ママのための悩み解決サイト
家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

近年、タイが家族旅行の新スポットとして注目されていることをご存じですか? まだ子どもが小さくて海外旅行はちょっと……と悩んでいるご家庭には特におすすめ。滞在先やグルメ、アクテビティなど、家族旅行におすすめの過ごし方と、タイの魅力をお伝えします。


家族旅行にタイがおすすめな3つの理由

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

小さな子ども連れにおすすめとして、タイはホットな家族旅行スポットとなっています。まずは、その具体的な理由について見て行きましょう。

子どもの遊び場がいっぱい

タイには年間を通してマリンスポーツが楽しめるビーチリゾート、プールやキッズアクテビティ付きのホテル、自然アクテビティ、世界遺産、都市観光やショッピングなど、子どもから大人まで楽しめるコンテンツやツアーがたくさんあります。特に、リゾート地には敷地内にいるだけでも旅の充実感を味わえる、アミューズメント豊富なホテルがいっぱい。小さい子ども向けのアクティビティも多いので、乳幼児連れの家族旅行でも十分に楽しめます。

子どもにやさしいお国柄

“微笑みの国”と呼ばれるように、タイ国民のホスピタリティは抜群。特に、タイには子どもを大切にする伝統が根付いていることもあり、子どもにはとてもやさしくフレンドリーに接してくれます。キッズウェルカムなホテルやレストランも多いので、小さな子ども連れでも心配やストレスが少ないでしょう。また、子どもを預けられるキッズクラブも充実。各国から集まってきた子どもたちと交流するグローバルな経験ができ、親は安心して子どもを任せてゆっくりできるというメリットがあります。子連れにとって居心地の良い海外旅行先と言えますね。

日本語が通じる場所が多い

タイの観光都市であればホテルや病院など、日本語通訳が常駐している施設が多いです。病院にも通訳がいてくれるのは万が一のときにとても安心ですよね。ちなみに、医療水準も日本とほぼ同等なので、何かあったときも大きな心配はないでしょう。子ども連れだと困ったことや何かしらのトラブルも起こりやすいので、日本語が通じる場所が多いのは嬉しいポイントです。

家族旅行におすすめのエリアは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

タイはエリアによって特色が違うので、まずはどのエリアを中心に旅行計画を練るのか決めることが大切です。ここでは、特に小さなお子様連れにおすすめのエリアと過ごし方をご紹介します。

プーケット

プーケットはタイ南部に位置する最大の島で、世界有数のリゾート地として知られています。美しい海と砂浜を誇るビーチリゾートが多く、年間を通して海水浴やマリンスポーツを楽しむことができます。さまざまなホテルやショッピングモール、ゴルフ場などを擁する巨大リゾート地区「ラグーナプーケット」や「クラブメッドプーケット」では、ちょっとした移動だけでさまざまなアミューズメントを楽しむことができ、食事やショッピングの心配もありません。滞在型ホテルが豊富で、中には広大なウォーターパークを擁するホテルもあるので、小さいお子様連れでも十分にタイを満喫することができます。

キッズクラブが充実しているのも嬉しいポイント。リゾート内は安全でもあるので、大人は少しの時間子どもを預けてショッピングなどを楽しむこともできます。島でもっともにぎやかなパトン・ビーチにはショッピングモールなどの新しい施設が次々にオープンしており、不便もありません。子どもと一緒にのんびりできる、家族におすすめのリゾート地です。

パタヤ

スワンナプーム国際空港から車で1時間ほど、バンコクからは車で約2~3時間とアクセス良好なビーチリゾートとして人気のエリアです。1年中マリンスポーツを楽しむことができ、ショッピングやアクティビティなどのエンターテインメントもそろっています。家族向けの滞在型ホテルも増えており、特に「センタラ グランド ミラージュ ビーチリゾート パタヤ」は、大きなウォーターパークとキッズ向けのアクテビティで人気です。

最大の魅力は、バンコクが近いこと。一度の旅行でビーチリゾートと都市観光の両方を楽しむことができます。もちろん、パタヤだけでのんびり過ごすのもおすすめですが、よりアクティブな旅を求めるならバンコクに出てみるのもいいでしょう。モダンな建築物や大型ショッピングモール、さまざまな国のグルメなどを楽しむことができますよ。

