水まわりリフォームに関する不安は? 費用や業者選びのギモンを解決

水まわりリフォームに関する不安は? 費用や業者選びのギモンを解決

お家のなかでも、とくに水まわりは劣化しやすい部分。長く使ううちにどうしてもくたびれてきてしまうため、リフォームしたいと考える方が多い場所です。そこで、水まわりのリフォームにかかる費用の相場をチェック。リフォーム代の見積書の見方やリフォームする上での注意点、さらに、お得にリフォームする方法などについてご紹介します。


水回りのリフォーム場所は? 相場も合わせてチェック

キッチン

Photo by Jordan Sanchez on Unsplash

キッチンリフォームのおおよその予算は、50~150万円くらいを見ておきましょう。どのようにリフォームを行うかにもよりますが、リビングに背を向けたかたちになる旧式タイプのキッチンを、対面式やオープンキッチンへ交換するには100万円~必要になります。

逆に、少ない予算でキッチンのリフォームを考える場合、10~30万円くらいを見積もっておくと◎。ガスコンロや照明、蛇口や流し台を最新式にするなど、キッチン全体ではなく一部に手を入れるだけでも使い勝手は大幅に向上するものです。

浴室

Photo by Jared Rice on Unsplash

浴室のリフォーム相場は、50~100万円。浴槽を新調し、タイル全体をシートタイプのものに変更することで、空間の雰囲気を新しくすることができます。50万円強ぐらいのリフォームでは、タイルか浴槽のいずれかを最新式にすることが可能に。

50万円以下でも、場合によってバリアフリー化することが可能。浴槽に手すりを付けられるので、お年寄りがお風呂場を快適に利用する助けとなります。これぐらいの予算なら、浴室乾燥機を設置するというリフォームも人気です。

トイレ

トイレは、5万円ぐらいの予算からリフォームできます。クロスを張り替えたり、床をクッションフロアに交換したりできるほか、最新式のウォッシュレットを設置することも。50万円程度の予算があれば、全体に手を入れて空間をガラリと変更することも可能です。

洗面台

Lazy dummy

洗面台は、10万円までのリフォームが多いようです。少ない予算でも洗面化粧台を新しいものに換えられるので、洗面室全体のイメージをリフレッシュするのに十分です。50万円程度の費用をかけるなら、デザイン性に優れた洗面ボウルを取り入れたり、新しく収納棚を設置したりすることも。

【見積書の見方】水まわりリフォーム代の内訳

Photo by Dan Watson on Unsplash

水まわりリフォームを依頼する際は、内訳をきちんと確認できるようにしておきたいもの。水まわりのリフォーム代の内訳や、見積書に書かれている言葉の意味について簡単に解説します。

見積書には、普段聞き慣れない言葉がたくさん使われているものです。しかし、次に挙げる言葉の意味さえわかれば、大体のところが把握できるでしょう。

・解体工事費
古い設備を取り除くのにかかる費用です。解体するスペースの広さや必要な人数、日数などで価格が決まってきます。

・木工事
大工さんが行う仕事の総称です。古いキッチンをオープンキッチンに変えたり、石膏ボードや柱を撤去・設置したりするのにかかる費用を指しています。

・内装工事
天井や床、壁を仕上げるのに必要なのが内装工事。主なものとして挙げられるのが、クロス貼りです。クロスの代金や施工費が含まれます。

・給排水工事
給水や排水のための配管工事の総称です。配管の長さや、折れ曲がっている箇所の多さ次第で金額が上がります。

・設備機器工事
システムキッチンや浴槽、トイレ、洗面化粧台などの機材費と、施工にかかる費用が該当します。

水まわりリフォームの注意点

Photo by NeONBRAND on Unsplash

水まわりリフォームは、設備費用が高額になりがちです。そのため、設置するものは実物を事前に見たり触ったりしておくことが大切です。やはりショールームへ足を運ぶのがおすすめ。ショールームには最新の設備が展示されていて、実際に体験することもできます。

例えばシステムキッチンであれば、お料理するつもりでそばに立って高さが合うかどうか確認してみましょう。いつもお料理している要領でフライパンを軽く振ってみてもいいですね。浴槽の大きさをチェックするなら、なかに入ってみたり、便器だったら、便座に座ってみたりしましょう。あるいは、ショールームの来場者向けのトイレを利用するのもおすすめ。最新式のトイレを設置していることが多いので、水ハネなど、実際の使用感を肌で感じることができますよ。

水まわりのリフォームは、ほんの少しの差がものをいいます。面倒に思っても、ぜひチェックしてみてください。

また、水まわりをリフォームするタイミングがあります。それは、築15年から25年ぐらい。タイルを貼った浴槽などは、15年から20年ほどで土台や下地材が腐食し始めるといわれているためです。

腐食をしたまま放置すると、そのあと構造部にまで腐食が達する恐れがあり、補修するための費用が余計にかかってしまうことにもなりかねません。また、設備自体が故障したわけではなくても、使っていて快適さを感じられなくなってきたときがリフォームのタイミングだといってもいいですね。

水まわりをお得にリフォームするには?

