愛着深まるリメイクスタイの魅力。基本の作り方とアイデアレシピ

愛着深まるリメイクスタイの魅力。基本の作り方とアイデアレシピ

赤ちゃんや小さい子どもにとって必需品のスタイ。何かと汚れやすいスタイは、複数枚用意しておきたいもの。実は、自宅でスタイを簡単に手作りできるんです。着られなくなった洋服や生地があれば、リメイクOK! ここでは、スタイのリメイク方法についてご紹介します。


スタイはリメイクしやすい?

Getty logo

生まれたばかりの赤ちゃんや、よだれが多い子にとって、スタイは洋服を汚れから守る必須アイテム。デザインの可愛いスタイが多く販売されていますが、1日に取り替える頻度が高い場合は、複数枚用意しておかなければならず、購入金額も高くついてしまいます。そこでオススメなのが、使わなくなった洋服をスタイにリメイクする方法です。

お気に入りだったけど着られなくなってしまった洋服などは、思い出も詰まっていますよね。せっかくなら、思い出の詰まった服を、赤ちゃんの成長を見守るスタイとして変身させてみましょう。

スタイをリメイクするポイント

まず、できあがったスタイのイメージをしっかり持つこと。どこの部分をスタイとしてリメイクするのか、しっかりとイメージをしてから作ると失敗しづらくなります。また、スタイとして必要な機能である「吸水性のある生地」を選ぶこと。赤ちゃんは肌が弱いので、できればガーゼ生地やコットン生地を使用するのがベストです。生まれたばかりのときに着ていた服などは、スタイにもピッタリですよ。

スタイのリメイクレシピ

Getty logo

難しそうに感じるスタイですが、とっても簡単です。今まで手作りなんてしたことがない、というお母さんでも作りやすいので、安心してください。

スタイの形はいろいろありますが、ここではオーソドックスなスタイの形「卵型」をご紹介します。卵型はスタイの面積が広く、よだれを受けやすいのでミルクの吐き戻しがある子にも対応OKです。

赤ちゃんの首周りに合わせて作ってくださいね!

スタイ基本の作り方

スタイの基本形である「卵型スタイ」の作り方をご紹介します。

< 用意するもの >
・30cm×30cmの布生地2枚
・糸
・マジックテープやボタンなどの留め具

< 作り方 >
1.スタイの型をとります。2枚重ねて表面部分を内側にし、型をとったらまち針で仮止めしましょう。はじめにアイロンをかけておくと、型がとりやすくなりますよ。型紙はインターネットにも豊富にありますが、自宅にあるうちわを使うと簡単に型取りができます。
2.「返し口」で5cmほどあけておき、型取った線に沿って縫製します。縫い終わったら、縫い目から1cmほど外側を裁断しましょう。
3.生地をひっくり返したときのヨレを防ぐため、カーブ部分に1cm間隔で切り込みを入れていきます。
4.生地をひっくり返して2で作っておいた返し口を縫いましょう。
5.洗濯をしたときのほつれやズレを防ぐために、ステッチをかけます。内側5mmほどのところで縫いましょう。
6.最後に留め具をつけて完成です。マジックテープやスナップボタンなど、お好みのものをつけましょう。

リメイクならでは! ユニークスタイ

Getty logo

不要な布や生地があれば、基本的にはどんなものでもスタイにすることができます。スタイを手作りしている人の中には、ハンドタオルを使ってリメイクをしたり、100円ショップに売っている手ぬぐいをリメイクしている人も。100円ショップに売っている生地も、今はキャラクターデザインのものが多くありますので、素材には困らなさそうですね。費用が安く抑えられるのも魅力的です。

また、バンダナを使ったリメイクスタイもあり、ほかとは違ったデザインでオシャレ。スタイづくりに慣れてきたら、デザインにもこだわってみましょう。首周りに襟をつけて洋服に見立ててみたり、ネクタイをつけてフォーマルな場にもぴったりなスタイを作っている人も。スタイもオシャレな時代、子どもの洋服感覚でスタイをつくるのも楽しそうですね。

まとめ

スタイは、洗い替え用や取り替え用に複数枚用意しておく必要がありますが、毎回購入するのはお財布にも負担がかかります。使い古した服や、不要になった布生地がある場合は、ぜひスタイにリメイクしてみましょう。どこにも売っていないたったひとつのオリジナルデザインで、さらに思い出をつくることができます。簡単につくれますので、手作りが慣れていないお母さんでも気軽に挑戦してみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

インテリアからデジタル製品など、幅広いライフスタイルが好きなOLライター。現在花嫁修行を兼ねつつ、新しい家族のあり方を模索中。働く女性のお役に立てるような記事を目指しています!

