キッチン増設のリフォーム費用は? コストダウンのコツ

キッチン増設のリフォーム費用は? コストダウンのコツ

二世帯住宅となったのをきっかけに、二つ目のキッチンを増設したい方へ。キッチンを増設するための費用相場や費用を抑えるコツ、リフォームするうえでの注意点などについてご紹介します。設備以外にも、内装工事や給排水管など、どんな費用&工事が必要になるのか、まずはチェックしてみてくださいね。


キッチン増設のリフォーム費用相場

Photo by Kyle Head on Unsplash

キッチン増設のリフォームに必要な費用としては、次のものが挙げられます。

・キッチンの本体価格
・取り付け
・内装工事
・給湯器工事
・排気ダクト

キッチン本体の価格は、グレードによってさまざま。安いものでは30万円ぐらいからあり、ハイクラスになると100万円を超えるものもあります。

キッチンの取り付けにかかる費用はおよそ5万円。これに加えて、IHクッキングヒーターや換気扇など、電気製品を使用するための電気配線工事費用が1万円から5万円ほど必要となってきます。

さらに、給・排水管の配管工事に3~10万円、換気扇と排気口が遠い場合は、排気ダクトの設置費用として、さらに金額アップ。床や壁などを解体・新設する必要があるケースでは、3~20万円の内装工事費用も必要となります。

キッチンを取り付けるお家の事情にもよりますが、およそ50万円程度は最低でも必要になるでしょう。

キッチン増設のリフォーム費用を抑えるコツ

コスト削減の裏ワザ

Photo by Aaron Huber on Unsplash

なにかと費用がかかるキッチン増設リフォームですが、コストを抑えることも可能です。例えば、2階に新たにキッチンを作る場合であれば、1階のキッチンの真上に増設するのがおすすめ。配管のルートを短くすることができるため、コストダウンにつながります。

また、壁や窓に密着したスタイルのキッチンにするという手も。換気扇と排気口をつなぐ工事が不要になるため工事期間を短縮することができ、やはり費用が抑えられる可能性があります。

ミニキッチンを選ぶ

サイズの小さいミニキッチンにするのもおすすめ。よくワンルームのマンションなどに設置されているコンパクトなキッチンのことを指します。設備費用や工事費が大幅に少なくてすむだけでなく、省スペースにつながるという点も魅力です。

小さいもので幅90cm/105cm、ミニキッチンの中でも大きめのものだと120cm/150cmなど種類があるため、設置場所に合わせて選びましょう。本体価格は、20~30万円ぐらい。さらに、IHクッキングヒーターや小型冷蔵庫などをプラスすることもできます。

キッチン増設リフォームの注意点

キッチン増設の条件をチェック

Photo by Paul Hanaoka on Unsplash

キッチンを増設するには、以下の3つが必要になります。

・スペース
・給排水設備
・電気設備

ガスコンロを設置する場合、使い勝手を考えるなら全体の幅が180cmほどあるのが理想的。具材などを置く場所が確保できるので調理しやすく、洗い物による水ハネも軽減できます。

キッチン増設の際、付近に給排水設備があるかどうかも確認しておきましょう。ほとんどのお家ではないはずですが、その場合は給排水を移設する工事が必要になります。

電気設備も欠かせません。換気扇や照明、冷蔵庫などを設置する必要があるからです。近くに電源がない場合は、電気工事が必要になるため、やはりチェックしておきたい点です。なお、IHクッキングヒーターを使用するのであれば、専用配線が必要。オール電化でなくガスコンロを使う場合は、かわりにガス配管が必要になります。

工事期間を把握

Photo by Paolo Bendandi on Unsplash

工事にどのくらいの時間がかかるかも、あらかじめ把握しておきましょう。キッチン増設リフォームでは、配管工事や電気工事、場合によってはガス工事や内装工事なども必要になります。通常のキッチン交換リフォームに比べて工事日数が長くなるのが普通です。少なくとも10日、長い場合で2週間ほど時間がかかると思っておくとよいでしょう。

満足のいく仕上がりにするためにも、工事中の不便さは覚悟して、余裕をもって工事期間を設定しておくことが大切です。

まとめ

二世帯住宅にキッチンが一つしかないと、なにかと不便を感じてしまうもの。そんなときに、キッチン増設のリフォームを検討しておきたいところです。設置場所を工夫したり、ミニキッチンを取り入れたりして上手にコストを削減し、快適な生活空間を実現してください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

夫と二人暮らしのフリーライター。ミニマムでもマキシマムでもない心地いいライフスタイルを目指し、時流にあった家事のあり方を研究中。

関連するキーワード


リフォーム キッチン

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


キッチン掃除が楽しくなる!? お掃除に最適なオシャレなキッチンブラシ

キッチン掃除が楽しくなる!? お掃除に最適なオシャレなキッチンブラシ

毎日使うキッチンはキレイにしておきたい。でもこまめにお掃除するのは面倒くさい! だったら「使いたくなる」アイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか? オシャレで気分も上がっちゃうキッチンブラシを紹介します。


十人十色に使える! 便利なキッチングッズ「伸縮レンジラック」

十人十色に使える! 便利なキッチングッズ「伸縮レンジラック」

おしゃれなキッチン家電を全て平置きしたいところですが、スペースに限りもあり、配置に悩まれる方も多いかと思います。今回は伸縮して便利に使える電子レンジ収納ラックをご紹介します。


こんなボウルを探してました! おすすめ「ステンレススチールボウル」

こんなボウルを探してました! おすすめ「ステンレススチールボウル」

よく使うキッチン道具のボウル。素材や大きさはさまざまですが、使いやすさを考えたこのボウルは、まさに探していた条件にぴったり! どんなところがおすすめポイントなのかピックアップしました。お道具選びの参考にしてみてください。


ここがいい! 欲しかった機能がつまった「シリコーンスパチュラ 」

ここがいい! 欲しかった機能がつまった「シリコーンスパチュラ 」

前からこういうのが欲しかった! そんなスパチュラを今回、見つけました。今までちょっと気になっていた、細かい悩みを解決してくれる、そんな機能がいっぱいです。


最新の投稿


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。




コストコ 節約