【助産師解説】つわりっていつから始まる?つわりのスタートの時期<ママ体験談>

【助産師解説】つわりっていつから始まる?つわりのスタートの時期<ママ体験談>

女性が「妊娠したかも」と思うきっかけのひとつとしてあるのが「つわり」。でも意外と知らないのが「つわりスタートのタイミング」。今回は、実際につわりを体験された方々から聞いた「つわりが始まった時期」についてお伝えしたいと思います。


この記事の解説助産師
佐藤 裕子先生
日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院の総合周産期母子医療センターで10年勤務。現在は助産院マタニティハウスSATOにて、妊娠から出産、産後のトータルケアを担っています。「日々ママや赤ちゃんに寄り添い、笑顔になってくれるのが何よりのやりがいです 」

つわり、いつから始まった? ~ママたちの声~

人によってあったりなかったり、ひどかったり軽かったりする「つわり」。始まる時期も出る症状も個人差があります。そこで、先輩ママたちに「つわり、いつから始まった?」について聞いてみました。

「生理予定日前からスタート」

長男の時は妊娠2ヶ月から、次男はもっと早くて次回生理予定日前からつわりの症状が始まりました。

空腹になると吐き気、食べたら食べたで吐き気……大変でした。

(40代、長男7歳・次男5歳、正社員・事務職)

早期から使える妊娠検査薬は生理予定日から反応が出ますが、それより早くつわりが始まることもあるんですね。

「妊娠3ヶ月、におい・吐き気・眠気」

妊娠3ヶ月ごろから、においに敏感になったり吐き気があったり、あと、とても眠かったです。

(30代、長男10歳、フリーランス)

妊娠3ヶ月(妊娠8~11週ごろ)からつわりが始まったというママも。この時期はお腹が出る前で、胎動もまだ感じないので、つわりで妊娠の実感を強くする人もいるようです。

「妊娠2ヶ月から出産まで続いた」

食べていないと気持ちが悪いのが、妊娠2ヶ月から出産まで続きました。

(30代 長男 7歳・長女3歳)

妊娠初期にみられるというつわりが、妊娠中ずっと続いたという体験談も少なくありませんでした。うーん、つらい!

「妊娠2ヶ月、食べ物の好みが極端に」

妊娠2ヶ月目から始まったつわり、とにかく常に気持ちが悪く、食べ物の好みも極端になってしまいました。

(40代、長女1歳10ヶ月)

食べ物の好みの変化でつわりのスタートを実感した、という声も多く寄せられました。

「2人目のみ、つわりがあった」

2人目のときはもう覚えてないくらいつわりも軽かったんですが、長男のときは妊娠3ヶ月ごろからつわりがありました。

船酔いのような、頭の中に霧がただよって何だか原因がつかめずにすっきりしない、気持ちの悪い感じがありました。なんというか、不思議な感覚でした。

(40代、長男9歳・長女6歳)

同じママでも、妊娠ごとにつわりの症状や開始時期に差があるんですね!

「生理予定日から6日後」

忘れもしない、生理予定日から6日後に激しい吐き気に襲われました。飛行機移動した先、年末年始帰省先の旦那実家で。

決死の覚悟で自宅に戻ってきました。

もし、妊娠中に旅行を計画している人がいるならば、いきなり体調が悪くなることもあるので、用心した方がいいです。長い人生、一度くらい計画を見送る勇気も必要だと思います。

(30代、長男8歳・次男2歳、会社員)

「ある日突然つわりが始まった」という体験談も見られました。妊娠初期やつわりに限らず、妊娠中は予想以上に急激な体調変化があるものです。お出かけなどの際は十分に注意したいですね。

※マイナビウーマン子育て調べ 調査日時:2019年1月28日~2月4日

助産師・佐藤裕子先生からママたちへのアドバイス

今回のテーマは「つわりの始まる時期」。つわりについて、助産師の佐藤先生からアドバイスをいただきました。

つわりが始まる時期は?

Getty logo

※画像はイメージです

つわりは、一般的に妊娠6週(妊娠2ヶ月目、生理予定日から2週間後あたり)ごろから始まるとされています。ちょうど妊娠がわかる時期でしょうか。つわりは妊娠12~16週頃に自然と軽くなるママが多いですが、人によっては長引く場合もあります。

全ての妊婦さんにつわりがあるわけではなく、中にはつわりは全くなく「普段通りに生活できた」というママもいます。妊娠した人のおよそ半数から8割の方がなんらかのつわり症状を感じるようです。

【助産師解説】つわりのピークはいつ?つわりの時期はいつまで続く?<ママ体験談>

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3508

妊娠に伴うサインのひとつである「つわり」。この気持ち悪さはいつまで続くの……と不安になる人も多いことでしょう。今回は、実際につわりを体験されたママから聞いた「つわりのピーク」「つわりがいつまで続いたか」についてお伝えします!

つわりはどんな症状がある?

