家庭菜園で作るジャガイモ栽培のスケジュールとポイント

家庭菜園で作るジャガイモ栽培のスケジュールとポイント

冷蔵庫の中でも定番のストック野菜「じゃがいも」。日持ちしやすく料理のアレンジもしやすいじゃがいもは、主婦の強い味方ですよね。実は、じゃがいもは、それほど手間をかけなくても比較的簡単に栽培することができると家庭菜園でも人気の野菜の一つ。今回は、そんなじゃがいもの栽培についてご紹介します。


ガーデニング・家庭菜園のスケジュール【じゃがいも編】

じゃがいも栽培のスタート時期は?

じゃがいもの植え付け時期は春(3月〜4月中旬)と秋(8月下旬〜9月)の二回。ですが、秋の植え付けは残暑の厳しさや冬の寒さでじゃがいもが大きく育ちにくいため、初心者は春に植え付けを行うのがベターです。

じゃがいも栽培で用意するもの

・プランター(じゃがいもは根が伸びるので、深さは30cm以上あるものを選ぶのがオススメです)
・培養土
・タネイモ
・スコップ
・じょうろ

じゃがいもを栽培するために必要なのが「タネイモ」。12月下旬から市場に出回り始めますが、あまり寒すぎる時期に購入するとタネイモが腐ってしまう可能性があるため、できれば3月に入ってあたたかくなってきた頃に購入するのがオススメ。品種ごとの育てやすさの違いは、そこまでないのですが、そのまま植え付けできるぐらいの小さなタネイモを選ぶのがポイントです。

じゃがいも収穫までの育て方

じゃがいもの植え付け方

じゃがいもは植え付けをする前に、まず「芽出し」を行います。必ず必要な行程ではないですが、この芽出しを行うことによって、そのあとの生育状態がよくなります。植え付けをする2〜3週間前には行うようにしましょう。

やり方は毎日朝から日没まで、日光が当たる位置にタネイモを並べるだけ。緑や赤、紫色の芽がタネイモから出てきたら、芽出しが完了した合図です。

芽出しを終えたタネイモを、水はけのよい場所に植え付けましょう。もし、芽出しの時点で約50g以上の大きさになっていたら、40g程度の大きさになるよう必要に応じてカットするようにしましょう。

植える深さは、あまり深すぎると芽が出にくくなるため、10cm〜15cm程度が目安です。

じゃがいもの育て方・収穫方法

大きなじゃがいもに育てるために、欠かせないのが「芽かき」の作業。じゃがいもの芽がある程度育ってきたら、生育状態のいい芽を数本残して、残りは抜いてしまいましょう。そうすることで栄養が分散するのを防ぎ、じゃがいもの実も大きく育ちます。

一回目の芽かきが終わったタイミングで「土寄せ」を行いましょう。土寄せとは、植物がある程度育ったところで土をかけてあげる作業のこと。この時に追肥を混ぜてあげるとより効果的です。草丈が30cm程度に成長したら、もう一度土寄せを行うと◎。

3月〜4月に植え付けたタネイモの収穫時期は6月ごろ。葉の色が枯れ始めたら収穫のサインです。土が湿っているとうまくじゃがいもを掘り出すことができないので、収穫する時は天気がよく、土が乾いている状態のタイミングに行うようにしましょう。

ガーデニング・家庭菜園のポイント【じゃがいも編】

専用のタネイモを使おう

冷蔵庫に入れていたじゃがいもから、気づけば芽が生えてきたことありませんか? そのじゃがいもを「このまま土に入れれば、栽培できるんじゃ……」と思ってしまいがちですが、これはNG! 芽が出たからといって、もともと食用で購入したじゃがいもを栽培に使うのは控えたほうがいいでしょう。

栽培用として販売されているタネイモは、「植物抗疫法」が定める厳しい検査をクリアしています。一方で、放置して芽が出たじゃがいもは病気にかかっている可能性もあり、生育状態が悪く収穫に至らないケースがほとんどです。じゃがいもを栽培する場合は、ホームセンターなどで販売されている「専用のタネイモ」を使うようにしましょう。

じゃがいもの家庭菜園で気を付けること

せっかくじゃがいもを家庭菜園で育てるのであれば、たくさんの量、そして大きく育って欲しいですよね。じゃがいもをたくさん収穫するためには、

・タネイモの芽出しをしてから植えること
・芽かきをして、栄養を十分に行き渡らせること
・土寄せをしっかり行うこと
・タネイモを腐らせないようにすること
・早すぎる時期に収穫しないこと

がポイントです。「たくさん育って欲しいから」と、つい水やりをたくさんやってしまいそうになりますが、じゃがいもはもともと水分には弱いため、過剰な水やりは厳禁。タネイモを植え付けた直後のみたっぷり水やりを行い、その後は土が乾いたら水やりを行う程度で十分です。じゃがいもは水やりの頻度が多すぎると腐ってしまう可能性があるため、やや乾燥気味に育てるといいですよ!

