家族旅行を刺激的に!おすすめの体験型プラン7選

家族旅行を刺激的に!おすすめの体験型プラン7選

観光やアミューズメント、リゾートでのんびりなんて旅行もいいですが、かわいいお子様と一緒なら親子の思い出を作れる体験型の旅行も素敵ですよね。楽しい旅の思い出を作れるさまざまな体験と、体験プラン付きのおすすめホテルをご紹介します。


家族で泊まりたい体験プラン付きの宿泊施設3選

Getty logo

未就学児のお子様との体験型旅行なら、宿泊と体験がセットになっているプランがおすすめ!

宿から近い場所に体験スポットがあったり、バスで送迎をしてくれるなど、移動の手間やストレスがほとんどありません。まずは、3歳以上の子供に適した体験プラン付きの宿泊施設をご紹介します。

(1)ホテルグリーンプラザ軽井沢

“お子様も大切なゲストの一人”として、子供が楽しめる宿をコンセプトにしたホテルです。「軽井沢おもちゃ王国」のオフィシャルホテルなので、敷地内でさまざまなアミューズメントや学びを体験することができます。

おもちゃ王国は3つのエリアに分かれており、それぞれに異なる遊び体験ができます。

「おもちゃのお部屋エリア」には、遊びを通して子供の知的好奇心や感性、想像力を育む個性豊かなたくさんのおもちゃがそろっています。赤ちゃんや小さいお子様が喜ぶおもちゃもいっぱいあるので、乳幼児にもおすすめです。

「自然アスレチックエリア」では、大自然の中で20種類のアスレチックを楽しむことができます。ツリーハウスやきのこの秘密基地などもあるので、自然の中でさまざまな遊び体験が可能。5歳以上のお子様におすすめのエリアです。

「アトラクションエリア」には、親子で楽しめる14種類のアトラクションがそろっています。保護者の付き添いがあれば、なんと0歳からできるものも。年齢を問わずに体を使った遊びを楽しめるエリアです。

この他、遊びながら学べるイベントやさまざまな体験教室まであるので、まさに非の打ちどころのない体験型アミューズメントと言えます。森の自然学校ではガイドの先生と一緒に昆虫や草花の観察、自然を使ったゲームなどができるので、旅の思い出にぜひ参加してほしいプログラムです。

【公式】ホテルグリーンプラザ軽井沢の宿泊予約サイト

https://www.hgp.co.jp/karuizawa/

100万平方メートルの広大な敷地を有する高原リゾート。自家源泉「奥軽井沢温泉」や、ご家族に人気の軽井沢おもちゃ王国、四季折々の自然を楽しめる散策路など豊富な施設があり、軽井沢観光にも便利な立地です。

(2)ホテルサンバレー那須

ホテルサンバレー那須では、毎年夏休み特別プランとして自然体験プランを出しています。

野外でのパン作り体験から始まり、コテージの森でのカブトムシ&クワガタ採集、那須の野菜収穫体験、那須どうぶつ王国での魚のつかみ取りなど、1日を通して盛りだくさんの体験ができるんです。普段はできない大自然を使ったさまざまな体験に、子供たちは笑顔と興奮にあふれた1日を過ごすことができるでしょう。

まさに、夏休みの思い出作りにぴったりのプランですね。期間やプランの詳細はその年によって少しずつ異なるので、ホームページなどをご確認ください。

【公式】ホテルサンバレー那須 那須の温泉・ホテル宿泊

https://www.nasu3800.co.jp/

那須高原で宿泊ならバイキングと温泉が自慢のホテルサンバレー那須。バイキングと温泉の宿・ホテルサンバレー那須は、日帰り入浴OKの多彩な温泉と温水プール、9つのホテルがあり、3世代みんなで楽しめる総合リゾートホテルです。

(3)ペンションBoo Foo Woo

引き馬による乗馬と乳しぼり体験ができるペンションとして人気の宿泊施設です。乳しぼりの後はおいしいソフトクリームも食べられ、大人はもちろん子供も満足のプランとなっています。乗馬は、4歳以上なら1人でOK。3歳以下でも親子同乗なら乗ることができます。

また、牧場ではトランポリン、トラクター遊覧などもできるので、1日を通して自然の遊びを満喫できます。自家製の焼き立てパンや高原野菜を中心とした洋風コース、パイやパンを使った創作料理など、美味しい食事も好評。大人にも子供にも嬉しいペンションです。

