ママのための悩み解決サイト
家族旅行におすすめの新潟のレジャー施設&スキーリゾート

家族旅行におすすめの新潟のレジャー施設&スキーリゾート

レジャー施設や観光スポットが多く、1年中さまざまな遊びができる新潟。北陸新幹線が開通したことでアクセスも良くなり、ファミリーで訪れる人もより多くなりました。季節ごとに楽しめる、家族旅行におすすめのレジャースポット&スキー場をご紹介します。


親子で行きたい新潟のレジャースポット5選

Getty logo

アミューズメントや観光スポットが多く、年中楽しめる新潟。中でも、小さなお子様連れにおすすめの代表的なスポットを5つご紹介します。

ホテルグリーンプラザ上越

新潟の人気リゾートホテルです。おすすめは、夏と冬のシーズン。

夏はスリル満点のスライダーから小さな子供も安心して遊べるちびっこプールまで完備した広大なウォーターパークがオープン。水着のまま遊べるプレイパークが隣接しており、ふわふわバルーンや電動カー、ゴーカートなど楽しい遊具で遊ぶこともできます。

それだけではありません。なんと、熱気球で上空30mの空中散歩を楽しむことも。この他、川遊びや縁日、パターゴルフ、テニス、水着で入れる温泉など、1日を通して満喫できるアクティビティがたくさんそろっています。

冬は、温泉や美味しいグルメを楽しみながら隣接のスキー場でスキーを楽しむことも。キッズゲレンデや雪遊びゾーン、室内遊びや授乳ができるファミリー専用ハウスなどもあるので、小さなお子様連れでも思いっきり楽しむことができます。

●ホテルグリーンプラザ上越 ホームページ
https://www.jkokusai.co.jp/

こども創造センター

子供たちの感性と好奇心を育む、遊んで学べる施設となっています。学びと聞くと大きいお子様向けと思われがちですが、2階にはおもちゃや絵本で遊べる赤ちゃんひろばや、積み木やマグネット、ままごとグッズなどで遊べるスペースがあり、小さなお子様も楽しむことができます。3~4階にはクライミングウォール、きのぼりアスレチック、にじのすべりだい、そらいろネットなど、全身を使って思いっきり遊べる大型遊具を設置。対象年齢は3歳からなので、未就学児も遊ぶことができます。

この他、1階にはさまざまな道具や材料を使って美術・工芸・陶芸を体験できる「ものづくりひろば」と、作った作品を用いて表現する「光と音のホール」があります。大きなお子様の想像・創造力を育むのに良いですね。4階には飲食ができる休憩エリアもあります。雨天の心配なく、1日いても飽きることのない人気のスポットです。

●いくとぴあ食花 ホームページ「こども創造センター」
http://www.ikutopia.com/facilities/kodomo/

国営越後丘陵公園

豊かな自然と楽しい遊びがいっぱいの、北陸地方唯一の国営公園です。園内には芝生広場に水遊び広場、25種類の木製大型遊具に巨大トランポリン、変形自転車、ディスクゴルフと、子供はもちろん大人も楽しめるアクティビティがたくさんそろっています。また、里山の暮らし体験や植物・生き物の観察など、さまざまな体験教室も開催されています。野外炊飯広場ではバーベキューを楽しむことも。もちろん、レストランやカフェもありますよ。自然の中で思いっきり遊べる新潟の代表的な公園です。

●国営越後丘陵公園 ホームページ
http://echigo-park.jp/

山の下みなとランド

新潟駅から車で15分、最寄りのバス停「山の下」からは徒歩3分とアクセス抜群の公園です。“港町にいがた”をイメージした帆船の形の遊具「夕焼けハンターキャプテン号」をはじめ、大型複合遊具から小さな子供向けの遊具までおよそ70種類を備えた人気のスポットです。中には大人のためのストレッチ遊具もあるので、家族みんなで楽しむことができるまさしくファミリー向けの公園。隣接の山の下みなとタワーの6階からは新潟港や日本海の展望を楽しむこともできます。オムツ交換台もあるので、乳幼児連れでも安心です。

