ママのための悩み解決サイト
【専門家のリメイク術】家にあふれるタオルで子育てを楽にしよう!

【専門家のリメイク術】家にあふれるタオルで子育てを楽にしよう!

タンスで眠っている、いただき物のタオル。使い古して普段使いしなくなったタオル。吸水性抜群のタオルは、有効に活用したいものです。いただき物の新品のタオルはもちろん、これまで使っていた使い古しのタオルも含め、お家にたまりがちなタオル。簡単なひと手間をかけて、日々の家事と育児を、楽にしてみませんか?


Getty logo

こんにちは。ライフオーガナイザーのうめだあさみです。

タオルは生活の中で、欠かすことのできない必需品ではないでしょうか。

専門家おすすめ! 本当に使える掃除の必需品まとめ

https://woman.mynavi.jp/kurasso/articles/576

みなさんは、掃除にはどんなグッズや洗剤を使っていますか? ちまたにはたくさんの便利グッズが出回っており、いろいろ試したくなるのもわかります。けれど、使わなければ、ただ場所を取るだけです。ここでは、我が家で使っているお掃除の必需品を紹介。これだけは持っておきたいものをピックアップしたので、参考にしてくださいね。

そんな、タオルに少し手を加え、子育てに大活躍している我が家のリメイクアイデアをご紹介します。

タンスで眠ったままのいただき物のタオルや、何度も使用した古タオルの活用に悩んでいる方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

フェイスタオルでタオルキャップ

洗い倒して、吸水性がよくなったタオル。そのままぞうきんにするのは、まだまだもったいない気持ちになりませんか? そんな時は、濡れた髪をまとめるタオルキャップにしてみましょう!

作り方は簡単。

1.まずは、フェイスタオルの短い辺を縫い合わせます。
2.縫い合わせた後、上辺にゴムを通し、ボタンを付けます。
3.もう一方には、ボタンに引っ掛けるための輪っか状のゴムを縫い付けます。

それだけで、お風呂上がりや、プール上がりの濡れた髪をまとめる、タオルキャップに!

上手く髪を拭けない子どもにおすすめ。衣類が濡れてしまうのを防ぐことができます。

これがあれば、髪の毛が濡れたお子様を追いかけることが減るかもしれません!?

バスタオルでラップタオル

プールで使うラップタオルも、バスタオルで作ることができます。

こちらも簡単、長い辺にゴムを通し、スナップボタンを付けるだけ。保育園では、プールの際に「バスタオルを持ってきてください」と指示があるかと思いますが、我が家ではこのラップタオルを持たせています。

未就学児の短い腕では、大きなバスタオルを扱うことが難しく、うまく拭くことができない背中も、このタオルをすっぽりかぶれば、自然と背中の水滴も拭くことができます。

もちろん、お風呂上がりでも、十分に活用できますよ。

購入したら意外と高い、ヘッドタオルとラップタオル。直線縫いと、ゴムとボタンがあればできてしまいます。

その上、今まで使っていたタオルであれば、吸水性も確認済なので、購入してから、水を吸わなかった! ということもありませんね。

ザブザブ洗える食事エプロン

フェイスタオルを二つ折りにし、輪になっている部分をゴムが通る幅で縫います。
(分かりやすいように黒い糸を使用し、手縫いをしております)

子どもの首に合わせて、ゴムを通します。

使い方は簡単! エプロンを机の上に広げ、その上にお皿を並べます。こうすれば、お皿から口に運ぶ際にこぼしてしまっても、膝の上に落ちることはありません。スプーン練習中のお子様でも安心です。

また、テーブルの食べこぼしも少なくなりますので後片付けが楽になりそうですね。

食事後は、タオルの上のお皿をよけ、タオルの裾からくるくると巻いていきます。最後に首のゴムを外してタオルをまとめれば、周りに落ちることも、洋服が汚れることもありません。
そのまま流しに持っていき、ザブザブ洗いましょう。