【公式】清里高原BooFooWoo お子様に優しいファミリーペンション

http://boofoowoo.net/

清里高原、家族で楽しめるお子様連れ向けのファミリーペンション。広々したファミリールームと貸切風呂、「えほん」と「あそび」二つのプレイルームが好評!お子様向けパンの形作り体験と乗馬&乳しぼりの牧場体験も人気。萌木の村近く、清里観光にも便利♪

親子でできるおすすめ体験4選

Getty logo

ここからは、小さいお子様でもできるものを中心に、親子で楽しめる体験プランをご紹介します。さまざまな場所でできる体験が多いので、これをする!と決めて旅行先やスケジュールを練ったり、逆に行く地域によって体験できるものを探してみてもいいかもしれません。

1.農業体験

田植えや野菜の収穫など、日本国内にはさまざまな農業体験ができる場所があります。ホテルによっては宿泊プランに田植え体験などがあるところもあるので、チェックしてみましょう。3歳くらいの小さいお子様なら、野菜を収穫して味わう体験がいいですね。お砂遊び感覚でお芋を掘ったり、木の枝に生っている実を自分の手で摘む体験は、楽しさとともに自然への愛着も芽生えさせてくれるかも?とりたての野菜をみんなで堪能するのも、収穫体験の醍醐味です。

小学生以上のお子様なら、食育の一環として田植え体験をさせてみるのもいいでしょう。足の裏に感じる泥の感触や苗を一つひとつ丁寧に植えていく作業は、都会では味わえない貴重な体験になります。食卓にのぼる食べ物や、それを作ってくれる方々へのありがたみもちょっとわかるようになるかもしれませんね。

2.農場ピクニック

じゃがいも、とうもろこし、豆類の日本有数の生産拠点である十勝では、毎年農場ピクニックと題して収穫体験を行っています。畑ガイドの方々と一緒に広大な畑を散歩しながら、とうもろこしやじゃがいもなどの穀物を収穫。収穫した作物は、畑の真ん中でそのまま堪能します。もぎたての野菜を味わえる貴重な体験ですね。北海道ならではの収穫体験なので、訪れる際にはぜ一度チャレンジしてみてください。

3.ホエールウォッチング

大海原でクジラが泳ぐ姿を観察できるホエールウォッチング。日本でも行われていることをご存知でしょうか。盛んに行われているエリアとしては、北海道の知床・羅臼、室蘭、千葉の銚子、東京の小笠原諸島、和歌山の那智勝浦、高知の室戸、土佐湾、鹿児島の奄美大島、沖縄が有名です。

見れるクジラは場所によって異なりますが、日本ではザトウクジラ、マッコウクジラ、シロナガスクジラ、ミンククジラ、イワシクジラ、ニタリクジラ、セミクジラ、ツチクジラ、アカボウクジラなどが見られるそうです。広い海を泳ぐ自然のままのクジラを見る経験は、そのスケールと神秘的な様子に水族館とはまた違った感動が味わえるでしょう。

ホエールウォッチング以外にも、高知県であればカツオの堪能など、その地域ならではの体験がセットになっているところも多いので、ぜひチェックしてみてください。

4.絵付け体験

小さなお子様との手作り体験なら、絵付けがいいでしょう。就学前のお子様でも難しくないので、親子そろって楽しく体験することができます。おすすめは、広島県竹原での絵付け体験。竹原は美しい石畳の小道や日本家屋、竹細工などで有名ですよね。その風光明媚な景観で、国指定の町並み保存地区にもなっています。情緒あふれる街の陶工房で催される絵付け体験は、小さなお子様から参加OK。広島旅行の記念に、子供と一緒に自分だけの器を作ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

Getty logo

目で見て手で触れて、鼻でかいで舌で味わう。五感を刺激する体験は、単に見て聞く以上の経験と思い出を与えてくれるでしょう。観光や遊びを楽しむ旅行も素敵ですが、一緒にさまざまな体験をしながら今しかない子供との時間を過ごすのもいいですね。旅行でしかできない体験を通して、家族の忘れられない思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。もっとおばけの成長を描いた絵本「のほほんべー」の魅力をご紹介します。


【絵本】コミカルな展開満載! ながおたくま「ぎっくりごしのサンタクロース」

【絵本】コミカルな展開満載! ながおたくま「ぎっくりごしのサンタクロース」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。おちゃめなサンタさんとトナカイのやり取りが楽しい絵本「ぎっくりごしのサンタクロース」の魅力をご紹介します。


【絵本】遊びからひろがる冒険! ながおたくま「チリンチリンバス」

【絵本】遊びからひろがる冒険! ながおたくま「チリンチリンバス」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。こどもの遊びからひろがる冒険を描いた絵本「チリンチリンバス」の魅力をご紹介します。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。