ライフスタイル ライフスタイル
2024年05月13日 10:49 更新

子供の登校しぶりや不登校の経験があるママは約8割、心配事の1位は?【発達障害グレーゾーンの困りごと】

発達障害グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さないことを目指すリサーチ機関「パステル総研」を運営するパステルコミュニケーションは、新年度になり子どもの登校の状況と保護者の困りごとを解析するアンケート調査を実施しました。

子どもの登校の状況と保護者の困りごとを解析するアンケート調査を実施

新年度は、クラス替えなど多くの環境変化を伴うため、発達障害グレーゾーンの子どもはストレスがかかりやすく、登校しぶりになりやすい時期です。そこで今回、発達障害・グレーゾーンの子どもをもつお母さんを対象に、新年度の登校しぶりの状況や、登校しぶりへの対応で心配なことについてアンケート調査を実施しています。

子どもの登校状況〜約8割に「登校しぶり」や「不登校」の経験あり

約8割に「登校しぶり」や「不登校」の経験あり

子どもの登校状況については、「登校しぶりをしている」「不登校中」を合わせると57.1%となり、半数以上が現在も子どもの登校に困りごとを抱えています。

また、「登校しぶりをしていた時期もあったが、今は登校しぶりはない」との回答を含めると76.7%に、子どもが登校しぶりや不登校の経験があることがわかります。

登校しぶりの状況〜約半数が「前年度からずっと登校しぶりをしている」

「登校しぶりをしている」と答えた93名(38.8%)に、現在の登校しぶりの状況や登校しぶりに対する心配ごとを聞きました。

約半数が「前年度からずっと登校しぶりをしている」

約半数の46.2%が「前年度からずっと登校しぶりをしている」と、長引く登校しぶりに対応していていることがわかります。一度登校しぶりが始まると長期化の傾向があるようです。

まだ新年度が始まって1週間ほどのアンケートでしたが、「新学年になってから登校しぶりをしている」が9.7%と約10人に一人が登校しぶりになっています。発達障害・グレーゾーンの子どもは環境の変化に敏感なため、新年度はとても負担が大きいことがわかります。

登校しぶりママの心配ごとランキング1位〜5位

登校しぶりママの心配ごとランキング1位〜5位

登校しぶりママの心配ごとに関しては、「子どものメンタルが不安定になっていること」と回答した人は26.9%、「いつになったら元気に登校できるのか、先が見えないこと」との回答が21.5%でした。

子どもの気持ちを心配する一方、子どもをサポートしている保護者も先が見えないことへの不安に悩んでいる人が多いことがわかります。

【調査概要】

○調査期間:2024年4月12日から4月15日(4日間)
○調査方法:インターネット調査
○回答者:発達科学コミュニケーション基礎講座の受講経験がある人/受講中の人、メルマガ読者、トレーナー・リサーチャー、セミナー参加者、nicotto塾生、計241名。


パステルコミュニケーション
https://desc-lab.com/

(マイナビ子育て編集部)

PICK UP -PR-

関連記事 RELATED ARTICLE

新着記事 LATEST ARTICLE

PICK UP -PR-