まとめ

収穫の時期、根にたくさんついたじゃがいもを掘るのは童心に返ることもでき、とっても楽しいですよね。子どもと一緒に育てれば、食育にもつながります。プランターが手元にない場合、厚手の袋でも栽培することができるので、ぜひチャレンジしてみてください♪

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

働く女子みんなでつくるGIRLSBAG代表。デザインと機能性を両立したマザーズバッグやバッグにもなるパソコンケース などをつくってます。

関連する投稿


【LINE Pay】最大3,000ポイントもらえる!LINEクレカ「家族カード」新規発行キャンペーン

【LINE Pay】最大3,000ポイントもらえる!LINEクレカ「家族カード」新規発行キャンペーン

LINE Payは、LINEクレカの「家族カード」の新規発行で、LINEポイントを最大3,000ポイントをプレゼントするキャンペーンを開催します。


【コストコ】おせちに飽きたら食べたいおすすめコストコ商品&アレンジレシピ

【コストコ】おせちに飽きたら食べたいおすすめコストコ商品&アレンジレシピ

お正月はおせちもいいけれど、おせちに飽きたらおいしくてアレンジ広がるコストコの食品がおすすめ! 今回は定番商品からメインディッシュ、スイーツまでご紹介♪


三井住友カードが「家族ポイント」サービススタート!マックとコンビニ3社利用で最大10%ポイント還元

三井住友カードが「家族ポイント」サービススタート!マックとコンビニ3社利用で最大10%ポイント還元

三井住友カードは12月22日から、家族をつなぐ新サービス「家族ポイント」を開始しました。


1,000円分のチャージをプレゼント! 家計管理や子どものおこづかい用に使える「かぞくのおさいふ」デビュープラン

1,000円分のチャージをプレゼント! 家計管理や子どものおこづかい用に使える「かぞくのおさいふ」デビュープラン

三井住友カードは12月20日から、「かぞくのおさいふ」に新規入会・チャージ・アプリログインすると1,000円分のプリペイドチャージをもれなくプレゼントする『「かぞくのおさいふ」デビュープラン』を開始しました。


【つけっぱなしVSこまめに消す】冬のエアコン代、どちらが得? パナソニックの調査で意外な事実が判明

【つけっぱなしVSこまめに消す】冬のエアコン代、どちらが得? パナソニックの調査で意外な事実が判明

パナソニックは12月6日、冬のエアコン暖房中の30分外出時の「つけっぱなし運転」と「こまめに消す運転」の消費電力の違いを検証し、その結果を発表しました。「冬のエアコン電気代を節約する5つのTips」をパナソニックのエアーマイスター・福田風子さんが解説します。


最新の投稿


【医師監修】妊婦の胃痛はなぜ? 妊娠初期は特につらい? 試したい対処法4つ

【医師監修】妊婦の胃痛はなぜ? 妊娠初期は特につらい? 試したい対処法4つ

妊娠中に案外多いマイナートラブルのひとつに、「胃痛」があります。妊娠初期のころには、つわりから起こることもありますが、妊娠中期や後期になっても胃が痛いと感じる妊婦さんもいるようです。今回は、妊娠中の胃痛の原因や病気の可能性、受診の目安や胃痛の解消法についてまとめました。


透明感のあるツヤ髪にしたいのに……白髪があって「イメージ通りにできない」約7割の人が不満!資生堂プロフェッショナル意識調査

透明感のあるツヤ髪にしたいのに……白髪があって「イメージ通りにできない」約7割の人が不満!資生堂プロフェッショナル意識調査

資生堂プロフェッショナルがサロンにおけるヘアカラー意識調査を実施しました。その結果、白髪に悩むY世代女性(概ね1980年から1994年までに生まれた世代)の約7割がイメージ通りのヘアカラーになっていない」と回答しました。


【森田先生監修】2歳児の睡眠時間はどのぐらい? 今日からできる5つのコツ

【森田先生監修】2歳児の睡眠時間はどのぐらい? 今日からできる5つのコツ

動きはますます活発に、おしゃべりも上手になってくる2歳の子ども。自己主張も増えて、早く寝かせたいのになかなかうまくいかない……そんなことが続くと心配になってきますよね。ここでは、子供の睡眠にくわしい医師・森田麻里子先生のアドバイスとともに、2歳の理想的な睡眠時間や子供がしっかり眠るためにできることを紹介します。


【医師監修】産後痩せない人3つの共通点|○○してると痩せやすいは本当!正しいダイエット法

【医師監修】産後痩せない人3つの共通点|○○してると痩せやすいは本当!正しいダイエット法

妊娠してから出産まで時間をかけて徐々に変化したママの体。内面も外面も大きく変わりますが、それらは出産したらすぐに妊娠前の状態に戻るわけではありません。特に体重に関しては「元どおりに痩せないのはなぜ!?」という人も多いでしょう。今回は産婦人科医に産後に痩せない理由とダイエットについて聞きました。


離乳食で鯛はいつから?調理法&簡単レシピ!金目鯛や血合いの扱いは?【管理栄養士監修】

離乳食で鯛はいつから?調理法&簡単レシピ!金目鯛や血合いの扱いは?【管理栄養士監修】

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは白身魚の代表格「鯛(たい)」です。いつから食べさせられる? 血合いは除くべき? など、離乳食に鯛を使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「海の幸のやわらかごはん」です!