リフォーム予算600万で「堅実フル改装」と「ぜいたく部分改装」どちらにする?

リフォーム予算600万で「堅実フル改装」と「ぜいたく部分改装」どちらにする?

リフォームの予算が600万円あれば、できることの選択肢がかなり広くなります。スタンダードな設備を使うなど、費用を抑えれば家をフルリフォームできる可能性も見えてきますし、こだわりたい場所にお金をしっかりかけた部分改装をするというのもアリ。今回は、600万円でできるリフォームと、リフォームの際の注意点について解説します。


予算600万でフルリフォームする場合

Lazy dummy

600万円でできるフルリフォーム

フルリフォームとは「スケルトンリフォーム」とも言い、家の設備や壁など、全てをいったん取り払い、骨組みの状態にしてから家全体をまるごとリフォームすること。一部の設備だけを新しいものと取り換える通常のリフォームとは異なり、フルリフォームではかなりの費用がかかります。もちろん、かかる費用は家の広さや選ぶ設備のグレードによって大きく変わりますが、だいたい予算が600万円あれば、家をフルリフォームできる可能性も見えてきます。

ここで、一般的な一戸建てでフルリフォームを行う場合、何にどのくらい費用がかかるのか見ていきましょう。

まず、フルリフォームのためには、家を骨組みまで解体する必要があり、この費用に50~100万円かかります。そして、骨組みや基礎の強度に問題があれば、それを補強するために20~320万円。設備とその工事に480~1,200万円、その他、工事に関する諸費用として75~200万円。以上を合計すると、フルリフォームにかかる金額は、600~1,850万円程度となります。

フルリフォームも、設備をスタンダードなグレードにしたり、良心的な工事費用の業者に依頼したりすれば、600万円で行うことが可能です。予算が600万円あるという場合は、フルリフォームも視野に入れてみると良いでしょう。

600万円で二世帯住宅へのリフォームは可能?

Photo by Terrah Holly on Unsplash

「親と同居することになったので、二世帯住宅へのリフォームを考えている」という人もいるでしょう。二世帯住宅には、生活空間を完全に分けるというものや、部分的に共用の空間を設けるものなど、いろいろなタイプがあります。では、600万円で二世帯住宅へのリフォームは可能なのでしょうか?

結論から言うと、一戸建てをフルリフォームし、生活空間を完全に分けた二世帯住宅に変えるのは600万円では難しいです。フルリフォームを伴う二世帯住宅への変更には、1,000万円以上の予算が必要となってきます。

フルリフォームは難しいですが、600万円でも工夫次第で二世帯住宅へのリフォームは可能です。例えば、玄関と浴室、トイレを増設することで、同じ家の中でも生活空間を分けることができます。この場合のリフォームにかかる費用は、500~600万円程度。キッチンは共用となりますが、それ以外の生活空間を分けた二世帯住宅を予算内でつくることができます。

予算600万で部分改装する場合

Photo by Naomi Hébert on Unsplash

600万円で家全体をフルリフォームしても良いですが、「全体を万遍なくきれいにするより、どこか1箇所にお金をかけてしっかりリフォームしたい!」という人もいるでしょう。ここでは、ぜいたくな素材や設備を使った、こだわりリフォームの例を2つご紹介します。

オーダーメイドで理想のキッチンを実現

既製品のキッチンにもさまざまな種類がありますが、「北欧の家庭のようなキッチンが欲しい!」など、こだわりがある場合は、キッチンのオーダーメイドを選択するという方法もあります。オーダーメイドなら、デザインや寸法、素材、コンロの大きさ、収納の位置や広さなどを自分で決められるので、理想のキッチンを手に入れることができます。

ナチュラル素材にこだわった温かみのあるLDK

ダイニングキッチンと隣の和室との間の壁を取り払って、広いLDKに間取りを変更。LDKの床は無垢材のフローリング、壁は珪藻土と、ナチュラル素材にこだわるのも一つ。水回りも取り換えてきれいにし、温かみのある過ごしやすいLDKに変更するという案です。

住みながらリフォームする際の注意ポイント

Lazy dummy

フルリフォームをする場合、リフォーム期間は家が使えなくなるため、ホテルやウィークリーマンションなどに仮住まいをする必要がありますが、部分的なリフォームなら、家に住みながらのリフォームが可能です。では、住みながらリフォームする際はどのようなことに注意すると良いでしょうか?

