絵本の読み聞かせイベントに行こう!内容やメリットを紹介

絵本の読み聞かせイベントに行こう!内容やメリットを紹介

子供と絵本の読み聞かせを楽しみたいと思っているママは多いですよね。親子で家の中で楽しむのも良いですが、親子で一緒に聞いて楽しむ絵本の読み聞かせイベントもなかなか興味深いものです。今回は、絵本の読み聞かせやイベント参加のメリット、実際にイベントを実施している場所などについてご紹介します。


絵本の読み聞かせの効果

Lazy dummy

想像力を育む

絵本の読み聞かせを通じ、子供は絵本の物語の世界を想像しながら楽しむことができます。登場人物になりきり、物語の中で登場人物が感じた喜びや楽しさ、時には悲しみなどを体験できるのです。こういった体験によって、想像力や知的好奇心が育ち、感情表現も豊かになり、自分の気持ちをうまく伝えることもできるようになってくるでしょう[*1]。

集中力をつける

絵本の世界に入りこむという事は、集中している証拠。絵本の読み聞かせは、集中力をつける効果もあるのです。集中力が育つと、人の話が聞けるようになるため、学習の意欲がわいて学力向上も期待できます。また、語彙も豊富になるでしょう。

絵本の読み聞かせイベントに行ってみよう

Lazy dummy

様々なところで、親子で一緒に聞く側になる絵本の読み聞かせイベントは行われています。絵本の読み聞かせは家庭内でも楽しめますが、イベントに参加するのってどうなのでしょうか? 次は、絵本の読み聞かせイベントの魅力についてご紹介します。

絵本の読み聞かせイベントとは

図書館や公民館などでは、読み聞かせイベントを定期的に開いています。また、書店やショッピングモールのイベントホールなどでも実施することがあるようです。

イベントでは、スタッフによる絵本の読み聞かせが楽しめるほか、絵本のみに限らず、紙芝居や手遊びなども取り入れています。また、イベントに参加するとスタンプやプレゼントがもらえるといった特典など、子供が楽しみながら通えるような工夫をしている所もあるようです。

家での読み聞かせとの違い

イベントではスタッフが絵本を読むため、ママも聞く側として子供と一緒に楽しむことができます。スタッフは絵本の読み聞かせのプロであることも多いので、普段は読む側のママにとっても参考になることがあるかもしれません。

また、家には置いていない絵本も楽しめるのも、家での読み聞かせとの大きな違い。ママや子供が選ぶ本だけでなく様々な種類の本が楽しめるので、視野がより広がります。

絵本の読み聞かせイベントが行われる場所

Lazy dummy

絵本の読み聞かせイベントって実際にはどこでどのように行われているのでしょうか? 最後に、実際にイベントを実施している各地の図書館や公民館、書店の一例やイベント詳細などについてご紹介します。

図書館

東京都台東区の「国立国会図書館 国際子供図書館」では、毎月第2水曜日に“ちいさな子供のためのわらべうたと絵本の会”を開催しています。生後6ヶ月~4歳未満の子供とその保護者が対象で、事前申込制・先着順となっています。

毎週土曜日には“子供のためのおはなし会”を無料で開催し、当日は子供たちだけで部屋に入り、絵本の読み聞かせのほかわらべうたなども楽しみます。4歳〜小学1年生の部(14時〜)と、小学2年生〜の部(15時〜)の2部制となっており、約30分間の実施とのこと。

●国立国会図書館 国際子供図書館ホームページ ちいさな子供のためのわらべうたと絵本の会
http://www.kodomo.go.jp/promote/activity/song/index.html

●国立国会図書館 国際子供図書館ホームページ 子供のためのおはなし会
http://www.kodomo.go.jp/promote/activity/storytelling/index.html

また、群馬県高崎市でも「中央図書館」「箕郷図書館」「群馬図書館」「榛名図書館」などで、毎月定期的に絵本の読み聞かせイベントを実施しています。開催日時は、図書館によって異なります。

●群馬県高崎市立図書館ホームページ「イベント・カレンダー」
https://lib.city.takasaki.gunma.jp/viewer/calendar-monthly.html?date=2017/8/1

公民館

千葉県船橋市の「法典公民館」では、毎月1回、土曜日に乳幼児親子〜小学生を対象とした絵本の読み聞かせイベントを実施しています。当日自由参加なので、寄り道感覚での来館もOK。

●千葉県船橋市ホームページ「絵本の読み聞かせ会」
http://www.city.funabashi.lg.jp/shisetsu/toshokankominkan/0002/0011/0003/p063677.html

新潟県村上市の「荒川地区公民館」では、毎月第4日曜日を「絵本の読み聞かせ」の日として設けており、読み聞かせボランティア団体の「夢絵本☆野いちご」によるイベントを実施しています。絵本だけでなく紙芝居や工作なども楽しめるとのこと。

●新潟県村上市ホームページ「絵本の読み聞かせ」
http://www.city.murakami.lg.jp/soshiki/90/arakawabook.html

大型書店

「紀伊國屋書店」では、各店舗にて絵本の読み聞かせイベントを実施しています。店舗によっては、毎月第4金曜日など定期的に行っている所や、スタンプを集めるとプレゼントがもらえる特典を用意している所も。

