片付けしやすいキッチンとは!? 「台のある所」の使い方

片付けしやすいキッチンとは!? 「台のある所」の使い方

ネットでも雑誌でも、巷には片づけの方法についての記事がたくさんありますよね。でも、気になる方法を試してみたけれど、どうもスッキリしないことってありませんか? 実は、片付けには人によって合う方法と合わない方法があるのでちょっと注意が必要です。今回は、誰にでも使いやすい&しっくりくるキッチンの使い方をご紹介します。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

理想のキッチンって、どんな場所?

Lazy dummy

こんにちは。暮らしと食のオーガナイザー、吉井謡子です。

あなたにとっての理想のキッチンは、どんなイメージですか? ネット上や雑誌には、厳選された美しいキッチン用品や食器がディスプレイのように並べられた「美しく整ったキッチン」をよく見かけます。いつも好きなものが見えれば楽しい気持ちになるし、整理整頓されて清潔なキッチンにはつい憧れてしまいますよね。でも実際「美しく整ったキッチン」は、キープするのに労力が必要ですし、必ずしも誰にとっても使いやすいというわけではありません。

また、最近は「断捨離」「ミニマル」「少ないもので暮らす」などのキーワードをよく聞くようになり、こういったモノのないインテリアやキッチンの写真を目にする機会も多くなりましたね。モノを減らして片づけばスッキリしますが、一方で「モノを捨てられない私はダメな人」と、自己嫌悪に陥るケースもあるそうです。

使いやすさ、心地よさは人それぞれ

Lazy dummy

けれど、どんな場所を心地よく感じるか、どんな台所が使いやすいかは人それぞれ。価値観も違えば、得意な作業や苦手な作業も人によって違うのだから、片づけの方法も違うはず。キッチンが美しさ重視でなくても、モノが減らせなくてもいいのです。

大事なのは「私」にとって何が心地いいのか、何を優先したいのか、ということ。ただ何かを参考にするのでなく、自分にとっての使いやすさを考えることから始めてみましょう。

誰にでも使いやすいキッチンとは

Lazy dummy

キッチン=台所=「台のある所」

それでも、使いやすいキッチンには大前提があります。それはその名の通り、キッチンは「台のある所」であるということ。料理をしたり、盛り付けたり、洗い物をしたり、食器を拭いて片づけたり、買ってきた食材の仕分けや下処理をしたり……。キッチンでの日々のしごとは本当にいろいろありますよね。このすべてをスムーズにこなすには、広い作業スペースが必要です。

キッチンを片づけるとき、特にスペースの小さなキッチンの場合は、できるだけモノを棚や引き出しにしまうようにして、台の上をなるべく広く空けるように心がけてみましょう。もともと台になるような場所があまりない場合は、キッチンワゴンなどを置いて、その上を作業台のように使うのもオススメです。

不二貿易 バタフライワゴン UV塗装 キャスター付き 88627

¥ 5,778

(2018/6/30 時点)

バタフライ式のエクステンションテーブル付き。使わないときは、コンパクトにできる使い勝手のいい便利なワゴンです。

わが家のキッチン作業台、便利な使い方

こちらは、わが家のカウンターキッチンの背面に置いた作業台です。現在はトースターは処分し、ミキサーは片づけたので、さらに作業台として広く使えるようになっています。買ってきた食材を一時的に置いたり、洗って拭いた食器を乾かしたり、料理のときに食材を計量したり……。広い台があると何かと便利です。

配膳トレイを活用して配膳や後片づけを時短

わが家で、特にこの作業台が活躍しているのは、配膳と食後の後片づけです。以前は、盛り付けた料理を置くスペースが十分になく、よそうそばから対面キッチンの狭いカウンターの上に料理を並べて「誰か取りに来てー」と、家族を呼んでいました。けれど、台の上のモノを片づけて作業台として使うようになったら、すべての流れがとてもスムーズに。

必要なのは、家族の人数分の食事用トレイ。これを作業台に並べ、料理を盛り付けたうつわをすべてセットしてから、家族それぞれが食卓に運びます。すると忙しい朝にもとても楽だし、後片付けもそれぞれが自分で作業台に下げるだけなのでとても簡単。この方法、配膳と片づけの時短になるので本当におすすめです。

わが家では、この作業台を台所に置くために大きなキャビネットは置いていません。食器棚はダイニングに置いて、毎日よく使う食器だけ、台所の作業台の下に収納しています。収納スペースが少ないので、モノをこれ以上増やさないよう気を付けています。

まとめ

皆さんにとっての理想のキッチンを、イメージできましたか? 理想のキッチンを目指して片づけをするとき「台(作業スペース)を広く取る」ということを、ぜひ意識してみてください。きっと台所しごとが、スムーズに流れるようになりますよ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー/野菜ソムリエ。

シンプルに、心地よく、季節の移ろいを感じられるような暮らしの愉しみをご提案しています。
Webサイト:http://livinglikesinging.com/

関連する投稿


【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

外出中のマスクをはずすシーンで重宝する、たった5分でできるマスクケースの作り方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね♪


面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

お客さまからお聞きするお悩みのひとつに、「家族がゴミをゴミ箱へ捨ててくれない問題」があります。それでも、ゴミ捨ては週に何度も発生する大事な家事のひとつ。ゴミ捨てに関わる当たり前を、今一度見直してみませんか? 今回は、我が家で取り入れている、ゴミ捨てをラクにこなすコツについてお伝えしたいと思います。


衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

最近全然着ていないけれど、またいつか着るかもしれない! そんな思いで、衣類整理が進まず悩んでしまう方も多いですよね。しかし、素直な気持ちとちょっとのコツで整理しやすくなります。


もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

お掃除をしようと思ったとき、掃除道具を取り出すのが面倒だったり、買ったはずのお掃除グッズが見当たらず意気消沈したりしたことはありませんか? お掃除を面倒にするのは、掃除道具の取り出しにくさ。最低限のお掃除グッズと取り出ししやすい収納方法で、サッと掃除道具が手に取れて、使用後も簡単にしまえる収納を作りましょう。


おうち時間を楽しもう♪ 親子で作って遊べる「室内向けゲーム」

おうち時間を楽しもう♪ 親子で作って遊べる「室内向けゲーム」

おうち時間を楽しく過ごすための、室内向け手作りゲームを紹介。小さい子どもでも楽しく一緒に作れるようなアイテムで、ちょっとアクティブに遊んでみませんか?


最新の投稿


【漫画】姑との同居も20年! 遠慮のない関係がノーストレスの秘訣『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.4

【漫画】姑との同居も20年! 遠慮のない関係がノーストレスの秘訣『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.4

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「素敵!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。でも、ここまでくるには、実はいろいろあったそうで……。「嫁と姑」、その複雑怪奇(?)な関係をお届けします♪


【漫画】成立しちゃってる!? 1歳児との会話「ご飯はなにがいい?」→「コチュジャン」

【漫画】成立しちゃってる!? 1歳児との会話「ご飯はなにがいい?」→「コチュジャン」

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のchiikoさん。chiikoさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』今回は、この病気を発症した夜のお話です。


【漫画】のび~~どう!!!痛いけど可愛いから許しちゃう赤ちゃんの一撃

【漫画】のび~~どう!!!痛いけど可愛いから許しちゃう赤ちゃんの一撃

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のchiikoさん。chiikoさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊娠7週のエコー写真付|赤ちゃんの心拍が確認できるころ

【医師監修】妊娠7週のエコー写真付|赤ちゃんの心拍が確認できるころ

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠7週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。