家族旅行は鈴鹿サーキットへ!親子におすすめの理由と楽しみ方

家族旅行は鈴鹿サーキットへ!親子におすすめの理由と楽しみ方

鈴鹿8耐やF1日本グランプリが開催されるレーシングコースとして有名な鈴鹿サーキット。でも、レースだけでなく、実は親子で楽しめる一大アミューズメント施設としても注目されていることを知らない人は意外に多いんです。家族旅行におすすめの理由と、小さいお子様連れにおすすめのポイントについてお伝えします。


鈴鹿サーキットはファミリーにおすすめの旅行先

Getty logo

三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットは、レーシングコースとアミューズメントが一体となったレジャー施設で、モビリティ文化の原点といわれています。さまざまなアクテビティで1日中飽きることなく遊べるだけでなく、宿泊施設も併設されているため、家族旅行にはうってつけのスポットとして注目されています。

遊び・宿泊・食事まで!親子で楽しめるポイント満載

鈴鹿サーキットでは、レーシングコースを実際に走れるモータースポーツなど、ここでしか体験できないアクテビティが満載です。また、敷地内にある遊園地「モートピア」には3歳から自分で操れる乗り物もあり、小さいお子様から大人まで幅広い年齢で楽しめます。夏には広大なプール施設も開放。温泉やサウナ、温水プール施設もあるので、季節を問わず遊べるのもポイントです。

敷地内にある併設のホテルは単身からファミリーまでさまざまなニーズに合った部屋を取りそろえており、子供が喜ぶ鈴鹿サーキットならではのコンセプトルームもあります。また、ファミリーに嬉しいキャンプ場も完備!テントやキャンピンググッズ、食材などは全て準備されているので、手ぶらでOKなのも嬉しいところ。「S-PLAZA」内にはビュッフェ、グリル&バー、カフェと3つのレストランがあり、各施設ごとにファストフード店も豊富なので何を食べようか迷ってしまうでしょう。

●鈴鹿サーキット ホームページ
http://www.suzukacircuit.jp/

ママにやさしいサービスがいっぱい!

家族旅行におすすめしたい最大のポイントは、赤ちゃんや小さい子供連れでも安心なところ。かゆいところに手が届くような、ママ目線のサービスがたくさんあります。例えば、授乳室やオムツ交換台、子供用トイレはもちろん、多くのトイレには着替え台(チェンジングボード)も設置されているので、とても便利です。また、ベビーカーの貸し出し(1台500円:生後7ヶ月~15kg対象)や、小さいお子様用に迷子バンドの配布も行っています。

鈴鹿のママ向けサービスはこれだけではありません。乗り物に1人で乗ることができない小さい子供が複数いる場合は、1回の待ち時間で保護者が続けてそれぞれの子供と乗り物に乗ることができるチャイルドスイッチ(のりもの交代利用)というサービスも行っています。

他にも、レストランにはキッズメニューはもちろん離乳食も用意されているので、わざわざ持ち運ぶ必要がありません。アレルギー対応メニューを取り扱うレストランもあるので、アレルギーのあるお子様にも安心ですね。レストラン施設である「S-PLAZA」内には小さい子供が自由に遊べるフリースペースもあります。絵本やいろんな遊具がそろっているだけでなく、17:00~21:00の間は専任のスタッフに見てもらえるので、ご飯が終わった子供を預けて少しの間は大人だけでゆっくり食事することもできます。

さらに、施設内の各ショップでは粉ミルクや離乳食、ベビー用お菓子や飲料、オムツ、おしり拭き、パンツや靴下、Tシャツまで、あると便利な子供用のグッズも販売されています。まさに、かゆいところに手が届くサービスですよね。ショップによって取り扱うものが違うので、必要の際はどこに何があるか確認のうえ向かいましょう。

●鈴鹿サーキット  ホームページ「みてみてママ! ママ メモっとこ お役立ち情報サイト」
http://www.suzukacircuit.jp/info_s/family/

家族旅行ならはずせない!ゆうえんちモートピア

Getty logo

鈴鹿サーキットの魅力が大まかにわかったところで、ここからは施設・アトラクションについて、小さいお子様連れにおすすめのポイントを中心に具体的にご紹介します。まずは、家族旅行の際にはぜひ行ってもらいたい、サーキット内の遊園地「モートピア」の代表的なアトラクションをご紹介します。

