おねしょは保険診療の対象! 5割のママが知らないことが明らかに

おねしょは保険診療の対象! 5割のママが知らないことが明らかに

フェリング・ファーマはこのほど、おねしょをする4歳〜15歳の子どもを持つ母親507名を対象にした「朝の気分とその原因に関する調査」の結果を発表しました。同調査は5月7日〜10日にインターネットで実施しました。


最近1カ月以内で、朝、子どもを叱ったこと

最近1カ月以内で、朝、子どものことでイライラした気持ちになったことがあるものを尋ねたところ、最も多い回答は「おねしょをする」(70.6%)でした。2位は「支度が遅い」(48.5%)、3位は「ごはんを食べるのが遅い」(41.8%)となっています。

最近1カ月以内で、朝、子どもを叱ったことについて聞くと、「支度が遅い」(41.8%)が最も多く、「ごはんを食べるのが遅い」(31.0%)、「言いつけを守れない」(27.0%)が続きました。また、20.7%が「おねしょをする」ことに対して叱ったと答えています。

最近1カ月以内に朝から子どもを叱ったことがある母親に、叱ったことを後悔したか尋ねたところ、66.6%が「後悔した、やや後悔した」と答えました。「おねしょ」を理由に叱ったケースでは、約8割(77.2%)の母親が子どもを叱ったことを後悔していることがわかりました。

おねしょを理由に叱ったあと、8割近くの母親が後悔

子どものおねしょについて不安を感じることを聞くと、「学校や幼稚園でのお泊り行事やイベント」(71.6%)が最も多く、「子どもの成長(身体的)」(47.5%)と「子どもの精神状態」(42.6%)と続いています。

子どものおねしょについて不安を感じること

おねしょ(夜尿症)は小児科で相談・治療できることを知っているか尋ねたところ、58.4%が「知っている」と回答しました。夜尿症の治療は保険診療の対象になりますが、そのことを知っているか聞くと、48.1%が「知らない」と答えています。

約半数の人がおねしょ(夜尿症)の治療が保険診療の対象であることを「知らない」

順天堂大医学部附属練馬病院小児科先任准教授で、日本夜尿症学会理事長でもある大友義之先生によると、おねしょへの対応は「起こさず、焦らず、怒らず、ほめる、比べない」が原則とのこと。「おねしょのことでお子さんを感情的に叱ったりすると、かえって症状を悪化させる可能性があります」と話します。

「5歳以上で月1回以上のおねしょが3カ月以上続く場合は「夜尿症」の可能性がある」と大友先生。夜尿症の治療は保険診療の対象となるため、気軽に小児科に相談してほしいとコメントしています。

同社は、おねしょ治療の情報提供サイト「おねしょドットコム」を通し、夜尿症に関する正しい知識や対応方法について情報発信をしています。

(フォルサ)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


最新の投稿


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。