キッチンリフォームで失敗しないために! 計画手順やおすすめメーカー

キッチンリフォームで失敗しないために! 計画手順やおすすめメーカー

キッチンをリフォームしたいという気持ちはあっても、いざとなるとどんなふうにすればいいのか迷ってしまうものです。しばらく使ってから決めたいところですが、実際はそうもいきません。そこで今回は、キッチンリフォーム計画の手順を紹介。おすすめのキッチンメーカーをはじめ、リフォーム計画に役立つ情報をお届けします。


キッチンリフォームの計画手順

Photo by kevin laminto on Unsplash

キッチンのレイアウトや配置を考える

キッチンのリフォームでは、まずレイアウトを決める必要があります。キッチンの使いやすさを決める重要な要素の一つとなるため、慎重に考えたいところ。主なレイアウト方法としては、次の3つのパターンが挙げられます。

・クローズドタイプ
・オープンタイプ
・セミオープンタイプ

クローズドタイプは、リビングやダイニングからキッチンが独立しているものをいいます。ニオイや煙は広がりませんが、家族とのコミュニケーションが遮断されてしまうという点がデメリット。

オープンタイプは、キッチンとリビングやダイニングがひとまとまりになっているものをいいます。家族とのコミュニケーションがとりやすく、配膳や後片付けもしやすいのですが、キッチンがリビングやダイニングから丸見えとなります。収納に一工夫したいところです。

セミオープンタイプは、カウンターをはさんでキッチンとリビングやダイニングを分離させるものをいいます。クローズドタイプとオープンタイプの良いところ取りができますが、開放感はやや失われてしまいます。

オープンタイプもしくはセミオープンタイプの場合、キッチンを部屋のどこに配置するかによっても使い勝手が変わってきます。主な配置方法としては、次の3つが挙げられます。

・壁付けタイプ
・ペニンシュラタイプ
・アイランドタイプ

壁付けとは、キッチンを壁に向かって配置するもの。省スペースが可能で、リビングやダイニングからキッチンが見えやすくなるので収納に注意が必要。

ペニンシュラとは「半島」という意味。キッチンの片側だけを壁に接して配置することをいいます。家族とのコミュニケーションがとりやすくなるというメリットがありますが、出入りが制限されることにより、作業効率が下がってしまうことも。

アイランドとは、キッチンの作業スペースの一部あるいはすべてを独立して配置させることを指します。憧れる人も多くおり、キッチン内の動線も確保しやすい。しかし、収納スペースが少なくなるというデメリットがあります。

ショールームでシステムキッチンをチェック!

システムキッチン選びで失敗しないためには、使用しているところをはっきりイメージすることが大切です。例えば「家族とコミュニケーションをとりながら料理したい」とか「キッチンとダイニングを近づけて作業効率をあげたい」という具合。理想のキッチンを意識しながらシステムキッチンを選ぶことで、より自分にあったリフォーム像に近づけます。

具体的なイメージを想像するためには、実際にショールームに行ってみて、自分が実際にそのキッチンに立つのがベスト。これがいい、ここが悪いなどが見えてくるでしょう。実際に自分のイメージと違うこともあるので、ショールームのキッチンでさらにイメージを明確化するのがポイントです。

おすすめ! 有名キッチンメーカー3社の特徴は

Photo by Nick Karvounis on Unsplash

システムキッチンの老舗「クリナップ」

キッチン設備にはさまざまなメーカーがありますが、それぞれ収納力や掃除のしやすさなどが違ってきます。例えばおすすめなのが「クリナップ」。キッチン設備に特化したメーカーで、とくにステンレスの質がよいことで知られ、主力の「クリンレディ」などは美しいワークトップが特徴です。熱や汚れに強く、お手入れがしやすいのもポイント。

ホーローキッチンなら「タカラスタンダード」

高品質のホーローを使ったシステムキッチンで知られる「タカラスタンダード」もおすすめ。熱や湿気に強く、さっと一拭きするだけでたちまちキレイに。お値段がリーズナブルなのもポイントです。

機能性に優れた「リクシル」

デザインの豊富さや収納力で選ぶなら「リクシル」もいいですね。大容量のキャビネットは、かがまなくても出し入れできるように工夫されていて、使いやすいと評判。商品のラインナップがバリエーション豊かで、気に入ったものが見つかりやすいのもポイントです。

キッチンリフォーム工事について

Photo by wu yi on Unsplash

キッチンリフォーム工事の費用は?

キッチンリフォームの費用は、どんなキッチン設備を選ぶか、また工事内容によって変わってきます。キッチン設備を新しいものに取り替えるだけであれば、およそ10~30万円が相場です。

位置やレイアウトを大きく変えるとなると、排給水管の工事が欠かせません。ケースによっては電気配線工事なども必要になるため、さらに数十万円の費用がかかることになります。床や壁などを新しくする場合は、内装工事費としてさらに3~20万円必要になってきます。

キッチンリフォームの期間は?