つわりは、胸がむかつき、吐き気をもよおす(悪心)、吐く(嘔吐)、食欲がわかない(食欲不振)、食べ物の好みが変わったり、偏ったりする(食嗜変化)などの消化器の症状が出ることが多いです。

妊娠するとつわりになる原因についてはっきりとはわかっていませんが、妊娠すると分泌されるホルモン(hCG:ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が関係しているとされています。

つわりが始まったママへのアドバイス

・食べられるものを食べられる時間帯に食べる

つわりのときは「食べられるものを食べられる時間帯に食べる」が基本です。

「妊娠したんだから赤ちゃんのために十分栄養を取らないと」と思うこともあるかもしれませんが、この時期の食事はあまりとれなくてもそこまで心配しなくてかまいません。

・食べないと気持ち悪い人、食べると気持ち悪い人

つわりの症状の感じ方は、大きく分けると「空腹時に気持ち悪くなる人」と「食べると気持ち悪くなる人」がいます。

空腹がつらい場合、特に朝目が覚めてすぐ気持ち悪くて動けないかたは枕元に飴やガムを置いてくなども対策です。

食べると気持ち悪くて何を食べていいかわからない場合におすすめなのが、ゼリーやアイスクリーム類。アイスクリームは冷たくてのどごしもよく、またカロリーもとれるので、まったく食べられていない人は試してみてください。

・こんなときは要注意!!

食べ物だけでなく、水分もまったくとれなくなってくると、妊婦健診の尿検査で「尿ケトン」が陽性になります。脱水、そして電解質バランスが崩れかかっている状態にあり、場合によっては点滴治療が必要なりますので、水分すら口にできない日が続くようであれば、かかりつけの産婦人科に相談するといいでしょう。

(構成:マイナビウーマン編集部、監修:佐藤裕子先生)

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


乾燥も皮脂も気になる“敏感混合肌”に。ゆらぎにくい肌へ導く、ジェル乳液が新登場

乾燥も皮脂も気になる“敏感混合肌”に。ゆらぎにくい肌へ導く、ジェル乳液が新登場

ナチュラルサイエンスでは、「ママ&キッズ オリゴライン」より、敏感混合肌向けのジェル乳液「オリゴバランスジェル」を5月8日より新たに発売します。


妊娠~授乳・子育て中のママの「栄養ドリンク」が登場、つらい疲れ&肌の不調をケア

妊娠~授乳・子育て中のママの「栄養ドリンク」が登場、つらい疲れ&肌の不調をケア

雪印ビーンスタークは、ママ向けの栄養ドリンク「ビーンスタークマム ママスマイル」を3月4日より発売します。


 スヌーピーで“マタニティアイテム”がかわいくそろう! ベビーザらス限定で登場

スヌーピーで“マタニティアイテム”がかわいくそろう! ベビーザらス限定で登場

日本トイザらスは、マタニティアイテムの必需品を取りそろえた「SNOOPY Maternity Collection(スヌーピー マタニティコレクション)」全11アイテムを、ベビーザらス限定商品として、2月上旬より発売します。


【医師監修】ちくびの周りの“ぶつぶつ”は何? 妊婦は目立つ?

【医師監修】ちくびの周りの“ぶつぶつ”は何? 妊婦は目立つ?

乳輪にあるぶつぶつとした粒状のふくらみが気になる人は多いようです。中には、「もしかしたらなにかの病気?」と不安になる人もいるかもしれません。いったいこのぶつぶつの正体は何なのでしょうか。このちくびの周りのぶつぶつの役割や目立つ時期、取り除く方法などを解説します。


【医師監修】胎盤ってどんなもの? 前置胎盤など、胎盤のトラブルとは?

【医師監修】胎盤ってどんなもの? 前置胎盤など、胎盤のトラブルとは?

妊娠中の女性だけが持つ特別な臓器「胎盤(たいばん)」。お腹の中の赤ちゃんを育むために作られて、出産とともにその役割を終える不思議な存在です。その働きがよくないと、赤ちゃんに影響が及ぶことも。胎盤の神秘を少し探ってみましょう。前置胎盤、常位胎盤早期剝離、癒着胎盤についても解説します。


最新の投稿


玄関収納のお悩み解決! 収納スペースを増やして玄関をスッキリきれいに

玄関収納のお悩み解決! 収納スペースを増やして玄関をスッキリきれいに

玄関に靴があふれて困る! しまう場所がない! など、玄関収納のよくあるお悩み。今回は、それらの悩みを実際に解決できた3つの事例をご紹介します。


増えすぎてしまった家事には「時短」の前に"やらない"選択を!

増えすぎてしまった家事には「時短」の前に"やらない"選択を!

毎日の家事に追われる日々。あれもこれもと追われる日々に困り果て、「時短」というワードに飛びつく方も多いかもしれません。確かに「時短」を活用し、家事を効率よく回すことも大切。ですが、増えすぎてしまった家事は減ることはありません。今回は、時短家事をする前に考えたい、「やらない家事」について、我が家の事例をご紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの肌荒れの原因と正しいケア方法とは?

【医師監修】赤ちゃんの肌荒れの原因と正しいケア方法とは?

赤ちゃんの肌はいつもみずみずしいイメージがあります。でも、それはあくまでイメージです。実はすぐに赤くなったり、カサカサになったり。赤ちゃんが肌荒れを起こさないためにどんなケアをしたらいいのでしょうか。


「森永 はぐくみ」と「森永 E赤ちゃん」がリニューアル。さらに母乳に近づけ成長をサポート

「森永 はぐくみ」と「森永 E赤ちゃん」がリニューアル。さらに母乳に近づけ成長をサポート

森永乳業は、育児用ミルク「森永 はぐくみ」と「森永 E赤ちゃん」を6月上旬より順次、全国にてリニューアル発売します。


【実例】シンクのコーティング、いつまで続く? その効果とは

【実例】シンクのコーティング、いつまで続く? その効果とは

わが家にシンクのコーティング剤が導入されて1カ月が経ちました。このコーティング剤は液体で、手軽に使えて、しかもプロユースな仕上がり! 実際にどのくらい持つのか、どんなところに使えるのか……。今回は、わが家での実例写真をまじえながらご紹介したいと思います。