夜に洗濯するメリットとデメリットは?

夜に洗濯するメリットとデメリットは?

共働きで忙しいと、夜に洗濯をするという家庭もあるでしょう。または昼間に洗濯ができても、あえて夜に洗濯したいという考え方もあります。しかし、夜に洗濯をするのはメリットだけでなく、デメリットもあるのです。夜に洗濯したい方が覚えておきたい洗濯のコツを紹介します。


夜に洗濯するメリット

Lazy dummy

夜にあえて洗濯をするのは、きちんとした理由があるからです。見ていきましょう。

残り湯が綺麗

夜、家族がお風呂に入ってから洗濯をすると、残り湯がまだ綺麗な状態です。人が入った後の残り湯には、垢や石鹸かすが含まれているため、時間が経てば雑菌が繁殖し、汚れがひどくなってしまいます。時間を空けずすぐに洗濯に使うのは、主婦の知恵ともいえるでしょう。残り湯を使って洗濯をしたい家庭には、夜の洗濯がおすすめです。

残り湯がまだ温かいというのも、夜洗う理由のひとつです。温かいお湯が残っていれば、わざわざ洗濯にお湯を使う必要がありません。水道水が冷たい時期の洗濯や、粉洗剤を使い溶け残りの心配があるときにも、夜の洗濯にはメリットがあります。

雑菌が繁殖してない

夜に洗濯をすると、洗濯物自体に雑菌が繁殖していません。脱いだ衣類を洗濯かごや洗濯槽に入れると、衣類が含んでいる汗や皮脂などによって雑菌が繁殖します。夜衣類を脱いだらすぐに洗うことは、衣類のニオイやカビを防ぐためにもなるのです。雑菌が繁殖していない状態で洗うため、洗濯物が臭くなりにくい効果もあります。

夜に洗濯するデメリット

Lazy dummy

夜に洗濯をするとメリットがあるといっても、同時にデメリットも存在します。夜の洗濯は次のような問題を考えましょう。

外に干せない、または乾かない

夜に洗濯をすれば洗濯物を夜干ししなければなりません。夜のうちに干すと寝ている際に洗濯物を干すこととなるため、屋外だと急な天候の変化に対応できないでしょう。ベランダに屋根がついていて、雨を防げる構造になっていなければ、夜の間に洗濯物を外に干すことはできません。このような理由から、多くの場合は室内干しとなり、洗濯物が朝までに乾かないことも予想されます。

洗濯機の音が迷惑

集合住宅であれば、騒音対策のため夜の洗濯は避ける必要があるでしょう。昼間仕事をしていて夜洗濯をしなければならない家庭でも、21時くらいまでに終わらせる必要があります。しかし、住んでいる人の年齢によっても見解が異なり、階下が年配の方だと早く寝るため20時までと考えているかもしれません。乾燥機能が付いたドラム式洗濯機は、もともと縦型と比べて騒音が出やすい特徴があります。

共働きで夜しか洗濯ができない人でも、階下や隣の住人に気を使っているケースが多いようです。それをあえて「夜洗うと都合がいいから」という理由だけで、夜の洗濯を選ぶかは考えてしまいます。

虫が湧く可能性

夜に屋外へ洗濯物を干せる環境でも、ちょっと待った方が良いかもしれません。その理由は、虫によっては夜に活動し、洗濯物に卵を産み付ける種類もあるからです。せっかく綺麗にした洗濯物なのに、卵が付いていると思うと怖くなってしまいます。卵が付いているのを知らずに洗濯物をタンスにしまうと、温かい環境で虫が羽化してしまう可能性もあるのです。

縁起が悪い?

実は夜に洗濯物を干すという行為は、昔から縁起が悪いものとされてきました。風水によると夜は「陰」のエネルギーが満ちている時間帯だと考えられ、洗濯物に魔が付くとされているからです。他にも死んだ人の衣類を夜に干すという習慣がある地域や、夜に干したおしめは冷たく赤ちゃんの夜泣きが直らないと考える風習もあります。

夜に洗濯物を干すコツ

Lazy dummy

夜に洗濯物を干したいと考えている家庭では、ちょっとした工夫で干しましょう。

風が強い時こそ外に干す

ベランダに風除室があるなど夜に洗濯物を干せる環境があるなら、あえて夜干すのもよいでしょう。その場合は風が強いときを選ぶようにすると、メリットが高くなります。その理由は、夜はどうしても夜露によって洗濯物が乾きにくいからです。風がある程度強い日を選べば、夜干して太陽の光がない日でも、洗濯物はカラッと乾く可能性が高いです。

暖房をつけて室内干し

夜に屋外に干す環境が整っていないなら、部屋干ししましょう。暖房をつけて室内干しをすれば、洗濯物は朝になったら乾いています。暖房器具の近くに洗濯物を干すと火災の危険性がありますから注意してください。室内干しをすれば、虫の卵が付着するリスクがなく、周りの家庭からも洗濯物が見えません。洗濯物が盗まれる可能性もなくなるためおすすめです。