●新潟市東区 ホームページ「山の下みなとランド」
http://www.city.niigata.lg.jp/higashi/shisetsu/yoka/leisure/yamanoshitaminatora.html

新潟市新津鉄道資料館

JR信越本線・羽越本線・磐越西線の交差する重要拠点として知られる新津地域にある鉄道ミュージアム。新津の鉄道の歴史とともに、現代の技術発展についても知ることができる貴重な資料がそろっています。新幹線や蒸気機関車、各種電車に信号機などの実物車両展示や、運転シミュレーター、ミニSLの乗車、ジオラマなど、電車好きの子供が喜ぶ展示がたくさんあります。ファミリーエリアにはプラレールで遊べるキッズスペースも。親子で楽しめる電車好きのための施設です。

●新津鉄道資料館 ホームページ
http://www.ncnrm.com/

ファミリーにおすすめのスキーリゾート5選

Getty logo

新潟と言えばやっぱりスキーリゾート。冬の新潟旅行ならやっぱりスキーや雪遊びをはずすわけにはいきませんよね。場所によってはウィンターシーズン以外にサマーゲレンデやパークなどをオープンしているところもあるので、ぜひチェックしてください。

岩原スキー場

小さいお子様連れのスキー旅行なら、まず真っ先におすすめしたいのが岩原スキー場。最初で最高の雪遊びをテーマとした「キッズパラダイス」では、雪だるまやかまくらを作ったり雪合戦を楽しめるだけでなく、ハイジのブランコも設置されている雪遊びゾーンと、さまざまな形のソリを楽しめるソリゾーンがあります。

ちょっと大きなお子様は、雪の上で遊べるキックバイク、スノーストライダーにチャレンジしてみるのもいいですね。ゲレンデまでは「たいこもち号」に乗って移動できるので、小さなお子様連れでも楽々。たとえ子供が遊び疲れて寝てしまっても安心です。

また、室内遊びコーナーや授乳室が設置されたファミリー専用のキッパラハウスもあるので、子供が疲れてしまったり雪遊びを嫌がるときは暖かい室内で遊ばせたり休ませることができます。付き添いの方の休憩所としても利用できますよ。濡れた手袋などをかわかせる乾燥用ストーブが設置されているのもポイント。休憩中に乾かせばまた暖かい状態で遊びにいくことができます。

もちろん、さまざまなコースのゲレンデでスキーやスノーボードを楽しむことも。ワイドな傾斜面のメインバーン、凹凸が少なく滑らかな斜面が特徴のグランドバーン、最小斜度6度ともっともなだらかで広く、子供とのスキーに適したワイドバーン、他にもスマイルコースやチャレンジコースなど、レベルに合わせて選べるさまざまなコースがそろっています。大人も子供もみんなが冬のレジャーを満喫できるスキー場です。

●岩原スキー場 ホームページ
https://www.iwa-ppara.com/

上越国際スキー場

ホテルグリーンプラザ上越に隣接したスキー場。ホテルの目の前には子供専用の雪遊びゲレンデ「雪のゆうえんち キッズパラダイス」があるので、小さなお子様連れのスキー旅行に適しています。周りはフェンスでしっかり隔離されているので、スキーやスノーボーダーとの衝突の心配もありません。キッズパラダイスでは、エア滑り台や雪上アスレチック、スノーチュービング、スノーストライダーなどを楽しむことができ、雪遊び用のスコップも用意されているので雪だるまやかまくらなどを作って遊ぶこともできます。

また、スキーやスノーボードを思いっきり楽しみたいという親ごさんのために、なんと保育士免許を取得したスタッフ常駐の託児所「ポーくんのおうち」も完備。1時間・3時間・6時間のコースから選んで託児サービスを受けることができます。久しぶりに自分の時間を思いっきり楽しみたいというパパ・ママにおすすめですね。隣接のホテルに宿泊すれば時間を気にせず遊べ、遊んだ後はゆっくり温泉を楽しむことができるのも魅力。夏にはウォーターパークがオープンするなど、四季を通して楽しめる家族旅行にぴったりのリゾートです。

