出産前後で何が変わるの? ○○が変わるママと変わらないママの違い

出産前後で何が変わるの? ○○が変わるママと変わらないママの違い

出産する前と後では、体の変化だけでなく、精神的にもいろいろな変化が起こるもの。特に育児に関しては、子供が生まれてから気づかされることも増えますよね。今回はママたちに、出産前後でどのような意識の変化があったのか、聞いてみました。


Lazy dummy

Q.出産する前と後で、育児への意識に変化はありますか?

ある51.4% / ない48.6%

出産前後で、育児への意識に変化があったかどうか聞いてみたところ、「ある」と答えた人が半数を超えて約51%。無いという人よりもわずかに上回りました。どのような変化を感じているのでしょうか?

出産する前と後、育児の意識に変化があった人の意見

想像と違っていた

・さまざまな雑誌などのきれいな記事は、ほとんど参考にならなかった。ネットの情報もさまざまありすぎて、混乱を招いた。身近な人に相談し、信頼できる本などを1冊購入した。あまり神経質にならずに適当に育児をしていても、子供は自分で行動し、学ぶことを知った。(30歳/3歳児/主婦)

・子供をもっとかわいく愛してばかりいてニコニコしている自分を想像していたのに、実際は、イライラすることの方が多くて、自分が嫌になる。(39歳/2歳時/起業/その他)

雑誌やネットの情報、あるいは子育てそのもののイメージからポジティブな面ばかり想定していたが、実際はハードなことも多いと実感した人も多いようです。

思っていたより大変

・出産する前は子育ての大変さがわからずに、ただ楽しみなだけだったけど、出産後は育児の大変さに振り回されてうんざりしそうになったから。(24歳/2歳時/正社員(総合職)/アパレル・繊維)

・育児がこんなに大変だと思わなかった。(35歳/6歳以上/パート・アルバイト/アパレル・繊維)

1つ前の意見と同様に、子育ては思った以上に大変という声が目立ちました。自分の時間が無い、体力的にも大変という意見もあがりました。

毎日忙しい

・出産する前は理想を描いて充実した毎日を送るんだろうなと思ったが、実際は毎日くたくたで大変です。(35歳/2歳時/主婦)

・授乳期間、こんなに育児しかしない毎日になると思わなかった。(31歳/1歳児/正社員(一般事務)/情報・IT)

授乳期間は、まさに“育児漬け”となってしまっているよう。それぞれ理想や思い描いていたイメージとギャップを感じているようです。

出産する前と後、育児の意識に変化がなかった人の意見

身近で話を聞いていた通り

・周りが子供を産むのが早かったため、ある程度子育てについての想定はついていた。(29歳/4歳児/派遣社員/電機)

・仲良しの同級生より後の出産ともあり、お下がりや情報は沢山だったから、イメージ通りだったし、こうでなきゃ!っていうこともなかった。(36歳/2歳児/自営業・フリーランス/団体・公益法人・官公庁)

身近に出産した人がいたり、出産後の様子を見ていた場合は、そんなに違いを感じないようです。

事前に思っていたことと変わらない

・事前に思っていたことと意識的には変わってないと思う。(40歳以上/6歳以上/その他/その他)

産後も心境に変化がない。(27歳/0歳児/主婦)

産後でも意識の変化は無いと答えた人もいました。出産前に、ある程度覚悟が出来ていたのかもしれませんね。

もともと意識してなかった

・全てが初めてなので、変化もなにもない。(35歳/0歳児/正社員(一般事務)/情報・IT)

・出産する前は、しからずも後の事を考えることがなかったから。(40歳以上/1歳児/嘱託・契約社員/電機)

特に意識をすることはなかったので、変化もなかったという意見もありました。常に臨機応変に行動できているようです。

■まとめ

出産する前と後で育児の意識に変化があった人は約過半数で、思っていたよりも大変なことがあったり、雑誌などで見た育児情報とは違ってうまくはいかない、育児に時間も労力も費やすといった回答が並びました。一方で、意識に変化が無かった人たちは、もともと意識をしていなかったり、身近に出産した人がいて、より具体的にイメージしやすかったからのようです。子育ては予想外のことの連続ですが、あまり気負いせず、自然に向き合っていきたいですね。

マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2016年11月30日~12月6日
調査人数:140人(22歳~40代までのプレママ・ママ)

(マイナビウーマン子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


2020年8月生まれベビーの名前は猛暑の影響で「夏」ネームが増加

2020年8月生まれベビーの名前は猛暑の影響で「夏」ネームが増加

ベビーカレンダーはこのほど、2020年8月生まれの子ども13,302名(女子:6,559名/男子:6,743名)を対象に「8月生まれベビーの名づけトレンド」に関する調査を行いました。


【医師監修】産後の恥骨痛 | 痛みの原因と解消法 は?

【医師監修】産後の恥骨痛 | 痛みの原因と解消法 は?

「恥骨」は骨盤を構成する骨のひとつです。出産時は左右の恥骨のつなぎ目が開くため恥骨あたりが痛むのは普通ですが、これは通常あまり長引きません。産後、恥骨の周囲に痛みが続く場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。


【医師監修】出産で痔になった時の対処法と6つのホームケア

【医師監修】出産で痔になった時の対処法と6つのホームケア

産後の悩みの1つとして話題にのぼることが少なくない「痔」のトラブル。先輩ママの中には「陣痛より、何より痔の痛みがつらかった」といった声も! その原因や症状と治療方法、ホームケアで気をつけるポイントについてまとめます。


【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

「ニップルシールド(乳頭保護器)」は、母乳育児がうまくいかないときのお助けアイテムのひとつ。市販されていて誰でも購入できますが、使用にはいくつか注意点があります。特に痛みがあるときの使用については、よく確認した方がよさそうです。ニップルシールドの利点とリスク、使うときの注意点を紹介します。


【ママ調査】妊娠前後で、自分にどんな変化があった? #プレママ1年生

【ママ調査】妊娠前後で、自分にどんな変化があった? #プレママ1年生

妊娠前後で、ママたちの変化はあったのでしょうか?気持ちや身体にどんな変化があったのか、先輩ママたちに聞いてみました。


最新の投稿


離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食は大人の食事とは異なるもの。離乳初期・中期・後期・完了期の発達段階によって適したかたさや調理方法が違ってきます。慣れない離乳食作りに悩むママ・パパに向けて、料理の専門家が離乳食作りの基本をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

へその緒を切ったばかりの赤ちゃんの「おへそ」は、ちょっぴり膨らんでいるものです。でも、時間が経ってもおへそが出ていたら、「臍ヘルニア」の可能性もあります。臍ヘルニアになる原因や、普通の「でべそ」との違い、治療などについてお話しします。


国産野菜にこだわった粉末状ベビーフードが新登場!

国産野菜にこだわった粉末状ベビーフードが新登場!

アサヒグループは和光堂ブランドより10月5日、素材にこだわった粉末状のベビーフード「国産素材フレーク とうもろこし&じゃがいもフレーク」「国産素材フレーク かぼちゃ&にんじんフレーク」を全国のベビー専門店、スーパー、ドラックストアなどで発売します。


離乳食で味付けはどうする?調味料の種類や量、時期を解説【管理栄養士監修】

離乳食で味付けはどうする?調味料の種類や量、時期を解説【管理栄養士監修】

今回は「離乳食での味付け」がテーマ。薄味が基本ということは知りつつも、どの調味料をいつの時期からどのくらい使っていいのか、迷うものですよね。赤ちゃんにはなぜ濃い味がだめなのか、1日の塩分量の目安はどのぐらいなのか、使ってはいけない調味料は何かなど、離乳期の味付けについて解説します。


「無添加」の基準は曖昧!?敏感肌の赤ちゃんのために洗剤を選ぶポイントとは?

「無添加」の基準は曖昧!?敏感肌の赤ちゃんのために洗剤を選ぶポイントとは?

出産予定日が近づいてくると、赤ちゃんの衣類の準備を始めるプレママは多いはず。このとき、赤ちゃんが心地よく過ごせるように「水通し」を行うことはご存じですか?