子ども連れにおすすめのアクテビティは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

3歳未満の小さいお子様連れには難しいかもしれませんが、ちょっと大きなお子様との旅行ならタイならではのアクテビティも一緒に楽しんでみたいですよね。タイに行ったならやってみたい、おすすめのアクティビティを2つご紹介します。

象乗り体験

タイの人々にとって象は、生活や信教などさまざまな面で深いかかわりを持つ動物。そのため、タイの各地にはエレファント・キャンプが点在し、象を間近に見れたり、場所によっては乗ることもできます。象乗りのアクテビティはバンコク郊外やプーケットなどでも盛んに行われているので、ぜひチェックしてみてください。

アイランドホッピング

透きとおったエメラルドグリーンの海と白い砂浜を誇るタイのビーチリゾート。その美しさから、「アンダマン海の真珠」ともたとえられています。こんな美しい海でマリンアクティビティができる機会はそうありませんよね。ぜひ一度、お子様と一緒に楽しんでもらいたいものです。

おすすめは、アイランドホッピング。ピピ島やカイ島などの無人島をスピードボートで巡り、より透明度の高い海でシュノーケリングなどのマリンスポーツを楽しむことができます。

食事はどうする?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子連れ旅行の不安要素のひとつが、食事ではないでしょうか。現地の食べ物が口に合うかどうかは大人でも気になるところなのに、味覚に敏感な子どもならばなおさらでしょう。好き嫌いやアレルギーがある場合は特に心配ですよね。タイ料理には辛いものが多いので、子どもが食べられるものがどれぐらいあるかという点も気になるところ。そこで、ここでは子どもにおすすめのタイ料理と、失敗の少ない食事のコツをお伝えします。

子どもでも食べられるタイ料理

辛みが少なく子どもでも食べられ、かつ美味しいと評判のおすすめメニューをご紹介します。タイに行くなら、事前にチェックしておきましょう。

パッタイ

タイ風の焼きそばです。日本でも人気のタイ料理なので、食べたことがある方も多いのでは? 辛みがほとんどないので子どもでも食べやすく、見た目が日本の焼きそばに似ているので抵抗感も少ないでしょう。

クイッティアオ・ナー

こちらも麺料理のひとつで、タイ風のラーメンです。辛くなく、さつま揚げのような具も入っているので子どもにもおすすめです。

カイチャオ

タイ風の卵焼き。溶いた卵を油で揚げるように焼いています。ご飯に乗せればオムライスのように食べることもでき、卵が好きな子どもにおすすめです。

カオマンガイトード

フライドチキンをご飯に乗せたもの。スイートチリソースが別に付くので、辛みなしで食べることもできます。お肉好きな子どもが喜ぶ料理ですね。

タイスキ

タイ風のしゃぶしゃぶです。鶏ガラをベースとしたスープに肉やつみれ、魚介類、野菜など、自分好みの具材を入れて食べることができます。ポン酢や辛いタレなど、日本同様に付けダレを選べるのもポイント。つみれや野菜は小さな子どもが食べるのにもいいですね。

悩んだときはフードコートへ

タイでは、ほとんどのデパートやショッピングモールにフードコートが入っています。観光大国のタイには世界中の料理がそろっており、フードコートでも和食を始めさまざまな国の料理を食べることができます。もし、現地の料理を受け付けないという場合も、ここなら口に合う食べ物があるでしょう。日本料理もあるので安心ですね。迷ったり困ったときは、まずフードコートを訪れてみましょう。

タイに行く前にチェックしたいポイント

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最後に、タイ旅行をする際に知っておくと便利な情報をお伝えします。失敗した!ということにならないためにも、しっかりチェックしてくださいね。

タイでの移動方法

タイでは、基本的に遠出をするならタクシーやカーチャーターが便利です。特に、子ども連れの場合はスムーズな移動のためにもこちらをおすすめします。ただ、バンコクでは公共交通手段が発達しているので、都市観光を中心とした旅行なら鉄道などを上手に利用するといいでしょう。子どもの年齢や条件、旅行エリアなどに合わせて選択してください。

あると便利な持ち物

必需品とも言える、タイ旅行に持参したいグッズも知っておきましょう。

体温調節ができる服

タイに限らず南国に行く場合は半そでだけを持っていきがちですが、屋内は冷房が強く屋外との温度差が激しい場合も多々あります。薄手のカーディガンなど、体温調節のできる服があると安心です。

