ミニマムなクローゼットを目指す! 服の片付けルールとは

ミニマムなクローゼットを目指す! 服の片付けルールとは

服の片付けで厄介なのが、~するかもしれない洋服たち。そういう服は、捨てられずに溜まりがちですよね。ここでは、服が捨てられるようになる3つのルールを紹介。さらに、捨てることによって得られるメリットもまとめました。片付けられない・捨てられないとお悩みの方、ぜひチェックしてください。


服が多い方必見、断捨離のすすめ

Getty logo

ミニマリストには、「モノを持たない」という考え方があります。けれども、愛着があるもの、もしかしたら着るかのしれないもの、なかなか捨てられませんよね? でも、捨てることによって得られるメリットがあるとしたらいかがでしょう? ここでは、断捨離した分、得られるメリットについて紹介します。

お金が貯まる

Getty logo

私は着なくなった服や年齢的に似合わなくなってしまったけど、状態としてはまだ着られる服は定期的にフリマアプリに出品しています。服のブランドやデザイン、状態にもよりますが、結構いいお小遣い稼ぎになるんですよね。

おすすめのフリマアプリは「メルカリ」。操作もかんたん、スマホでサクッと出品できるのがポイントです。写真を撮っておき、空いた時間にポチポチと出品。売れる金額は、モノによってかなりの変動があるので一概には言えないですが、1,000円前後から、未使用に近い人気ブランドものだと1万円近くで売れるケースもあります。

●メルカリをチェックする
https://www.mercari.com/jp/

クローゼットを把握できる

ショッピングに出かけて「これ可愛い、着まわしできそう!!」と意気揚々と帰宅し、クローゼットの中を開けて呆然。似たような洋服がすでにあったこと、ありませんか? クローゼット内を断捨離すると、クローゼットの中にどんな服が入っているか、全容を把握することができるので、買い物に行った時の無駄買いを減らすことができますよ。

コーディネートがすぐ決まる

どんな服がどこにあるかわかってないと、トップスが決まっても合わせるスカートに悩んだり……とコーディネート決めにも時間がかかりますよね。さらに、今日はこのコーディネートにしようと思っても、目当てのパンツやスカートの場所がわからず…なんてことも。

クローゼットの全容を把握することができると、どんな洋服がどこにあるかを頭の中でイメージしやすくなるので、毎日のコーディネート決めもスムーズになります。これで、朝バタバタすることもなくなるかも!?

捨てられない! から脱却・服の断捨離ルール

Getty logo

ミニマリストになるには、断捨離から! といっても、もったいないという気持ちから捨てるのが難しい…という人も少なくなりですよね。そのような人におすすめしたいのが、捨てるルールをつくること。これを軸にすれば、思い出のあるものも、いずれ着れるかもと思っている人も「捨てる」決断ができるでしょう。

1シーズン着なかったものは捨てる

1年使わなかったもの・着なかったものは、来年も着ないことがほとんどです。なかなか服の断捨離ができない方は、クローゼットの中を一度まるっと全部出してしまい、「この一年着たか、着ていないか」を基準に仕分けをしてみましょう。基本的には「着ていない」に該当した洋服は、断捨離への道を辿るべき。ですが、どうしても捨てられない……という服は、クローゼットとは別のボックスに収納してから、また捨てるべきか判断してみましょう。

「いずれ着る“かも”服」は捨てる

Getty logo

女性ならよくありがちな「痩せたら着るから」と取っておいた服、ありますよね?(うちにも、たくさんありました涙) この「いつか着る“かも”服」「痩せたら着る“かも”服」は、結局、とっておいても着ないことがほとんど。なぜなら、痩せたら、古い見慣れた服より、新しい服が着たくなるんです。また、着れるようになったときには、トレンドも似合う服も変わっている可能性が高いので、今着れない服は捨てるのが賢明な判断ですよ。

安い服の賞味期限は1年

話題を集めているプチプラ服ですが、安い服にはそれなりの理由アリ。高価な服と比べて傷みやすく、洗濯を繰り返せばほつれてしまいやすいものです。そのため、楽しめる期間も短め。また、プチプラ服はトレンド重視で選ぶケースも多いと思うので、安い服は一年でトレンドが終了している場合がほとんど。プチプラ服は「シーズンもの」と割り切って、一年楽しんだら思い切って処分するようにしましょう。

残った服でクローゼットをすっきり収納

Getty logo

クローゼットの中を断捨離したら、次は厳選した洋服をしまいましょう。ここで適当にしまってしまっては元も子もないので、後々のことを考え、使い勝手があがるように収納するのがポイントです。

コンパクトな畳み方をマスターする

厚手のニットもフードが扱いづらいパーカーも、コンパクトなたたみ方をマスターすれば、タンスやクローゼット内のボックスに、すべてしまいきることができます。コツは衣類のシワをきちんと伸ばし、たたみ幅を揃えること。また、取り出しやすさ重視なら、上に積み重ねるのではなく、縦に収納するのがおすすめです。かさばりやすいデニムやパンツは、ベルトループの手前で裾を折り返すようにしてたたむと、ウエスト部が厚くならなずにすみますよ。

ラベルシールでカテゴリ化

Getty logo

収納ボックスなどで整理した衣服は、後から見てもどこに何が入っているか判別しやすいよう、ラベリングしておくといいでしょう。「春物」「夏物」「秋物」「冬物」と季節ごとにわけるのもいいですし、「仕事服」「休日服」でカテゴライズするのもいいですね。お子さんがいるご家庭では、さらに人別でラベリングしておきましょう。ラベリングするボックスは、全部統一すると見た目もすっきりして綺麗ですよ。