ハンドタオルでミニポーチ

ファスナーとハンドタオルがあれば、写真のようなミニポーチも作れます。タオルはもともと、端の処理がされているので、折り返してアイロン掛けをする手間も省けますよ。

筆者は化粧ポーチとして使用しています。ポーチが汚れても、気兼ねなく洗えるので、重宝しています。

また、サニタリー用品を忍ばせておいてもいいですね! 見た目はハンドタオルなので、持ち歩きの際も気になりません。

お昼寝タオルのシーツとして

保育園児の持ち物として、必須のお昼寝タオル。以前は専用のシーツをかけていましたが、外すのもセットするのも意外と手間がかかり、週末は少し億劫でした。

敷きパッドの要領で、お昼寝布団と同じくらいの大きさのいただき物のバスタオルに、2本ゴムを付けました。

使い方は、敷きパッドと同様に、布団に引っ掛けるだけ。ファスナーもなく、四隅を合わせることもないため、取り外しが簡単になりました。

使い込んだら最後はお掃除に

たくさん使ったタオル。最後までしっかり使い切りたいものです。ぞうきんとしては、皆さまも使用しているかもしれません。

同時に、繰り返し使用できるハンディモップとしても、活用してみませんか。

二つ折りにしたタオルの端を縫います。ハンディモップの大きさに合わせ、短い辺を重ね合わせ、両端を縫います。

乾いたままでも、濡らして使っても、どちらでも使えるのが良い点です。汚れたら本体から外し、洗って使いまわすことができます。使い捨てのシートに比べ、経済的です。

まとめ

タンスで眠っている、いただき物のタオル。柄が好みでなく、子ども向けとして使えそうであれば、子どものタオルアイテムに作り変えてしまいましょう。

使い古して普段使いしなくなったタオル。吸水性がよく、手触りがよいタオルは、もっと活用できるかもしれません。

雑巾にする前に、捨ててしまう前に、ちょっとしたひと手間であなたの暮らしに役立つアイテムとして、再利用してみませんか。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

心と暮らしのお片づけ相談室*ietoridori*代表/ライフオーガナイザー®・社会福祉士
『ママだから~しなければ。』『ママだから~できない。』ではなく、ママをもっと楽しむために。
【ママだってラクしたっていいじゃない!!】をモットーとし、家とりどりの心地いいを応援します。

amebaブログ「ママがラクでゴキゲンになる!!忙しいアラサー女性の心と暮らしのお片づけ相談室*ietoridori*@千葉外房」では、忙しいママたちが「もっとラクして、家族みんながゴキゲンになる」暮らしのヒントをお伝えしています。
ブログ:https://ameblo.jp/ietoridori/

関連するキーワード


専門家 リメイク 節約

関連する投稿


挫折収納にさよなら! 専門家が教える、本当に使いやすい収納を作るコツとは?

挫折収納にさよなら! 専門家が教える、本当に使いやすい収納を作るコツとは?

最近は目移りするほど良さそうな収納用品をたくさん見かけます。しかし、白いボックスで収納スペースを埋め尽くしてみたり、噂の収納用品などをあれこれ買いすぎて、つい苦しい収納になってはいませんか? せっかく買った収納グッズを無駄にしないために、購入前にチェックしたい使いやすい収納を作るためのコツをお教えします。


【実例】専門家が教える! シューズボックスの簡単掃除ポイント

【実例】専門家が教える! シューズボックスの簡単掃除ポイント

玄関はその家の顔であり、お客様に第一印象を与える大事な場所。ですが、掃除するタイミングをつい見逃してしまうのがシューズボックス。しかし実は、半年に一度程のお手入れで、ラクにキレイが保てるんです。今回は、玄関を快適な空間にするために、シューズボックスを掃除する方法についてお伝えします。


