DIY棚でガーデニングをグレードアップ! すのこ・ブロックを使って簡単に

DIY棚でガーデニングをグレードアップ! すのこ・ブロックを使って簡単に

ガーデニングをするときに使う、スコップやジョウロ、軍手やエプロンなどはどこにしまっていますか? ガーデニングをするときにサッと取り出せるよう、近くに置いておきたいもの。そこで、すのこやブロックを使って簡単にDIYできるガーデニング棚をつくるのはいかがでしょう。ここでは、ガーデニング棚の作り方について紹介しています。


すのこを使ったDIYガーデニング棚

DIYで棚を作ろうと思っても、自分で一から作るのはなかなか大変。木材を買って、サイズを測ってのこぎりでカットして……と、なんだか難しそうで手が出せないという人も多いでしょう。

そんなときは、すのこの出番です。すのこは、すでに使いやすいサイズや形になっているため、DIYにはもってこいの人気アイテム。すのこを使えば、ガーデニング棚を上手に作ることができますよ。

ガーデニング用すのこ棚の作り方

Getty logo

それでは、ガーデニング棚としても使える、基本のすのこ棚を作ってみましょう。準備するものは次の通りです。

・すのこ5枚
・木工用ボンドや接着剤
・釘
・金づち

すのこ棚は、次の手順で作っていきます。
(1)下駄(すのこの裏の角材)を内側に向け、2枚のすのこを縦にして、平行になるようにして置く。
(2)向かい合った2枚のすのこの下駄の部分に、別のすのこを橋渡しするように置いて、木工用ボンドか接着剤で固定する。
(3)残りの2枚のすのこも、(2)と同様に下駄に橋渡しして固定する。
(4)木工用ボンドや接着剤をつけている部分に釘を打って完全に固定。

今回は棚板が3枚のタイプのすのこ棚の作り方をご紹介しましたが、すのこの下駄の数が4つ以上ある場合は棚板の数もそれに合わせて変えてみてください。また、全ての棚板を固定せずに、上と下の2枚だけ固定し、間に入る棚板は取り外し可能にするのもいいですね。

エアコン室外機カバーも兼ねたガーデニング棚

Photo by Annie Spratt on Unsplash

どの家にもあるエアコンの室外機は、なんだか生活感が出てしまうもの。せっかく庭をおしゃれにしていても、エアコンの室外機があるとちょっと残念に見えてしまいますよね。

そんな悩みもすのこが解決してくれます。すのこを使って室外機カバーを作り、見せたくない室外機をすっきりと隠しましょう。

室外機カバーは、4枚のすのこを使って次のように作ります。
(1)2枚のすのこを下駄の部分が内側を向くようにして、縦にして置く。
これが室外機カバーの側面になります。
(2)その上にすのこを乗せて固定し、天板にする。
(3)室外機を隠すように、前面にもう1枚のすのこを付ける。
(4)組み立てたすのこの室外機カバーを、釘でしっかりと固定する。

この室外機カバーはすのこのみを使って作るものですが、天板をすのこ以外の木材にしてみたり、前面のすのこの代わりにガーデン用のラティスを使用したりすると、もっとおしゃれな室外機カバーを作ることができます。

すのこと木工用ボンドで作る棚

「釘を使うのが億劫」という場合には、釘を打たずに木工用ボンドだけで固定するのもアリ。すのこを棚の形に組み立て、木工用ボンドまたは接着剤でくっつけるだけでも棚として使えます。ただし、釘を使っていない分、強度は弱くなるため、重いものはのせないようにしましょう。

ブロック(レンガ)を使ったDIYガーデニング棚

「もっと簡単に棚を作りたい」「釘を使わずに棚が作れたらいいのに」という人もいるかもしれません。そんな人のために、ここからは、DIY初心者でも安心して作れる、もっと簡単なガーデニング棚の作り方をご紹介します。

ブロックやレンガを使う

Getty logo

木材とブロックやレンガを組み合わせれば、とっても簡単に棚を作ることができます。準備するものは、棚板として使用する木材とブロックまたはレンガです。

ブロックやレンガを使う棚は次のように作ります。
(1)ブロックやレンガを棚板の幅に広げて置く。これが棚受けになる。
(2)その上に棚板となる木材を乗せる。
(3)これを繰り返し、好きな高さの棚を作る。

棚板どうしの幅は、棚受けのブロックやレンガの置き方によって変えることができます。例えば、ブロックやレンガを両端にそれぞれ1つずつ置くと低めの棚になりますし、いくつかのレンガを積み重ねると高さのあるものも収納できる棚になります。

工具は一切不要! 積み重ねるだけの簡単DIYです。

まとめ

すのこやブロック、レンガなどを使えば、DIY初心者でも簡単に、便利でおしゃれなガーデニング棚をつくることができます。ぜひ、あなたも、ガーデニング棚をDIYしてお家の庭をさらに素敵にしてみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

主婦歴5年目。普段は教育に関する仕事に携わっています。
家事の中で特に好きなのは料理で、数年前に食生活アドバイザーの資格を取得しました!