●上越国際スキー場 ホームページ
http://www.jkokusai.co.jp/ski

GALA湯沢スキー場

上越新幹線の駅直結という、アクセス抜群のスキー場。都心からなら新幹線で最速1時間15分、車でもおよそ2時間と便利なロケーションから、日帰りで訪れる人も多いようです。ゲレンデは南・北・中央と特徴が異なる3つのエリアからなり、初心者向けから上級者向けまで全17のコースに分かれているので、レベルに合ったコースを選んで楽しむことができます。もちろん、小さな子供向けの雪遊びコーナーやソリ遊びゲレンデもあるので、ファミリーで冬のレジャーを楽しむのにも適しています。

また、未就学児は無料で利用できるSPAガーラの湯も隣接。温泉はもちろん、露天ジャグジーやフィットネスプール、子供用プールなど、家族みんなで楽しめる施設が備わっています。スキーや雪遊びを楽しんだ後はスパで体を温めながらゆっくり休むのもいいですね。カフェやマッサージ機を備えた無料休憩スペース「IRORIラウンジ」もあるので、スキーの合間に休憩したり、滑らない人がくつろぐスペースとして利用することもできます。さらに、こちらでもシーズン限定で託児所をオープン。2~6歳までを対象に1時間1,200円から利用できます。当日に申し込むこともできますが、人数制となっているので利用の際は事前予約することをおすすめします。

GALA湯沢スキー場では、GALAサマーパークとして夏季にサマーゲレンデもオープン。他に、トレッキングコースや観光リフト、物作り体験なども開催しています。スパが隣接しているので、夏のレジャーで訪れるのもおすすめです。

●GALA湯沢スキー場 ホームページ
https://gala.co.jp/winter/

舞子スノーリゾート

新潟県で最大級の規模を誇るスキー場です。ゲレンデは全部でなんと26コースに分かれ、子供や初心者から上級者まで、自分に合ったレベルを選ぶことができます。ゲレンデのクオリティが高く、最長滑走距離はなんと6,000mと、スキーやスノーボードのエキスパートに特に好まれる人気のスキー場となっています。

大人向けのゲレンデと思われがちですが、子供用の雪遊びも充実しています。キッズ専用ゲレンデ「スマイルキッズパーク」では雪だるまやかまくら作りができるのはもちろん、ソリやスノーレーサー、バナナボートなど、楽しい遊具もたくさんそろっています。また、スキー・スノーボードの専用レーンがあり、スノーエスカレーターも完備されているので、子供の練習場としても利用できます。sらに、スタッフのレクチャーによるスノーモービル体験もできるなど、さまざまな面でスケールの大きいスキー場。舞子高原ホテルや舞子高原ロッジも隣接されているので、親子でのスキー旅行におすすめしたいゲレンデのひとつです。

●舞子スノーリゾート ホームページ
https://www.maiko-resort.com/winter/

かぐらスキー場

新潟のスキー場の中でも特に標高が高く、上越国境の美しい眺望が有名なスキー場です。標高が高いため、12月下旬から3月上旬まではほぼ毎日パウダースノーが楽しめることでも人気。それぞれ特徴の違う3つのエリアに分かれ、初級者から上級者までレベルに合わせて滑れる全23コースで構成されています。

3つのパークとちびっこゲレンデも完備されているので、小さなお子様とのスキーにもぴったり。どちらかと言えば、雪遊びよりもスキーやスノーボードを楽しむのに適したスキー場と言えます。苗場プリンスホテルからはシャトルバスが出ているので、家族旅行にもぴったり。

こちらも、毎年サマーゲレンデをオープンしているスキー場のひとつです。また、秋にはゴンドラに乗って紅葉を楽しむ秋色空中散歩も開催。四季を通して楽しめるレジャースポットとなっているので、ウィンターシーズン以外にもぜひチェックしてみてください。