ウェットティッシュ

これもタイに限ったことではありませんが、お手洗いの際など、ウェットティッシュは何かと重宝します。タイではレストランでおしぼりなどが出ないこともあるので、必ず持参しましょう。除菌ができるものならなお良いでしょう。アルコールスプレーや除菌ジェルなどを持参しても良いかもしれません。

虫よけ

タイには年間を通して蚊がいるので、虫よけもはずせないグッズのひとつです。特に子どもは刺されやすいので、しっかりケアしてあげましょう。

この他、インスタント食品を持参しておくと、万が一現地での食事が全て口に合わないという場合も安心です。特に、子どもは無理して食べるということが難しいので、心配なときは持っていきましょう。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

“微笑みの国”との異名をもつだけあり、タイはホスピタリティがよく、特に子どもにやさしい国として有名です。また、子ども向けのアクティビティや滞在型ホテルが豊富で、キッズクラブも充実。もちろん、大人が楽しめるスポットやコンテンツも満載なので、家族みんなで楽しむことができます。家族での海外旅行を計画しているなら、ぜひタイも候補地として検討してみてください。

子どもとお出かけに関する記事一覧を読む

#家族旅行についてもっと見る!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

国内屈指の観光都市として有名な長崎。ハウステンボスや世界遺産にもなった軍艦島、「1,000万ドルの夜景」と謳われる稲佐山公園展望台からの美しい眺めなど、行けば絶対にはずせないスポットが満載です。中でも、親子で楽しめる家族旅行におすすめのスポットをまとめました。


家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

リゾートやテーマパーク、アミューズメントに自然体験など、家族旅行におすすめのスポットや旅の過ごし方はさまざま。そのうちのひとつに、観光列車での旅もありますよね。子どもと一緒に楽しむのにぴったりの鉄道は? 家族でぜひ一度乗ってみてほしい観光列車をご紹介します。


家族旅行がお得に?旅行積立のメリットと利用のコツ

家族旅行がお得に?旅行積立のメリットと利用のコツ

家族旅行を予定しているなら旅行積立をした方がお得!……という話を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。旅行積立とはどのようなシステムで、メリットはなんなのでしょうか? 利用する際に押さえておきたいポイントやコツについてもお伝えします。


家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行というとアミューズメント付きの滞在型ホテルでゆっくりというパターンが多いご家庭も少なくないのでは? そんな過ごし方もちょっと飽きちゃったという場合におすすめなのが、台湾。初めての家族旅行にもぴったりな台湾の魅力とおすすめスポットをご紹介します。


ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

韓国は日本から飛行機でおよそ2時間半と、もっとも手軽に行ける海外旅行先のひとつですよね。そんな韓国の首都ソウルには子どもが楽しめるスポットが豊富で、小さなお子様連れの家族旅行にもぴったり。ソウルの魅力とおすすめスポットやグルメをご紹介します。


最新の投稿


映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

子どもが3歳をすぎると「一緒に映画館へ行きたい」と思うママやパパも多いのではないでしょうか。せっかく行くならおすすめ作品を鑑賞したいですよね。今回、幼児向け人気の映画作品や、幼児連れなら気になる料金や席、マナーについて調査。楽しく過ごすコツについてご紹介します。


映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

そろそろ子どもを映画館に連れて行きたい、1歳や2歳になると外出先の候補として考えるママもいるかもしれません。1歳児の映画館デビューは早いのか、料金の有無やマナーについて調査。子ども楽しみやすいディズニーなどのおすすめ映画とあわせ、ご紹介します。


映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

赤ちゃんを連れての映画館、子連れは周りに迷惑をかけてしまうからと避けている方もいるでしょう。入館禁止の有無やいつから映画を楽しめるのか、わからないこともありますよね。今回は子どもが映画を鑑賞しやすい年齢や子連れ向けのサービスなど、親子で映画を楽しむ秘訣についてご紹介します。


年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

上の子どもと下の子どもの年齢が離れている「年の差兄弟・姉妹」。10歳ほど離れていると、一方は小学校高学年、一方は生まれたばかりの赤ちゃんと、置かれた環境が全くちがうものになります。年の差兄弟のメリットやデメリット、子育てのポイントについてまとめました。


子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

テレビで放映される大家族シリーズや、子沢山の芸能人のニュースなどを見ると、幸せそうだと思いつつも「大変なのでは?」と思ってしまいますよね。毎日の子育てにお金のやりくりなど、子沢山の家族はどうしているのか気になるもの。今回は子沢山の家族のリアルやメリット、子育てのコツをご紹介します。