関連するキーワード


リメイク 100均 節約

関連する投稿


【セリア】マカロンミックス粉は初心者でも作れる? アレンジ法も紹介

【セリア】マカロンミックス粉は初心者でも作れる? アレンジ法も紹介

セリアにはお菓子作りを気軽にさせてくれる、たくさんの種類のミックス粉があります。その中でも難易度が高いと言われるマカロンを作れるミックス粉を、先日発見! 100円で手に入るマカロンミックス粉で本当にマカロンができるの!? マカロンを作ったことのない初心者でも本当に作れるのか試してみました。


ワンボールクッキングもできる! ダイソー「耐熱ガラスボウル」が便利

ワンボールクッキングもできる! ダイソー「耐熱ガラスボウル」が便利

ダイソーの耐熱ガラスボウルがとっても便利なことをご存知でしょうか? 普通にボウルとして使うだけではなく、その形や機能を活用して、いろいろな使い方ができる優れもの。その特徴や機能性、活用方法など、大注目のワンボウルクッキングのレシピも合わせてご紹介します。


簡単に作れてエコ! 環境にもお財布にも優しいミツロウラップとは?

簡単に作れてエコ! 環境にもお財布にも優しいミツロウラップとは?

いろいろな環境問題が取り上げられている現代で、最近はレジ袋が廃止されるお店などが増えてきたり、いろんな場面で「エコ」や「環境に優しい」という言葉をよく見聞きするようになってきました。そんな中、今注目されているのが「みつろうラップ」。今回はそんなみつろうラップの正体について、実際に使ってみた感想と共にレポートします。


100均アイテムで取りやすく選びやすい! ヘアアクセサリーの収納方法

100均アイテムで取りやすく選びやすい! ヘアアクセサリーの収納方法

女の子のヘアゴムやヘアアクセサリー、イヤリングやブローチなど、たくさんあって収納に困ってはいませんか? 今回は、100均グッズを使った我が家のアクセサリー収納をご紹介したいと思います。


100均アイテムでストレスフリー! ウタマロ石鹸の収納方法

100均アイテムでストレスフリー! ウタマロ石鹸の収納方法

お洗濯の強い味方といえばウタマロ石鹸! 最近SNS上では小さくカットして小瓶に入れたり、スティック状にして使ってる方もよく見かけますが、面倒なことは苦手……けれども、石鹸の保管の際によく悩みのタネとなるヌメリなどはどうにかしたい! 今回はそんな方にぜひオススメしたいアイテムと収納方法をご紹介したいと思います。


最新の投稿


【助産師解説】授乳中のカフェインはどれぐらいまでOK?摂取基準と注意点

【助産師解説】授乳中のカフェインはどれぐらいまでOK?摂取基準と注意点

赤ちゃんへの影響が気になるカフェイン問題。ここでは、授乳中のカフェイン摂取について助産師が解説しています。授乳中もカフェイン摂取は控えた方がいいのか? 摂取量の目安は? など、気になる疑問をチェック!


妊娠中の食事ってどうしてた? 今だから言える先輩ママの本音座談会!

妊娠中の食事ってどうしてた? 今だから言える先輩ママの本音座談会!

昨今、妊活や妊娠に関する情報があふれています。特に「食」には非常にナーバスになるだけに、「正しく正確な情報」を入手したいもの。世の先輩ママたちは、その大事な時期をどのように過ごしていたのでしょうか?今回、先輩ママ座談会を実施し、妊活、妊娠そして出産後の食生活や栄養について、悩んだことや実践したことを語ってもらいました!


今年こそ片づけたい! 書類片づけの仕組みをつくるポイント3つ

今年こそ片づけたい! 書類片づけの仕組みをつくるポイント3つ

家の中のもので「片づかないもの」の代表格「書類」。書類は、家に入ってくるタイミングもバラバラで、種類自体も多いため、上手に整理しないとあっという間にたまってしまいます。今年こそ書類が片づく仕組みを作って、スッキリ暮らしてみませんか?


やらない家事をカスタマイズしよう! 「家事のスリム化」3ステップ

やらない家事をカスタマイズしよう! 「家事のスリム化」3ステップ

毎日の家事、どれも欠かさずやらなくてはいけないと思い込んでいませんか? 仕事や子育てに追われているのに、家事にも全力投球……というのは無理がありますよね。家事に手を抜くことは、別に悪いことではありません。毎日の負担を軽くするために、少しずつ家事をスリム化してみませんか?


人気絵本「しましまぐるぐる」が便利なベビー用品に。かわいい全6種をチェック!

人気絵本「しましまぐるぐる」が便利なベビー用品に。かわいい全6種をチェック!

ダイヤと人気絵本「しましまぐるぐる」がコラボレーションしたベビー便利グッズ全6種が、2月15日から発売されます。



暮らしの悩み話題のキーワード


専門家