Photo by Issam Hammoudi on Unsplash

水まわりを賢くリフォームするなら、まとめて工事を依頼するのがおすすめです。というのも、関連する工事を一緒に行うことで効率がアップするため、いろんなコストを削減できるからです。

水まわりは、機材費が60%とリフォーム代金の多くを占めています。機材をまとめて仕入れることができれば、割引率がアップするというわけ。また、工事のボリュームが大きくなればなるほど、工事にかかるコストを調整しやすくなるため、全体的なコストダウンにつながります。

とくに、洗面所と浴室、給湯器は、工事が密接に関連しているため、同時にリフォームすることで工事費を大幅に節約できます。それを見越して、リフォームを提供している業者では、水まわりの工事をパックにしたプランを用意しています。

また、リフォームを適正価格で行ってもらうには、複数社に見積もりを出してもらうこと! 工事にかかる適正価格が把握できるためです。また、見積もり依頼時の対応をじっくりと観察すれば、優良なリフォーム業者とそうでない業者とを見分けることもできるはず。

まとめ

お家のなかでもとくに劣化しやすい水まわりのリフォームは、適切なタイミングで行うことが大切です。複数の業者に査定依頼したり、まとめて工事したりして、水まわりリフォームを実現し、快適な環境を手に入れてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

夫と二人暮らしのフリーライター。ミニマムでもマキシマムでもない心地いいライフスタイルを目指し、時流にあった家事のあり方を研究中。

関連するキーワード


リフォーム

関連する投稿


結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

窓が結露してしまうと、カビが繁殖する原因になるといわれています。結露を発生させないようにするためには、インナーサッシを取り入れて断熱効果を高めるのがおすすめです。今回はインナーサッシを取り上げ、構造や効果について解説。選び方や導入するのにかかる価格相場、利用可能な補助金制度などについてもご紹介します。


リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

お家に暮らす一人一人の笑顔を思い浮かべながら、どんなスタイルが一番理想的か心めぐらせ、カタチを作っていくお家のリフォーム。たくさんお金もかかることですから、絶対失敗したくないですよね。リフォームの命運を分けるのは、なんといっても業者選び! 今回は失敗しない業者選びのコツと、押さえておくべきポイントについてご紹介します。


オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

家を建てる時、悩むことのひとつが、ガスにするか、オール電化にするかということ。「オール電化にすると光熱費が高くなる?」という意見もある一方で、その反対の口コミも見かけるし、どちらを選択すればいいのかわからず、混乱してしまいますよね。今回は、そんなオール電化リフォームについて詳しくご紹介します。


暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

見ているだけでワクワクが広がる、お家のリフォーム。リフォーム事例はそれこそネットやSNSをサーチすればたくさん見つかりますが、もし実際リフォームをするなら、見た目だけでなく、暮らしが便利になったり生活が豊かになるようにしたいですよね。今回は暮らしがアップデートされる、リフォームアイデアをいくつかご紹介します。


L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型のキッチンへリフォームを考えている人に、業者に依頼する前にチェックしておきたいポイントをまとめました。L型にすることへのメリット・デメリット、工事する上での注意点など、リフォームを考える上で知っておきたいことを紹介。自分にとって快適な暮らしを手に入れることができるのか、考えながらチェックしてみてください。


最新の投稿


【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

「寝る子は育つ」という言葉があるように、子供の成長にとって睡眠はとても大切。3歳の子供の理想の睡眠時間は10~13時間、最低でも8~9時間はとる必要があるといわれます。今回は、3歳児の睡眠の特徴や就寝・起床時間、睡眠不足のリスク、睡眠改善のコツなどを解説します。


離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

栄養のほとんどを食事からとるようになる離乳完了期、通称“パクパク期”。前歯でかじり取って、奥歯や歯ぐきで上手にパクパク食べられるようになってきます。大人の食事に近づくこの時期の進め方のポイントをお伝えします。調理の手間をはぶくコツや、母乳・ミルクとのバランスなど、このころによくある悩みも要チェック!


【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

赤ちゃんの爪は数日で長くなってしまいます。赤ちゃんの爪を整えるアイテムでは爪切りの他、「爪やすり」もよく見かけますね。爪やすりの使い道や爪の長さの目安などの他、人気の赤ちゃん用爪やすりも紹介します。


離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食は大人の食事とは異なるもの。離乳初期・中期・後期・完了期の発達段階によって適したかたさや調理方法が違ってきます。慣れない離乳食作りに悩むママ・パパに向けて、料理の専門家が離乳食作りの基本をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

へその緒を切ったばかりの赤ちゃんの「おへそ」は、ちょっぴり膨らんでいるものです。でも、時間が経ってもおへそが出ていたら、「臍ヘルニア」の可能性もあります。臍ヘルニアになる原因や、普通の「でべそ」との違い、治療などについてお話しします。