キッチンリフォームにかかる期間は、リフォームの内容で変わってきます。キッチン設備を新調するだけであれば、およそ1週間もあれば工事は完了。キッチンのレイアウトや位置を変更する場合は、 2週間から3週間程度の時間が必要です。

キッチンリフォーム工事で注意すること

キッチンリフォームに際しては、さまざまなトラブルも報告されています。とくに、見積書のなかの曖昧な記述には注意が必要です。例えば、「一式」という言葉が使われていることがありますが、これでは使用する材料も工事内容もまったく不明。やってもらえるものとばかり思っていた工事が対象外だった、というケースもあるようです。見積書に不明な点があった場合、契約時に必ず内容について確認しておきましょう。

まとめ

キッチンのリフォームをする前に、具体的なイメージを持つことが失敗しないポイントです。ショールームなどを周り、自分がキッチンに立った時のイメージをしてみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

夫と二人暮らしのフリーライター。ミニマムでもマキシマムでもない心地いいライフスタイルを目指し、時流にあった家事のあり方を研究中。

関連するキーワード


リフォーム キッチン

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


キッチン掃除が楽しくなる!? お掃除に最適なオシャレなキッチンブラシ

キッチン掃除が楽しくなる!? お掃除に最適なオシャレなキッチンブラシ

毎日使うキッチンはキレイにしておきたい。でもこまめにお掃除するのは面倒くさい! だったら「使いたくなる」アイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか? オシャレで気分も上がっちゃうキッチンブラシを紹介します。


十人十色に使える! 便利なキッチングッズ「伸縮レンジラック」

十人十色に使える! 便利なキッチングッズ「伸縮レンジラック」

おしゃれなキッチン家電を全て平置きしたいところですが、スペースに限りもあり、配置に悩まれる方も多いかと思います。今回は伸縮して便利に使える電子レンジ収納ラックをご紹介します。


こんなボウルを探してました! おすすめ「ステンレススチールボウル」

こんなボウルを探してました! おすすめ「ステンレススチールボウル」

よく使うキッチン道具のボウル。素材や大きさはさまざまですが、使いやすさを考えたこのボウルは、まさに探していた条件にぴったり! どんなところがおすすめポイントなのかピックアップしました。お道具選びの参考にしてみてください。


ここがいい! 欲しかった機能がつまった「シリコーンスパチュラ 」

ここがいい! 欲しかった機能がつまった「シリコーンスパチュラ 」

前からこういうのが欲しかった! そんなスパチュラを今回、見つけました。今までちょっと気になっていた、細かい悩みを解決してくれる、そんな機能がいっぱいです。


最新の投稿


【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

わが子が太りすぎていないか、やせすぎていないか、親としては気になるところですね。そこで、子供のベストな体重はどうやって判断するのか、1歳から6歳の平均体重や肥満・やせの目安の計算方法とともに紹介します。


セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

DIYビギナーにおすすめしたいのが、100円ショップ・セリアのペンキ! 100円とは思えないクオリティで、しかもナチュラルカラーがかわいいと話題なんです。そこで、セリアで売っているペンキを使って、おしゃれな棚を作ってみました。セリアのペンキの種類や、塗ったときにどんな色になるかも紹介しているので、ぜひチェックしてみて。


セリアのゴミ袋ストッカー | ゴミ袋ケースと比較した結果

セリアのゴミ袋ストッカー | ゴミ袋ケースと比較した結果

キッチンで大活躍するゴミ袋ストッカー。ビニール袋だけでなく、ジッパー付きの食料保存袋やゴム手袋など、いろんなものをさっと取り出せて便利ですよね。今回は、セリアで買えるケース型・バッグ型2タイプのゴミ袋ストッカーを取り上げて特徴を解説。オリジナルゴミ袋ストッカーを手作りする方法とともにご紹介します。


セリアのフック | 鴨居フックなどの人気5種とは

セリアのフック | 鴨居フックなどの人気5種とは

数々の優れた収納小物をラインナップしているセリアですが、収納に欠かせないフックについてもこだわりの商品が少なくありません。今回は、家中あらゆる場所で活躍するフックにスポットライトを当て、収納の幅を広げてくれる頼もしいアイテムを紹介。ニッチな機能やおしゃれデザインなど、セリアのフックの魅力について詳しくご紹介します。


セリアの仕切りボックス | 7つの便利な収納実例集

セリアの仕切りボックス | 7つの便利な収納実例集

100円ショップに行くと、大小さまざまな収納ケースがあります。その中でも家で使い倒している収納ボックスが、セリアの仕切りボックスなんです。今回は、おすすめの理由を紹介すると共に、家の中でどのように活用しているのかを写真に撮ってまとめてみました。バラバラする小物整理にお困りの方、ぜひチェックしてみてくださいね。