関連するキーワード


DIY ガーデニング ベランダ

関連する投稿


真冬にぴったりな多肉のカラフルアレンジ! かわいいお部屋ガーデニング

真冬にぴったりな多肉のカラフルアレンジ! かわいいお部屋ガーデニング

ぷっくりした質感で人気の多肉植物。丈夫な植物で枯れにくくお世話も簡単! そんなカラフルな多肉植物を小さくかわいくお部屋に飾ってみませんか? かんたんにできる多肉植物のアレンジ方法について紹介します。


アイアンシェルフで部屋がオシャレになる4つの活用法

アイアンシェルフで部屋がオシャレになる4つの活用法

おしゃれなインテリアにこだわりたい方は、今じわじわ人気が出てきている、アイアンシェルフを活用してみましょう。最近人気なのがアメリカの田舎を思わせる、古びた印象のアイアン家具です。新たに棚を設置してみたい方に、アイアンシェルフとは何なのか紹介します。


ニトリのカラーボックスの活用法。子ども用家具を手作りしてみよう!

ニトリのカラーボックスの活用法。子ども用家具を手作りしてみよう!

安価なのが魅力のニトリのカラーボックスは、DIYの材料としても重宝します。気に入った家具がないという家庭や、子ども用の家具を手作りしたい方は、ニトリのカラーボックスを使ってみましょう。おすすめのDIYアイデアを紹介します。


【簡単DIY】壁を使って収納力をUPさせる裏技

【簡単DIY】壁を使って収納力をUPさせる裏技

使いたい時にサッと取れるようにしたい、家族にも分かりやすい場所に収納したい……。そうは思っていても、備え付けの収納スペースには限りがありますよね。そんなときは、壁を使って「ここにあったらいいな」を実現してみませんか? 我が家は壁にプチDIYをして、より便利な暮らしを実現。写真で事例を紹介しているので参考にしてください。


【ガーデニング】梅雨に負けない! この時期にできる対策と植物の管理

【ガーデニング】梅雨に負けない! この時期にできる対策と植物の管理

梅雨はジメジメが続き、植物を育てるにはちょっと難しい季節です。長雨や湿気でお花をダメにしちゃったわ~なんてことも多く聞きますが、この時期だからこそ気を付けたいガーデニングの管理方法や対策があります。


最新の投稿


かさばる診察券や医療証もスッキリ! 100均グッズを使った収納術

かさばる診察券や医療証もスッキリ! 100均グッズを使った収納術

病院に行くときに持参することの多い医療証や診察券。みなさんはどのように収納されていますか? 今回は、いざ使うときにさっと取り出せる100均グッズを、実際に使ってみた感想とともにレポートしてみたいと思います。


シャキシャキ感がおいしい! 水菜のおすすめの食べ方とレシピ

シャキシャキ感がおいしい! 水菜のおすすめの食べ方とレシピ

寒い冬から春にかけて旬を迎える水菜。そのままサラダにしたり、鍋に入れたりもできる便利野菜です。シャキシャキした食感と瑞々しさが特徴の水菜の、いろいろな食べ方やレシピを紹介します。


【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

新生児のうちは、十分にミルクを飲ませたはずなのに、あげてみたらどんどん飲んでしまうことがあります。ミルクの飲みすぎではないかと気になったり、何度も泣いてほしがっているように見えたらどうすればいいか、紹介します。


【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

つたい歩きをなかなか始めなかったり、逆に早くからつたい歩きを始める姿を見て、心配するお母さんお父さんもいることと思います。今回はつたい歩きを始める一般的な時期や、O脚との関係などについてお話します。


【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

赤ちゃんが元気に生まれてきてくれても、体が小さめだと気になることが多いかもしれませんね。特に低出生体重児の場合は、育て方や今後の成長などに不安を感じることもあると思います。そこで今回は、「低出生体重児」とはどのようなものか、その原因や成長のしかた、育てるうえで気を付けたいことなどについて説明します。




専門家