築20年住宅のリフォーム費用はいくら? 省エネ化・建て替えとの違いも

築20年住宅のリフォーム費用はいくら? 省エネ化・建て替えとの違いも

築20年目というと、あちこちに老朽化が目立つだけでなく、生活スタイルや家族構成にも変化がある時期。戸建て住宅にとってメンテナンスやリフォームの節目といわれています。そこで今回は、築20年住宅のリフォームと建て替え、それぞれのメリット&デメリットや費用を解説。ここ20年で飛躍的に進化した住宅事情とあわせてご紹介します。


築20年住宅に必要なリフォーム費用

Photo by Hunter Haley on Unsplash

築20年の老朽化箇所をチェック!

築20年というと、外装・内装のあちこちで老朽化がはっきりと確認できる時期です。とくに使用頻度の高い水まわりは、補修工事が欠かせません。例えば、浴室では浴槽や給湯器の交換といった表面的なことだけでなく、構造部が腐食している可能性が高くなっています。キッチン、トイレの排水管も見直す必要があります。また、システムキッチンや給湯器、便器など、新しい設備を取り入れることで、使い勝手が向上し、掃除も劇的に楽になります。

壁紙は10年から15年ほど経過すると、汚れや剥がれなどが目立ってきます。従来の素材に張り替えるのもいいですが、冷暖房効率をアップさせるものや調湿効果のある素材も普及しています。新しい機能的なクロスへの張り替えを検討してもよいですね。

床材も、20年もすれば凹みや傷みが目についてくるはず。ただ張り替えるのではなく、断熱材を入れて防寒効果を高めるのがおすすめです。和室の場合は、畳の交換を。畳の土台ともいえる基礎部分は、20~25年が寿命といわれています。状態をチェックして交換を検討しましょう。

外壁の劣化も目立っている時期ですので、塗り替えが必要です。最近の主流となっているのは、20年ほどもつといわれるフッ素系塗料や、耐久性と価格のバランスがいいウレタン系塗料。予算にあわせて検討してみてください。

家事代行サービス・CaSyが教える! 正しい畳掃除のやり方

https://woman.mynavi.jp/kurasso/articles/878

日本人にとって馴染み深い畳。しかし、その正しい掃除方法を理解している人は少ないのではないでしょうか? 大掃除の時にしか畳掃除をしない、なんて人も多いはず。今回は、家事代行サービス・CaSyが実践する、日常のお掃除の中で簡単に畳掃除ができる方法をお届けします。

外壁の劣化も目立っている時期ですので、塗り替えが必要です。最近の主流となっているのは、20年ほどもつといわれるフッ素系塗料や、耐久性と価格のバランスがいいウレタン系塗料。予算にあわせて検討してみてください。

築20年のリフォーム費用の目安は?

Photo by Andrew Neel on Unsplash

リフォームというと、気になるのが費用。項目ごとにコストの目安をご紹介します。

・水まわり
浴室だけで30~50万円ほどがおおよその目安です。浴槽の価格は5~35万円程度。リフォームには、15万円ほどかかります。給湯器を新しくするなら、さらに10万円程度必要に。

トイレのリフォーム費用は設備費・施工費を入れて20~60万円ほど。一般のウォッシュレットで15万円、高機能便器なら30万円程度必要です。

キッチンのリフォームは、設備のグレードによって費用が変わります。システムキッチンの価格は30~200万円とさまざま。設備を交換するだけなら50万円ほどですみますが、設置位置を変更すると、100万円以上必要になることもあります。

・クロス
クロスの張り替えは、天井20平方メートル、壁30平方メートルと仮定すると、10万円前後。クロス以外の部分の古さが目立たないようなカラーや柄を選ぶのがおすすめです。

・床
床材は、10平方メートルあたりの価格相場が7万円。廃材を処理するための費用を加えても10万円で張り替えが行えます。畳であれば、3~10万円といったところ。

・外装
外装のリフォームとしては、塗装と雨水防止工事、屋根の修繕が必要です。外壁に関しては、人気の高いウレタン系・シリコン系樹脂の塗料がおすすめ。60平方メートルから100平方メートルのお家で、100万円前後の費用が必要です。

