予算200万円のリフォームでできること&コストダウンのコツ

予算200万円のリフォームでできること&コストダウンのコツ

100万円あればリフォームすることは可能です。しかし、200万円の予算があれば、リフォームの幅は大きく広がります。やり方によっては、間仕切りを取り払う大がかりな修繕も可能。そこで、予算200万でできるリフォームの例や、リフォームの費用を抑えるコツ、さらにリフォームする際の注意点などについてご紹介します。


予算200万でどんなリフォームができる?

Photo by Markus Spiske on Unsplash

200万円の予算というと、骨組以外をまるごと替えるようなスケルトンリフォームは難しいイメージがあります。ところが、条件さえ整えば大がかりなリノベーションも可能です。例えば、間仕切りを取り払い、キッチン、ダイニング、リビングを兼ねた大きなワンルームに変更する方法が挙げられます。工事や建材、照明、空調などに必要な費用を大幅にカットすることができるため、200万円の予算でも可能といわれているのです。開放感のある広々としてモダンな空間も手に入ることから、人気のプランとなっています。

大がかりな工事を伴わない場合でも、素材にこだわったリフォームを施すことも。例えば、床に無垢材を取り入れたり、漆喰や珪藻土などの塗り壁にすることも可能です。輸入クロスや高品質の壁紙を選ぶこともできますね。

中古住宅を200万円かけて、新築同様に仕上げたケースもあります。すべてのクロスを張り替え、ユニットバス、洗面化粧台、トイレの手洗い場を新設し、床材も張り替えて快適な空間を実現。

このように、200万円の中でリフォームできることは多いといえます。

200万円以内でリフォームしてもらうには

Photo by Mike Kenneally on Unsplash

リフォームにかかる具体的な費用の内訳は、素人にはまったくわからないのが実情。1つの業者だけでは、そもそも提案されたリフォーム費が高いのか低いのかさえ判断できません。設備の適正価格や施工費のだいたいの費用相場をつかむためにも、相見積もりをとるのがおすすめ。比較対象があることで、リフォーム費をなるべく抑えることにつながるというわけです。他社で提示された費用を伝えることにより、コストダウンしてくれるケースもあるかもしれませんね。

依頼する業者が決まったら、こちらの予算をはっきり伝えることも、リフォーム費を抑えるうえで有効です。例えば、提案された見積もりが予算をオーバーしていた場合、正直にそのことを伝えて価格交渉をしてみてください。値引きしてくれる場合もあるでしょうし、よりコストパフォーマンスの高い設備への交換を提案してくれるかもしれません。

200万円のリフォームをする上での注意点

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

材料費以外の工賃・諸費用について知っておく

見積書には専門用語が多く書かれていて、一度見ただけではわからないことも少なくありません。わからないまま放置すると、してもらえるとばかり思っていた工事が対象外だったなど、後でトラブルになってしまうことも。そうならないためにも、ここでは見積書の見方について、項目別に取り上げ、簡単に解説しておきます。

・解体工事費
従来の設備を除去するのに必要な費用のこと。部屋の広さや必要な職人の数、日数などで値段が決まります。

・木工事
大工さんが行う仕事のことです。石膏ボードや柱を撤去したり、設置したりするのに必要な費用。オープンタイプのキッチンに変更する場合にも必要です。

・内装工事
天井や壁、床をキレイに仕上げる工事のこと。クロス貼りがその主な例です。クロス代金もこの費用に含まれています。

・給排水工事
給・排水のための配管工事を指します。配管の長さによって値段が変わってきます。

・設備機器工事
キッチンやユニットバス、便器などの設備費と、設置にかかる費用がこれに該当します。

リフォームのオーダーは慎重に

Photo by Ben Garratt on Unsplash

イメージ通りにリフォームを仕上げるには、完成後のイメージをできるだけ明確にし、業者にきちんと伝えることが大切です。意思疎通が十分でないと、できあがるにつれて、あれが足りない、これが足りないという具合に、費用がどんどんかさんでしまうことも。

理想とする仕上がりに予算が足りなければ、設備のグレードを落としたり、工事箇所を減らしたりして、粘り強くプランを練り直しましょう。業者にアイデアを提案してもらえば、技術力や自分との相性をはかる材料にもなるはずです。

リフォーム業者選びのコツ

リフォーム業者を選ぶうえで、実績の豊富さやコストはもちろん重要ですが、他にもチェックしたい要素があります。例えば、工事の内容や費用についての説明を含め、相談・打ち合わせが丁寧かどうかは、優良な業者を判断する材料になるでしょう。また、工事中に起こりうる騒音・ニオイに関するトラブルへの配慮があるかどうかも気になるところ。工期が延びてしまったケースの対応が、事前に決められているかどうかもチェックポイントです。

