予算700万円ならリフォームの自由度がグンとアップ! どんなことができる?

予算700万円ならリフォームの自由度がグンとアップ! どんなことができる?

リフォーム予算が700万円あれば、できることや選べる設備の幅はかなり広くなります。自由に間取りを変更したり、こだわりの素材や設備を取り入れたりして、おしゃれで居心地の良いお気に入りの空間を作りたいですね。今回は、約700万円でできるリフォーム事例を、戸建てとマンションとに分けてご紹介します。


予算700万円の素敵リフォーム例【戸建て編】

Photo by Flo Pappert on Unsplash

700万円でできるリフォームとは、どのようなものでしょうか? まずは、約700万円でできる戸建てリフォーム内容の例を見ていきましょう。

間取りを変えて、広々としたLDKに

ダイニングキッチンと、その隣の洋室をつなげてLDKへと間取りを変更。2つの空間をつなげることで、部屋が広々としただけでなく、北向きで日当たりの悪かったダイニングキッチンにも南側の窓から光が差し込むようになるリフォームをしたというお家も。

700万円では、さらにこだわりもプラスできるのもポイントです。床は無垢材のフローリング、壁と天井は木材と珪藻土と自然素材にこだわり、中には高機能な断熱材を入れてあたたかな空間を実現するなど、心地よく、家族みんなが過ごしやすい部屋に変更するということもできます。

複数個所のリフォームをまるっと

Getty logo

LDKと廊下、階段、洗面所、トイレ、玄関、洋室をまるっとリフォームした事例もあります。3部屋をつなげて大きな1つの空間にし、LDKとして大きな空間を取るというリフォームも700万円でできる場合があるのです。

さらに、壁と天井は漆喰、床は無垢材の他、場所によってはタイル張りにするなど、こだわりもプラス。それらを含めて、約730万円程度でリフォームを実施したというケースがあります。

予算700万円の素敵リフォーム例【マンション編】

Photo by Luke van Zyl on Unsplash

マンションなら、700万円あれば家の内装を一度全て取り去り、骨組みの状態にして行うスケルトンリフォーム(フルリフォーム)も十分可能です。スケルトンリフォームを行えば、大規模な間取りの変更など、部屋のレイアウトも自由自在に変えられます。

マンションのリフォーム予算が700万円ある場合は、家全体を間取りごと大きく変えるのも良いですし、こだわりの高級設備を使ったリフォームを行うのも良いでしょう。

土間のあるおしゃれな空間

洋室や和室、LDKが配置されている間取りの一般的なマンションをこだわり空間にするために、間取りを大幅に変更するケースもあり。マンションでは、ほとんど土間がありませんが、リフォームによって土間を取り入れることもできるそう。

キッチン空間を広くするリフォーム

Getty logo

壁に囲まれたキッチンや狭いリビングなど、圧迫感がネックとなっていたお家では、キッチンの場所の移動と、リビング隣の部屋をなくして広さを確保するというリフォームも700万円程度でできます。

さらに、キッチンは木目調のものや、アイランドキッチンなどお気に入りのものをチョイスして取り入れることもできるのです。

予算700万円なら省エネリフォームも要チェック!

予算が700万円ある場合は、省エネにつながるリフォームもチェックしてみましょう。

省エネリフォームには、
・窓や床などの断熱改修工事
・太陽光発電システムの導入
・効率の高い空調機や給湯器の設置工事
などがあります。

省エネリフォームにかかる費用の相場は、外壁や屋根の断熱塗装が約100~180万円、太陽光発電システムの導入も約100~180万円など、決して安いものではありません。ですが、これらのリフォームは電気代の節約につながるため、長い目で見るとお得に。

しかも、省エネリフォームを行う場合は、補助金が支給されるケースもあります。ただし、住む地域によってはすでに募集が終了していたり、条件を満たしておらず対象から外れてしまったりするケースもあるので確認してみてくださいね。

まとめ

700万円の予算があれば、リフォームでやりたいことの多くを実現することができます。ぜひ、今回ご紹介したリフォーム事例と省エネリフォームのメリットを参考にして、あなたの暮らしをより良くするためのリフォームプランを考えてみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

主婦歴5年目。普段は教育に関する仕事に携わっています。
家事の中で特に好きなのは料理で、数年前に食生活アドバイザーの資格を取得しました!

関連するキーワード


リフォーム

関連する投稿


結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

窓が結露してしまうと、カビが繁殖する原因になるといわれています。結露を発生させないようにするためには、インナーサッシを取り入れて断熱効果を高めるのがおすすめです。今回はインナーサッシを取り上げ、構造や効果について解説。選び方や導入するのにかかる価格相場、利用可能な補助金制度などについてもご紹介します。


リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

お家に暮らす一人一人の笑顔を思い浮かべながら、どんなスタイルが一番理想的か心めぐらせ、カタチを作っていくお家のリフォーム。たくさんお金もかかることですから、絶対失敗したくないですよね。リフォームの命運を分けるのは、なんといっても業者選び! 今回は失敗しない業者選びのコツと、押さえておくべきポイントについてご紹介します。


オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

家を建てる時、悩むことのひとつが、ガスにするか、オール電化にするかということ。「オール電化にすると光熱費が高くなる?」という意見もある一方で、その反対の口コミも見かけるし、どちらを選択すればいいのかわからず、混乱してしまいますよね。今回は、そんなオール電化リフォームについて詳しくご紹介します。


暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

見ているだけでワクワクが広がる、お家のリフォーム。リフォーム事例はそれこそネットやSNSをサーチすればたくさん見つかりますが、もし実際リフォームをするなら、見た目だけでなく、暮らしが便利になったり生活が豊かになるようにしたいですよね。今回は暮らしがアップデートされる、リフォームアイデアをいくつかご紹介します。


L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型のキッチンへリフォームを考えている人に、業者に依頼する前にチェックしておきたいポイントをまとめました。L型にすることへのメリット・デメリット、工事する上での注意点など、リフォームを考える上で知っておきたいことを紹介。自分にとって快適な暮らしを手に入れることができるのか、考えながらチェックしてみてください。


最新の投稿


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。




コストコ 節約