キッチン収納のお悩み解決! 100均「ダイソー」のグッズを使った収納アイデア3選

キッチン収納のお悩み解決! 100均「ダイソー」のグッズを使った収納アイデア3選

毎日料理を作るキッチンはいつも快適に効率よく使いたいですよね。困っていたキッチン収納の解決に役立った100円ショップ「ダイソー」のアイテムについて活用事例をご紹介します。キッチンが何だか使いにくいな、と思っている方! 悩みが解決できるかもしれません。


【コストコ】ミックスナッツがリニューアル! 無塩・有塩に合うレシピ

【コストコ】ミックスナッツがリニューアル! 無塩・有塩に合うレシピ

コストコで高い支持を得ているミックスナッツですが、2019年秋に中身がリニューアルされました。一見変わったことに気が付かないかもしれませんが、無塩タイプも有塩タイプもリニューアル。どんなところが新しくなったのか、無塩と有塩のミックスナッツの味の特徴やそれぞれに適した活用法も合わせてご紹介します。


メンテや置く場所に困っていたら見直そう! キッチン家電代用アイデア5選

メンテや置く場所に困っていたら見直そう! キッチン家電代用アイデア5選

タイマーや自動機能などがついた、便利なキッチン家電は忙しいママの大切なパートナー。ですが、設置場所やお手入れの頻度が、逆に悩みの種になってしまうことも。その家電、もしかして「代用」できるかも!? 今回は代用で、キッチンスッキリ、お手入れラクチンになった我が家の事例をご紹介します。


最新の投稿


【医師監修】新生児、赤ちゃんの目の特徴と気をつけたい症状・病気

【医師監修】新生児、赤ちゃんの目の特徴と気をつけたい症状・病気

赤ちゃんの愛くるしくてつぶらな瞳。いったい何を見つめているのでしょう? ママやパパの顔はどうやって見えているのでしょう? 赤ちゃんの目の特徴と、健康な視力の発達のために気をつけたい点を整理してお話します。


【医師監修】赤ちゃんとの旅行はいつから?持ち物や移動方法、宿泊先選びなどのポイント

【医師監修】赤ちゃんとの旅行はいつから?持ち物や移動方法、宿泊先選びなどのポイント

赤ちゃんを連れて旅行に行きたくても、わからないことだらけで困っているお母さんお父さんは多いことと思います。ここではそんな方のために、旅行デビューするのにおすすめの時期、持ち物や移動方法、旅行先のことなどをお伝えします。


【実例】専門家が教える! シューズボックスの簡単掃除ポイント

【実例】専門家が教える! シューズボックスの簡単掃除ポイント

玄関はその家の顔であり、お客様に第一印象を与える大事な場所。ですが、掃除するタイミングをつい見逃してしまうのがシューズボックス。しかし実は、半年に一度程のお手入れで、ラクにキレイが保てるんです。今回は、玄関を快適な空間にするために、シューズボックスを掃除する方法についてお伝えします。


【医師監修】生後4ヶ月!赤ちゃんの特徴と家庭内事故の注意点

【医師監修】生後4ヶ月!赤ちゃんの特徴と家庭内事故の注意点

生後4ヶ月は、首がすわり、声がするほうに振り向いたり、あやすとよく笑ったりと周囲の刺激に対して反応が増えてくる時期。ここでは、この時期の赤ちゃんの発育・発達の目安とお世話や事故防止のポイントを紹介します。


【医師監修】赤ちゃんのうつぶせ練習はしなきゃだめ?腹ばいにさせる際の注意点

【医師監修】赤ちゃんのうつぶせ練習はしなきゃだめ?腹ばいにさせる際の注意点

月齢が低いころや眠るときは基本「あおむけ姿勢」の赤ちゃんですが、うつぶせ・腹ばいの姿勢は練習させる必要があるのでしょうか? 小児科専門医にお聞きしました。


暮らしの悩みランキング


>>暮らしの悩みランキング