スニーカーは洗濯機で洗える?用意する道具を紹介

スニーカーは洗濯機で洗える?用意する道具を紹介

子どものスニーカーの汚れ、気になるママは多いのではないでしょうか?でもスニーカーを洗うのは意外と大変な作業で、なかなか洗う気になれない方もいると思います。実はスニーカーは洗濯機で洗うことができるのです。どんなふうに洗うのか紹介します。


実は洗濯できるスニーカー

Lazy dummy

スニーカーを洗濯できることは意外と多くの方が知らないようです。洗濯機は衣類を洗うためのものと決めつけがちですが、実は洗濯機でもスニーカーが洗えます。

スニーカー洗濯できる?

日本では洗濯機でスニーカーを洗う人自体は少ないようですが、海外では当たり前のことだったりします。その理由は、海外では室内でも靴を履く習慣があり、日本は家では靴を脱ぐからなのでしょう。綺麗好きの人が日本人には多く、汚れたスニーカーを洗濯機で洗うこと自体、考えたことがない人が多いようです。

しかし、子どもがいる家庭では、スニーカーが汚れることは日常範囲ですから、できれば手間なく洗いたいというのが本音でしょう。育児や家事で忙しいため、少しでも手間がかからない洗い方があれば、それを採用したいという気持ちがわいてくるものです。洗濯機でスニーカーを洗うには、ちょっとしたコツが必要なため、確認しておきましょう。

洗濯機で洗えない靴は、スエードなどの革スニーカー、パンプス、ミュールなどの靴です。キャンパス素材のスニーカーであれば、家庭でも洗うことができます。

用意する道具は?

用意する道具は、歯ブラシ、洗剤、洗濯ネットです。スニーカーの裏側には泥や小石など挟まっているため、歯ブラシを使って事前に取り除いておきます。汚れが多いまま洗うと、洗濯機の故障やダメージにもつながりますから、ひと手間かけておいてください。それに洗濯機に汚れ物を入れること自体抵抗がある方も多いと思いますから、汚れを軽く落とすことは必要な行為だといえます。

洗濯ネットはスニーカーがすっぽり入る大きさのものを用意します。靴専用洗濯ネットでは、クッション素材が使われているため、脱水の際に振動を和らげることができて便利です。通常の洗濯ネットでも洗えますが、洗濯機への衝撃を和らげたい方は別途専用のネットを用意することをおすすめします。洗剤は通常の液体洗剤で大丈夫です。

水分が取れない場合は?

スニーカーの中敷きや靴紐は、水分が溜まってなかなか乾きません。生乾きの原因にもなるので、最初に取り外しておきましょう。スニーカー自体の水分は、洗濯機の脱水にかけると、ある程度抜けていきます。

脱水をかけても上手く水が抜けていない場合は、靴の向きが悪かった可能性があります。取り出して靴の中に水が溜まっているようなら、靴の向きを変えてもう一度脱水してください。靴底が内側に向くよう置いてから脱水をすると、水分が抜けやすくなります。

靴用ハンガーを利用する

スニーカーを干す際に使うのが、靴用ハンガーです。100均でも売られているので、靴が汚れやすい家庭は1つ準備しておきましょう。干す場所は日陰で、直射日光が当たって靴のダメージが蓄積しないようにしてください。

スニーカー専用洗濯機とは

Lazy dummy

家庭の洗濯機でスニーカーを洗うのに抵抗がある方は、コインランドリーに設置されている、スニーカー専用洗濯機を活用しましょう。

コインランドリーにスニーカー専用洗濯機が登場

コインランドリーに行くと、洗濯機の形をしたスニーカー専用洗濯機が設置されています。洗濯槽の中心にブラシが付けられており、家庭の洗濯機よりもしっかり洗えるのが特徴です。乾燥器も付けられていますから、洗ったらすぐに乾かすことができます。子どもがいる家庭で、明日学校で上靴を使う、というときにも活用してみましょう。

時間や料金は?

靴専用の洗濯機では、洗浄に最低で200円、乾燥に最低で100円くらいです。靴の汚れ具合や、乾きやすさによって時間の延長が必要なため、多少お値段が変わります。コインランドリーの嬉しいところが、コインを入れると稼働する時間が決まっていることです。足りなければ追加料金を入れると、時間を延長することができます。時間は洗いが20分、乾燥が20分くらいです。

乾燥も「あっ」という間

20分くらいでスニーカーが乾燥できるため、濡れてしまった靴を急いで乾かしたいときにも便利です。家庭でスニーカーを洗ってすぐに履きたい場合にも、コインランドリーは助かります。

もっと綺麗にしたいなら手洗いがおすすめ

Lazy dummy

洗濯機ではシミや頑固な汚れは落とすことができない場合があります。もっと綺麗に汚れを落としたい方は、手洗いがおすすめです。

手洗いする時の必要な道具

手洗いには固形石鹸、重曹、靴用ブラシを用意します。歯ブラシもあると、細かい汚れ落としができて便利です。靴の汚れは石鹸と重曹をWで付けて擦り、繊維の間に入り込んだ汚れは歯ブラシを使って落としていきましょう。

