家庭用電動ポリッシャーのオススメな選び方と注意点

家庭用電動ポリッシャーのオススメな選び方と注意点

家の中でも特に掃除するのが面倒な場所といえばお風呂場。浴槽や床をスポンジで磨くのって、労力も時間もかかって大変ですよね。そんなお風呂場も、電動ポリッシャーがあれば立ったままラクラク掃除ができるんです。今回は、家庭での掃除をグッと楽にしてくれる電動ポリッシャーの魅力と、選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。


そもそも電動ポリッシャーって何?

Getty logo

電動ポリッシャーとは、モーターで先端についている円形のブラシを回転させて床を磨く掃除道具です。オフィスや病院の床を、電動ポリッシャーで掃除しているところを見たことある人もいるかもしれません。

電動ポリッシャーは業務用の掃除道具というイメージがあるかもしれませんが、実は家庭用のタイプも多く販売されています。家庭用ポリッシャーは、業務用のものとは違ってサイズが小さめ。女性でも片手で持って使うことができます。しかも、家庭用ポリッシャーは価格もお手頃。1万円でおつりがくるものも多数あり、コスパ抜群です。最近は、電動ポリッシャーを使って掃除をしているというご家庭も増えてきています。

電動ポリッシャーで掃除をするメリット

腰をかがめた姿勢で行う床磨きは、家事の中でも特に大変な作業。そのため、掃除をするのが億劫になってしまいますよね。そんな床磨きも、電動ポリッシャーを使えば楽チン。モップのように立ったままの姿勢で使えるので、身体に負担をかけることなく掃除ができます。また、電動ポリッシャーは柄の部分が長いため、高いところの掃除だってOK! 天井など、手の届きづらい部分のお掃除もラクラクです。

電動ポリッシャーは、モーターでブラシを高速回転させ、汚れを取り除いてくれるので、雑巾やスポンジでこすっても、なかなか取れなかった頑固な汚れも、簡単に落としてきれいにすることができます。掃除が苦手な人も、電動ポリッシャーがあれば苦にならなくなりそう。

電動ポリッシャーにはどんな種類がある? 購入するポイント

Getty logo

家庭用のポリッシャーはさまざまなタイプのものがあり、「どれを選んだら良いの?」と迷う人も多いもの。ここでは、これから電動ポリッシャーを購入する人のために、電動ポリッシャーを選ぶ際のポイントについて見ていきます。

充電式と電池式

コードレスのものが多い家庭用のポリッシャーには、充電式と電池式ががあります。電池式のものは、本体がコンパクトで軽いというメリットがありますが、どうしてもパワーは弱くなりがち。強いパワーでしっかりと掃除をしたい場合は、充電式のものを選ぶ方が良いでしょう。

持ちやすさ

電動ポリッシャー選びのときには、柄の部分の長さと本体の重さをチェックしましょう。できれば実際に手に取ってみて、無理なく扱えるか試してみることをおすすめします。

柄の長さは、自分の身長や掃除する場所に応じて使いやすいものを選ぶようにします。長さを細かく調節できるものを選べば、用途も広がりそうですね。また、重量は軽い方が持ちやすいですが、軽すぎるとブラシが浮き上がって磨きにくいというデメリットも。そのため、適度な重さのあるものを選ぶのがポイントです。

どんなにパワーがあって、きれいに掃除してくれる電動ポリッシャーでも、柄の長さや本体の重量が合っていないと、持っていて疲れたり身体に負担がかかったりします。電動ポリッシャーを選ぶときは、持ちやすいものを選ぶようにしましょう。

交換用アタッチメント

ブラシやスポンジなどのアタッチメントの種類や数も、電動ポリッシャー選びの重要なポイント。替えのアタッチメントの種類がたくさんあれば、さまざまな汚れに対応できますし、浴室、トイレなど場所ごとにアタッチメントを変えることができて衛生的です。

また、掃除しているうちにブラシやスポンジなどは消耗していくので、交換用アタッチメントが市販されているものを選ぶのがおすすめ。

電動ポリッシャーはこんな掃除に便利!

Getty logo

電動ポリッシャーが特に活躍するのは、お風呂掃除です。お風呂場は広いため、掃除に時間がかかりますし、腰をかがめて床や浴槽をスポンジで磨くのは重労働ですよね。ですが、お風呂はカビやぬめりが発生しやすいため、こまめに掃除して清潔にしておきたいもの。電動ポリッシャーなら立った姿勢のまま、素早く掃除ができて便利です。

さらに、電動ポリッシャーはお風呂場以外の水回りの掃除にも大活躍。アタッチメントを付け替えれば、洗面所、トイレなどの掃除にも使えます。水垢や汚れをしっかり落としてくれて、自分で磨くよりもきれいになりますよ。

電動ポリッシャーを使う際の注意点

Getty logo

回転するブラシでパワフルに掃除してくれるポリッシャーは、強く押しつけすぎると床や浴槽を傷つけることがあります。ポリッシャーを使うときは、力の入れ具合に気をつけましょう。

また、洗剤に含まれる研磨剤も素材を傷つける可能性があります。ポリッシャーで掃除をするときは、研磨剤入り洗剤はなるべく使わないほうがいいでしょう。

まとめ

電動ポリッシャーは、時短・簡単・きれいに掃除ができるとても便利な掃除道具です。電動ポリッシャーが1台あれば、面倒な水回りの掃除が楽しくなるはず。ぜひ、あなたも電動ポリッシャーを使って、お風呂場や洗面所、トイレなどをピカピカにしてください。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

主婦歴5年目。普段は教育に関する仕事に携わっています。
家事の中で特に好きなのは料理で、数年前に食生活アドバイザーの資格を取得しました!