住みながらリフォームをする場合、特に不便に感じることは、
・工事の音がうるさい
・工事する場所によっては、料理ができなかったり入浴できなかったりする
・エアコンが使えないことがある
・作業する人が家を出入りするため、なんだか落ち着かない
・作業する人の目が気になり、洗濯物を干しづらい
などが考えられます。

これらの不便さを少しでも減らすためには、リフォームの時期選びを慎重に行うことが大切です。エアコンが使えなくても困らないこと、家族の大切な行事と重ならないことなどを考慮して、リフォームの期間を設定しましょう。また、工事期間は長引くことも少なくありません。リフォーム期間は、余裕をもって設定しておくと安心です。

水回りのリフォームを行う場合は、トイレや浴室が使えなくなることもあります。そのようなときは、生活に支障をきたさないように仮設のトイレや浴室を設置してもらうと良いでしょう。

まとめ

リフォーム予算が600万円ある場合は、リフォームでできることの範囲がグッと広がります。堅実的なフルリフォームが良いか、それともこだわりの素材を使ったぜいたくな部分改装が良いかしっかりと考えて、600万円で理想の住まいを叶えてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

主婦歴5年目。普段は教育に関する仕事に携わっています。
家事の中で特に好きなのは料理で、数年前に食生活アドバイザーの資格を取得しました!

関連するキーワード


リフォーム

関連する投稿


結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

窓が結露してしまうと、カビが繁殖する原因になるといわれています。結露を発生させないようにするためには、インナーサッシを取り入れて断熱効果を高めるのがおすすめです。今回はインナーサッシを取り上げ、構造や効果について解説。選び方や導入するのにかかる価格相場、利用可能な補助金制度などについてもご紹介します。


リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

お家に暮らす一人一人の笑顔を思い浮かべながら、どんなスタイルが一番理想的か心めぐらせ、カタチを作っていくお家のリフォーム。たくさんお金もかかることですから、絶対失敗したくないですよね。リフォームの命運を分けるのは、なんといっても業者選び! 今回は失敗しない業者選びのコツと、押さえておくべきポイントについてご紹介します。


オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

家を建てる時、悩むことのひとつが、ガスにするか、オール電化にするかということ。「オール電化にすると光熱費が高くなる?」という意見もある一方で、その反対の口コミも見かけるし、どちらを選択すればいいのかわからず、混乱してしまいますよね。今回は、そんなオール電化リフォームについて詳しくご紹介します。


暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

見ているだけでワクワクが広がる、お家のリフォーム。リフォーム事例はそれこそネットやSNSをサーチすればたくさん見つかりますが、もし実際リフォームをするなら、見た目だけでなく、暮らしが便利になったり生活が豊かになるようにしたいですよね。今回は暮らしがアップデートされる、リフォームアイデアをいくつかご紹介します。


L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型のキッチンへリフォームを考えている人に、業者に依頼する前にチェックしておきたいポイントをまとめました。L型にすることへのメリット・デメリット、工事する上での注意点など、リフォームを考える上で知っておきたいことを紹介。自分にとって快適な暮らしを手に入れることができるのか、考えながらチェックしてみてください。


最新の投稿


【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

わが子が太りすぎていないか、やせすぎていないか、親としては気になるところですね。そこで、子供のベストな体重はどうやって判断するのか、1歳から6歳の平均体重や肥満・やせの目安の計算方法とともに紹介します。


セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

DIYビギナーにおすすめしたいのが、100円ショップ・セリアのペンキ! 100円とは思えないクオリティで、しかもナチュラルカラーがかわいいと話題なんです。そこで、セリアで売っているペンキを使って、おしゃれな棚を作ってみました。セリアのペンキの種類や、塗ったときにどんな色になるかも紹介しているので、ぜひチェックしてみて。


セリアのゴミ袋ストッカー | ゴミ袋ケースと比較した結果

セリアのゴミ袋ストッカー | ゴミ袋ケースと比較した結果

キッチンで大活躍するゴミ袋ストッカー。ビニール袋だけでなく、ジッパー付きの食料保存袋やゴム手袋など、いろんなものをさっと取り出せて便利ですよね。今回は、セリアで買えるケース型・バッグ型2タイプのゴミ袋ストッカーを取り上げて特徴を解説。オリジナルゴミ袋ストッカーを手作りする方法とともにご紹介します。


セリアのフック | 鴨居フックなどの人気5種とは

セリアのフック | 鴨居フックなどの人気5種とは

数々の優れた収納小物をラインナップしているセリアですが、収納に欠かせないフックについてもこだわりの商品が少なくありません。今回は、家中あらゆる場所で活躍するフックにスポットライトを当て、収納の幅を広げてくれる頼もしいアイテムを紹介。ニッチな機能やおしゃれデザインなど、セリアのフックの魅力について詳しくご紹介します。


セリアの仕切りボックス | 7つの便利な収納実例集

セリアの仕切りボックス | 7つの便利な収納実例集

100円ショップに行くと、大小さまざまな収納ケースがあります。その中でも家で使い倒している収納ボックスが、セリアの仕切りボックスなんです。今回は、おすすめの理由を紹介すると共に、家の中でどのように活用しているのかを写真に撮ってまとめてみました。バラバラする小物整理にお困りの方、ぜひチェックしてみてくださいね。