クローゼットに上手く収納するコツは?収納グッズの活用術を紹介

クローゼットに上手く収納するコツは?収納グッズの活用術を紹介

クローゼットの収納が上手くいかないと感じるなら、その原因を突き止めてみましょう。収納が下手なのではなく、収納しにくい原因が隠れている可能性があります。すっきりと使いやすいクローゼットにするために、知っておきたい収納テクニックをチェックしてみてください。


クローゼットの収納が上手くいかない原因は

クローゼットが片付かないのは、何か原因があるはずです。きちんと収納できないと感じる方は、次の原因がないかチェックしてみましょう。

クローゼット自体が小さい

備え付けられているクローゼットがそもそも小さいという原因が考えられます。家族の人数に見合っていない大きさだと、物をすべて詰めるとぎゅうぎゅうになってしまい、中身が見にくくなってしまうのです。収納がもともと小さい場合は、部屋の一角にハンガーなどを使いクローゼットの代わりにしてしまう方法や、部屋まるごと収納するなど工夫してみましょう。

物が多すぎる

物が多すぎるのも収納が上手くいかない原因のひとつです。お客さん用の布団がじゃまになっているケースや、いつか着るだろうと取ってある捨てられない衣類などがないか考えてみましょう。高かったからという理由で、若いときに着ていた洋服を取っておいても、また着る機会はこないでしょう。サイズが合わない洋服や、傷んでいるのに捨てられない衣類、思い出のある衣類や物も収納を下手にする原因となります。

収納方法が良く無い

そもそも収納方法自体が間違っているケースもあります。すっきりと収納上手に使えている方は、誰が見てもどこに何がしまっているかわかるのです。とりあえず物をしまえればいいと思っていると、どこに何が入っているかわからず、洋服選びにも時間がかかるでしょう。

収納上手な人のクローゼットとは

クローゼットの収納が上手な人にはある特徴を持っています。なかなかクローゼットが片付かない方は、収納上手な人のテクニックを真似してみましょう。

必要な物だけが揃っている

日本の家庭ではどこでもクローゼットの広さに限りがあるため、そのなかで上手くやりくりしています。すべての衣類を入れようとしないで、そのとき必要な物だけをしまうようにします。季節外の衣類や小物は、クローゼットの棚に乗せておく方法や、ハンガー下に収納ケースを設けて個別に収納しましょう。

クローゼットの多くは上に棚が付けられていますが、高い場所のため普段使いには向いていません。その場所を季節外の物を置く場所とすれば、見える場所が限られた物だけになるため、すっきりします。クローゼットに出すのは今使うものだけと決めておき、あふれるくらい物を増やさない工夫をしてみてください。

収納グッズを上手く活用

クローゼット内には、バッグやベルトなど小物もたくさんあります。細かい物を入れる収納ケースを用意しておくと、小物も分類しやすいでしょう。収納は壁面も上手く活用し、ウォールポケットを取り付けて、細かい物を入れられるようにしておくと便利です。帽子も壁にかける収納にしておけば、必要なときにすぐさっと取り出すことができます。

種類別に分別されている

クローゼットの中に何が入っているかを一目瞭然とするには、種類を分けて物の場所を決めることです。ワイシャツ置き場、Tシャツスペースと分けて収納すれば、毎日着るアイテムがわかりやすくなります。見本はお店のディスプレイで、種類ごとを分類し何が何枚あるのかを分かりやすくするのです。そうすることで数が増えすぎず、不要な物が増えません。

クローゼットが足りない場合

家族が多くクローゼットが足りないなら、別途収納を追加してスペースを増やしましょう。最初から1つの場所に物を入れようと頑張るのではなく、追加するという考え方があります。

クローゼット自体を購入

備え付けのクローゼットが足りないのであれば、壁面収納を利用してみてはどうでしょうか。壁一面に棚受けを取り付け、フックで掛ける板を取り付けます。すると壁一面がクローゼットとして使えるようになるのです。見せる収納が苦手なら、収納ケースを使い分類してみてください。

市販のクローゼットハンガーや、クローゼットケースを買う方法もあります。クローゼットがない家庭でも、壁に向き合う形で壁面収納を設置すると、手作りのウォークインクローゼット収納が作れます。

収納グッズを利用する

限られたスペースで上手く収納を増やすには、下段に設置できるクローゼットチェストが便利です。収納ケースには衣類を立てて入れると、収納の量が多くなりおすすめです。積み重ねると何が入っているのかがわかりにくくなるため、Tシャツやシャツなどはすべて立てましょう。

