不用品回収は"軽トラ積み放題"がお得!? 仕組みとメリット

不用品回収は"軽トラ積み放題"がお得!? 仕組みとメリット

不用品回収をお得に済ませたいなら、不用品回収業者が展開している軽トラ積み放題サービスがおすすめです。現在、多くの業者が行っているようですが、どのようなサービスなのでしょうか。今回は軽トラ積み放題の仕組みと利用するメリットについてご紹介します。


不用品の“軽トラ積み放題”サービスって?

Getty logo

引っ越しや、衣替え、大掃除などさまざまなシーンで出てくるたくさんの不用品。一般的には自治体に依頼して粗大ゴミとして処分するという方法がありますが、この場合は処分するのにお金がかかってしまうだけではなく、家の外まで自分で運んだり、処分に必要な有料シールを用意したりとさまざまな手間がかかります。

そのため、手軽にできる不用品の処分方法として「不用品回収業者に依頼する」という人が増えているようです。中でも注目されているサービスが"軽トラ積み放題"です。

トラック積み放題の仕組み

トラック積み放題サービスは、軽トラックや2トントラックなど、決められたサイズのトラック単位で不用品の回収価格が決まるサービスです。

通常、不用品を処分しようとすると、1つひとつに処分費用がかかります。しかし、引っ越しなどに伴いたくさんの不用品が出る場合は、1つひとつにかかるコストは数千円でも、それが複数集まると一気に莫大なお金がかかってしまいますよね。不用品を一気に捨てたい・あまりお金をかけずに処分したいというニーズに答えてできたのが、トラック積み放題のサービスなのです。

このサービスであれば、トラックに積み込める量であれば、複数の回収を依頼しても一定額の中で処分してもらえます。

不用品の“軽トラ積み放題”サービスのメリット

Getty logo

軽トラ積み込み放題のメリットは、多くの場合リサイクル家電として指定されているエアコン、冷蔵庫、テレビ、洗濯機、さらにはパソコンまで回収の対象になるということです。これらの家電を処分する際は、一般的にリサイクル券を購入したうえで家電量販店に持ち込まなければならないため、金銭的な負担の他に体力的な負担もかかります。

その点、軽トラ積み放題のサービスであれば、自宅まで軽トラが来てくれて、業者のスタッフが自宅から持ち出してくれるので、大きな手間をかけずに処分できるという訳。

不用品の“軽トラ積み放題”サービス料金の目安

一気にたくさんの不用品を処分したい場合に活用したい軽トラ積み放題サービスですが、実際に依頼した場合はどの程度のコストで利用することができるのでしょうか。

価格は回収業者により異なりますが、相場としては軽トラ1台で1万7500円~3万円程度といわれています。

業者によっては、軽トラの他に2トントラックや4トントラックで回収を依頼することもできます。一般的に1㎥あたり1万円前後といわれているので、これを目安に算出すると良いでしょう。

実際どのぐらい荷物を積める?

軽トラック1台といわれても、実際にどの程度の量を積むことができるのかイメージしにくいという方もいるでしょう。軽トラック1台に積むことができるのは2.5㎥とされています。2トントラックの場合は軽トラックの倍、約5㎥とされているので目安にしてみてください。つまり、1tトラックは1K~1LDK程度の不用品量なら積むことができると考えておくとよいでしょう。

不用品の“軽トラ積み放題”サービス、業者を選ぶポイント

Getty logo

不用品の軽トラ積み放題サービスを展開している業者はたくさんあります。ここでは、業者を見極めるポイントを紹介。

無料見積もりを複数の会社に依頼する

実際に軽トラックにどの程度積めるのかという点ですが、おおよその目安をつけるとしても、1度は専門のスタッフに見てもらった方が安心でしょう。

中にはリサイクル家電について、別途料金がかかるケースなど、料金体系も業者によって異なります。自分で調べただけでは把握できないこともあります。不用品の回収業者の多くは、無料で見積もりを立ててくれるので、複数の会社に依頼してみましょう。

作業員と人件費を確認する

軽トラ積み放題のサービスで気をつけたいのが、トラック1台あたりの費用の他に人件費がかかるということです。同じサイズのトラックを依頼したとしても、スタッフが1名なのか2名なのかでコストが変わります。特に大きな家電や家具を運びたいときは、見積もりを立てた際に、当日何名のスタッフが来るのか、見積もり以外にかかる費用がないのか、十分に確認しておくようにしましょう。

見積書を発行してもらう

すべての業者が悪質というわけではありませんが、なかには不用品をすべて積み込んだ段階で新たな請求を上乗せしてくる業者もいるようです。業者と認識を統一するためにも、見積書をしっかりと発行してもらったり、領収書を残しておき、トラブルを未然に防ぎましょう。

資格や許可証を所持しているか

一般的に不用品回収業者は、古物商許可証が必要とされています。しかし、なかには国からの許可を得ていないのに不用品回収業者として事業を展開している会社もあるようです。

悪質なケースだと不法投棄や不正輸出などが行われ、最悪依頼した側も罰則の対象になることもあります。依頼する前に企業ホームページや名刺を確認し、許可証を持っているのか確認してから依頼することをおすすめします。

まとめ

引っ越しなどで、複数の不用品を処分したいときは、軽トラ積み放題サービスの利用をおすすめします。とても便利なサービスですが、中には悪質な業者もいるので、事前調査は欠かせません。利用する前に見積もりを依頼するなどして、トラブルに巻き込まれないよう注意しましょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

関連するキーワード


不用品 家電 冷蔵庫

関連する投稿


部屋を片付けられない人の特徴と片付け上手になるコツとは?