外壁の防水処理工事が必要な場合は、一部なら5万円ほど、家全体であれば20万円ほど必要になります。屋根は一部であれば数十万円で修復できますが、全体となると200万円ほどかかる場合も。瓦の場合は、さらに高価で300万円ほどになるはずです。

省エネリフォームに注目! 20年で進化した住宅事情

Photo by Annie Spratt on Unsplash

住宅の省エネ性能はここ数十年で飛躍的に進化しました。快適な暮らしを手に入れるために、築20年目のリフォームでは、省エネリフォームを取り入れるのがおすすめです。

1991年ごろまでに建てられた住宅の断熱性能は、最新のものと比べて、およそ1/4から1/5程度といわれています。つまり、冬場の暖房による室内の熱は、昔の性能では窓から逃げられてしまっているのだとか。ガラスを断熱ガラスに交換したり、二重窓にしたりするだけで、断熱性能が向上して快適に過ごせるようになります。

24時間換気システムもぜひ、築20年リフォームに取り入れたいところ。人体に悪影響を与える化学物質を外へ排出し、結露やカビまで防いで健康で快適な暮らしを可能にしてくれます。

築20年の住宅、建て替えは選択肢に入る?

Photo by Nolan Issac on Unsplash

築20年の住宅では、リフォームするほかに、建て替えも選択肢にあがってきます。リフォームと建て替え、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

・リフォーム
築20年の住宅には断熱性・耐震性に配慮した物件も多く、設備の交換・補修だけですむ場合があります。家全体のリフォーム費用は、800万円~1,200万円がおおよその相場と、建て替えに比べて安いのが特徴です。ただし、数年後に不具合が出てくることも多いため、すぐにまたリフォームしなくてはならない場合も。かえって費用がかさむリスクがあります。大幅な間取りの変更もできません。

・建て替え
建て替えでは、自由に間取りを変更することが可能なため、二世帯住宅化やバリアフリー化も容易です。ただし、費用は1,500万円~2,000万円と高額になります。また、まだまだ使える設備や建材も解体・撤去しなくてはならないのも建て替えのデメリットです。

まとめ

老朽化が目立ち、家族構成も大きく変わりつつある築20年目は、戸建て住宅にとってメンテナンスが欠かせません。優先順位を決めて省エネも考慮しながら、予算にあわせてバランスよく進めていくことが大切です。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

夫と二人暮らしのフリーライター。ミニマムでもマキシマムでもない心地いいライフスタイルを目指し、時流にあった家事のあり方を研究中。

関連するキーワード


リフォーム

関連する投稿


結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

窓が結露してしまうと、カビが繁殖する原因になるといわれています。結露を発生させないようにするためには、インナーサッシを取り入れて断熱効果を高めるのがおすすめです。今回はインナーサッシを取り上げ、構造や効果について解説。選び方や導入するのにかかる価格相場、利用可能な補助金制度などについてもご紹介します。


リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

お家に暮らす一人一人の笑顔を思い浮かべながら、どんなスタイルが一番理想的か心めぐらせ、カタチを作っていくお家のリフォーム。たくさんお金もかかることですから、絶対失敗したくないですよね。リフォームの命運を分けるのは、なんといっても業者選び! 今回は失敗しない業者選びのコツと、押さえておくべきポイントについてご紹介します。


オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

家を建てる時、悩むことのひとつが、ガスにするか、オール電化にするかということ。「オール電化にすると光熱費が高くなる?」という意見もある一方で、その反対の口コミも見かけるし、どちらを選択すればいいのかわからず、混乱してしまいますよね。今回は、そんなオール電化リフォームについて詳しくご紹介します。


暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

見ているだけでワクワクが広がる、お家のリフォーム。リフォーム事例はそれこそネットやSNSをサーチすればたくさん見つかりますが、もし実際リフォームをするなら、見た目だけでなく、暮らしが便利になったり生活が豊かになるようにしたいですよね。今回は暮らしがアップデートされる、リフォームアイデアをいくつかご紹介します。


L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型のキッチンへリフォームを考えている人に、業者に依頼する前にチェックしておきたいポイントをまとめました。L型にすることへのメリット・デメリット、工事する上での注意点など、リフォームを考える上で知っておきたいことを紹介。自分にとって快適な暮らしを手に入れることができるのか、考えながらチェックしてみてください。


最新の投稿


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。




コストコ 節約