関連するキーワード


掃除 家電 風呂 時短

関連する投稿


共働き夫婦が、“しない“と決めている家事&時短・効率化に使う家電は?

共働き夫婦が、“しない“と決めている家事&時短・効率化に使う家電は?

パナソニックは、20~40代の共働きパパ・ママを対象に、「新生活シーズンの家事」をテーマにしたアンケート調査をおこないました。


 最大吸引力40倍を実現! 最新のロボット掃除機「ルンバ  s9+」が新デザインで発売

最大吸引力40倍を実現! 最新のロボット掃除機「ルンバ s9+」が新デザインで発売

アイロボットジャパンは、最新のロボット掃除機「ルンバ s9+」を一部のアイロボット認定販売店・アイロボット公式ストアにて、2月28日より販売開始します。


おしゃれとエコが両立! 生活感を払拭できる「コップハンディモップ」

おしゃれとエコが両立! 生活感を払拭できる「コップハンディモップ」

さまざまな場所のホコリを取るのに便利な「ハンディモップ」。ご自宅で使っている方も多いのではないでしょうか? 今回はおしゃれとエコを両立させてくれる「コップ ハンディモップ」のオススメポイントをご紹介します!


ニトリで見つけた! 壁・水アカ・サビの汚れを落とすお掃除消しゴム3兄弟

ニトリで見つけた! 壁・水アカ・サビの汚れを落とすお掃除消しゴム3兄弟

家の中の削りたい三大汚れは「壁の黒ずみ汚れ」「水アカ汚れ」「サビ汚れ」ではないでしょうか。そんな家の汚れも消しゴムを使って簡単に消せたらいいのに……。そんな願いをかなえるアイテムをニトリで発見しましたので、ご紹介したいと思います。


お風呂のカビを予防! おすすめのお風呂グッズ6選

お風呂のカビを予防! おすすめのお風呂グッズ6選

ちょっと油断すると、すぐにお風呂はカビが発生してしまいがち。お風呂のカビやヌメリはお掃除も大変ですよね。実は、こまめなお掃除とちょっとした収納のテクニックでお風呂のカビやヌメリは大幅に減らせます!


最新の投稿


IKEAの学習机「ミッケ」を子ども部屋に選んだ3つの理由

IKEAの学習机「ミッケ」を子ども部屋に選んだ3つの理由

子どもの学習机選びは、さまざまな種類があるため、悩みも尽きませんよね。今回ピックアップするのは、IKEAの中でも人気のある学習机「ミッケ」。子どもに合わせて組み合わせができるIKEAの学習机「ミッケ」について、実例と共にご紹介します。


北海道のワイナリーが作った“天然素材のクレヨン”、SDGsを目指した取り組みへ

北海道のワイナリーが作った“天然素材のクレヨン”、SDGsを目指した取り組みへ

北海道・仁木町で運営する複合型ワイナリー「NIKI Hills ワイナリー」は、北海道の廃棄農作物を使った「NIKI Hills natural crayon」を開発、販売開始しています。


お風呂のカビを予防! おすすめのお風呂グッズ6選

お風呂のカビを予防! おすすめのお風呂グッズ6選

ちょっと油断すると、すぐにお風呂はカビが発生してしまいがち。お風呂のカビやヌメリはお掃除も大変ですよね。実は、こまめなお掃除とちょっとした収納のテクニックでお風呂のカビやヌメリは大幅に減らせます!


【医師監修】子供の嘔吐の原因、病院を受診するタイミングは?

【医師監修】子供の嘔吐の原因、病院を受診するタイミングは?

赤ちゃんや子供は病気でなくても吐くことがよくありますが、嘔吐の原因の中には緊急性のある病気もあります。嘔吐を引き起こす可能性のある病気や受診のタイミング、ホームケアの方法を知って、突然の嘔吐でも慌てずに対処しましょう。


【医師監修】妊婦はカレーを食べてもいい? 食事で注意すべき7つのポイント

【医師監修】妊婦はカレーを食べてもいい? 食事で注意すべき7つのポイント

疲れているときなど、スパイスの効いたカレーが食べたくなることがあるかもしれません。普段ならちゅうちょなくインドかタイか……と考えるところですが、妊娠中は香辛料の影響も気になるところ。カレーについて産婦人科の先生に話を聞きました。