部屋を片付けられない人の特徴と片付け上手になるコツとは?

部屋に物があふれかえっていて、片付かないと感じるなら、片付けのコツを学んでみましょう。片付けが苦手な人には6つの特徴がみられており、それを理解することから始めることをおすすめします。部屋が片付かないデメリットも知ってみてください。


マキタのコードレス掃除機で「時短を感じる瞬間」&「おすすめ掃除ルート」

マキタのコードレス掃除機で「時短を感じる瞬間」&「おすすめ掃除ルート」

「本音を言うと、ちょっとでも掃除してから出かけたい!」と思っているあなたに、今回は時短家電「コードレス掃除機」の魅力をご紹介します。実際に使ってみて、「時短になった!」と感じる理由もまとめました。そして、ここだけ押さえておけば、パッと見きれいな印象を作れる「おすすめ掃除ルート」には、意外な場所も登場します♪


ロボット掃除機のトレンドは? 機能&おすすめ機種4選

ロボット掃除機のトレンドは? 機能&おすすめ機種4選

共働き世帯に欠かせないのが、家事を便利にする時短家電。しかし、種類が豊富にあるので、何を選んだらいいかわからなくなることがありませんか? 出始めは「サブ掃除機」というイメージが強かったロボット掃除機ですが、昨今は性能もよくなりメイン掃除機として大活躍するものも。今回は、そんなロボット掃除機のトレンド機能や機種をご紹介。


屋内スイングカメラキットで外出先からペットを見守り! 値段や機能は?

屋内スイングカメラキットで外出先からペットを見守り! 値段や機能は?

外にいるとき、ペットがどのように過ごしているか気になる……。そんなときに使えるのがホームカメラ! 今回はパナソニックの「屋内スイングカメラ」をご紹介します。商品内容や、どんなことができるのかをまとめました。


冷凍庫を味方につけよう! 時短料理もできる食費の節約術

冷凍庫を味方につけよう! 時短料理もできる食費の節約術

家族のためにおいしい食事を作りたい。将来のためにお金も貯めたい。でも、忙しい毎日の中で、時間をかけて食事を作ることや、小まめな買い物は難しいですよね。まだ子どもが小さいうちは、食事する量もつかめないので、食材も無駄にしてしまいがちです。今回は、冷凍庫を使った食材の無駄をなくす節約術をご紹介します。


最新の投稿


簡単収納&ウエストベルト無し「CARRY FREE」の抱っこ紐が便利! 新柄をチェック

簡単収納&ウエストベルト無し「CARRY FREE」の抱っこ紐が便利! 新柄をチェック

ベビー雑貨ブランド「CARRY FREE(キャリフリー)」から、簡易型抱っこひも「ポケッタブルキャリー」のデニムスター柄2色が、追加販売されます。


生ゴミダイエットでゴミもスリムに! 新発想のキッチンアイテムとは?

生ゴミダイエットでゴミもスリムに! 新発想のキッチンアイテムとは?

自炊をしていると毎日出るのが生ゴミ。みなさんはどのように管理されていますか? 今回はそんな生ゴミの処理に大活躍してくれるキッチングッズをご紹介したいと思います。


忙しいママの悩みをサポート! 日本製・オーガニック「キッズはらまき」が登場

忙しいママの悩みをサポート! 日本製・オーガニック「キッズはらまき」が登場

ゲンナイ製薬のオーガニック衣料ブランド「プラスニド」から、3~6歳の子ども用はらまき「ママがたすかる キッズはらまき」が、4月3日から発売されます。


こんなの待ってた! ニトリ「ボックスパット」は子育て家庭の最強アイテム

こんなの待ってた! ニトリ「ボックスパット」は子育て家庭の最強アイテム

子どもは汗っかきだからシーツでは物足りない……。でも敷パッドだとはみ出た布団部分の汚れが気になりますよね。そんなご家庭におすすめなのが「ニトリ」から発売されたボックスパット。ボックスシーツと敷パッドを合体させたことで生まれたこの快適さを、4人の子育て中の片づけのプロがご紹介します。


アカチャンホンポ、ひんやり気持ちいい「2WAYおむつ替えマット」を数量限定で発売

アカチャンホンポ、ひんやり気持ちいい「2WAYおむつ替えマット」を数量限定で発売

赤ちゃん本舗から、 創業88周年を記念した「2WAYおむつ替えマット」が、4月1日より全国のアカチャンホンポとネット通販「オムニ7」にて2000点限定で発売されています。




専門家 掃除