ベッドを買取してほしい! そのポイントをご紹介

ベッドを買取してほしい! そのポイントをご紹介

重くてスペースも取るベッドはいらなくなった場合の処理に困ってしまうものの一つ。ほとんどの人が廃棄する道を選んでいるのではないでしょうか? ところが、ベッドを買取してくれるお店は少なくありません。そこで、買取対象になりやすいベッドとそうでないベッド、また買取以外の処分法についてご紹介します。


買取してもらいやすいベッドのポイント

ブランドのベッド

Photo by Nik Lanús on Unsplash

買取してもらいやすいベッドとそうでないベッドを分けるポイントは、メーカーやブランドの知名度です。有名なブランドのベッドはたいへん人気が高いです。そのため、高値で買取される傾向があります。具体的には、以下のようなブランドが高額買取の対象です。

・シモンズ(Simmons)
・レガリア(Regalia)
・シーリー(Sealy)
・サータ(serta)
・アルフレックス(arflex)
・カッシーナ イクスシー(Cassina ixc.)
・マニフレックス(Magniflex)
・フランスベッド(Francebed)
・ドリームベッド(Dream Bed)
・東京ベッド
・日本ベッド
・カリモク
・IDC大塚家具

使用年数が少ない

ベッドは体が直接触れる面積が広く、しかも一日のうちの多くの時間をその上で過ごすことになります。使用年数が長くなればなるほど、体の重みで中央部が凹んだり、寝汗による湿気でヘタリが進んだりするのを避けることができません。使用年数に比例して、ベッドにとって命ともいえるマットレスが劣化してしまいます。

そのため、使用年数が少ないベッドのほうが売れやすく、高値がつきやすいです。

キズや汚れが少ない

Photo by Ty Carlson on Unsplash

仮に使用年数が浅くても、コンディションが悪ければ、高値での買取は期待できません。例えば、マットレスにシミがついていたり、ヘタリが進んでいたりと、目に見えて使用感があるものは需要が少なくなってしまいます。サイドフレームやベッドボードなどに落書きがあるものも買取が難しいでしょう。買取を拒否されることも少なくありません。

ベッドはただでさえ中古品販売が難しいといわれている商品です。体をあずけるものですから、あらかじめキズや汚れがあるものは敬遠される傾向があります。新品が販売される際も、キズや汚れが見つかった場合は返品や無償修理の対象に。キズや汚れが少ないベッドでなければ、売れづらいというのも納得できますね。

大きめのベッド

Photo by Anna Sullivan on Unsplash

ベッドの大きさも買取価格に影響します。売れやすいのは大きめのベッドです。小型のベッドはもともとの価格が低いため、中古市場では買い手がつきにくいというのが理由。ダブルベッド以上の大きさのものが断然需要が多く、積極的に買取される傾向があります。

保証書や説明書、付属品のついたベッド

Photo by Mike Marquez on Unsplash

あらゆる品物の買取に共通することですが、保証書や説明書といった付属品を揃えておくことでさらに高値での買取が期待できます。ベッドを購入する際、買取に出すことを想定することは少ないはずですから、付属品をとっておく方は少ないかもしれませんが、購入時についていたものはできるだけ集めておくことをおすすめします。

こんなベッドは業者に買取してもらいにくい

折り畳みタイプ、二段ベッド、ウォーターベッドなど特殊なベッド

Photo by Neha Deshmukh on Unsplash

特殊なタイプのベッドは買取してもらえない場合が少なくありません。店舗に設置する際や運搬するのに手間がかかることなどが理由です。以下に挙げるタイプのベッドは買取を拒否されることが多いので注意してください。

・折り畳みベッド
・ロフトベッド
・組立式ベッド
・2段ベッド
・ウォーターベッド

最後に挙げたウォーターベッドは国内ではほとんど需要がありません。店舗でディスプレイするのも難しく、買取してくれる業者はほとんどないと考えてよいでしょう。

大手量販店や通販で販売している価格が安めのベッド

Photo by Annie Spratt on Unsplash

元値が安いベッドを買取してくれる業者もほとんどないようです。需要が少ない上に、再販してもほとんど利益が出ないためです。有名家具量販店のもの、通販サイトなどで販売されるノーブランドのものなど、元値が安いベッドを購入する際は、買取が難しいと心得ましょう。

ベッドフレーム、マットレスだけでも買取してもらえる

ベッドはマットレスとベッドフレームをセットにして買取を依頼するのが一般的となっています。マットレスやベッドフレーム単体での需要がほとんどないことが理由です。ところが、一部の業者ではそれぞれ単体での買取に対応している業者もあります。

ただし、製造されてから10年以上経っているものは買取対象外となっているようです。また、取り扱いブランドを有名メーカーの商品に限定している業者も少なくありません。

業者だけじゃない! 買取先を見つけよう

Photo by Markus Spiske on Unsplash

もし、業者にベッドの買取を断られたとしても、ベッドを売却する手段はほかにもたくさんあります。例えば、ジモティーなどの広告掲示板を利用するという手があります。いわゆる交流サイトの一種で、近隣エリアのユーザを対象に不要品を売買することが可能です。登録料・手数料が不要で、0円から出品できます。