まとめ

クローゼットの収納が上手くいかないという方は、物を減らす工夫からやってみてください。季節外の衣類や小物は別にし、種類ごとに置くスペースを決めて、お店のディスプレイを目指してみましょう。誰が見ても何が入っているかわかるのが収納上手の人のテクニックです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連するキーワード


片付け

関連する投稿


リビングダイニングの散らかりやすいものを片づける3つのコツ

リビングダイニングの散らかりやすいものを片づける3つのコツ

リビングダイニングは、家族団欒を過ごす場所。常にスッキリとしていたいですよね。その反面、家族のさまざまなものが集まる場所なので、あっという間に乱れてしまいます。今回はそのお悩みを解決する片づけのコツ3つをご紹介します。


知っておきたい! 整理収納の家事代行を依頼するときのポイント

知っておきたい! 整理収納の家事代行を依頼するときのポイント

最近では一般化されつつある「家事の代行」。食事の作り置きや掃除、整理収納など、さまざまな「家事」を代行してくれる業者が増えています。そのような業者やお片づけのプロに「整理収納」を依頼したいとき、どのように依頼するのがスムーズなのか、準備しておくと良いものなどをお伝えします。


年末までに終わらせておきたい! 大掃除を楽にするキッチン片づけ術

年末までに終わらせておきたい! 大掃除を楽にするキッチン片づけ術

年末はやることが多くて忙しいですよね! 少しでもバタバタせずに年末の片づけと掃除を終えるために、今からはじめておきたいキッチンの片づけとお掃除についてご紹介します。


クリスマス前にやっておきたい! 専門家のおもちゃのお片付け術

クリスマス前にやっておきたい! 専門家のおもちゃのお片付け術

気がつくと、どんどん増えてしまう子どものおもちゃ。親子で把握しきれないほどのおもちゃを抱えていませんか? おもちゃが増えるクリスマス前に、子どもとおもちゃの数を見直してみましょう!


散らかる原因は「直置き」! 一工夫でキレイが続く、お片付けのプロの技

散らかる原因は「直置き」! 一工夫でキレイが続く、お片付けのプロの技

家の中にたくさんある、掃除をつい後回しにしている場所。床にものがたくさん置いてあると、ものを避けること自体が手間で、掃除が面倒になってしまいますよね。直置きをやめると、いつでも思い立った時にササッと掃除ができるようになります。今回は我が家の片付け実例をご紹介します。


最新の投稿


【医師監修】赤ちゃんにマスクは危険⁉ 不要な理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんにマスクは危険⁉ 不要な理由と注意点

新型コロナウイルスの流行で感染症対策が気になる昨今ですが、その一方で「赤ちゃんはマスクをしない方が良い」と言われています。赤ちゃんがマスクをするとどんな危険があるのか、またマスクを使う時の注意点などについても解説します。


【医師監修】出産予定日を計算|妊娠期間と初期・中期・後期の様子

【医師監修】出産予定日を計算|妊娠期間と初期・中期・後期の様子

妊娠すると、いつ赤ちゃんに会えるのか楽しみになり、生まれてくる時期が気になるものです。妊娠期間はどのくらいの長さなのでしょうか。出産予定日の算出方法や妊娠期間ごとの様子や注意点などを解説します。


【医師監修】子供の身長の目安は? 1~6歳の平均身長と伸び方

【医師監修】子供の身長の目安は? 1~6歳の平均身長と伸び方

子供の身長は何歳でどのくらいになるのか、お子さんの身長はこれからどのように伸びていくのか、把握しておきたい親御さんもいるでしょう。ここでは1歳から6歳の平均身長と、子供の身長の伸び方について説明します。


【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

わが子が太りすぎていないか、やせすぎていないか、親としては気になるところですね。そこで、子供のベストな体重はどうやって判断するのか、1歳から6歳の平均体重や肥満・やせの目安の計算方法とともに紹介します。


セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

DIYビギナーにおすすめしたいのが、100円ショップ・セリアのペンキ! 100円とは思えないクオリティで、しかもナチュラルカラーがかわいいと話題なんです。そこで、セリアで売っているペンキを使って、おしゃれな棚を作ってみました。セリアのペンキの種類や、塗ったときにどんな色になるかも紹介しているので、ぜひチェックしてみて。