●鈴鹿サーキット ゆうえんちモートピア「アトラクション」
http://www.suzukacircuit.jp/motopia_s/attraction/

0歳からOKのアトラクションもいっぱい

モートピアには乳幼児でも乗れるアトラクションが多く、小さなお子様でも十分に楽しめます。鉄橋やトンネルのあるコースを運転できる「チクタクトレイン」、熱気球の形をしたモノレール「ルンルンバルーン」、自然についてのナビゲートを聞きながら園内を探検できる「でんでんむし」、遊園地の上空を走る船型のアトラクション「フライングシップ」など、0歳から乗れるものもたくさんあります。中には一人座りができるようになった0歳児からという条件付きのものもあるので、確認してくださいね。

3歳からは自分で操縦できるアトラクションも

3歳以上になると、乗れるアトラクションの種類がぐんと増えます。保護者同乗なら鈴鹿サーキットの国際レーシングコースをミニサイズにしたサーキット「プッチグランプリ」、ボートで水上の冒険を楽しめる「アドベンボートフロンティア」など、ちょっとハードなアトラクションも可能に。

子供にとって嬉しいのは、保護者なしでも乗れるアトラクションがあること。猫の足跡をたどって子猫を探すという楽しいミッションがある「プッチパトロール」は、ミニパトカーを1人で操縦できるのも魅力。自分でやりたい!という気持ちを満たしてくれるでしょう。

また、ツーリングバイクのレッスンをしてもらえる「キッズバイク」も人気。子供が扱いやすい専用バイクと、倒れても心配ない柔らかい専用コースで安全にバイクの乗り方を習うことができます。見事Aライセンスカードをゲットしたら、同じエリア内にある「ツーリングバイク」で親と一緒にツーリングを楽しむことも。まだ二輪は早いという場合は、「ピピラのピンキーバイク」がおすすめ。三輪バイクなので転倒の心配がなく、安心して乗ることができます。

小学生、大人向けのアトラクションは?

小学生以上の子供や大人におすすめは、鈴鹿でしか体験できないレーシングカートのアトラクションです。世界初、自分で操縦できるレーシングコースター「DUEL GP(デュエルジーピー)」、本格的な走りを体験できるジュニア専用レーシングカート「コチラレーシングカート」、タイム計測や目標設定ができるゴーカート「DREAM R」などがあります。鈴鹿ならではのアトラクションなので、行った際にはぜひチャレンジしてみてください。

鈴鹿ならでは!モータースポーツ

Getty logo

鈴鹿に行ったら、ぜひレーシングコースを利用したモータースポーツを体験してみてください。0歳からできるものもあるので、鈴鹿ならではの遊びを楽しみましょう。

0歳から楽しめる「サーキットクルーズ」

数々のレースを繰り広げてきた国際レーシングコース。この5.8㎞のフルコースを自分の車で走れる、なんとも魅力的な体験ができます。乗用車でのドライブなので事前準備は何一つ必要なく、赤ちゃんも一緒にできる家族に嬉しい遊びとなっています。走行後には、走行証明記念プレートももらえます。月ごとに走行スケジュールが決まっているので、確認してください。

2歳からOK!「サーキットチャレンジャー」

F1グランプリを開催するサーキットコースを、次世代マシンと呼ばれる最先端マシンで走行できる夢のようなアトラクションです。簡単な操作方法を学んだら、マシンに乗り込んでレーシングコースをGO! ピットからの通信を聞いてそのとおりに操作し、ゴールを目指すというミッションもあります。走行後には、走行データを記録した結果表がもらえます。ただし、台数限定のアトラクションなので、各所にある販売ブースで早めにチケットをゲットしておく必要があります。およそ10分の走行で、料金は1台1,500円です。

●鈴鹿サーキット ホームページ「サーキットチャレンジャー」
http://www.suzukacircuit.jp/dekita/circuit_challenger/

ベビーカーOK!「バックヤードツアー」

カーレースの舞台裏を観れる「バックヤードツアー」も、家族みんなで楽しめるアトラクションとなっています。コントロールルームやメディアセンターを見ることができ、表彰台に乗って記念撮影を撮ることもできます。およそ1時間の徒歩でのツアーなので、特に小さいお子様連れだと気軽に参加を決めることはできないと思いますが、カーレースが好きな方にはぜひ参加してみてほしいツアーです。

料金は、3歳以上で1人500円。開催日時が決まっており、各回先着25名までとなっているので、参加を希望する場合は日時を調べたうえで早めにチケットを購入しましょう。

●鈴鹿サーキット  ホームページ「レーシングコース バックヤードツアー」
http://www.suzukacircuit.jp/motorsports_s/tour/

鈴鹿サーキットに泊まるなら

Getty logo

鈴鹿サーキットの周辺にはたくさんの宿泊施設があるので、値段や距離、お部屋タイプの希望に合わせて選ぶことができます。でも、せっかく来たからには宿泊まで鈴鹿サーキットで行い、帰る瞬間まで独特の世界を楽しんでみませんか?