ネットオークションやフリマアプリで売るという方法もおすすめです。タダ同然の価格で出品できるため、元値が安いものや使用感があるベッドでも買い手がつく可能性があります。

ただし個人どうしでのやり取りとなるため、すべてが自己責任となります。手間も時間も必要ですし、トラブルに巻き込まれる可能性もあるので注意が必要です。

まとめ

いらなくなったベッドは、ブランドや使用年数によっては高値での買取が期待できます。また、業者に買取を断られたとしても、有料処分以外の売却方法も少なくありません。不要なベッドは眠らせておかずに、賢く処分してみてはいかがでしょうか。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

夫と二人暮らしのフリーライター。ミニマムでもマキシマムでもない心地いいライフスタイルを目指し、時流にあった家事のあり方を研究中。

関連するキーワード


買取 ベッド 寝室 家計

関連する投稿


布団はクリーニングに出せるの?料金やサービスを徹底比較

布団はクリーニングに出せるの?料金やサービスを徹底比較

子供がいる家庭では、布団のダニが気になるのではないでしょうか。そんなときに考えるのが、布団クリーニングです。一度も布団をクリーニングに出したことがないと、どんな風に洗ってくれるのかはわからないでしょう。布団を洗う際の費用や注意点を紹介します。


思い出の服こそ買取サービスを利用する! プロが教える手放し方

思い出の服こそ買取サービスを利用する! プロが教える手放し方

服を手放す際は、宅配の買取サービスを利用しています。手放す衣類はできるだけ良い状態で発送できるよう、きちんと洗濯をして、毛玉を取って、アイロンをかけて、きれいに畳み、段ボールにぎゅうぎゅう過ぎず、スカスカ過ぎないように詰めます。結局は手放すのに、わざわざ手をかけるのはなぜ? 服を手放す時の考え方をお伝えします。


マットレスの上にこれ一枚で寝心地がアップ! おすすめトッパー7選

マットレスの上にこれ一枚で寝心地がアップ! おすすめトッパー7選

ちゃんと寝ているのに疲れがとれない、いつも寝心地が悪い……そんな快眠できずお困りの方におすすめなのが、マットレストッパーです。マットレスや布団の上に重ねるだけで睡眠の質が向上するサポート寝具として注目を集めています。今回は、マットレストッパーを取り上げ、特徴や使い方などについて解説。おすすめ商品とあわせてご紹介します。


使用済みでもOK! 「食器買取サービス」の買取総額は!?

使用済みでもOK! 「食器買取サービス」の買取総額は!?

「使用済みだから」とリサイクルショップにも出せず、かといって処分もできずしまいこんでいた、いただき物の食器類。ダメ元で探した甲斐があって、なんと約4,000円で買い取ってもらえることに! 今回は使用済み食器の買取サービスをレポートします。


簡単に干せない重いベッドマット……効果的に湿気を取る裏技は?

簡単に干せない重いベッドマット……効果的に湿気を取る裏技は?

布団なら毎日畳んだり、時には干したりして湿気を逃せますが、ベッドマットはなかなか難しい場合があります。しかし、「湿気が溜まっても仕方がない」と諦めて放置しておくのは危険です。ベッドマットに湿気が溜まってしまうとどうなるのかを説明するとと共に、対策方法をご紹介します。


最新の投稿


かさばる診察券や医療証もスッキリ! 100均グッズを使った収納術

かさばる診察券や医療証もスッキリ! 100均グッズを使った収納術

病院に行くときに持参することの多い医療証や診察券。みなさんはどのように収納されていますか? 今回は、いざ使うときにさっと取り出せる100均グッズを、実際に使ってみた感想とともにレポートしてみたいと思います。


シャキシャキ感がおいしい! 水菜のおすすめの食べ方とレシピ

シャキシャキ感がおいしい! 水菜のおすすめの食べ方とレシピ

寒い冬から春にかけて旬を迎える水菜。そのままサラダにしたり、鍋に入れたりもできる便利野菜です。シャキシャキした食感と瑞々しさが特徴の水菜の、いろいろな食べ方やレシピを紹介します。


【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

新生児のうちは、十分にミルクを飲ませたはずなのに、あげてみたらどんどん飲んでしまうことがあります。ミルクの飲みすぎではないかと気になったり、何度も泣いてほしがっているように見えたらどうすればいいか、紹介します。


【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

つたい歩きをなかなか始めなかったり、逆に早くからつたい歩きを始める姿を見て、心配するお母さんお父さんもいることと思います。今回はつたい歩きを始める一般的な時期や、O脚との関係などについてお話します。


【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

赤ちゃんが元気に生まれてきてくれても、体が小さめだと気になることが多いかもしれませんね。特に低出生体重児の場合は、育て方や今後の成長などに不安を感じることもあると思います。そこで今回は、「低出生体重児」とはどのようなものか、その原因や成長のしかた、育てるうえで気を付けたいことなどについて説明します。




専門家