仕切り付きケースでごちゃごちゃを防ぐ

「大は小を兼ねるから」と、大きい収納ボックスや引き出しに、衣服をまとめて収納してはいませんか? きれいに収納していたのは最初だけで、使っているうちにごちゃごちゃしてきたり、左右の服が混ざったりしてしまいます。ごちゃごちゃにならないためにも、仕切り付きケースで整理するのがおすすめ。もともと付いているのを使ってもいいですし、ボックスの中に仕切りを付けてカスタマイズしても◎。

おすすめ! 服の片付け方・収納テク

Getty logo

着る服だけハンガーにかける

デイリー服が比較的固定している方は、登場回数が多い1軍の服のみハンガーにかけて収納し、残りの2軍の服はボックスにまとめて収納する方法もおすすめです。クローゼット内が見渡しやすくすっきりするので、服の取り出しもスムーズですよ。

縦入れでボックス内を把握

小さめサイズの子供の服や、下着や靴下などは、積み重ねて収納するより、畳んだり丸めたりして縦に収納するほうが、取り出しやすく中もごちゃごちゃしにくいです。縦収納をする際はたたみ幅にあった収納ボックスを用意してください。ボックスを一度縦にしてから、下から重ねるようにして、服を積んでいくと、横に戻したときにはきれいな縦収納になっています。

アプリで管理

クローゼットの中身をできれば視覚化し、わかりやすく管理したいという方にオススメなのが、「XZ(クローゼット)」「myクローゼット」など、クローゼット管理用アプリを使った方法。アプリによって異なりますが、基本的な操作方法は、自分のクローゼット内の洋服をカテゴリー別に登録。それを一覧化することで、コーディネートが組みやすくなります。

個人的にクローゼット管理用アプリなら、「XZ」がおすすめ!! 自分のアイテムを登録できるだけでなく、他ユーザーのページ(クローゼット)を見ることができ、他人のアイテムを使ってコーディネートを組んだり、他ユーザーが同じように自分のアイテムを使ってコーディネートを組んだりする機能が「楽しい!!」とユーザーに人気です。「タンスの肥やし」状態になっているアイテムの使い道が、発見できるのがいいですよね。

●XZ(クローゼット)をチェックする
https://itunes.apple.com/jp/app/xz-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%88/id909369654?mt=8

まとめ

クローゼットの中身がすっきりし、ある程度余白が生まれれば、洋服を探すのも楽になり、コーディネートも組みやすくなります。お買い物の時、「このトップスだったら、家にあるあのパンツとスカート、コートはあの形が合わせやすそうだな……」なんて着まわしも考えることができ、無駄買いも減りますよね。クローゼットがパンパン状態の方は、ぜひこの機会に断捨離をしてみてくださいね!!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

関連するキーワード


ラベルシール 片付け 買取

関連する投稿


リビングダイニングの散らかりやすいものを片づける3つのコツ

リビングダイニングの散らかりやすいものを片づける3つのコツ

リビングダイニングは、家族団欒を過ごす場所。常にスッキリとしていたいですよね。その反面、家族のさまざまなものが集まる場所なので、あっという間に乱れてしまいます。今回はそのお悩みを解決する片づけのコツ3つをご紹介します。


知っておきたい! 整理収納の家事代行を依頼するときのポイント

知っておきたい! 整理収納の家事代行を依頼するときのポイント

最近では一般化されつつある「家事の代行」。食事の作り置きや掃除、整理収納など、さまざまな「家事」を代行してくれる業者が増えています。そのような業者やお片づけのプロに「整理収納」を依頼したいとき、どのように依頼するのがスムーズなのか、準備しておくと良いものなどをお伝えします。


年末までに終わらせておきたい! 大掃除を楽にするキッチン片づけ術

年末までに終わらせておきたい! 大掃除を楽にするキッチン片づけ術

年末はやることが多くて忙しいですよね! 少しでもバタバタせずに年末の片づけと掃除を終えるために、今からはじめておきたいキッチンの片づけとお掃除についてご紹介します。


クリスマス前にやっておきたい! 専門家のおもちゃのお片付け術

クリスマス前にやっておきたい! 専門家のおもちゃのお片付け術

気がつくと、どんどん増えてしまう子どものおもちゃ。親子で把握しきれないほどのおもちゃを抱えていませんか? おもちゃが増えるクリスマス前に、子どもとおもちゃの数を見直してみましょう!


散らかる原因は「直置き」! 一工夫でキレイが続く、お片付けのプロの技

散らかる原因は「直置き」! 一工夫でキレイが続く、お片付けのプロの技

家の中にたくさんある、掃除をつい後回しにしている場所。床にものがたくさん置いてあると、ものを避けること自体が手間で、掃除が面倒になってしまいますよね。直置きをやめると、いつでも思い立った時にササッと掃除ができるようになります。今回は我が家の片付け実例をご紹介します。


最新の投稿


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

妊娠すると、数週間に一度、妊婦健診を受ける必要があります。特に初めての妊娠は、ひとりで受診することを不安に感じ、旦那さんに付き添ってもらう人も少なくないようです。では実際、どれくらいの人が旦那さんと一緒に妊婦健診に行ったのでしょうか? 「行く」派と「行かない」派のエピソードも合わせてご紹介します。


離乳食のほうれん草はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のほうれん草はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

葉物野菜の定番、ほうれん草は離乳初期から取り入れられる食材です。今回は離乳食でも下処理のコツ(レンジ加熱OK? 塩茹でする?)などを解説します。初期・中期・後期、それぞれの時期の赤ちゃん喜ぶ離乳食レシピもお試しください。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。