鈴鹿サーキットホテル

寝ても覚めても鈴鹿サーキット一色に染まることができる。それが、鈴鹿サーキットホテルです。特にファミリーにおすすめなのが、赤ちゃんにも安心な「コチラファミリーのお部屋」。小さいお子様用のイスやテーブルがあり、ベッドは家族4人が一緒に寝れるスーパーキングサイズ。ローベッドと、安全性もバツグンです。ナチュラルなライトブラウンで統一された部屋には落ち着きと清潔感があり、小物に使われるビビットな色がかわいらしさをプラスしています。壁には視覚探索遊びもできる大きなサーキットの絵が。鈴鹿での興奮をまたよみがえらせてくれます。

車やバイクなど、乗り物が大好きなお子様がいるなら、「サーキットキッズルーム」もおすすめ。ベッドのサイズ感などがファミリー向けになっているのは同じですが、最大の特徴はサーキットをモチーフにした部屋になっていること。タイヤデザインのテーブル、スパナ型のクッションなど、車好きの子供にはたまらない工夫がたくさんです。

この他、大人向けのレーシングルームもあります。もちろん、普通タイプの部屋もありますし、時期によってはシングルルームをファミリーで使うことも可能。宿泊代を安く済ませたいときにいいですね。

また、ホテル内には露天風呂付き温泉やサウナ、温水プールもあり、宿泊者は無料で利用できます。日帰りでの利用も可能(この場合は有料)なので、こちらも要チェックです。

●鈴鹿サーキット ホームページ「ホテル」
http://www.suzukacircuit.jp/hotel/

ファミリーキャンプ

季節によっては、ファミリーキャンプを楽しむのもいいですね。テントやキャンプグッズ、食材など、必要なものをすべて準備してもらえるオプションがあるので手ぶらでもOK。キャンプに必要なセットはすべてセッティングされた状態で迎えてくれます。

水道・電源付きのサイトやウッドデッキサイト、テラス付きのウッドデッキサイトなどさまざまなので、望み通りのキャンプが楽しめるのも嬉しいポイント。小さなお子様がいるなら、快適なグランピングがいいですね。もちろん、フリーサイトにテントを持ち込んで自力のキャンプも可能。オプションでいろいろ選べるので、条件や好みに合わせて設定してください。

●鈴鹿サーキット ホームページ「ファミリーキャンプ」
http://www.suzukacircuit.jp/camp_s/

食事のおすすめは?

Getty logo

鈴鹿サーキット内には3つのレストランが入ったS-PLAZAがあります。中でもファミリーにおすすめなのは、およそ60種類の和・洋・中メニューがそろうビュッフェ「そら・たべよ」。モーニング、ランチ、ディナーの3タイムがあり、それぞれにこだわりのメニューを取り揃えています。予約もできるので、行ったのに席がなかったなんてこともありません。

また、モートピアなど各施設内には、ホットドッグ、ハンバーガー、パンケーキ、カレー、ラーメン、焼きそばなどのファストフード店もたくさんあります。モートピア内にはアレルギー対応メニューを取り扱う「プッチタウンキッチン」があるので、小さなお子様連れに特におすすめです。モータースポーツ内にはステーキバーや四川担々麺、本格ビストロなど大人に嬉しいメニューも豊富なので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

Getty logo

世界に誇るレーシングコースがある鈴鹿サーキット。今では、アミューズメントの規模やレベルも世界に誇れる水準と言えるでしょう。1日あっても足りないくらい満喫できるので、行けば大満足すること間違いなし!車などの乗り物が好きならなおさらですよね。小さなお子様もウェルカムな施設なので、家族の旅行先としてぜひ一度検討してみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。


最新の投稿


離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

やわらかくてやさしい味の豆腐は離乳食にも大活躍!今回は、絹豆腐と木綿豆腐どちらを選べばいいか、加熱の際の注意点など、離乳食の豆腐について解説します。


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。