのままロウソクをファスナーに塗りつけても良いんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、そのまま塗りつけてしまうと、余分なロウのカスがファスナーについて汚れたり、塗り方にムラができてしまったりすることがあります。ちょっと面倒でも、ロウソクはそのまま塗らずに、歯ブラシを使って塗るようにしてください。

ファスナーの滑りをよくするための方法②:シリコンスプレー

Photo by Hello I'm Nik on Unsplash

ロウソク以外に、シリコンスプレーを使ってファスナーの滑りを良くすることもできます。

シリコンスプレーとは?

「シリコンスプレー」とは、シリコンオイルのスプレーのこと。ホームセンターなどで購入することができます。防水・撥水効果、潤滑効果などがあるため、家具や車など、さまざまなもののコーティングに使用されています。サラッとした使用感で、効果が長く続くというメリットがあります。

ちなみに、シリコンスプレーと似たものに、「オイルスプレー」というものもありますが、こちらは、金属の錆を防ぐことを目的としたものです。サラサラのシリコンスプレーと違ってベタつきやすく、揮発性も高いので、ファスナーの潤滑剤をして使用するには不向きです。

シリコンスプレーの使い方

シリコンスプレーの使い方は、とっても簡単。ファスナーのエレメントの部分に、シュッとひと吹きするだけで、ファスナーがなめらかな動きを取り戻します。

シリコンスプレーを使う際の注意点

シリコンスプレーを使用する際は、次の2点に注意してください。

1つ目は、シリコンスプレーを吸い込まないようにすることです。シリコンスプレーの中には、人体にとって有害な成分を含むものもあるため、直接吸い込まないように注意してください。また、室内で使用する場合は、窓を開けたり換気扇をつけたりして、換気しながら作業するようにしましょう。

2つ目は、フローリングに吹きつけないようにすることです。シリコンスプレーがフローリングにつくと、非常に滑りやすくなり、転倒などの危険があります。シリコンスプレーを使用するときは、床に新聞紙を敷くなど、フローリングにつかないように工夫してください。

まとめ

ファスナー(チャック)の滑りは、ロウソクやシリコンスプレーなどを使えば、自分で簡単に改善できちゃいます。衣類やバッグなどのファスナーの動きが悪くなってきたと感じたら、ぜひ今回ご紹介した裏技を試してみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

主婦歴5年目。普段は教育に関する仕事に携わっています。
家事の中で特に好きなのは料理で、数年前に食生活アドバイザーの資格を取得しました!

最新の投稿


【医師監修】新生児の嘔吐 | 4つの原因と対処法

【医師監修】新生児の嘔吐 | 4つの原因と対処法

新生児が少し吐いてしまうのは珍しいことではありませんが、どんなときに受診すべきかは気になりますね。新生児の嘔吐の原因や対処法を知って、適切な対処ができるようになりましょう。


【医師監修】産後に生理痛が重くなったのはなぜ? 対処法と注意点

【医師監修】産後に生理痛が重くなったのはなぜ? 対処法と注意点

産後数ヶ月経って生理が再開したけれど、妊娠前よりも生理痛が強くなったと感じている人が中にはいるかもしれません。産前と産後で生理痛に変化があった場合、その原因は何でしょうか? 産後再開した生理の痛みへの対処法や注意点についてお話しします。


【医師監修】産後の高血圧 | 注意点と3つの対処法

【医師監修】産後の高血圧 | 注意点と3つの対処法

産後に高血圧が続いていませんか? 高血圧は「サイレント・キラー」と呼ばれ、自覚症状なしに、ある日突然命にかかわる状況を引き起こします。育児で忙しい時期ですが、血圧が高いなら放っておいてはいけません。高血圧の目安や対処法などについてお話しします。


【妊活〜妊娠中の食事と葉酸】先輩ママに聞く栄養の摂り方

【妊活〜妊娠中の食事と葉酸】先輩ママに聞く栄養の摂り方

妊活中や妊娠中に気になる、葉酸などの栄養摂取。どんな食べものから、どれくらい摂ったらいいのでしょうか? 今回は、先輩ママたちが心がけていたことや、リアルな声をまとめてみました。「これをやっておけばよかった」という本音もご紹介! 栄養摂取の基礎知識とともに、先輩ママたちの実体験エピソードを、ぜひ参考にしてみてくださいね。


【医師監修】妊娠初期に太る原因 | 体重増加を防ぐ3つのポイント

【医師監修】妊娠初期に太る原因 | 体重増加を防ぐ3つのポイント

妊娠初期は、つわりがひどくて体重が減ってしまったという人がいる一方、食欲が増して太ったという人もいます。妊娠初期に太るのは、どんなことが原因なのでしょう。対策や注意すべきポイント、体重増加の目安などを解説します。