靴を長持ちさせる方法

靴は熱に弱いものが多く、干す際には陰干しが基本です。乾いたら防水スプレーをかけておくと、汚れ防止になります。汚れたら早めに洗うことで、靴の寿命も長くなるでしょう。

まとめ

スニーカーを洗濯機で洗えることは、知らなかった方も多いと思います。汚れを落としてから洗濯機に入れる方法なら、洗濯機の汚れやダメージも防げるため、手軽に利用できるでしょう。洗濯機を使う方法なら手間もなく、こまめに洗うことができます。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

関連するキーワード


洗濯 100均 重曹

関連する投稿


くり返し使えて便利♪ ダイソー「シリコーン蓋」と「伸びラップ」を比較

くり返し使えて便利♪ ダイソー「シリコーン蓋」と「伸びラップ」を比較

ダイソーの「シリコーン蓋」と「伸びラップ」は繰り返し使えてエコなアイテム。同じような用途で使えますが、そのちがいや使い心地を比較してみました。


セリア「シリコーンモールド」で作れる♪ 子どもが喜ぶキッズプレート

セリア「シリコーンモールド」で作れる♪ 子どもが喜ぶキッズプレート

子どもが喜ぶかわいいご飯作りに、とっても便利なセリアのシリコーンモールド。いつものメニューがかわいい形になるだけで、子どもウケは全然違います。今回はシリコーンモールドを活用した、かわいいキッズプレートを紹介します。


プチストレスをなくそう! 話題の「とにかく洗いやすい保存容器」

プチストレスをなくそう! 話題の「とにかく洗いやすい保存容器」

家事のなかでも、地味にストレスになる洗いもの。特に、洗い残しや汚れのつまりが取れにくい保存容器のフタは気になりますよね。この面倒な形をとにかくシンプルに洗いやすくした保存容器を100均で発見! その種類や使い心地を紹介します。


【100均】開き戸タイプの収納におすすめ! 扉裏のワイヤーネット収納

【100均】開き戸タイプの収納におすすめ! 扉裏のワイヤーネット収納

開き戸の収納に関して「もっとスペースを有効に使いたい!」「収納スペースが足りない!」そんなお悩みはありませんか? 今回おすすめするのは、場所に合わせてカスタマイズできて、使い方は無限大な、お値段以上のワイヤーネット収納。その便利さに、開き戸収納を見つけたら取り付けずにはいられなくなるかも!?


ズボラ流お便り管理はマグネット掲示板が便利! 100均一アイテムで簡単DIY

ズボラ流お便り管理はマグネット掲示板が便利! 100均一アイテムで簡単DIY

忙しい中「あのお便りどこいったっけ……」と探す時間はもったいないですよね。時間がない中でも、必要な情報が必要なときに確認できる環境の一つが掲示板! 今回はズボラさん向けのお便り管理の方法と、100円グッズを使った簡易マグネット掲示板の作り方をご紹介します。


最新の投稿


【医師監修】逆子と発覚!原因とリスク・治し方とは

【医師監修】逆子と発覚!原因とリスク・治し方とは

赤ちゃんは妊娠中期まではおなかの中で回転していますが、たいていは頭を下にした「頭位」に落ちつきます。妊婦健診で頭を上にした「逆子」だと言われたらどうすればいい? 外回転術や逆子体操の有効性、分娩方法の決め方などを解説します。


【助産師監修】つわりがひどい | 病院受診の目安と乗り越え方

【助産師監修】つわりがひどい | 病院受診の目安と乗り越え方

多くの妊婦さんが経験するつわりですが、中にはとてもひどいつわりの症状に悩まされる人もいます。場合によっては、入院などをして治療が必要な場合もあります。受診の必要があるかの目安やつらいつわりの乗り越え方などを説明します。


【医師監修】妊娠しても「つわりがない」ことはある?流産との関係は?

【医師監修】妊娠しても「つわりがない」ことはある?流産との関係は?

妊娠初期に経験する人が多い「つわり」の症状ですが、個人差も大きく、大変つらい思いをする人もいれば、軽く済む人や全く感じない人もいます。つらい症状であっても、妊婦さんの多くが経験することが自分に起きないと、それはそれで心配になりますよね。つわりの有無や流産などのリスクとの関係性について、医学的な見地から解説します。


【医師監修】喃語(なんご)はいつから?出ないときの注意点

【医師監修】喃語(なんご)はいつから?出ないときの注意点

喃語(なんご)という言葉を聞いたことがなくても、赤ちゃんが「アー」や「ウー」などと発声する様子を見たことがある人は多いのではないでしょうか。今回は赤ちゃんの喃語について、まとめてみました。


【医師監修】妊娠中の旅行(マタ旅)はなぜ危険? 知っておきたいリスクと注意点

【医師監修】妊娠中の旅行(マタ旅)はなぜ危険? 知っておきたいリスクと注意点

妊娠中に旅行に行く、通称「マタ旅」が人気を集めています。でも、もともと健康な妊婦さんであっても妊娠中はつわりなどの急な体調変化がつきものです。妊娠中に旅行をするリスクと、もしどうしても出かける必要がある場合はどんなことに気をつければいいのかを考えていきましょう。




ライフスタイル コストコ