●かぐらスキー場 ホームページ
http://www2.princehotels.co.jp/ski/kagura/

まとめ

Getty logo

自然豊かな公園や高原、スキー場など、屋外のアミューズメントスポットが豊富な新潟。アクティブなレジャーを楽しみたいファミリーにおすすめの家族旅行先です。サマーゲレンデなど新潟ならではのアクティビティも多いのでシーズンを問わず楽しめますね。ぜひ、家族みんなで満喫できるスポットを探してみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


イスがベビーチェアに!「キャリフリー チェアベルト」に新シリーズ登場

イスがベビーチェアに!「キャリフリー チェアベルト」に新シリーズ登場

日本エイテックスは、ベビー雑貨ブランド「CARRY FREE(キャリフリー)」の人気商品「チェアベルト」の新シリーズ「REシリーズ」を発売しました。


ノンアルコールなのに99.99%除菌! 「キレイキレイ」のウエットシートが登場

ノンアルコールなのに99.99%除菌! 「キレイキレイ」のウエットシートが登場

ノンアルコールタイプの「キレイキレイ99.99%除菌ウェットシート(30枚入り)」が、7月24日に発売されます。


「トイ・ストーリー4」公開記念! 新キャラクターもグッズデビュー

「トイ・ストーリー4」公開記念! 新キャラクターもグッズデビュー

ディズニー/ピクサー最新作『トイ・ストーリー4』の公開を記念し、「トイ・ストーリー」の最新グッズが発売されました。


DHAなどn-3系脂肪酸の摂取量が、母乳中のたんぱく質濃度に関係する可能性が明らかに

DHAなどn-3系脂肪酸の摂取量が、母乳中のたんぱく質濃度に関係する可能性が明らかに

雪印ビーンスタークは、雪印メグミルクと共同で、2015年より第3回全国母乳調査を実施していますが、その一環として現代日本人母乳の主要栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物など)と母親の摂取栄養素量の関係について調査。スコットランドで開催された欧州小児消化器肝臓栄養学会でその結果を発表しました。


泣いても騒いでも大丈夫! アンパンマンの最新作で映画館デビュー

泣いても騒いでも大丈夫! アンパンマンの最新作で映画館デビュー

やなせたかし生誕100周年記念作品「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」が 6月28日より全国で公開されます。


最新の投稿


リピ買い決定品! コストコで梅酒「とろこく」を買ってみた

リピ買い決定品! コストコで梅酒「とろこく」を買ってみた

コストコのお酒コーナーに行くと、ワインやウイスキーといった洋酒だけでなく、梅酒も売っています♪ なかでも、コストコで売っている「とろこく」という梅酒が、とってもおいしくてハマってしまうんです。そこで今回は、コストコ男子も大好きな梅酒の「とろこく」シリーズについて特集したいと思います。


イスがベビーチェアに!「キャリフリー チェアベルト」に新シリーズ登場

イスがベビーチェアに!「キャリフリー チェアベルト」に新シリーズ登場

日本エイテックスは、ベビー雑貨ブランド「CARRY FREE(キャリフリー)」の人気商品「チェアベルト」の新シリーズ「REシリーズ」を発売しました。


オイシックス・ラ・大地が「子ども食堂」支援を強化。子どもたちに「畑」の体験を

オイシックス・ラ・大地が「子ども食堂」支援を強化。子どもたちに「畑」の体験を

オイシックス・ラ・大地は、新たな支援として、農家レシピの提供、農作業が体験できる産地イベントに子どもたちを招待、子ども食堂のゲストとして生産者を招待し、産地の話をしていただくといった活動を行っていくと発表しました。


【医師監修】妊娠40週の胎児の体重は? 予定⽇と出産までの過ごし⽅

【医師監修】妊娠40週の胎児の体重は? 予定⽇と出産までの過ごし⽅

今回は、いよいよ出産予定日にあたる妊娠40週にスポットを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。


【医師監修】妊娠38週、赤ちゃんの成長は? 予定日までに必要なこと

【医師監修】妊娠38週、赤ちゃんの成長は? 予定日までに必要なこと

今回は妊娠38週にスポットを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。