万が一、瑕疵(かし)があった場合の保証の内容も、リフォーム業者を選ぶうえで重要です。トラブルになったときの責任者が、はっきりしているかどうかも合わせて確認しておきましょう。

まとめ

200万円の予算があれば、かなり充実したリフォームを実現することができます。すべて業者まかせにするのではなく、自分が主体となることが大切です。そのためには、どんなリフォームをしたいのか具体的なイメージをもっておくこと。事前にリフォームに関する知識をある程度の仕入れておいたうえで、リフォームしたい内容を伝えることも大切ですね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

夫と二人暮らしのフリーライター。ミニマムでもマキシマムでもない心地いいライフスタイルを目指し、時流にあった家事のあり方を研究中。

関連するキーワード


リフォーム

関連する投稿


結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

窓が結露してしまうと、カビが繁殖する原因になるといわれています。結露を発生させないようにするためには、インナーサッシを取り入れて断熱効果を高めるのがおすすめです。今回はインナーサッシを取り上げ、構造や効果について解説。選び方や導入するのにかかる価格相場、利用可能な補助金制度などについてもご紹介します。


リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

お家に暮らす一人一人の笑顔を思い浮かべながら、どんなスタイルが一番理想的か心めぐらせ、カタチを作っていくお家のリフォーム。たくさんお金もかかることですから、絶対失敗したくないですよね。リフォームの命運を分けるのは、なんといっても業者選び! 今回は失敗しない業者選びのコツと、押さえておくべきポイントについてご紹介します。


オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

家を建てる時、悩むことのひとつが、ガスにするか、オール電化にするかということ。「オール電化にすると光熱費が高くなる?」という意見もある一方で、その反対の口コミも見かけるし、どちらを選択すればいいのかわからず、混乱してしまいますよね。今回は、そんなオール電化リフォームについて詳しくご紹介します。


暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

見ているだけでワクワクが広がる、お家のリフォーム。リフォーム事例はそれこそネットやSNSをサーチすればたくさん見つかりますが、もし実際リフォームをするなら、見た目だけでなく、暮らしが便利になったり生活が豊かになるようにしたいですよね。今回は暮らしがアップデートされる、リフォームアイデアをいくつかご紹介します。


L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型のキッチンへリフォームを考えている人に、業者に依頼する前にチェックしておきたいポイントをまとめました。L型にすることへのメリット・デメリット、工事する上での注意点など、リフォームを考える上で知っておきたいことを紹介。自分にとって快適な暮らしを手に入れることができるのか、考えながらチェックしてみてください。


最新の投稿


【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

わが子が太りすぎていないか、やせすぎていないか、親としては気になるところですね。そこで、子供のベストな体重はどうやって判断するのか、1歳から6歳の平均体重や肥満・やせの目安の計算方法とともに紹介します。


セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

DIYビギナーにおすすめしたいのが、100円ショップ・セリアのペンキ! 100円とは思えないクオリティで、しかもナチュラルカラーがかわいいと話題なんです。そこで、セリアで売っているペンキを使って、おしゃれな棚を作ってみました。セリアのペンキの種類や、塗ったときにどんな色になるかも紹介しているので、ぜひチェックしてみて。


セリアのゴミ袋ストッカー | ゴミ袋ケースと比較した結果

セリアのゴミ袋ストッカー | ゴミ袋ケースと比較した結果

キッチンで大活躍するゴミ袋ストッカー。ビニール袋だけでなく、ジッパー付きの食料保存袋やゴム手袋など、いろんなものをさっと取り出せて便利ですよね。今回は、セリアで買えるケース型・バッグ型2タイプのゴミ袋ストッカーを取り上げて特徴を解説。オリジナルゴミ袋ストッカーを手作りする方法とともにご紹介します。


セリアのフック | 鴨居フックなどの人気5種とは

セリアのフック | 鴨居フックなどの人気5種とは

数々の優れた収納小物をラインナップしているセリアですが、収納に欠かせないフックについてもこだわりの商品が少なくありません。今回は、家中あらゆる場所で活躍するフックにスポットライトを当て、収納の幅を広げてくれる頼もしいアイテムを紹介。ニッチな機能やおしゃれデザインなど、セリアのフックの魅力について詳しくご紹介します。


セリアの仕切りボックス | 7つの便利な収納実例集

セリアの仕切りボックス | 7つの便利な収納実例集

100円ショップに行くと、大小さまざまな収納ケースがあります。その中でも家で使い倒している収納ボックスが、セリアの仕切りボックスなんです。今回は、おすすめの理由を紹介すると共に、家の中でどのように活用しているのかを写真に撮ってまとめてみました。バラバラする小物整理にお困りの方、ぜひチェックしてみてくださいね。