まとめ

夜に洗濯をすると残り湯が使えて、洗濯物に雑菌が繁殖しません。あえて夜に洗濯をしたいという家庭では、デメリットの部分を注意してみましょう。屋外に干す環境がない家庭も多いと思いますので、その場合は室内干しも検討してみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

関連するキーワード


洗濯 ベランダ

関連する投稿


アイロン嫌いの方にもおすすめ! 気分が上がるスタイリッシュなアイロン台

アイロン嫌いの方にもおすすめ! 気分が上がるスタイリッシュなアイロン台

家事の中でもアイロンがけが大の苦手な筆者……。そんな筆者が出会った、アイロンをかけたくなってしまう素敵なアイロン台! 今回はそんなおすすめアイテムをご紹介します。


狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

「洗濯かごを置くスペースがない……」そんな悩みを抱えていましたが、狭い洗面所でも使い勝手が良く、コンパクトに収納できるランドリーバッグのおかげで毎日の洗濯が楽しくできるようになりました。今回は、そんな見た目もおしゃれな優秀アイテムについてご紹介します。


これで夫に洗濯物を任せても安心! 家事シェア成功の「収納」のコツって?

これで夫に洗濯物を任せても安心! 家事シェア成功の「収納」のコツって?

家事の中でも面倒な「洗濯」。ですが、洗濯物を2つに分ける収納にしただけで、夫は洗濯が問題なくできるようになり、洗濯家事自体が時短になりました。家事シェアの手始めにもおすすめです。


限られたスペースの中で干す・収納! 楽で時短できるニトリの洗濯ハンガー

限られたスペースの中で干す・収納! 楽で時短できるニトリの洗濯ハンガー

家族が増え子どもが成長し、洗濯や衣類収納の方法を適宜見直しています。衣類は、子どもの成長に伴いサイズが大きく、行動範囲が増えることで枚数が増えました。限られたスペースの中で、干す・収納するだけではなく、出し入れが楽で時短できる方法を考えます。お値段以上のニトリ商品は、強い味方。いくつか使ってみた感想をご紹介いたします。


【実例】消耗品(洗剤・日用品)を靴箱に収納するメリットとは

【実例】消耗品(洗剤・日用品)を靴箱に収納するメリットとは

夫婦ふたりとも、見えないとストックしてある日用品類のことを忘れてしまうタイプ。そんな私たちの日用品の基本スペースは玄関です。幅26cm×高さ180cm×奥行き29cmの細長いスペースに収納しています。今回は、玄関の細長いスペースに消耗品を収納するメリットをご紹介します。


最新の投稿


【医師監修】逆子と発覚!原因とリスク・治し方とは

【医師監修】逆子と発覚!原因とリスク・治し方とは

赤ちゃんは妊娠中期まではおなかの中で回転していますが、たいていは頭を下にした「頭位」に落ちつきます。妊婦健診で頭を上にした「逆子」だと言われたらどうすればいい? 外回転術や逆子体操の有効性、分娩方法の決め方などを解説します。


【助産師監修】つわりがひどい | 病院受診の目安と乗り越え方

【助産師監修】つわりがひどい | 病院受診の目安と乗り越え方

多くの妊婦さんが経験するつわりですが、中にはとてもひどいつわりの症状に悩まされる人もいます。場合によっては、入院などをして治療が必要な場合もあります。受診の必要があるかの目安やつらいつわりの乗り越え方などを説明します。


【医師監修】妊娠しても「つわりがない」ことはある?流産との関係は?

【医師監修】妊娠しても「つわりがない」ことはある?流産との関係は?

妊娠初期に経験する人が多い「つわり」の症状ですが、個人差も大きく、大変つらい思いをする人もいれば、軽く済む人や全く感じない人もいます。つらい症状であっても、妊婦さんの多くが経験することが自分に起きないと、それはそれで心配になりますよね。つわりの有無や流産などのリスクとの関係性について、医学的な見地から解説します。


【医師監修】喃語(なんご)はいつから?出ないときの注意点

【医師監修】喃語(なんご)はいつから?出ないときの注意点

喃語(なんご)という言葉を聞いたことがなくても、赤ちゃんが「アー」や「ウー」などと発声する様子を見たことがある人は多いのではないでしょうか。今回は赤ちゃんの喃語について、まとめてみました。


【医師監修】妊娠中の旅行(マタ旅)はなぜ危険? 知っておきたいリスクと注意点

【医師監修】妊娠中の旅行(マタ旅)はなぜ危険? 知っておきたいリスクと注意点

妊娠中に旅行に行く、通称「マタ旅」が人気を集めています。でも、もともと健康な妊婦さんであっても妊娠中はつわりなどの急な体調変化がつきものです。妊娠中に旅行をするリスクと、もしどうしても出かける必要がある場合はどんなことに気をつければいいのかを考えていきましょう。




ライフスタイル コストコ