●紀伊国屋書店ホームページ「イベントに行こう・特集 読み聞かせ」
https://www.kinokuniya.co.jp/c/event_special/event/storytelling/

埼玉県富士見市の「リブロ ららぽーと富士見店」では、絵本売場「わむぱむ」にて毎週土曜日の14時から「絵本読み聞かせ会」を無料で開催しています。参加するとシール台紙が配られ、シールを集めるとプレゼントがもらえる特典も。絵本作家による読み聞かせ会やサイン会などのイベントも随時実施しているとのこと。

●リブロホームページ「リブロららぽーと富士見店 絵本の読み聞かせ会」
http://www.libro.jp/blog/fujimi/event/ehon.php

広島県広島市の「広島 蔦屋書店」では、絵本のよみきかせを平日限定で毎日開催しています。芦屋書店の児童書コンシェルジュが読んでくれます。

まとめ

絵本の読み聞かせイベントに参加してみると、読み聞かせのコツやおすすめの絵本などを知ることもできるので、ママにもおすすめ。お気に入りの絵本を見つけたり絵本の内容を語り合ったりと、親子で様々な発見や体験を楽しめるでしょう。

[*1]東京大学 大学院教育学研究科・教育学部「読み聞かせの影響」
http://www.p.u-tokyo.ac.jp/lab/ichikawa/johoka/2008/Group3/yomikikase_eikyou5.html

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研プラスから『こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン』を9月17日発売開始されました。2003年発刊以来、シリーズ累計200万部を超えるベストセラー「こどもずかん」初の写真版です。


ピジョンから最上位モデルのベビーカー「nautR(ノートアール)」新発売

ピジョンから最上位モデルのベビーカー「nautR(ノートアール)」新発売

ピジョンは10月9日に、最上位モデルのA形ベビーカー「nautR(ノートアール)」を、アカチャンホンポ及び百貨店の一部店舗、ピジョン公式オンラインショップにて発売します。


マックの新ハッピーセット9月18日から期間限定新登場!

マックの新ハッピーセット9月18日から期間限定新登場!

日本マクドナルドは9月18日より期間限定で、ハッピーセット(R)「ジュラシック・ワールド」とハッピーセット(R)「ヒーリングっど♥プリキュア」を一部店舗を除く全国のマクドナルドで販売します。


【キンレイ新商品発表会】冷凍食品の「手間抜き」効果で時間と心にゆとりを

【キンレイ新商品発表会】冷凍食品の「手間抜き」効果で時間と心にゆとりを

キンレイはこのほど、8月24日から発売されている冷凍食品「お水がいらない」シリーズの新商品「お水がいらない鍋 寄せ鍋」「お水がいらない鍋 旨辛味噌鍋」「お水がいらない 五目あんかけラーメン」の発売を記念して、メディアで活躍している冷凍食品の専門家を招いた座談会を開催しました。


ベビー&キッズのギフトブランド「MARLMARL」が2020年秋冬新作を発表

ベビー&キッズのギフトブランド「MARLMARL」が2020年秋冬新作を発表

ベビー&キッズのためのギフトブランドMARLMARL(マールマール)は、9月11日に2020年秋冬シーズンのニューアイテムを発売。アニマルフードのナイトウェアや1歳〜4歳まで使えるロングユースアウターなど、秋冬シーズンのニューアイテムが多数登場しています。


最新の投稿


【医師監修】風邪の赤ちゃんの過ごし方は? お世話の基本と注意点

【医師監修】風邪の赤ちゃんの過ごし方は? お世話の基本と注意点

赤ちゃんが風邪をひいたら、少しでも早く治るように症状や様子に合わせてお世話してあげましょう。ここでは、風邪のときの環境づくりや症状を楽にする方法、病院を受診する目安についてお話します。


離乳食の卵の進め方!量は?卵白はいつから?【管理栄養士監修】

離乳食の卵の進め方!量は?卵白はいつから?【管理栄養士監修】

卵はアレルギーの心配があり、赤ちゃんの離乳食でどうやって取り入れていけばいいのか、迷うご家庭も多いことでしょう。中でもニワトリの卵である鶏卵(けいらん)は、離乳初期から使える食材ですが、量や使う部分に注意が必要です。今回は離乳食での鶏卵の進め方について解説します。


学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研プラスから『こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン』を9月17日発売開始されました。2003年発刊以来、シリーズ累計200万部を超えるベストセラー「こどもずかん」初の写真版です。


【医師監修】赤ちゃんにマスクは危険⁉ 不要な理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんにマスクは危険⁉ 不要な理由と注意点

新型コロナウイルスの流行で感染症対策が気になる昨今ですが、その一方で「赤ちゃんはマスクをしない方が良い」と言われています。赤ちゃんがマスクをするとどんな危険があるのか、またマスクを使う時の注意点などについても解説します。


【医師監修】出産予定日を計算|妊娠期間と初期・中期・後期の様子

【医師監修】出産予定日を計算|妊娠期間と初期・中期・後期の様子

妊娠すると、いつ赤ちゃんに会えるのか楽しみになり、生まれてくる時期が気になるものです。妊娠期間はどのくらいの長さなのでしょうか。出産予定日の算出方法や妊娠期間ごとの様子や注意点などを解説します。